"20170629011151:H:0" "20170629011151:H:0" "20170629011151:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:ローン残債が多いと買い替えはムリ?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

286 件見つかりました
  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A

    新着 諦めずにまずは当社へご相談ください。

    基本的には、住宅ローンの残債は、自宅売却時に完済します。しかし、自宅のローン残債が所有不動産の売却金額を上回るケースも多いのが現状です。年収や買い換え先物件によっては、その差額を新たに購入する自宅の売買代金と併せて「住み替えローン」を利用できる場合があります。 ( 三井住友トラスト不動産(株)津田沼センター )

  • A
    木本 進

    買替えローン・つなぎ融資・買取保証などさまざまな方法を提案いたします「ご利用は計画的に」

    買換えの際に利用できる商品は一般的に「買換えローン」と呼ばれています。基本的には、売却時に残る債務(売却価格2千万円-残債3千万円=残債務1千万円)を購入物件の住宅ローンに上乗せするタイプです。金融機関により差はありますが購入物件の住宅ローン(4千万円+残債務1千万円=ローン5千万円)となります。その合計のローン年間返済額が年収の35又は40%以内であれば買換えができます。借入5千万円35年返済 金利3.5%で月々20.6万円(年間247万円)/仮に年収650万円であれば返済比率は38%となりますので「買換えができる」となります。一般例なので実際の申込の際には金融機関の所定の審査が必要です (担当: 木本 進 / (株)FRパートナーズ )

  • A
    小林 裕之

    残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。

    ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。  (担当: 小林 裕之 / (株)大京穴吹不動産柏店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    野澤 喬

    残債が多い場合は「住み替えローン」をお勧めします

    ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 野澤 喬 / (株)大京穴吹不動産新宿店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    竹山 健太

    少し条件は厳しくなりますが、可能です

    ローンの残債が多くても、買い替えは可能ですが、条件が厳しくなります。売却金額よりローン残債が超過した場合、自己資金により不足分を支払ったうえで、抵当権の抹消手続きを行わないと買主様へ売却を行うことができません。また、買い替え先の住宅のローンを多めに組んで、売却をする住宅のローンを返済する方法もありますが、現在のローンより毎月の返済額が大きくなるため、注意が必要です。 (担当: 竹山 健太 / (株)大京穴吹不動産藤沢店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    加藤 敦

    ローン残債の多い少ないでは買替の可否は決まりません

    「住宅ローンが多く残っているから買替ができない」というこはありません。ローン残債、自宅売却金額、購入物件の金額、新規借り入れ予定の住宅ローン金額など様々な要素で判断を行います。買替ができるかどうかのご判断はご自身でするのではなく私どもにご相談をいただいてからご判断されることをお勧めいたします。弊社は、お住み替えに合わせたサービスを数多くご準備している不動産仲介会社です。是非、一度ご相談ください。 (担当: 加藤 敦 / (株)大京穴吹不動産武蔵小杉店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    大貫 駿

    買い替え可能か金融機関に相談します。

    金融機関によってはローン残債を上乗せして新規住宅ローンがご利用いただけます。また、既存の住宅ローンを残したままで新規の住宅ローンをご利用いただけるケースもございますので、まずはお声掛けください。後者住宅ローンがご利用いただける場合にはご売却からご購入までのスケジュールにも余裕が出やすくなりますので、じっくりとご新居選びいただけます。 (担当: 大貫 駿 / ピタットハウス万博記念公園店よつば不動産(株) )

  • A
    藤原 準也

    お住み替え時のローン残債

    一般住宅の場合、ご売却をされる物件のほとんどに既存住宅ローンがおありの状態で売却中の物件が多いのが実情です。既存ローンがあっても、買主様が見つかれば鍵をお渡しする時に売買代金を受領するため、その資金をもって既存ローンを完済するためです。ただし、既存ローンの金額よりも売買代金の方が低い場合はローンの完済とはなりませんので、現金で補てん頂くか次の住み替え物件の売買代金と合わせて補てん分を金融機関から借りるという方法もございます。詳しくはぜひ弊社までお問い合わせ下さい。 (担当: 藤原 準也 / (株)大京穴吹不動産千歳船橋店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    森田 京介

