"20170323213423:H:0" "20170323213423:H:0" "20170323213423:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:不動産の売却時にも税金はかかる?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

277 件見つかりました
  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A

    新着 かかる場合があります。

    例えば購入時の金額より高く売却された場合、譲渡益が発生し課税対象になる場合があります。しかし、それに対して「特別控除などの特例」などがあり、ご売却のご状況によって(例:5年を超える「長期譲渡所得」になるか、5年以下の「短期譲渡所得」)適用または適用外と条件がございますので、一度ご相談くださいませ。 ( (株)大京穴吹不動産五反田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    加藤 徹

    譲渡所得税(所得税・住民税)というものがかかります

    個人が資産を譲渡して利益が出た場合、その利益を譲渡所得として所得税と住民税がかかります。課税譲渡所得金額 = 譲渡価額 -(取得費+譲渡費用)- 特別控除額(一定の場合)〇 長期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年を超える場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率20%(所得税15%、住民税5%) 〇 短期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年以下の場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率39%(所得税30%、住民税9%)その他特別控除などの特例がある場合もございますので、お気軽にご相談下さい。 (担当: 加藤 徹 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

  • A
    佐々知 慶

    譲渡所得税(所得税・住民税)というものがかかります

    個人が資産を譲渡して利益が出た場合、その利益を譲渡所得として所得税と住民税がかかります。課税譲渡所得金額 = 譲渡価額 -(取得費+譲渡費用)- 特別控除額(一定の場合)〇 長期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年を超える場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率20%(所得税15%、住民税5%) 〇 短期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年以下の場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率39%(所得税30%、住民税9%)その他特別控除などの特例がある場合もございますので、お気軽にご相談下さい。 (担当: 佐々知 慶 / センチュリー21タイセーハウジング(株)厚木本社 )

  • A
    八道 賢吾

    必要な場合もございます。

    基本的には契約書に貼付すつ印紙が印紙税法に基づき必要になります。他には、(1)買ったときより高く売れた場合の譲渡取得税(2)相続取得によるもので、買ったときの額が分からない時の譲渡取得税・・・などなどそれに対して居住用財産の3000万控除など利用できる減免処置はございます。提携の税理士もおりますので是非一度お気軽にご相談下さい。 (担当: 八道 賢吾 / (株)福屋不動産販売北千住店 )

  • A
    安藤遊生

    不動産売却時の税金では売却利益が出た場合『譲渡所得税と住民税』がかかります。

    売却利益がある場合に『譲渡所得税と住民税』が必要です。譲渡税は居住用財産か非居住用財産かによって税額控除が大きく変わります。税額控除の『3000万円控除』を使えるか又は使えないかによって大きく手取り金額が変わってきますので注意が必要です。なお税額については所有期間により長期譲渡所得税率と短期譲渡所得税率と分かれます。※ただしマイホームを売却される方で大きな利益(購入時と売却時の差額利益)が出ない場合に税金の心配する必要はありません。詳しくは担当営業マンにご確認ください。 (担当: 安藤遊生 / センチュリー21(株)トラスト不動産 )

  • A
    君嶋光宏

    購入してからの期間や価格によりかかります。

    不動産を譲渡した際の譲渡所得税・住民税は、譲渡するタイミングでのその土地・建物の所有期間によって、5年以上なら「長期譲渡所得」、5年以下なら「短期譲渡所得」に分けられ、税率も大きく異なります。長期譲渡所得である方が税率も低くなりますが、5年以上という所有期間の計算が独特なので注意が必要です。 (担当: 君嶋光宏 / (株)クラシア )

  • A
    小田 友征

    売却が成立したときに利益がある場合は掛かります。

    不動産の売却金額が購入時より高く、利益が発生した場合に税金が掛かります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例があります。これにより現在ではほとんどの人は売却時に税金が掛かるということはありません。あとは売却時の契約書に必要な印紙税(15000円)ぐらいでしょう。しかし不動産には2つとして同じものはありません。売却も例外ではありませんので自分のケースはどうか、間違いのないように必ず確認してください。 (担当: 小田 友征 / (株)大京穴吹不動産成増店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    古屋 俊一

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 古屋 俊一 / (株)西武開発立川店 )

  • A
    松尾 恵一郎

    かかります。

    不動産売買契約書に貼付する印紙税や、売却の際に登記の変更(抵当権の抹消、住所・氏名の変更)が必要な場合も税金がかかります。また、売却後利益が出た場合には、譲渡所得税がかかる場合もございます。弊社では「プラスアルファコンシェルジュ」サービスにより、税理士、弁護士、司法書士などの無料相談を提供しております。相続や債務超過、紛争など税制面以外の複雑な案件も数多く解決してきました。不動産売却でお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。 (担当: 松尾 恵一郎 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A
    倉田 慎也

