会員ページへログイン

既にSUUMO会員の方は、下記外部IDを利用してログインすることが可能です。

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:不動産の売却時にも税金はかかる?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

196 件見つかりました
  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A

    必要な場合もございます。

    基本的には契約書に貼付すつ印紙が印紙税法に基づき必要になります。他には、(1)買ったときより高く売れた場合の譲渡取得税(2)相続取得によるもので、買ったときの額が分からない時の譲渡取得税・・・などなどそれに対して居住用財産の3000万控除など利用できる減免処置はございますので、是非一度お気軽にご相談下さい。 ( (株)福屋不動産販売吉祥寺本店 )

  • A
    中澤 和彦

    譲渡益が出る場合は要注意!

    不動産を売却した場合は、譲渡益が出ると税金がかかります。居住用の不動産の場合は、名義人1人に付300万円控除が使えますが、居住してない不動産、土地のみで駐車場などで貸していた・・・などの不動産は税金の対象となります。取得価格が解らない場合は売却価格の5%で計算されてしまうので、課税されることが多いようです。 (担当: 中澤 和彦 / 明治地所(株)鎌倉本店 )

  • A

    物件やお客様により異なります

    例えば、不動産の取得価格や時期などにより、税金がかかるかどうか分かれます。かからないケースの方が多いですが、我々でもかかりそうかどうかはある程度判断できます。かかりそうな場合は、税金のお話ですので最終的には税理士へ相談することをお勧めいたします。また、諸経費的な税金(収入印紙代)や諸費用に消費税がかかっている場合がございます。 ( (株)大京リアルド船橋店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    若林 江理香

    税金がかかる場合とかからない場合がございます。

    売却後に課税される可能性がある税金は譲渡所得税と住民税です。売却価格からその不動産を購入、取得した際の取得費用と譲渡費用(印紙代や測量費等売却に必要な費用)を差し引いたものを譲渡所得と言います。この譲渡所得から特別控除額(3000万円控除等)を差し引いた結果、売却利益が出た場合は、譲渡所得税が課税されます。簡単に言いますと売った価格の方が高く、儲けが出た場合に課税されるとお考えください。税率はその不動産の所有期間によって異なります。 (担当: 若林 江理香 / (株)カチタス藤岡店 )

  • A
    小林 達也

    不動産譲渡所得税がかかる場合があります

    購入時価格と売却時価格で利益が出たとみなされた場合、その利益分について所定の税率を乗じて税金額が決定されます。所有者本人が居住している不動産を売却した際は、売却益から3000万円を控除できる特別控除制度があります。しかし、所有者本人が居住していない(非居住)不動産については、売却益からの控除はできませんので注意が必要です。まだまだたくさん税金についての注意点があります。不動産の適用要件も様々。そんな時は私、小林、もしくは、営業担当者までお尋ねください。きっとお役に立ちます。 (担当: 小林 達也 / 大成有楽不動産販売(株)国立営業所 )

  • A

    譲渡所得税が課税される場合があります。

    売却した際、利益(譲渡差益)が発生した場合、課税されます。 例えば、5000万円で購入した物件が9000万円で売却できた場合、売却の諸費用を除いた譲渡益に課税されます。 ただし、今の特例としては「マイホーム(自己居住不動産)」の売却の際は、譲渡益に関し3000万円までは非課税になっています。 相続で得た不動産を売却される際には注意が必要ですので、税理士などの専門家へのご相談をお勧めします。 ( 大成有楽不動産販売(株)大船営業所 )

  • A
    坂口 慧伍

    かかる場合もございます。無料税務相談をご利用ください。

    ご自宅以外にも、相続で取得した不動産や住まなくなったお住まいなど様々なケースが考えられますが、譲渡益がでた不動産に対しては税金がかかります。また、一定期間は復興特別所得税2.1%分が所得税に加算されたりもします。控除で賄えるケースも多いですが、住宅ローン控除と併用ができないなどの側面もありますし、お住み替えのご計画は広い視野を持ってお考えいただいたほうが宜しいかと存じます。弊社では、提携税理士による税務相談(無料)を随時承っております。土日も対応可能ですので、ぜひこの機会にご利用ください。 (担当: 坂口 慧伍 / 野村の仲介+国立センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    齋藤 広和

