"20170629131526:H:0" "20170629131526:H:0" "20170629131526:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

353 件見つかりました
  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A

    購入希望者様は通年不動産を探していますので、「売却しよう」と思った時が売り時です。

    手軽にスマホやパソコンで、情報収集ができるということもあり不動産の情報は常に購入希望者様の元へ届きます。一般的に9月~11月の秋、1月~3月の冬~春の時期に不動産の取引が活発になると言われておりますが、今では平均的に不動産が売れるようになっておりますので時期や季節の影響は少ないと思います。ご売却をご検討されるなら、なるべく早めにご相談いただき、売却活動を開始することがご成約への一番の近道になると思います。 ( (株)ホームワン )

  • A
    木本 進

    弊社のような田園都市エリアでは、あまり時期的要因は関係ないようです。

    お引越は、桜の咲く頃が多いので3月頃が売却しやすいのでは?と、お考えになる方が多いです。実際にお引越しされている方は、1~3月上旬にご購入された方です。この時期は、会社がお休みではありません。そこで、3月中旬以降の土日にお引越し(賃貸も含む)するので多く見えるかもしれませんね。購入時期が、3~4月後半の方は、GW中に、6~7月の方は夏休み中に、8月後半~12月前半の方は年末にといった具合に、入居時期が重なる傾向にあります。あれっ?いつでも売却できてるようだけど。そうです。ずばり売れない時期はお盆とお正月だけなのです。なかなかお盆やお正月にお家を売ったり買ったりしようとは思いませんよね。 (担当: 木本 進 / (株)FRパートナーズ )

  • A

    不動産購入の繁忙期と閑散期について

    どの業界にも繁忙期や閑散期というものがあるように不動産業界にもあります。しかしMEグループには閑散期はありません。常に多くの集客を行うために広告を広く多くかけて家を買いたいお客様の集客を行っております。ですから売却活動において安心して常にお客様をご案内出来る事とグループならではの組織力でグループ全体でお預かりした物件を売却します。他店では今はこの物件売りにくい時期ですよ・・と言われた方でMEグループにて1ヶ月以内に売れた実績もございます。無料で査定出来ますので是非お問合せ下さい。 (担当: 安田 善洋 / MEの仲介京葉(株) )

  • A
    小林 裕之

    不動産は1年を通して流通しております。

    買い替えをされるお客様のご質問かと思われますが、一般的には売却する不動産に住宅ローンが残っている場合は、売却を先にする方が宜しいでしょう。ただ、購入を先にしても資金計画が成り立つ場合は、先に購入をしてゆっくり売却することも可能でございます。また、弊社の買取保証・つなぎ融資制度をご利用されると、スムーズに買い替えができる場合がございます。詳しくは、営業までお気軽にご相談下さい。 (担当: 小林 裕之 / (株)大京穴吹不動産柏店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    チーフ 佐藤 泰志

    購入希望者は通年不動産を探していますので、「売却しよう」と思った時が売り時です。

    一般的に9月~11月の秋、1月~3月の冬~春の時期に不動産の取引が活発になる傾向があります。特に冬~春の時期は人事異動による転勤、進学等により新居を求める方が多くなります。しかし、お住まいを探している方は通年条件に見合う物件を探しています。ご売却についてお考えの際にはなるべく早めにご相談いただき、売却活動を開始することが希望の条件に近い取引を成立させることにつながると思います。 (担当: チーフ 佐藤 泰志 / (株)長谷工リアルエステート本社営業センター 第3チーム )

  • A
    殿川 晶

    春が一番動きます。

    やはり新入学、新学期、新社会人等年度区切りの3月31日までにご入居をご希望される方が多いのと、転勤等のタイミングでご売却される方が多いので市場に物件が多くなります。必然的にライバル物件が増えますが不動産の動きは特に活発になりますのでその前後、例年年明けから3月初旬頃がピークで5月ゴールデンウィーク頃までが一番いい時期ではないでしょうか。 (担当: 殿川 晶 / (株)大京穴吹不動産国分寺店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    甘利 治彦

    新学期前後(2月~4月)がピークになります。

    マイホームご購入に踏み切るタイミングの多くはご結婚、ご出産、お子様のご入学です。特に小さいお子様がいらっしゃるご家族様にとっては通学区を意識して購入されるケースが多々あり、結果として新学期前後(2月~4月)がピークとなります。ただし、土地ご売却の場合には住宅建築スケジュールが6ヶ月~1年程度と比較的長期にわたるため、1年を通じて安定的にお取引があるように感じます。 (担当: 甘利 治彦 / ピタットハウス万博記念公園店よつば不動産(株) )

