"20170622234128:H:0" "20170622234128:H:0" "20170622234128:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

145 件見つかりました
  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    チーフ 佐藤 泰志

    売却価格の見直し等弊社にご相談ください。

    買主が見つからない原因として、販売活動や広告の見せ方にもう一工夫できないか、アピールポイントがズレていないか等考えられます。室内のコンディションの悪さが原因であればクロスの貼替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが弊社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は【直接買取】もございます。(地域や物件によってはご利用になれない場合がございます。)お気軽にご相談下さい。 (担当: チーフ 佐藤 泰志 / (株)長谷工リアルエステート本社営業センター 第3チーム )

  • A
    殿川 晶

    具体的にご相談ください。

    どうして売れないのか?という事が一番重要ですが、単純に価格を下げるという発想の前にホームステージングという手法がございます。欧米ではかなりポピュラーなのですが、綺麗な家具等でお部屋をモデルルームのように販売するためのお部屋として着飾ってしまうという事です。それだけでかなり見栄えが変わり実際に半年間全く売れなかった物件がすぐにご成約になったという事例もございます。そのほかにもVRを使った内装後のお部屋のイメージをして頂く方法であったり等お客様のニーズににそってご提案させて頂きます。 (担当: 殿川 晶 / (株)大京穴吹不動産国分寺店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    森 翔吾

    現在の相場価格と相違が生じたのかもしれません

    売却活動を始めてから時間が経つと最初に設定した価格と現在の相場価格にズレが生じていることがよくあります。見直すために物件の価格査定を再度依頼してみてはどうでしょう。弊社の査定は無料です。その他、売れない理由が何かを分析して、売却プランをご提案いたします。ご事情があって急いで売却したい場合は、弊社の買取プランをご利用ください。買取り価格の査定も無料です。まずはお気軽にご相談ください。 (担当: 森 翔吾 / (株)大京穴吹不動産新宿店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    住友 孝行

    まずはご相談下さい!

    「十分に価値を伝えきれていない」「購入検討者の希望条件に合っていない」「販売活動が上手くいっていない」など売れない原因は様々あるかと思います。先ずは売却活動の見直しが重要かと思います。また、販売活動を始める前にあらかじめ売却下限保証価額を相談し、価格を設定しておくことも一つの方法です。一定期間営業活動を行っても買い手が見つからない時に、予め設定した価額で買い取りをしてもらう保証があれば、ご安心と共に次の生活設計も建てやすくなります。  (担当: 住友 孝行 / (株)大京穴吹不動産調布店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    「買い取り保証サービス」がございます

    弊社独自のサービスで「買い取り保証サービス」がございます。専任媒介でご依頼を頂き、一定期間内弊社が算出した市場価格で販売し、残念ながらご成約できなかった際には、予めお約束しておいた買取保証価格で買い取らさせて頂くといった制度です。※弊社の規定がありますので詳しくは営業スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。 ( (株)大京穴吹不動産五反田店/電話受付→本社:東京 )

  • A
    齋藤 一樹

    売却価格の見直しが必要な場合がございます

    周辺相場との比較で販売価格の見直しが必要な場合がございます。購入をご検討されるお客様は、他の物件もご覧になられ条件を比較されます。類似条件の物件であれば、価格の安い方を選ぶのが人の本心。対抗物件の販売状況等も含めて売却価格や売却方針の見直しをご提案致します。 (担当: 齋藤 一樹 / (株)ハウジングビジョン )

  • A
    加藤 徹

    持ち家が売れない場合は理由があります。その対策をしていきましょう

    価格が相場より高くないか?・・・築年数やトレンドを踏まえ、その地域の適正価格に近付けましょう。 / 物件に何か不備がないか?・・・汚れや設備の故障等がある時は、対費用効果を考えて清掃や補修を行ましょう。見学されるお客様が、持ち家に対してマイナスイメージを抱かないようにするのがポイントです。 / 販売経路に問題はないか?・・・広告などの販売活動を正確に行う信用できる会社に任せましょう。持ち家は販売する条件を整えてやることで、販売成果が変わってきます。当社スタッフが的確なアドバイスをさせていただきます。 (担当: 加藤 徹 / センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店 )

  • A
    新井 日栄

    売れない不動産は無いと信じております!

    不動産は一つの『財』売れない不動産は無いと思っております。ただ、現状では売れないのには何かしらの理由があるのでは・・・!?『販売露出状況』 『価格』 『売り方』 『広告状況』一緒になって原因追求いたしましょう!最善・最適のサポートをさせて頂きます。 (担当: 新井 日栄 / (株)福屋不動産販売北千住店 )

  • A
    安藤遊生

    売れる要因(付加価値の探究)を一緒に見つけましょう!

    この住まいを買ったらどんな生活を送れるかを書き出してみます。たとえば「火曜日卵99円で買える」「○○学校の先生は評判が良い」「とっても地盤が良い」「ご近所付き合いがしやすい」などなど色々ある筈です。そのメリットを細かくかつ心をこめて買主様に伝えてくれる営業マンや不動産会社に依頼しましょう。適正な価格相場で売りに出す必要もありますが、売主様は少しでも高く売りたいのは当然です。例えば5万円の新品カメラよりプロのカメラマンが大事に使った中古カメラは5万円以上で売れます。少しでも高く売れる要因を一緒に見つけましょう。価格変更をするのはその後でも十分間に合います。 (担当: 安藤遊生 / センチュリー21(株)トラスト不動産 )