    かかる場合とかからない場合があります

    売却をした際に譲渡益に対して所得税と住民税がかかってきます。また、買替や交換した場合にも、一定の要件を満たしていないと課税されます。税法は個人個人のケースにより、税率、適用要件、適用の期間が異なりますので、個別に節税のポイントなどご相談承ります。当社の顧問税理士による無料相談会もあります。相続税対策やローンのことなどお気軽にご相談・お問い合わせください。 (担当: 齋藤 広和 / 京急不動産(株)蒲田店 )

  • A
    相川 昌也

    所有期間や所得が発生した場合に・・・

    土地・建物を売却した時の「利益」は、譲渡所得となるため譲渡所得税がかかってきます。その際、重要になるのが所有期間です。売却した年の1月1日現在で5年を超える期間があれば長期所有、5年以下は短期所有と区分されます。長期所有の税率と短期所有の税率は異なります。短期5年以下の方が多く課税されます。たった数日の違いでも、税率が2倍も違ってくることもありますから、売却する時期は十分考慮したいものです。お気軽にご相談くださいませ。 (担当: 相川 昌也 / (株)大成住宅川越店 )

  • A

    売却が成立したときに利益がある場合は掛かります。

    不動産の売却金額が購入時より高く、利益が発生した場合に税金が掛かります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3000万円まで控除ができる特例があります。これにより現在ではほとんどの人は売却時に税金が掛かるということはありません。あとは売却時の契約書に必要な印紙税(15000円)ぐらいでしょう。しかし不動産には2つとして同じものはありません。売却も例外ではありませんので自分のケースはどうか、間違いのないように必ず確認してください。 ( 大和ホームズオンライン(株) )

  • A
    小島 和仁

    譲渡所得税がかかる場合があります。

    購入した価格よりも高い価格で売却した場合、売却価格から購入価格と売却するために要した経費を引いた価格(譲渡所得)に対して譲渡所得税が課税されます。税率は売却不動産を所有していた期間によりことなります。また、自宅を売却した場合は、譲渡所得から3,000万円の控除や、所有期間が10年超の場合の軽減税率が適用される場合があります。購入した時期が何十年も前であったり、相続での取得で、購入価格が分からない場合は、売却価格の5%を購入価格と看做します。なお、売却不動産購入時に買換え特例を適用している場合は注意が必要です。購入時の売買契約書や領収書、税金の申告に関する資料等を探してみて下さい。 (担当: 小島 和仁 / 小田急不動産(株)成城店 )

  • A
    西宮 正人

    かからない場合も・・・

    原則は不動産を売却し、利益(譲渡所得)が生じた場合には、その利益に対して所得税と住民税がかかります。ただし、居住用財産であれば3000万円特別控除、軽減税率、買換特例などの特例を用いて税金の軽減を受けられます。ほとんどの場合、3000万円特別控除(利益が3000万円までは税金がかからない)を用いて税金の軽減を受けられています。逆に売却損(譲渡損失)が生じた場合に一定条件を満たせば、損失の金額を他の所得(給与所得など)と損益通算および繰越控除をすることができる特例があります。 (担当: 西宮 正人 / リストインターナショナルリアルティ(株)広尾支店 )

  • A
    小針

    譲渡所得税が発生する場合があります。

    売却時に譲渡益が生ずる場合にも条件により一定の控除を受けることが可能な場合もあります。一定の控除を超える譲渡益が生じた場合や、控除条件が当てはまらない場合には譲渡所得税が発生します。売却益(もうけ)の算出については、取得時の費用や売却経費、減価償却等も考慮に入れる必要があります。税務署又は税理士等の専門家に相談されることをお薦めいたします。 (担当: 小針 / (株)グランダム )

