"20170330115647:H:0" "20170330115647:H:0" "20170330115647:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:ローン残債が多いと買い替えはムリ?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

272 件見つかりました
  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    佐藤 宏紀

    新着 ムリではありません。買替先の購入のローンにプラスして借入可能な場合があります。

    お客様が借入を希望する銀行の住宅ローンの事前審査次第になります。例えば、今持家で、もっと広いところに住替をしたい。そして購入する住替先が見つかり、売却の査定を依頼したら、売却想定金額と既存の住宅ローンとの差額で300万円の赤字が出てしまう(売却損)場合は、購入先のローン借入額にプラス300万円をして借入する、こんなイメージです。今は低金利の借入が可能なため、既存の借入よりも金利が低くなり、支払い額も得して、新規お住まいもゲットできるそんなお客様もいらっしゃるかもしれません。売却も購入もどちらもご相談可能です。住替先がまだ見つかっていないというお客様も、まずはお気軽にご相談下さい。 (担当: 佐藤 宏紀 / (株)大京穴吹不動産港北ニュータウン店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    阿部 一樹

    新着 フラット35を利用する手段があります。

    フラット35は、現在所有の不動産の販売活動をしていれば、お借入れの残債を無いものとして、ご収入に応じた、融資を受けることが出来ます。デメリットは、現在のお住まいがご売却できるまでは当然、2重のローンとなりますので注意が必要となります。メリットは、ご希望のお買い換え物件をすぐに押さえる事ができること。そして買い替え先にお引越しをした後の空室状態で販売するため売却しやすくなる事があります。 (担当: 阿部 一樹 / 明治地所(株)横浜戸塚店 )

  • A
    加藤 教明

    新着 無理ではありません。

    現ご自宅に住宅ローンが残っており、次に購入されようとしている物件でも住宅ローンを利用される場合においては、現自宅のご売却条件(既存住宅ローンの完済条件)となる場合がほとんどです。売却資金で既存住宅ローンが全額返済できれば問題ないのですが、売却資金が既存住宅ローンの残債額を下回る場合は、お手持ち資金(自己資金)を充当していただく必要があります。(金融機関の審査により既存住宅ローン完済条件でない場合もあります。) (担当: 加藤 教明 / (株)大京穴吹不動産渋谷店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    宮澤 憲一

    新着 残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。

    残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 宮澤 憲一 / (株)大京穴吹不動産五反田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    齋藤 一樹

    買い替えは成立いたします

    残債を全額返済する事が売却する上での条件ですが、売却額が残債を下回る場合は、不足分の現金を自己資金で用意するか別の方法で用立てなくてはなりません。「住み替えローン」をご利用頂ければ不足分も含めた住宅ローンが可能です。詳しくはお気軽にご相談下さい。 (担当: 齋藤 一樹 / (株)ハウジングビジョン )

  • A
    平澤 悟

    ローン残債が多くても、買い替えできる可能性はあります

    例えば、下記のような方法があります。(1)買い替えローンで新しい家のローンを組む。(2)不足する金額を新たに借り、ダブルローンで返済する。当社では(2)より(1)をオススメしております。ダブルローンは審査に通りにくいこと、また、毎月の返済額が増えてしまうので、家計は大変なことになってしまいます。買い替えローンでしたら、リスクを抑えて買い替えを行うことが可能です。また、当社提携ローンにより現在の住宅ローン残債を返済計算に入れず、新規住宅ローンの借り入ができるプランもございますので、買い替えは無理かもとあきらめず、ぜひ一度当社へご相談下さい。 (担当: 平澤 悟 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

