"20141219154542:H:0" "20141219154542:H:0" "20141219154542:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:ローン残債が多いと買い替えはムリ?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

182 件見つかりました
  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A

    新着 最近は多種多様な住宅ローンがございますので、決して無理ではありません。

    今は昔と違い多種多様な住宅ローンがあります。例えば、現在の住宅を売却してもローン残額を返しきれない場合に新しい住宅への買い替えをサポートする為の住み替えローン。規定の違いは多少ありますが各金融機関とも住み替えで残債が残ってしまう場合でも対応可能です。お申し込みには諸条件等がありますが、最初から無理とあきらめずに、是非お問い合わせをしてみてください。 ( オークラヤ住宅(株)東陽町営業所 )

  • A
    臼井 康平

    新着 住み替えローンがあります。

    「住み替えローン」という住宅ローンがございます。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。お申し込みには諸条件等がありますが、まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 臼井 康平 / ウィズ不動産販売(株) )

  • A
    鈴木 繁

    残債が多い場合に利用できる住宅ローンがあります。

    ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 鈴木 繁 / (株)大京リアルド練馬店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    関根 明俊

    もし相場を上回るような残債がある場合は・・・

    現在の相場で売却しても、残債が完済できないケースは、そう珍しくありません。現在のおうちを売却し買い替える場合は、残債処理での不足分を次に購入する新居のローンに乗せられることもできます。(もちろん支払い能力があればの場合です) また「ローンの支払いが厳しい」等で売りたいのだが、売っても残債が完済できそうもない場合は、金融機関と相談して足りない残債の処理を検討し、了解を得た上で売却するケースも考えられます。 (担当: 関根 明俊 / センチュリー21(株)ホームネット )

  • A
    三原 元

    現在のお客様の状況や買い換えたい物件によります。

    買い替え希望のお客様で、ローンが残っている方は多くいらっしゃいます。その中でも、ローンが多く残っていても買い替えに成功されてるお客様も多くいらっしゃいます。現在は、複数の金融機関で多様な買い替えローン商品を揃えていますので、買い替えしやすくなっています。まずは、入り口の段階として売却不動産の価格査定を相談されて資金計画を立てられる事をお勧めいたします。無料で査定をさせていただきますので、まずは弊社にご相談ください。お問い合わせお待ちしております。 (担当: 三原 元 / 京急不動産(株)上大岡店 )

  • A

    「買い替えローン」を使用する方法もございます。

    売却収入でローンが完済できない場合は、不足金額分を用意する必要がございます。住宅ローンに設定された抵当権を抹消できないと買い替えは不可能です。しかし、新しく購入する物件の費用と合わせて、現所有物件の住宅ローン返済費用も融資することが可能な「買い替えローン」もございます。その際は、お気軽にご相談ください。 ( 三菱UFJ不動産販売(株)日本橋センター )

  • A
    竹浪 亮太

    そんなことはございません。

    売却価格より住宅ローンが少ない場合は、ローン自体がたくさん残っていても問題ございません。その逆で売却価格よりローンが多い場合は足りない金額をご用意して頂かないと売却ができなくなります。(銀行さんの抵当権が抹消できない場合)そうなりますと「足りない分の金額が用意できないと買い替えができないの?」と思われがちですが。。。そんなことはございません!!その問題を解消する為に、一部の銀行さんでは買い替えローンという商品をご用意しております。諸条件等はございますが、簡単に言うと新しく購入する物件の住宅ローンと一緒にできるという商品です。買い替えのご相談も積極的に行っておりますので、まずはご相談下さいませ。 (担当: 竹浪 亮太 / 住協グループ(株)住協小手指支店 )

  • A
    徳江 梓

    ぜひご相談ください。

    当社の住宅ローンアドバイザースタッフが親身になってご相談に乗らせていただきます。各金融機関(銀行など)にはお住み替え専用の住宅ローンもございます。また、残債額が多くてもその金額よりも高い価格での購入者様がいれば、残債は抹消できます。今までにも何度も、お住み替えのお客様にご満足していただいております。どうぞお気軽にご相談くださいませ。 (担当: 徳江 梓 / (株)アートタウン )

  • A
    円明

    ムリと決めず、一度ご相談ください

    買い替えローンで借入することも可能です。ただし、諸条件によっては借入できない場合もあります。借入が多くなるので損した気分になるかもしれませんが、売却予定の住まいを買った時のローン金利より現在のローン金利が安い場合は、結局支払いがそう変わらないケースもあります。シュミレーションが可能ですのでお気軽にお問い合わせください (担当: 円明 / ピタットハウス北高崎店(株)フィールデイズ )

  • A
    若林 江理香

    条件を満たせば十分可能です。

    住み替えをお考えのお客様、特に高金利、好景気の時期にご購入されたお客様の場合、現在の住宅ローンの残債が売却価格を上回っている場合が多いようです。地価下落が続いており、かつ建物は建てた後に価値が下がっていくためです。その場合、自己資金で補ってローンを完済するか、次の住宅をご購入される際に「住み替えローン」を利用して売却時に残る残債分を購入する物件の住宅ローンに上乗せして借りられれば買い替えは十分実現できます。ただし、金融機関の審査は当然ございますし、金融機関によって審査基準も異なります。 (担当: 若林 江理香 / (株)カチタス藤岡店 )

  • A

    可能な場合があります!

    例えば実際に自宅が2000万円で売却できる物件なのですが、残債が2500万円の場合、お買い替えの購入物件の金額と自宅の残債抹消不足分も含めて全てローンを組んでお住み替えが可能な場合もございます。ご年収や勤続年数など審査が必要となりますのでまずはご相談ください。 ( 大成有楽不動産販売(株)大船営業所 )

  • A
    齋藤 広和

    住み替えローンがご利用できます。

    ご売却資金でご自宅のローンが完済できない場合は住み替えローンが利用できます。住み替えローンはご自宅の債務が売却代金で完済できない場合、住み替え先のローンに完済できなかった債務をプラスして借入する方法です。ご利用にあたっては各金融機関の諸条件がありますので、担当までお気軽にご相談下さい。 (担当: 齋藤 広和 / 京急不動産(株)蒲田店 )

  • A
    佐藤 優一

    当社独自の「つなぎ融資」制度のご利用をご検討ください。

    買い替えの場合、重要なのは、「ローン残債額」、「所有不動産の売却予定価格」、「自己資金額」、「金融機関からの借入可能額」を把握して、無理のない資金シミュレーションがたてられるかどうかです。また、購入代金のお支払いと売却代金の受け取りのタイミングが異なるため、資金繰りの計画も重要です。当社には独自の「つなぎ融資」制度があり、他社では対応できないケースでもお役に立てる場合がございますので、ローン残債や買い替えについて、お悩みのお客様はぜひ一度ご相談下さい。 (担当: 佐藤 優一 / 野村の仲介+渋谷営業部野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    根上 拓臣

    そんなことはございません!!

    ご自宅を売却する場合、住宅ローンが残っている方が大半です。ローン残債が多いケースで、売買価格よりローン残債が上回っている場合でも、買い替えは可能です。このケースは、新規に買う物件のローンに上乗せする仕組みです。民間の金融機関から提供されている買い替え用ローンを利用することとなります。 (担当: 根上 拓臣 / 小田急不動産(株)成城店 )

182 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
マイリストに追加しました。