  • A
    浅野 達也

    かかる場合とかからない場合がありますので詳しくご相談ください。

    買った当時よりも高く売れた(売却益が出た)などの場合には、税金(所得税・住民税)がかかります。また買った当時よりも損をして売却(売却損)したなどの場合にも売却損分を少し取り戻す、お得な方法もあります。知らないと損をしてしまう事があります。これには住んでいた期間により長期、短期も大きく税率が変わります。その辺も詳しく教えていただければ詳しくご説明できます。お気軽にお尋ねください (担当: 浅野 達也 / (株)ベンハウス営業第1課 )

  • A
    中里 勉

    印紙税のほに、不動産を売却されて譲渡益が出た場合、それに対して所得税、住民税が生じます。

    印紙税・・・売買契約書に貼付する印紙代です。所得税・住民税・・・お住まいを売却されて譲渡益が出た場合、その譲渡益に対して所得税、住民税がかかります。ただし現在お住まいの自宅(居住用の財産)をご売却の際は、購入した価格から売却した価格の譲渡益が3,000万円までであれば特別控除が利用できます。(購入価格から減価償却が必要です。)さらに、所有期間が長いと税率が軽減される特例を選択できる場合があります。 (担当: 中里 勉 / 海浜不動産(株)千葉支店 )

  • A
    五十嵐 稔

    「長期譲渡所得」になるか、「短期譲渡所得」になるかによって異なります。

    土地や建物を売った年の1月1日現在で、その土地や建物の所有期間が5年を超える場合は「長期譲渡所得」になり所得税15%、住民税5%。5年以下の場合は「短期譲渡所得」になり所得税30%、住民税9%が譲渡所得に課税されます。例えば、平成25年中に譲渡した場合は、その土地や建物の取得が平成19年12月31日以前であれば「長期譲渡所得」に、平成20年1月1日以後であれば「短期譲渡所得」になります。また、相続等で親族から受け継いだ場合は、取得価格(購入価格)がなく、5%を取得費としていますので、売却時に利益が出てしまうケースがほとんどです。 (担当: 五十嵐 稔 / 朝日不動産(株)高崎本店 )

  • A
    後藤 正哉

    場合によっては発生致します。

    譲渡所得税と住民税が対象となります。購入価格よりも高い価格での売却が成立した場合、取得費用と譲渡費用を差し引いた物を「譲渡所得」と言います。この金額が3000万円を下回るようでしたら課税はされません。売却依頼を受けまして、お客様に合った節税方法のご提案も都度行っております。御相談下さいませ。 (担当: 後藤 正哉 / (株)ホームプラザ )

  • A

    ケースバイケースです。

    不動産を売却したときに利益(譲渡益)が発生した場合には、譲渡所得税・住民税が課税されます。マイホームの売却の場合は3000万円特別控除や買換え特例など優遇措置を利用することで、結果として税金がかからない場合もあります。但し適用要件があり個別での十分な確認が必要です。又、利益(譲渡益)に関しても建物償却費など詳細の計算が必要です。ご不明な点はぜひ担当者や税務署へご確認下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート本社営業センター 第1チーム )

  • A
    丸山 裕成

    かかる場合もございます!

    税金は様々で、売買契約書に貼付する印紙代も印紙税ですので税金はかかります。  皆様のご心配は売却代金から購入代金を差し引いて利益が出た場合の譲渡益に対しての税金ですが、利益が出たものに税金が発生致します。 しかし自己居住での売却の場合は「自己居住用物件控除」等もございますので、担当者にお尋ね下さい。  また条件により控除、優遇が受けられない場合もございますのでご了承下さい。 (担当: 丸山 裕成 / オークラヤ住宅(株)横浜営業所 )

196 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
マイリストに追加しました。