    決して無理ではありません!まずはご相談下さい。

    現ご自宅に住宅ローンが残っており、次に購入されようとしている物件でも住宅ローンを利用される場合においては、現自宅のご売却条件(既存住宅ローンの完済条件)となる場合がほとんどです。売却資金で既存住宅ローンが全額返済できれば問題ないのですが、売却資金が既存住宅ローンの残債額を下回る場合は、お手持ち資金(自己資金)を充当していただく必要があります。(金融機関の審査により既存住宅ローン完済条件でない場合もあります。) (担当: 森田 京介 / (株)大京穴吹不動産調布店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    無理な場合もありますが、内容により異なります。

    売却金額で残債を完済できればもちろんOKですが、残額がある場合は買い替えローンがいいです。但し、ローン残債がどの位残るのか、新たに購入されるマイホームの金額、お客様の現在の勤続年数、年収、年齢等諸条件によります。買い替えローンの場合は、単に購入のみの住宅ローンを組むように一律に計算出来る訳ではなく、全てケースバイケースで判断していきます、又金融機関によっては買い替えローン自体行っていないところもありますので一度ご相談ください。 ( ベストハウス(株) )

  • A
    佐藤 宏紀

    ムリではありません。買替先の購入のローンにプラスして借入可能な場合があります。

    お客様が借入を希望する銀行の住宅ローンの事前審査次第になります。例えば、今持家で、もっと広いところに住替をしたい。そして購入する住替先が見つかり、売却の査定を依頼したら、売却想定金額と既存の住宅ローンとの差額で300万円の赤字が出てしまう(売却損)場合は、購入先のローン借入額にプラス300万円をして借入する、こんなイメージです。今は低金利の借入が可能なため、既存の借入よりも金利が低くなり、支払い額も得して、新規お住まいもゲットできるそんなお客様もいらっしゃるかもしれません。売却も購入もどちらもご相談可能です。住替先がまだ見つかっていないというお客様も、まずはお気軽にご相談下さい。 (担当: 佐藤 宏紀 / (株)大京穴吹不動産港北ニュータウン店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    阿部 一樹

    フラット35を利用する手段があります。

    フラット35は、現在所有の不動産の販売活動をしていれば、お借入れの残債を無いものとして、ご収入に応じた、融資を受けることが出来ます。デメリットは、現在のお住まいがご売却できるまでは当然、2重のローンとなりますので注意が必要となります。メリットは、ご希望のお買い換え物件をすぐに押さえる事ができること。そして買い替え先にお引越しをした後の空室状態で販売するため売却しやすくなる事があります。 (担当: 阿部 一樹 / 明治地所(株)横浜戸塚店 )

  • A
    加藤 教明

    無理ではありません。

    現ご自宅に住宅ローンが残っており、次に購入されようとしている物件でも住宅ローンを利用される場合においては、現自宅のご売却条件(既存住宅ローンの完済条件)となる場合がほとんどです。売却資金で既存住宅ローンが全額返済できれば問題ないのですが、売却資金が既存住宅ローンの残債額を下回る場合は、お手持ち資金(自己資金)を充当していただく必要があります。(金融機関の審査により既存住宅ローン完済条件でない場合もあります。) (担当: 加藤 教明 / (株)大京穴吹不動産渋谷店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。

    残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。 (担当:宮澤 憲一 / (株)大京穴吹不動産五反田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    齋藤 一樹

    買い替えは成立いたします

    残債を全額返済する事が売却する上での条件ですが、売却額が残債を下回る場合は、不足分の現金を自己資金で用意するか別の方法で用立てなくてはなりません。「住み替えローン」をご利用頂ければ不足分も含めた住宅ローンが可能です。詳しくはお気軽にご相談下さい。 (担当: 齋藤 一樹 / (株)ハウジングビジョン )

  • A
    平澤 悟

    ローン残債が多くても、買い替えできる可能性はあります

    例えば、下記のような方法があります。(1)買い替えローンで新しい家のローンを組む。(2)不足する金額を新たに借り、ダブルローンで返済する。当社では(2)より(1)をオススメしております。ダブルローンは審査に通りにくいこと、また、毎月の返済額が増えてしまうので、家計は大変なことになってしまいます。買い替えローンでしたら、リスクを抑えて買い替えを行うことが可能です。また、当社提携ローンにより現在の住宅ローン残債を返済計算に入れず、新規住宅ローンの借り入ができるプランもございますので、買い替えは無理かもとあきらめず、ぜひ一度当社へご相談下さい。 (担当: 平澤 悟 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

286 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。