会員ページへログイン

既にSUUMO会員の方は、下記外部IDを利用してログインすることが可能です。

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:ローン残債が多いと買い替えはムリ?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

178 件見つかりました
  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    若林 江理香

    条件を満たせば十分可能です。

    住み替えをお考えのお客様、特に高金利、好景気の時期にご購入されたお客様の場合、現在の住宅ローンの残債が売却価格を上回っている場合が多いようです。地価下落が続いており、かつ建物は建てた後に価値が下がっていくためです。その場合、自己資金で補ってローンを完済するか、次の住宅をご購入される際に「住み替えローン」を利用して売却時に残る残債分を購入する物件の住宅ローンに上乗せして借りられれば買い替えは十分実現できます。ただし、金融機関の審査は当然ございますし、金融機関によって審査基準も異なります。 (担当: 若林 江理香 / (株)カチタス藤岡店 )

  • A

    可能な場合があります!

    例えば実際に自宅が2000万円で売却できる物件なのですが、残債が2500万円の場合、お買い替えの購入物件の金額と自宅の残債抹消不足分も含めて全てローンを組んでお住み替えが可能な場合もございます。ご年収や勤続年数など審査が必要となりますのでまずはご相談ください。 ( 大成有楽不動産販売(株)大船営業所 )

  • A
    齋藤 広和

    住み替えローンがご利用できます。

    ご売却資金でご自宅のローンが完済できない場合は住み替えローンが利用できます。住み替えローンはご自宅の債務が売却代金で完済できない場合、住み替え先のローンに完済できなかった債務をプラスして借入する方法です。ご利用にあたっては各金融機関の諸条件がありますので、担当までお気軽にご相談下さい。 (担当: 齋藤 広和 / 京急不動産(株)蒲田店 )

  • A
    佐藤 優一

    当社独自の「つなぎ融資」制度のご利用をご検討ください。

    買い替えの場合、重要なのは、「ローン残債額」、「所有不動産の売却予定価格」、「自己資金額」、「金融機関からの借入可能額」を把握して、無理のない資金シミュレーションがたてられるかどうかです。また、購入代金のお支払いと売却代金の受け取りのタイミングが異なるため、資金繰りの計画も重要です。当社には独自の「つなぎ融資」制度があり、他社では対応できないケースでもお役に立てる場合がございますので、ローン残債や買い替えについて、お悩みのお客様はぜひ一度ご相談下さい。 (担当: 佐藤 優一 / 野村の仲介+渋谷営業部野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    根上 拓臣

    そんなことはございません!!

    ご自宅を売却する場合、住宅ローンが残っている方が大半です。ローン残債が多いケースで、売買価格よりローン残債が上回っている場合でも、買い替えは可能です。このケースは、新規に買う物件のローンに上乗せする仕組みです。民間の金融機関から提供されている買い替え用ローンを利用することとなります。 (担当: 根上 拓臣 / 小田急不動産(株)成城店 )

  • A
    西宮 正人

    あきらめないでください!今ならローンが組めますよ!

    ローン残高が多いと想定されるのが残債割れです。残債割れとは、残債の残高よりも売却価格が低くなってしまうこと。それにより現在の残債と買い替え物件とのローンを組むことになります。このようなケースは数年前ですとローンを借りることが難しかったのですが、最近はこのようなケースに柔軟に対応してくれる銀行さんが増えてまいりました。数年前ローンが組めずあきらめてしまった方再度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?また最近地価が高騰してきてますので、数年前は3000万円だったものが今ですと3500万で売却なんてことも十分考えられますので、お買い替えの方にとっては今がチャンスです。 (担当: 西宮 正人 / リストインターナショナルリアルティ(株)広尾支店 )

  • A
    小蒲 文郎

    買替には色々なローンの組み方があります。

    今のお住まいの住宅のローン残債が多くて、困っている方。またお住み替えが出来ないとお考えの方は、各銀行にさまざまな買換ローンの専門商品がありますので、お買換のやり方さえ間違えなければ可能です。住宅を売らずにローンを組みたいとか、色々ご相談ください。お客様に合ったご提案を致します (担当: 小蒲 文郎 / (株)ベンハウス営業第1課 )

