"20170330215656:H:0" "20170330215656:H:0" "20170330215656:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

298 件見つかりました
  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    矢野 宏明

    新着 可能ですが、リスクも高いためお勧めはできません。

    不動産のお取引を幾度かご経験があり、また売主様や買主様ともに顔見知りで信頼関係がある場合は、可能かと思われます。しかし、お取引した不動産に何らかの問題があったり、ご契約内容に不備があったりした場合、その内容によっては双方の信頼関係や人間関係が崩れ、最悪の場合裁判や訴訟になる場合も考えられます。プロである不動産会社が仲介をすることで、取引に関し明確かつ公平なルールを定め、取引内容について書面を残し、売主様と買主様双方にとって最後まで安心、安全で納得のお取引が可能になります。ご自分で直接お取引を行う場合は、くれぐれも慎重にご検討下さい。 (担当: 矢野 宏明 / (株)大京穴吹不動産港北ニュータウン店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    大熊 善信

    新着 可能です。しかしあまりお勧めできません。

    媒介契約書でも「専属専任媒介契約」以外の2つの契約では自己発見取引が認められています。しかしながら複雑な不動産取引を慣れない方が行うと想像できない事態に陥ることも考えられますので、あまりお勧めできません。もし不動産会社を通さずお取引をされる事をお考えの方がいらっしゃったら、ご相談は無料ですのでお気軽に当社までご連絡ください。できる限りのアドバイスをさせて頂きます。 (担当: 大熊 善信 / (株)大京穴吹不動産横浜店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    砂川 克也

    新着 可能ではありますが・・・

    大きな金額の動く事が多い不動産取引に際し、経験・実績が優先されるケースがございます。抵当権の抹消について、金融機関との調整事項があったり、抹消登記や表示変更登記等法務局とのやりとりもでてきます。登記の際には司法書士に依頼するケースがほとんどですが、必要書類や手順等不慣れな方だと時間とお金と手間がかかります。また購入する方も、仲介業者という第三者がいるからこそ安心いただけるかと思います。我々としましては、仲介手数料をお支払いただく以上の安心とサービスを提供できるように心掛けていきたいと思います。 (担当: 砂川 克也 / (株)大京穴吹不動産上大岡店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    齋藤 一樹

    可能です!

    設問内容は可能なことです。しかし、不動産売買は他にはない高額な取引です。法令的な事、民事的な事、権利的な事、しっかりと調査を行い後々トラブルが起こらないよう取引を遂行させないといけません。例え、親族間での売買であったとしても、不動産会社に仲介してもらうケースも多くあります。第三者が取引相手となると、信用的な問題も関わってまいりますので、不動産会社が間に入る事をおすすめ致します。 (担当: 齋藤 一樹 / (株)ハウジングビジョン )

  • A
    古森 正己

    不動産会社を通さずに売却すること理論上可能ですが、正直オススメはできません

    自分で売却すると、手数料(売却額の3%+6万円)がかからないというメリットがあります。ただ、考えないといけないことがたくさんあります。販売する物件の広告はどうするのか? / 土地や建物のチェックや測量が正確に行えるか? / 正しい契約書を作れるか? / 税金などの対策がしっかりできるか? / 所有権や抵当権、登記のことも十分理解しているか? / 適当な処理をすると、取り返しのつかない事態になりかねません。不動産契約に慣れてない方は、保険をかける意味でも、当社をご利用していただければ幸いです。 (担当: 古森 正己 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

  • A
    大関 真央

    不動産会社を通さずに売却すること理論上可能ですが、正直オススメはできません

    自分で売却すると、手数料(売却額の3%+6万円)がかからないというメリットがあります。ただ、考えないといけないことがたくさんあります。販売する物件の広告はどうするのか? / 土地や建物のチェックや測量が正確に行えるか? / 正しい契約書を作れるか? / 税金などの対策がしっかりできるか? / 所有権や抵当権、登記のことも十分理解しているか? / 適当な処理をすると、取り返しのつかない事態になりかねません。不動産契約に慣れてない方は、保険をかける意味でも、当社をご利用していただければ幸いです。 (担当: 大関 真央 / センチュリー21タイセーハウジング(株)厚木本社 )