  • A
    村井 勇太

    一般的には引越しシーズンの2月や3月と言われますが、最近は違った傾向が見受けられます。

    年明けからは売買取引が多くなされる時期ではありますが、最近は過去最大の『住宅ローン減税』や『低金利』の影響があり、「賃貸に居住されている方が購入する」といったケースが多く見受けられます。つまり、現状は、賃貸物件に居住しているため、時期は問わない方々です。4月、5月になっても、引続き多くの取引がなされています。 (担当: 村井 勇太 / (株)大京穴吹不動産調布店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    増田 久夫

    1年を通じて動きはあります。

    一般的に、転勤、入学等で人が動く春(3月前後)と秋(9月前後)と言われております。但し、この時期は「売却の時間的ゆとりが無い、近隣に競合物件が多く価格競争になり易い」といった要因もあり市場は活発になりますが、必ずしも売却価格に比例するとは限りません。もちろん逆の場合もあります。私の経験では、不動産は他にも金利、税制の改正等の影響も受けます。なんと言っても買いたい方がいればそれこそが旬だと思います。それには、適切な売却価格の設定、ご自身の不動産の付加価値、魅力をどれだけ引き出すかが重要です。また、この様な提案をきちっとしてくれる会社、担当者との出会いが、なによりも一番大切だと思います (担当: 増田 久夫 / 大成有楽不動産販売(株)上大岡センター )

  • A
    山口 勝

    一年を通じあまり変わりません。

    不動産業界では一般に繁忙期(1月~3月)や閑散期等の言葉はありますが、繁忙期には買う人も売る人も多目になり、それ以外の時期は買う人も少な目ですが、売る物件も少なくなりますので需要と供給のバランスは一年を通じあまり変わらないように思います。お客様が売却したいと思った時が一番良い時です。 (担当: 山口 勝 / ベストハウス(株) )

  • A
    石井 淳也

    そうは思いません。お住まいを差合している方々は常にいらっしゃいます。

    お住まいを探している方は様々なキッカケをもとに動き出し、希望に見合う物件を探しています。ご自宅をご購入いただけるお客様と出会えるのはご縁です。時期を気にせず売却活動を開始することが希望の条件に近い取引を成立させることにつながります。 (担当: 石井 淳也 / (株)永大ハウス川口店 )

  • A
    大熊 善信

    春が一番動きます。

    やはり新入学、新学期、新社会人等年度区切りの3月31日までにご入居をご希望される方が多いのと、転勤等のタイミングでご売却される方が多いので市場に物件が多くなります。必然的にライバル物件が増えますが不動産の動きは特に活発になりますのでその前後、例年年明けから3月初旬頃がピークで5月ゴールデンウィーク頃までが一番いい時期ではないでしょうか。 (担当: 大熊 善信 / (株)大京穴吹不動産横浜店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    山崎 敦

    一般には2~3月の春、9~12月の秋に不動産のお取引が活発になると言われています

    これには理由があり、就職や進学等で新生活を新居で迎えたいという心理と、年内中に住まいを探して新年を新居で迎えたいという心理が働くからだと言われています。梅雨や夏の暑い時期には見学する気が起きにくくなりますので、逆にお取引が少なくなります。ただし、物件を探す方が増加する時期は、販売物件も増加しますので、ライバルが多くなりますので、必ず売却できるというわけではありません。転勤や結婚、出産や親との同居などでお住まい探しをされるお客様は常にいらっしゃいますので、結局は買いたい方と売りたい方のタイミング次第、"ご縁"の要素が非常に大きいです。 (担当: 山崎 敦 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

  • A
    中村 梓二

    一般には2~3月の春、9~12月の秋に不動産のお取引が活発になると言われています

    これには理由があり、就職や進学等で新生活を新居で迎えたいという心理と、年内中に住まいを探して新年を新居で迎えたいという心理が働くからだと言われています。梅雨や夏の暑い時期には見学する気が起きにくくなりますので、逆にお取引が少なくなります。ただし、物件を探す方が増加する時期は、販売物件も増加しますので、ライバルが多くなりますので、必ず売却できるというわけではありません。転勤や結婚、出産や親との同居などでお住まい探しをされるお客様は常にいらっしゃいますので、結局は買いたい方と売りたい方のタイミング次第、"ご縁"の要素が非常に大きいです。 (担当: 中村 梓二 / センチュリー21タイセーハウジング(株)厚木本社 )

  • A
    八道 賢吾

    1月~3月、9月~11月はハイシーズンです。

    基本的には購入希望者様はどの時期にもおられます。しかしながら年度末入居を目指す1月~3月と年内入居を目指す9月~11月はハイシーズンと言われております。売却をお考えの際はこの時期に商戦を合わせるために事前準備するのもいいのでは?戦略を持った売却スケジュールをご提案させて頂きますので、是非一度ご連絡下さい。 (担当: 八道 賢吾 / (株)福屋不動産販売北千住店 )

353 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。