"20160209123437:H:0" "20160209123437:H:0" "20160209123437:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:不動産の売却時にも税金はかかる?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

252 件見つかりました
  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    末廣 崇久

    新着 不動産売却時の税金は

    不動産の種類や面積などの諸条件により税額が変化します。不動産を売却して利益がでた場合は譲渡所得に、所得税と住民税が課せられます。譲渡所得とは、売却不動産の取得費に売却費用を加算した額を、譲渡価格から差し引いた額です。不動産を売却した際に、売却した不動産の所有期間により税率も変わってきます。逆に、売却してマイナスになった場合も、他の所得と通算することができます。不動産売却の特例がございます。詳しいことは、税理士等の専門家に、一度ご相談されるとよいかもしれません。 (担当: 末廣 崇久 / 朝日土地建物(株)八王子店 )

  • A
    鈴木 篤

    今の時代少ないケースですが・・・

    当時買った時の費用より、高く売れた場合には税金がかかります。土地・建物を売却して出た利益を譲渡所得といいます。譲渡所得には、所得税・住民税が課税されます。税率は不動産の所有期間や、居住用・非居住用不動産など、その売却不動産によって税金は大きく異なります。但し、特別優遇措置によって税金が免除されることもありますので、詳細は担当者または税務署にお問い合わせください。 (担当: 鈴木 篤 / リストインターナショナルリアルティ(株)横浜支店 )

  • A
    池谷 和満

    譲渡所得税がかかる場合があります。

    土地・建物を売却して出た利益を譲渡所得といいます。譲渡所得には、所得税・住民税が課税されます。税率は不動産を所有していた期間により異なります。また、自宅を売却して利益が出た場合、一定用件を満たせば、譲渡所得から最高3,000万円までの特別控除が受けられます。詳細は担当者または税務署にお問い合わせください。 (担当: 池谷 和満 / (株)長谷工リアルエステート駒沢店 )

  • A

    かからない場合も・・・

    原則は不動産を売却し、利益(譲渡所得)が生じた場合には、その利益に対して所得税と住民税がかかります。ただし、居住用財産であれば3000万円特別控除、軽減税率、買換特例などの特例を用いて税金の軽減を受けられます。ほとんどの場合、3000万円特別控除(利益が3000万円までは税金がかからない)を用いて税金の軽減を受けられています。逆に売却損(譲渡損失)が生じた場合に一定条件を満たせば、損失の金額を他の所得(給与所得など)と損益通算および繰越控除をすることができる特例があります。  ( リストインターナショナルリアルティ(株)東戸塚支店 )

  • A
    片山 憲三

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 片山 憲三 / (株)西武開発田無店 )

  • A

    条件にあてはまると、譲渡所得税・住民税が必要です。

    「不動産 譲渡所得税 住民税」でWEB検索してください。 三井さんあたりのHPで詳しく解説されております。 一般的な専用住宅を売却しても、まず所得税は掛かりませんのでご安心ください。 大型の土地売却の場合は要注意です。詳しくご解説いたしますので、ぜひご来店を。 ( (株)平塚住宅スマイサガシ千鳥店 )

  • A

    売却益の有無によってかかるケースもあります

    わかりやすく言うと売った事によって利益が出たかどうかです。購入価格<売却価格の場合には差額が税金の対象になり、所有期間などによって税率も変動します。また居住用財産の売却の場合には控除される特例もあります。(諸条件がありますので詳細はご相談下さい)印紙税(契約成立時に契約書に貼付)は必ず必用になります。(売買価格により変動します)様々な優遇措置もございますので、ご相談下さい。 ( (株)大久保不動産事務所 本社 )

  • A

    必要な場合もございます。

    基本的には契約書に貼付すつ印紙が印紙税法に基づき必要になります。他には、(1)買ったときより高く売れた場合の譲渡取得税(2)相続取得によるもので、買ったときの額が分からない時の譲渡取得税・・・などなどそれに対して居住用財産の3000万控除など利用できる減免処置はございますので、是非一度お気軽にご相談下さい。 ( (株)福屋不動産販売荻窪店 )

