"20170528064309:H:0" "20170528064309:H:0" "20170528064309:H:0"

情報の見方

東武東上線/若葉 歩8分

TEL:0800-808-7740【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

スタッフ紹介

河井 直也

コメント:宅地建物取引士、建築士としての知識や、長年地元で営業職をしてきた経験をもとに最高の御提案をさせて頂きます。御新居をお考えの方、是非とも私と一緒に「自分達だけの理想の住まい」について答えを出しましょう。

源清流清

名前:河井 直也
年齢:40代  業界経験:15年
  • 宅建
  • 不動産コンサルティング技能登録者
得意エリア東上線沿線
売却実績数:-   応援獲得件数:1件

このスタッフに相談する

このスタッフが答えたQ&A

店舗Q&A
  • Q
    購入したあとの手続きって何があるの?
    A
    住宅ローンを利用する方としない方とでは異なりますが、大まかには以下のように進みます。
    (1)売買契約(売主様に手付金をお支払いして売買契約を締結します)(2)ローン審査用紙に記入(必要書類を揃えて頂き、ローン審査用紙に署名捺印します。書類提出後通常1~2週間で審査結果が出て参ります。)(3)金銭消費貸借契約(ローンが承認されましたら金融機関に伺い、金銭消費貸借契約を締結します)(4)残代金お支払い(実際にローンが実行され残代金を支払うと物件の名義が変更され、司法書士が登記を行います。)(5)物件お引き渡し※現金の場合には残金のお支払いと登記の準備が整い次第、物件の引き渡しが可能です。※基本的には(3)、(4)(金融機関によっては(2)も)は金融機関の営業時間中に行います。
  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
    A
    是非おすすめします!
    各業者にはさまざまな営業マンがおり、お客様にとっても合う合わないがあると思いますし、より多くの物件をお知り頂く為にも複数の業者にお声掛け頂くのが宜しいかと思います。沢山の業者にお声かけ頂き、沢山の営業マンとお会い頂き、お客様と相性のあう信頼できる営業マンを見つけてください!そして信頼できる営業マンを見つける事ができたら、「○○さんを信用していますから、良い物件が出たら○○さんから買おうと思います」と正直に仰っていただけたら、我々営業マンはいつも以上に一生懸命に頑張ってしまいます(笑)
  • Q
    店舗の特徴・強みを教えて
    A
    不動産だけではございません。
    もちろん不動産取引には絶対の自信をもっていますが、それだけではございません。沢山の売主物件を持っている事、自社で建築できる事が何より強味だと考えております。既存の建売や中古戸建では中々納得できる物件がない、そんな時には是非とも弊社で土地と建物一括でご依頼ください。一括でお請けする事でコストも時間も削減できる事請け合いです。また、中古物件のリフォームやリノベーションも得意です。弊社には1級建築士をはじめとして施工管理技士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター等様々な専門職が在籍しておりますので、安心してお任せください。
売却Q&A
  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
    A
    不動産業界にも他の業種と同様に繁忙期が御座います。
    年末または年度末に新居への引っ越しをご希望なさるお客様が多い為、契約後の事務手続きやお引越しに掛かる1~2ヶ月を前倒しした時期、つまり1月~3月初旬、10月~12月初旬頃が最も物件の動きが激しくなる時期です。ですのでその時期のご成約を目指すとなると、我々の立場としては、情報を公開し買主様を募集する期間として3ヶ月程度を予定して頂きたいので、売却完了を希望する半年前にはご相談頂きたいところです。
  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
    A
    もちろん大丈夫。
    大丈夫なのですが、複数の不動産会社に同時に声をかける事によって生ずるメリット・デメリットがございます。「多くの業者に声を掛ければそれだけ売れやすくなるのでは?」とお考えになるのだと思いますが、実は複数の不動産会社に声をかけるとかえって売れづらくなる事も多々御座います。他社様にお声かけ頂く前に一度ご相談下さい。詳しくご説明させて頂きます。
  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
    A
    売却物件の残債の有無、新物件の購入にローンを利用するか否かによってまったく異なります。
    売却物件に残債が無い場合、新居の購入が現金であれローンであれ、じっくりと高く売れるまで待ちながら、新居は良い物件が見つかり次第の購入で良いと思います。しかし残債がある場合、新居の購入が現金であれば上記と同様ですが、新居もローン利用の場合にはローン審査が不可または厳しくなるため、一般的には売却を先に行い完済してから新居を購入する方が簡単だと思います。ただしその場合は双方のタイミングによっては間借りが必要になってしまう為、経済的にも精神的にも肉体的にもご家族の負担が増えてしまいます。間借りをせず、売却と購入をストレスなく同時にに行うにはプロのノウハウが役立つと思います。是非一度ご相談ください。

他のスタッフを紹介

他のスタッフも見る

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。