    譲渡税

    売却された不動産が購入時よりも高値で売れた場合、利益に対して譲渡税がかかる可能性があります。購入時の売買契約書や領収書などの購入時の証明が非常に大事です。または、以前住んでいた個人の家を売却することに関しては、「売却時に居住中、または売却する予定の家から引越しをした3年以内に売却が完了」することが出来た場合に限り、H28年10月現在は一定の税控除を受けることが出来る場合があります。詳しくは最寄の税務署へお問い合わせください。税控除や軽減措置については、その都度変更がある可能性がございます。 (担当: 倉田 慎也 / アイレントホーム(株)北千住東口店 )

  • A

    ケースバイケースです。

    不動産を売却したときに利益(譲渡益)が発生した場合には、譲渡所得税・住民税が課税されます。マイホームの売却の場合は3000万円特別控除や買換え特例など優遇措置を利用することで、結果として税金がかからない場合もあります。但し適用要件があり個別での十分な確認が必要です。又、利益(譲渡益)に関しても建物償却費など詳細の計算が必要です。ご不明な点はぜひ担当者や税務署へご確認下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート成増店 )

  • A
    坂野明則

    かかります。しっかり確認しましょう!

    まずは、売買契約時の契約書に印紙を貼付するので印紙税が必要です。他にも、譲渡益が出た場合の譲渡所得税などがあります。税金は売買の金額や、不動産を保有した期間などでもちがいがでます。また、お客様の状況によっては控除を受けられることもありますので一度ご相談に来てください。当社では、”税の知識”という本を無料でお配りしています。お気軽にお問い合わせください! (担当: 坂野明則 / 朝日土地建物(株)中山支店 )

  • A
    小泉裕太郎

    かかる場合もございます。無料税務相談をご利用ください。

    ご自宅以外にも、相続で取得した不動産や住まなくなったお住まいなど様々なケースが考えられますが、譲渡益がでた不動産に対しては税金がかかります。また、一定期間は復興特別所得税2.1%分が所得税に加算されたりもします。控除で賄えるケースも多いですが、住宅ローン控除と併用ができないなどの側面もありますし、お住み替えのご計画は広い視野を持ってお考えいただいたほうが宜しいかと存じます。弊社では、提携税理士による税務相談(無料)を随時承っております。土日も対応可能ですので、ぜひこの機会にご利用ください。 (担当: 小泉裕太郎 / 野村の仲介+府中センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A

    一概にかかるとは言えません。

    売却にかかる税金というと、譲渡税があります。居住用で、最初に買ったときの価格、売った時の価格、かかった経費、また、共有名義かどうか、5年以上住んでいるか、3000万円控除、などなど、様々なご要件によりなるべくかからないようにする手立てをご相談させていただきます。難しい申告には、専門の税理士をご紹介いたします。 (担当: 熊谷 敏子 / (株)尾張屋浦和パルコ店 )

  • A
    内田 剛生

    今の時代少ないケースですが、当時買った時の費用より、高く売れた場合には税金がかかります。

    はい。掛かります。売却によって利益が生じると譲渡所得税と住民税が掛かります。但し、不動産の所有期間や、居住用・非居住用不動産など、その売却不動産によって税金は大きく異なります。特別優遇措置によって税金が免除されることもありますので、事前にご相談下さい。 (担当: 内田 剛生 / ビューハウス(株)太田店 )

  • A
    笹原(淀)義明

    譲渡所得に対してかかります。

    簡単にいうと、売った金額から買った金額を引くとそれが儲けになり、その儲けに対して税金がかかることがあります。その計算には諸費用や減価償却費なども入ってきますし、あるいは譲渡所得があっても自宅として利用していた場合の優遇などもあり無税になることもあります。詳しくは担当までお問合せください。 (担当: 笹原(淀)義明 / 朝日リビング(株)町田本社営業部 )

  • A
    早川 基唯

    税金は所得(利益)に対して発生いたします。

    税金は所得(利益)に対して発生いたします。 要するに対象不動産の売却時の価格から売却時の費用を差引いた金額が、購入時の価格を上回れば、その上回った分(利益)の金額に対して、「所得税」「住民税」「復興支援税」が発生いたします。 購入時の金額が不明の場合は、売却時の価格から売却時の費用を差引いた金額の5%が取得費用とみなされ、95%に対して、前記の税金が課せられます。 状況に応じて発生する税額が異なりますので、弊社顧問の「不動産に特化した税理士」と連携し、ご対応させていただきます。 (担当: 早川 基唯 / (株)東京住宅コーポレーション )

277 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。