  • A
    新井 日栄

    可能ではございますが後々トラブルに発展する事もあります。

    お客様がご自身の知人等にご売却することは可能ではあります。しかし大きな不動産の取引になりますので、事故(よくあるのが「そんなこと聞いてなかった!」とか「そんなこと知らなかった!」とかです。)やトラブルにならないためにも不動産会社を利用することをお勧めさせていただいております。責任を持って安全取引を行わさせて頂きます。 (担当: 新井 日栄 / (株)福屋不動産販売北千住店 )

  • A
    安藤遊生

    もちろん可能です。無料アドバイスもさせて頂いております。

    知人や親戚間でのお取り引きで不動産会社に手数料が支払えないケースもあると思います。トラブルにならない方法や契約書作成方法や物件調査方法等の各種アドバイスは無料で行っております。いつでもお気軽にご相談ください。また、不動産会社を利用する場合には私達プロの不動産会社がどのような仕事をしてお客様から仲介手数料を頂くかを詳細について細かくご説明させて頂きますのでお客様にてご判断頂ければと思います。 (担当: 安藤遊生 / センチュリー21(株)トラスト不動産 )

  • A
    杉澤彩佳

    可能ですが注意が必要です。

    不慣れな取引きでミスや悪意のある買主と出会ってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれることもありますのでよほどの場合でなければ味方になってくれる業者を利用していただいた方がよろしいと思います。 (担当: 杉澤彩佳 / (株)クラシア )

  • A
    藤丸 祐紀

    自宅を自分で売却する事は可能です。但し・・・

    高い手数料を払うのがもったいないという意見は多く聞きます。売却費用を抑えようとする事は当然の事だと思います。但し、いくつかデメリットが御座います。自分で 購入相手を探さなくてはいけない・売買契約書類等の作成・トラブルがあった時の対応です。この3つを個人でするのはとても大変です。販売活動、売買契約書類に必ず明記しなければならない文言、売主買主が直接話をすると揉めてしまう事が多いくその対応。その他にもデメリットがありますがクリアできれば、自身でも売却は可能です。ですが購入者の為にもスムーズにそして安心して取引が出来る不動産のプロにお任せ頂く事をオススメさせて頂きます。 (担当: 藤丸 祐紀 / (株)マイタウン西武 )

  • A
    森 久典

    出来ます!

    簡単に説明すると出来ます。ですが不動産という大きな資産の売却には、税金、法律、保証、義務等の様々な専門知識が必要であり、また、業者が仲介に入ることにより、買われるお客様も安心する部分が多分にあります。買われる立場の場合、売主はどのような人なのか、だまされたりしないか?などの不安はつきまとうものです。仲介業者の専門知識と、幅広い広告活動が迅速かつ安全な取引の近道だと思います。後々のトラブルに巻き込まれないよう、専門家の私たちにお任せ下さい。 (担当: 森 久典 / (株)西武開発立川店 )

  • A
    中野 守

    可能ですが・・・。

    可能か不可能かで言えば可能です。しかしながら、不動産といえばかなり高額な取引となりますので、トラブルを避けるためにも、お勧めは致しません。契約上の細かな約款や、諸条件のすり合わせ等、かなり煩雑なものです。例え身内間といえども、基本的に「売り手」と「買い手」は利益が相反するので、取りまとめは第三者へ依頼された方が宜しいかと思います。 (担当: 中野 守 / 大成有楽不動産販売(株)吉祥寺センター )

  • A
    富岡 敬

    可能です

    不動産の売買契約書はお客様が作成したものでも有効ですし、司法書士に依頼することも可能です。但し、買主様が住宅ローンの借り入れを必要とした場合には、金融機関より不動産会社の作成した重要事項説明書を求められます。その際には、不動産会社を仲介に入れる必要があります。弊社では、販売活動の必要がなく、お客様同士が予め売買に合意し、書類の作成のみを必要としている場合には、通常の仲介手数料は頂きません。このようなケースも、ぜひご相談ください。 (担当: 富岡 敬 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A

    可能ですが、取引リスクも大きい為お勧めはできません。

    売買契約は個人間はもちろん、口頭でも成立しますが、大きなリスクが伴います。顔見知りや知人間での取引となるかと思いますが、物件に何かしらの不備が発生した場合、取引内容で言った言わないのトラブルなどが発生しやすく、内容によっては双方の信頼関係や人間関係が崩れ、裁判・訴訟になる場合も考えられます。仲介会社が入ることで、取引に関し明快かつ公平なルールを定め、しっかりと書面を残し、売主・買主双方にとって最後まで安心で納得のお取引をサポートしております。個人間の直接取引をご検討の場合は、くれぐれも慎重にご検討下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート成増店 )

  • A
    本田 拓也

    可能です!ですが、トラブルには要注意です!!!

