"20150830084738:H:0" "20150830084738:H:0" "20150830084738:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:不動産の売却時にも税金はかかる?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

246 件見つかりました
  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    伊藤 玄樹

    かかります。皆様に共通してかかる税金は印紙税です。

    印紙税は5000万円以下は1万円 5000万円以上は3万円の税金です。また、不動産を売却したことによって利益(買った値段より高く売れた場合)がでた場合には所得税がかかるケースがございますので、税務署にご確認ください。利益が出たとしても3000万円の特別控除や買い替えの特例等様々な税金の優遇措置がございます。 (担当: 伊藤 玄樹 / (株)ベストセレクト杉並店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    税金は様々で、例えば売買契約書に貼付する印紙代も税金の一種です。皆様のご心配は売却代金から購入代金を差し引いて利益が出た場合の譲渡益に対しての税金ですが、利益が出たものに税金が発生します。しかし自己居住での売却の場合は「居住用物件控除」などもございますので、担当者にお尋ね下さい。また条件により控除や優遇が受けられない場合もございますのでご了承下さい。 (担当: 青柳 清子 / オークラヤ住宅(株)三鷹営業所 )

  • A
    齋藤 公佑

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 齋藤 公佑 / (株)西武開発清瀬店 )

  • A
    増渕 昌希

    かかる場合もございます!

    不動産の売却金額が購入時よりも高く、利益が発生した場合に税金が掛かります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3000万まで控除できる特例がございます。お客様により異なりますので詳細を担当にご確認ください。 (担当: 増渕 昌希 / オークラヤ住宅(株)池袋営業所 )

  • A
    青木 実

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 青木 実 / (株)西武開発ふじみ野店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    税金は様々で、例えば売買契約書に貼付する印紙代も税金の一種です。皆様のご心配は売却代金から購入代金を差し引いて利益が出た場合の譲渡益に対しての税金ですが、利益が出たものに税金が発生します。しかし自己居住での売却の場合は「居住用物件控除」などもございますので、担当者にお尋ね下さい。また条件により控除や優遇が受けられない場合もございますのでご了承下さい。 (担当: 金田 めぐみ / オークラヤ住宅(株)渋谷営業所 )

  • A
    大木 明

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 大木 明 / (株)西武開発川越店 )

  • A
    本間 秀樹

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 本間 秀樹 / (株)西武開発坂戸店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    不動産の売却金額が購入時よりも高く、利益が発生した場合に税金が掛かります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3000万まで控除できる特例がございます。お客様により異なりますので詳細を担当にご確認ください。 (担当: 芳賀 深雪 / オークラヤ住宅(株)上野営業所 )

  • A
    齋藤 浩行

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 齋藤 浩行 / (株)西武開発小手指店 )

  • A
    渡邉 勝

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 渡邉 勝 / (株)西武開発新所沢店 )

  • A
    山口 克郎

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 山口 克郎 / (株)西武開発国分寺店 )

  • A
    長谷川 貴大

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 長谷川 貴大 / (株)西武開発飯能店 )

  • A
    大塚 正博

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 大塚 正博 / (株)西武開発狭山店 )

  • A
    池田 晃輔

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 池田 晃輔 / (株)西武開発久米川店 )

  • A
    萩原 貴光

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 萩原 貴光 / (株)西武開発ひばりケ丘店 )

  • A
    溝口 太

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 溝口 太 / (株)西武開発志木店 )

  • A
    永田 博一

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 永田 博一 / (株)西武開発入間店 )

  • A
    天野 雄介

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 天野 雄介 / (株)西武開発浦和店 )

  • A
    後藤 正貴

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 後藤 正貴 / (株)西武開発大宮店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    税金は様々で、例えば売買契約書に貼付する印紙代も税金の一種です。皆様のご心配は売却代金から購入代金を差し引いて利益が出た場合の譲渡益に対しての税金ですが、利益が出たものに税金が発生します。しかし自己居住での売却の場合は「居住用物件控除」などもございますので、担当者にお尋ね下さい。また条件により控除や優遇が受けられない場合もございますのでご了承下さい。 (担当: 遠藤 絢香 / オークラヤ住宅(株)五反田営業所 )

  • A

    譲渡益について課税される場合があります。まずはお気軽にご相談ください。

     一定の計算式より求められた譲渡益に所得税や住民税が課税される場合があります。所有期間が5年超の場合も長期譲渡所得、5年以下を短期譲渡所得として区分されます。居住用の財産には所得控除や各特例がありすべての譲渡益に対して課税されるものではありません。詳しくは担当までお気軽にご相談ください。 ( 野村の仲介+学芸大学センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    宮地 滋

    かかる場合があります。

    ご購入時の金額よりも低い金額で売却をされますと税金はかかりません。ただし、ご購入時の金額よりも高く売却できた場合、譲渡利益という利益が発生します。これはご購入時の金額とご売却された金額の差額です。その差額に対して所得税が付加されます。ただし、条件により無税にする税制がありますので、詳しくは担当までお気軽にお問合せ下さい。0800-601-1207 (担当: 宮地 滋 / (株)ヤナセ不動産 )

  • A

    今の時代少ないケースですが、当時買った時の費用より、高く売れた場合には税金がかかります。

    はい。掛かります。売却によって利益が生じると譲渡所得税と住民税が掛かります。但し、不動産の所有期間や、居住用・非居住用不動産など、その売却不動産によって税金は大きく異なります。特別優遇措置によって税金が免除されることもありますので、事前にご相談下さい。 ( ビューハウス(株)宇都宮東店 )

246 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。