  • A
    杉本 良二

    ローン残債が多くても、買い替えできる可能性はあります

    例えば、下記のような方法があります。(1)買い替えローンで新しい家のローンを組む。(2)不足する金額を新たに借り、ダブルローンで返済する。当社では(2)より(1)をオススメしております。ダブルローンは審査に通りにくいこと、また、毎月の返済額が増えてしまうので、家計は大変なことになってしまいます。買い替えローンでしたら、リスクを抑えて買い替えを行うことが可能です。また、当社提携ローンにより現在の住宅ローン残債を返済計算に入れず、新規住宅ローンの借り入ができるプランもございますので、買い替えは無理かもとあきらめず、ぜひ一度当社へご相談下さい。 (担当: 杉本 良二 / センチュリー21タイセーハウジング(株)厚木本社 )

  • A
    土屋 貴則

    お客様の資金計画やご収入によって買い替えは可能な場合もございます。

    現在のローンの債務と買い替え先物件の資金計画、お客様のご収入・資金内容により買い替えは可能です。自宅のローン残債が多くても、ご収入や買い換え先物件によっては、弊社提携先銀行での『住替えローン』が利用できます。自宅のローン残債が売却金額を超えた部分を買い換え先物件の住宅ローンに上乗せして借り入れる事が出来ます。事前にご確認下さい。 (担当: 土屋 貴則 / 大成有楽不動産販売(株)川崎センター )

  • A
    安藤遊生

    ローン残債が多いケースでも全く無理ではありません。

    売却査定価格よりもローン残債が多いケースももちろん多数ございます。買い替えの場合には購入物件の住宅ローンと売却時の不足分を借り入れる『住み替えローン』がご利用頂けます。不動産各社で提携ローンの金利は異なりますが、現在のローン金利よりも低金利で組み換えできる場合もありますので担当営業マンまでご相談下さい。※お客様により住み替えローンが利用できないケースもございます。 (担当: 安藤遊生 / センチュリー21(株)トラスト不動産 )

  • A
    柏 博幸

    残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。

    ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 柏 博幸 / (株)大京穴吹不動産成増店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    松尾 恵一郎

    可能です

    基本的に住宅ローンの残債は、売却時に売却代金で完済します。しかしながら、売却代金よりもローン残高が上回るということもございます。このような場合、返済できないローン残高を「買い替えローン」や「住み換えローン」を組むことにより準備することが可能です。但し、このローンはお住み換えが前提となっておりますので、全ての方がご利用できるというものではございません。その他に借り入れの上限など諸々の諸条件がございますので、ぜひ一度弊社にご相談ください。弊社では、都市銀、地銀、ネット銀行など16行以上の金融機関と締結しており、お客様に最適なローンをご紹介するための準備が整っております。ご連絡お待ちしております。 (担当: 松尾 恵一郎 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A

    可能な場合もございます。ぜひご相談ください。

    売却しても住宅ローンが残ってしまう場合に、その残り分を次の購入物件のローンと合わせて借入れできる【買い替え用ローン】をご紹介しております。住宅ローンの事前審査でしっかりと見通しを立ててから物件見学や売却活動をスタートされると安心です。住宅ローン事前審査や総トータルのご資金見積もり等、フットワーク良くご対応いたします。又、どの程度ローンが残るか分からないという場合には、弊社の【買取保証】をお付けすることで売却の見通しが確実になり、安心して購入先のご見学を進められます。ぜひご活用下さい。(※買取保証制度は地域や物件種別によりお取り扱いできない場合があります。) ( (株)長谷工リアルエステート成増店 )

  • A
    清水 賢一

    そんな事はありません!組み立て次第です!!

    買い替えの最大のポイントは現在の”住宅ローンの残債”であることは間違いありません。ですが、買い替えするお客様の中には、残債以下の金額で売却して損が出た金額を次の購入のローンに組み込むという方法をとる方もいます。他にも、今の住宅ローンを残したまま次の住宅ローンを組むという方法もあります。買い替えは入念な資金計画がカギとなりますので、収入証明や現在のお借り入れ状況などわかるものをご持参いただけますと早い回答ができます。是非、ご相談ください! (担当: 清水 賢一 / 朝日土地建物(株)中山支店 )

272 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。