    現在は、インターネットが普及しているのでご自身で自宅の価格を決め、写真を撮り、キャッチコピーを考えて販売する!ということは難しくはありません。ですが、不動産会社を通して売却に出す最大のメリットは”重要事項説明”と”売買契約書”の作成とご説明です。これには、専門的な知識と、免許が必要になる事と、経験の数が様々な事態への対処や未然の防止につながります。当社には、過去に4万件以上の不動産売買に携わってきた”経験”と”ノウハウ”があります。大きな”トラブル”に巻き込まれないためには、信用のある不動産会社に任せることをオススメします! (担当: 本田 拓也 / 朝日土地建物(株)中山支店 )

  • A
    小泉裕太郎

    もちろん可能です

    親子間の売買契約であれば、殆ど問題は発生しないでしょう。ただし、売買価格の設定によっては贈与とみなされることがありますので、その点は注意が必要です。親族間であれば・・・関係性によりますが微妙ですね。民法上契約自体は口頭でも成立しますが、不動産会社を通す意義は、売買契約自体に引渡後であっても契約が取り消しとなりうる性質があるためです。顔見知りや知人レベルであれば不動産会社を介することをおすすめ致します。 (担当: 小泉裕太郎 / 野村の仲介+府中センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A

    可能です。

    可能ですが、買う方の資金の方は大丈夫か、契約書の内容に不備、不足はないか、契約ごとなのであとで後悔がないようにしないといけないと思います。専門性が望まれると存じます。契約事に責任を負うのが不動産業者です。弊社ではそのような姿勢で創業52年を経ています。 (担当: 熊谷 敏子 / (株)尾張屋浦和パルコ店 )

  • A
    大沼 哲

    可能です・・・・・必要なこと

    可能です。買主が決まっている場合、決まっていなくて一から購入者を探すケース等ありますが、契約書等の書類と購入者が住宅ローンを利用する場合住宅ローンの利用ができない場合があるので確認したほうが良い場合があるのでお気軽にご相談ください。 (担当: 大沼 哲 / (株)ホームプラザ足立支店 )

  • A
    樺山 幸男

    全くもって可能ですが。。。

    ご売却の物件の調査。ご購入者様の選定。ご契約書の作成。御引き渡し、御引き渡し後まで専門的な知識、要素が目白押しです。不動産という個人資産は=お金です。ドライな言い方であれば『お金の取引』です。契約書は当事者の約束です。不動産実務であればケースによって契約書の上の文面を加筆、削除し、物件に応じた取引用の契約書を作成致します。高額なお取引の為、違約罰などの罰則も軽くはありません。左記理由の為、おススメは出来ません。 (担当: 樺山 幸男 / (株)あさひ不動産販売 )

  • A
    矢部 寛憲

    可能です。 注)トラブル回避の為、取引の諸条件を細かく取り決めて書類で交わすことが大切です

    可能です。ただし、注意も必要です。不動産取引においては契約書類や融資手続き、所有権移転登記など多岐にわたって専門的知識が必要です。お取引後のトラブルに巻き込まれないためにも売買専門のビューハウスにご相談下さい。 (担当: 矢部 寛憲 / ビューハウス(株)太田店 )

  • A
    井田 雄也

    物理的には可能です。

    不動産を売却するのに必要なこととして「買主様を探す」「契約書を作成する」「諸手続きを行う」「買主様を不安にさせない」などがあります。それができるのであれば不動産会社を通す必要はないと考えます。また「買主様が決まっているので契約書を作成して欲しい」「買主様が決まっているので段取りをつけてほしい」などのご希望があればそういう業務も承ります。 (担当: 井田 雄也 / 朝日リビング(株)町田本社営業部 )

298 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。