  • A
    伊藤 玄樹

    かかります。皆様に共通してかかる税金は印紙税です。

    印紙税は5000万円以下は1万円 5000万円以上は3万円の税金です。また、不動産を売却したことによって利益(買った値段より高く売れた場合)がでた場合には所得税がかかるケースがございますので、税務署にご確認ください。利益が出たとしても3000万円の特別控除や買い替えの特例等様々な税金の優遇措置がございます。 (担当: 伊藤 玄樹 / (株)ベストセレクト杉並店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    税金は様々で、例えば売買契約書に貼付する印紙代も税金の一種です。皆様のご心配は売却代金から購入代金を差し引いて利益が出た場合の譲渡益に対しての税金ですが、利益が出たものに税金が発生します。しかし自己居住での売却の場合は「居住用物件控除」などもございますので、担当者にお尋ね下さい。また条件により控除や優遇が受けられない場合もございますのでご了承下さい。 (担当: 青柳 清子 / オークラヤ住宅(株)三鷹営業所 )

  • A
    齋藤 公佑

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 齋藤 公佑 / (株)西武開発清瀬店 )

  • A
    増渕 昌希

    かかる場合もございます!

    不動産の売却金額が購入時よりも高く、利益が発生した場合に税金が掛かります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3000万まで控除できる特例がございます。お客様により異なりますので詳細を担当にご確認ください。 (担当: 増渕 昌希 / オークラヤ住宅(株)池袋営業所 )

  • A
    青木 実

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 青木 実 / (株)西武開発ふじみ野店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    税金は様々で、例えば売買契約書に貼付する印紙代も税金の一種です。皆様のご心配は売却代金から購入代金を差し引いて利益が出た場合の譲渡益に対しての税金ですが、利益が出たものに税金が発生します。しかし自己居住での売却の場合は「居住用物件控除」などもございますので、担当者にお尋ね下さい。また条件により控除や優遇が受けられない場合もございますのでご了承下さい。 (担当: 金田 めぐみ / オークラヤ住宅(株)渋谷営業所 )

  • A
    大木 明

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 大木 明 / (株)西武開発川越店 )

  • A
    本間 秀樹

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 本間 秀樹 / (株)西武開発坂戸店 )

  • A

    かかる場合もございます!

    不動産の売却金額が購入時よりも高く、利益が発生した場合に税金が掛かります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3000万まで控除できる特例がございます。お客様により異なりますので詳細を担当にご確認ください。 (担当: 芳賀 深雪 / オークラヤ住宅(株)上野営業所 )

  • A
    齋藤 浩行

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 齋藤 浩行 / (株)西武開発小手指店 )

  • A
    渡邉 勝

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 渡邉 勝 / (株)西武開発新所沢店 )

  • A
    山口 克郎

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 山口 克郎 / (株)西武開発国分寺店 )

  • A
    長谷川 貴大

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 長谷川 貴大 / (株)西武開発飯能店 )

  • A
    大塚 正博

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 大塚 正博 / (株)西武開発狭山店 )

  • A
    池田 晃輔

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 池田 晃輔 / (株)西武開発久米川店 )

  • A
    萩原 貴光

    売却価格が購入時の価格よりも高くなった場合は注意が必要です。

    原則、不動産売却時に税金がかかりますが、居住用の場合は特例があるため、通常はかからない場合が多いです。自宅を売却した価格から、取得費(売却した土地建物を購入した時の購入代金と購入時の諸経費等の合計)と譲渡費用(売却に関してかかった仲介手数料、建物解体費、測量費等)の合計を差し引いて3000万円以上の所得があった場合、その所得に対して課税されます。課税対象となる場合にも、その居住用財産の所有期間等の条件により税率が違います。 (担当: 萩原 貴光 / (株)西武開発ひばりケ丘店 )

252 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。