"20150705060130:H:0" "20150705060130:H:0" "20150705060130:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:ローン残債が多いと買い替えはムリ?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

216 件見つかりました
  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A

    新着 当社サービス「つなぎ融資」をご利用できる場合があります

    様々なケースが想定できますが、当社のサービスである「つなぎ融資」を利用することで、購入と売却のスケジュールのずれを解消できる場合があります。つなぎ融資はお客様が所有する不動産を売却して住替え先の不動産を購入する場合、売却物件の決済が終わるまでの間、一時的に融資する制度です。(当社の買取保証をご利用いただくことが前提となります)。お買換えご検討の際はぜひ一度弊社にご相談ください。 ( 野村の仲介+学芸大学センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A

    新着 当社独自の「つなぎ融資」のご利用をご検討下さい。

    お買換えの際に重要となるのが、「ご自宅の残債」「ご所有不動産の売却予定価格」「自己資金額」「金融機関からの借入可能額」を充分に把握し、無理のない資金シュミレーションを立てられるかどうかです。また、通常のスキームだと購入代金のお支払いと売却代金の受取りのタイミングが異なる為、資金繰りの計画も重要になってきます。当社には独自の「つなぎ融資制度」があり、他社では対応できないケースでもお役に立てる場合がございますので、お買換えの際には、資金計画やお買換えについて、お悩みのお客様は是非当社にお問い合わせください。 (担当: 原田 達哉 / 野村の仲介+大井町センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A

    ムリではありません! 買い替えローンを利用して購入される方も多いですよ!

    ローン残債が少ない方が売却価格についての幅が持ちやすいので有利と言えますが残債が多くても買い替えが無理とは言えません。銀行ローン商品の中で、買替(住み替え)専用のローンもございますので、一度、ビューハウスへご相談下さい。 ( ビューハウス(株)宇都宮東店 )

  • A
    細谷 冬樹

    「資金的な余裕がなければ難しくなります」

    売却時には住宅ローンを完済することが基本条件となります。具体的には買主からの売買代金で完済するのですが、残債よりも安い金額で売る場合は、自分の預貯金から補填しなければなりません。その為、資金に余裕がない場合は、新しく購入する物件の諸費用が足りなくなってしまう恐れがあります。つまり、無理ではありませんが自己資金に余裕をもつ必要があります。 (担当: 細谷 冬樹 / いえたま(株)ハウスプランニング )

  • A

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 ( (株)長谷工リアルエステート川口店 )

  • A

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 ( (株)長谷工リアルエステート蒲田店 )

  • A
    田邉 智行

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 田邉 智行 / (株)長谷工リアルエステート大宮店 )

  • A

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 ( (株)長谷工リアルエステート本社営業センター 第二チーム )

  • A
    後藤 真澄

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 後藤 真澄 / (株)長谷工リアルエステート大船店 )

  • A

    ムリではありません! 買い替えローンを利用して購入される方も多いですよ!

    ローン残債が少ない方が売却価格についての幅が持ちやすいので有利と言えますが残債が多くても買い替えが無理とは言えません。銀行ローン商品の中で、買替(住み替え)専用のローンもございますので、一度、ビューハウスへご相談下さい。 ( ビューハウス(株) )

  • A
    和田 圭右

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 和田 圭右 / (株)長谷工リアルエステート町田店 )

  • A

    ムリではありません! 買い替えローンを利用して購入される方も多いですよ!

    ローン残債が少ない方が売却価格についての幅が持ちやすいので有利と言えますが残債が多くても買い替えが無理とは言えません。銀行ローン商品の中で、買替(住み替え)専用のローンもございますので、一度、ビューハウスへご相談下さい。 ( ビューハウス(株)小山店 )

  • A
    永井 亘

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 永井 亘 / (株)長谷工リアルエステート千葉店 )

  • A
    江良 和彦

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 江良 和彦 / (株)長谷工リアルエステート新浦安店 )

  • A
    店長 藤平 大輔

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 店長 藤平 大輔 / (株)長谷工リアルエステート船橋店 )

  • A
    竹重 博之

    買い替え可能な場合もございます。

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 竹重 博之 / (株)長谷工リアルエステート東陽町店 )

  • A
    栗原 洋介

    【買い替え可能な場合もございます。】

    自宅のローン残債が所有不動産の売却金額より多い場合でも、年収や買い換え先物件によっては、その差額を弊社提携先銀行で、新たに購入する不動産代金と併せて『住替えローン』を利用することが可能な場合があります。このケースの場合は事前に住宅ローン審査を行い、資金計画をしっかりと立ててから進めるのがよいと思います。あきらめずにご相談ください。 (担当: 栗原 洋介 / (株)長谷工リアルエステート南千住駅前店 )

  • A

    現在お住まいの家の売却価格と年収次第!

    残債額と家の売却額に大幅な差額がある場合は難しいです。自己資金で差額を払ってしまう方も居るとは思いますが、殆どの方は売却によって残債が無くなるか減るかのどちらかです。残債額と次に購入する物件価格を足した額が、借入限度額内であれば、可能です。借入限度額は年収から算出しますので、お気軽に相談してください。 ( (株)西武開発ふじみ野店 )

  • A
    赤池 武人

    可能な場合もございます。ぜひご相談ください。

    売却しても住宅ローンが残ってしまう場合に、その残り分を次の購入物件のローンと合わせて借入れできる【買い替え用ローン】をご紹介しております。住宅ローンの事前審査でしっかりと見通しを立ててから物件見学や売却活動をスタートされると安心です。住宅ローン事前審査や総トータルのご資金見積もり等、フットワーク良くご対応いたします。又、どの程度ローンが残るか分からないという場合には、弊社の【買取保証】をお付けすることで売却の見通しが確実になり、安心して購入先のご見学を進められます。ぜひご活用下さい。(※買取保証制度は地域や物件種別によりお取り扱いできない場合があります。) (担当: 赤池 武人 / (株)長谷工リアルエステート三鷹店 )

  • A

    無理ではありません、まずはご相談から

    一概には言えませんが、現在も多くに方々が買い換えて頂いてます。まずは、シュミレーションをしてみましょう。ローンの残債にマイナスが出ても、今は銀行でマイナス分もローンを組める場合もありますので、あきらめる前に一度ご相談してみてください。 ( センチュリー21(株)アーバン21 )

216 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。