  • A
    中里 勉

    買換えは可能です。

    自己資金不足などでローン残債を充当出来ない場合であっても、次の購入先の住宅ローンと合わせて不足分を銀行から新しい住宅ローンとして借入する事も可能です。買い替えローンといわれる商品です。ただし、諸条件によっては借入できない場合もあります。借入が多くなるので損した気分になるかもしれませんが、売却予定の住まいを買った時のローン金利より現在のローン金利が安い場合は、結局支払いがそう変わらないケースもあります。シュミレーションが可能ですのでお気軽にお問い合わせください。 (担当: 中里 勉 / 海浜不動産(株)千葉支店 )

  • A
    長嵜 一成

    住み替えローンがご利用できます。

    ご売却資金でご自宅のローンが完済できない場合は住み替えローンが利用できます。住み替えローンはご自宅の債務が売却代金で完済できない場合、住み替え先のローンに完済できなかった債務をプラスして借入する方法です。ご利用にあたっては各金融機関の諸条件がありますので、担当までお気軽にご相談下さい。 (担当: 長嵜 一成 / 京急不動産(株)弘明寺店 )

  • A
    五十嵐 稔

    ローン残債が抹消できれば買い替え物件の住宅ローンが組めます!

    売却する物件にローンの残債がある場合は、事前に金融機関に一括返済した場合の残債をご確認ください!その残債金額が売却価格よりも高い場合は、追加で自己資金を足してローンを全額返済しないと、購入する方がローン組めませんので、一括返済した場合の段取りだけしていただいています。新たに購入する物件は買い替え前の住宅のローンが一括返済できる前提でローンを申込みますので、購入する方が決まれば、並行しても新たに購入する物件のローン審査が受けられます! (担当: 五十嵐 稔 / 朝日不動産(株)高崎本店 )

  • A

    可能な場合もあります。ぜひご相談下さい。

    売却しても住宅ローンが残ってしまう場合に、その残り分を次の購入物件のローンと合わせて借入れできる【買い替え用ローン】をご紹介しております。住宅ローンの事前審査でしっかりと見通しを立ててから物件見学や売却活動をスタートされると安心です。住宅ローン事前審査や総トータルのご資金見積もり等、フットワーク良くご対応いたします。又、どの程度ローンが残るか分からないという場合には、弊社の【買取保証】をお付けすることで売却の見通しが確実になり、安心して購入先のご見学を進められます。ぜひご活用下さい。(※買取保証制度は地域や物件種別によりお取り扱いできない場合があります。)  ( (株)長谷工リアルエステート本社営業センター 第1チーム )

  • A
    大戸 正広

    超過分も借換えのローンで出来る場合があります。

    買換えローンの利点として、現在の住宅の住宅ローン残が売却金額を超える場合でもその超過分を借入することが出来る場合があります。但し、売却時の超過分が大きいと買い替え時に負担が増える事にもなりますので、詳しくはお問い合わせいただければと思います。 (担当: 大戸 正広 / 朝日リビング(株)志木営業所 )

  • A
    三橋

    条件を満たせば十分可能です。

    住み替えをお考えのお客様、特に高金利、好景気の時期にご購入されたお客様の場合、現在の住宅ローンの残債が売却価格を上回っている場合が多いようです。地価下落が続いており、かつ建物は建てた後に価値が下がっていくためです。その場合、自己資金で補ってローンを完済するか、次の住宅をご購入される際に「住み替えローン」を利用して売却時に残る残債分を購入する物件の住宅ローンに上乗せして借りられれば買い替えは十分実現できます。ただし、金融機関の審査は当然ございますし、金融機関によって審査基準も異なります。 (担当: 三橋 / (株)カチタス水戸店 )

178 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
マイリストに追加しました。