"20170627181650:H:0" "20170627181650:H:0" "20170627181650:H:0"

情報の見方

大成有楽不動産販売(株)成増センター

東京メトロ有楽町線/地下鉄成増 歩1分

TEL:0800-603-0214【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

スタッフ紹介

櫻井 亮人

コメント:

名前:櫻井 亮人
年齢:30代  業界経験:3年
  • 宅建
得意エリア朝霞市・新座市・志木市・和光市
売却実績数:-   応援獲得件数:0件

このスタッフに相談する

このスタッフが答えたQ&A

店舗Q&A
  • Q
    買い替えを希望しています。売却と購入をうまく進めるコツは?
    A
    まず、買い替えのスタイルを決めることです。
    買い替えには大きく2つのスタイルがあります。(1)購入を先行するスタイルと(2)売却を先行するスタイルです。(1)に関しては「切り離し型」と「買い取り保証型」に分かれます。買い替えのスタイルはお客様が購入と売却のどちらを優先させるか、また既存の住宅ローンの残高などによって左右されます。場合によっては仮住まいの必要もでてきますので、不動産会社とよく打ち合わせて決める必要があります。弊社には買い替えを応援する「売却保証制度」や「つなぎ融資制度」がございますので、ぜひ私にご相談ください。
  • Q
    新築か中古か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
    A
    メリット、デメリットにとらわれ過ぎない方がよろしいかと存じます
    新築は、他者が使用していないというプレミア感、入居後の不具合に対する保証期間が長いなどのメリットがあります。中古は希望エリアで物件を探せる、価格が安いなどのメリットがあります。その他、優遇税制などは新築も中古も大きな違いはありません。初期費用に関しても中古は仲介手数料がかかりますが、新築は管理費、修繕積立金の一時金などが発生します。私は、新築、中古と決めずに双方興味のある物件を見学し、気に入った物件を購入されることが一番かと存じます。私は中古物件を担当しておりますので、紹介できる新築物件に関しては制約がありますが、市場にでている中古物件でしたら、ほぼ全てご紹介できます。いつでもご連絡ください。
  • Q
    マンションか戸建か迷い中。どういう基準で選んだらいい?
    A
    メンテナンス費用にこだわりす過ぎない方がよろしいかと存じます
    マンションと戸建ではメンテナンス費用を比較されるケースが多いです。マンションは管理費、修繕積立金などのコストがかかり、戸建の方が費用がかからないと思われがちです。しかし、鉄筋コンクリートのマンションと木造住宅では耐用年数が違い、いちがいに戸建の方が有利とは言えません。また、将来転売した時の価格などにこだわる方もいらっしゃいますが、一番大切なことは「日々快適に過ごせるか」ということです。例えば、高齢者の方は階段の無いフラットなマンションをご希望される方が多いですし、ガレージやペットにこだわる方は戸建をご希望されます。家にいて楽しいと感じる物件を必ずお探ししますので、ぜひご相談ください。
売却Q&A
  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
    A
    かかります。
    不動産売買契約書に貼付する印紙税や、売却の際に登記の変更(抵当権の抹消、住所・氏名の変更)が必要な場合も税金がかかります。また、売却後利益が出た場合には、譲渡所得税がかかる場合もございます。弊社では「プラスアルファコンシェルジュ」サービスにより、税理士、弁護士、司法書士などの無料相談を提供しております。相続や債務超過、紛争など税制面以外の複雑な案件も数多く解決してきました。不動産売却でお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。
  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
    A
    できます。
    売却価格(=売出価格)は、売買契約前であれば自由に変更することができます。但し、一度告知された売出価格を値上げする際には注意が必要です。リフォームをしたり、古家付き土地の建物を解体する等、明確な付加価値が無いと購入検討者の理解を得ることが難しいかもしれません。一番良い方法は、最初の段階で付加価値を付け、売出価格を考慮し、販売を開始することです。弊社の「安心サポートサービス」では、建物の検査・保証、ハウスクリーニング、床・壁の補修など物件の価値を高めるサービスを無料で提供しております。詳細はお気軽にお問合せください。
  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
    A
    方法はたくさんあります。
    いくつか売却のための方法をご紹介します。(1)広告写真を差し替える。ネット広告が主流の今、掲載されている物件写真は問合わせに直結します。弊社であれば、ご希望によりプロのカメラマンによる室内写真の撮影が可能です。(2)お部屋を綺麗にする。水回りを掃除したり、荷物を片づけることで、物件自体の見栄えを上げます。弊社のハウスクリーニングや荷物一時預かり・処分サービスをご活用ください。(3)不具合の補修。床の傷やクロスの剥れ等を補修することで、購入後にリフォーム等のコストがかからないことをアピールできます。弊社のリペア(補修)サービスをご活用ください。まだまだ、たくさんの方法があります。ぜひ一度ご相談ください。

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。