  • A
    森 久典

    どんな物件でも、価格で決まります。

    いつまでも売却出来ないとなると、やはり価格が高いと考えるしかありません。価格を下げるか、リフォームなどをして再度販売にかけるべきだと思います。他に、折込チラシやインターネット、住宅情報誌等で十分に広告活動を行ったかをご確認下さい。広告量が多ければ多いほど、早期の販売が可能になります。売却を依頼する不動産会社の広告量をしっかりと把握しましょう。 (担当: 森 久典 / (株)西武開発立川店 )

  • A
    磯崎 雅之

    リフォームを入れたり・・・・

    中古住宅の中では、最近リノベーションやリフォームをして販売されている住宅もございます。室内イメージを沸きやすくする為には、空室にして生活感を与えない事で購入する方にも夢をうる事がしやすくなります。壁紙だけを交換してみたり、クリーニンングを入れて綺麗に見せる事が大切かとおもいます。また時間的な制限があられるようであれば、弊社の買取サービスもご検討ください。 (担当: 磯崎 雅之 / アイレントホーム(株)北千住東口店 )

  • A
    中野 守

    問題をひとつひとつクリアしていきましょう。

    売却活動が長期苦戦する原因として、主に、販売図面をはじめとするアピールツールが魅力的か?インターネットや折込チラシ等の多様な広告による集客活動は十分か?幅広く情報公開しているか?多くの営業スタッフが販売活動に携わっているか?という活動側面。案内は入るものの良いお返事がもらえない場合において、案内時を含めた居室状態をスッキリ綺麗にお見せできているか?営業スタッフの接客は良いか?物件の特徴を熟知しているか?等々の物件側面。現在の売却価格が市場と比較しても著しく乖離してはいないか?引渡し時期は長くはないか?等の条件側面が考えられます。経験実績豊富な営業スタッフが、お客様のご要望を解決してまいります。 (担当: 中野 守 / 大成有楽不動産販売(株)吉祥寺センター )

  • A
    櫻井 亮人

    方法はたくさんあります。

    いくつか売却のための方法をご紹介します。(1)広告写真を差し替える。ネット広告が主流の今、掲載されている物件写真は問合わせに直結します。弊社であれば、ご希望によりプロのカメラマンによる室内写真の撮影が可能です。(2)お部屋を綺麗にする。水回りを掃除したり、荷物を片づけることで、物件自体の見栄えを上げます。弊社のハウスクリーニングや荷物一時預かり・処分サービスをご活用ください。(3)不具合の補修。床の傷やクロスの剥れ等を補修することで、購入後にリフォーム等のコストがかからないことをアピールできます。弊社のリペア(補修)サービスをご活用ください。まだまだ、たくさんの方法があります。ぜひ一度ご相談ください。 (担当: 櫻井 亮人 / 大成有楽不動産販売(株)成増センター )

  • A

    価格を下げる前に再度現状の確認しましょう。

    売出価格を下げるのがセオリーですが、その前に買い手が見つからない原因をもう一度確認しましょう。販売活動や広告の見せ方の工夫ができないか、アピールポイントがズレていないか、室内のコンディションの悪さが原因であれば、クロスの張替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが当社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は当社の【直接買取制度】もございます。お気軽にご相談下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート成増店 )

  • A
    小泉裕太郎

    現状を分析して戦略の立て直しをしましょう

    売却戦略を考えた時に、真っ先に広告活動が挙げられると思います。広告不動産会社の広告活動は、インターネット媒体と紙媒体が主流ですが、近年の新聞の購読率は決して高くありませんから、それを補うための工夫が必要となってまいります。不動産の特性は様々で、極端な例では、売却ターゲットを投資家に絞るケースもございます。不動産の持つ特徴もありますが、価格帯によっても販売手法を変えていく必要があると思います。別の営業の意見も聞いて、戦略を立て直したほうがよろしいかと存じます。 (担当: 小泉裕太郎 / 野村の仲介+府中センター野村不動産アーバンネット(株) )

  • A
    大熊 博之

    販売条件を変えることが先決です

    需要と供給のバランスで売買が成立しますので、需要に沿った条件で販売価格を見直すことをお勧めします。売り出し金額が市場に見合った金額設定になっているかどうかを分析してもらいましょう。見学に来られる顧客数が極端に少ない場合は、価格的に相場と乖離している可能性があります。また、室内の状況や近隣の環境なども影響している場合があります。資金の獲得をお急ぎの場合は、不動産業者による買取りという制度を利用することも可能です。 (担当: 大熊 博之 / 大成有楽不動産販売(株)池袋センター )

  • A
    渡辺 勇介

    色々な方法をご提案できます。

    なぜ売れないか、にもよりますが、価格が高いなら下げる必要があります。また内装が汚いから、ということでしたら弊社のリフォーム部門でリフォームをしていただき、支払いは売却時払いという方法をとることもできます。さらにすぐに現金化したいということであれば弊社自ら買取ることもできます。やはりこれも個別の事情によりますので、しっかりと担当者とお打合せください。 (担当: 渡辺 勇介 / 朝日リビング(株)町田本社営業部 )

  • A
    瀧島 洋

    必ず原因はあります

    売れない不動産はありません。長期間売れていないのは適正な金額になっていない可能性が高いです。不動産業者による正確な現状把握・正確な査定・売主様に対するご報告ができるかどうかが売却の可否を決定します。京急不動産では過去の事例や経験に則った査定をさせていただき、売れない場合には現状報告と価格の改定等のご提案も行います。売主様はその報告に基づいて方針を決めていただけます。まずはご相談ください。 (担当: 瀧島 洋 / 京急すまいるステーション 京急蒲田駅店京急不動産(株) )

  • A

    売却価格の見直し等弊社にご相談ください。

    買主が見つからない原因として、販売活動や広告の見せ方にもう一工夫できないか、アピールポイントがズレていないか等考えられます。室内のコンディションの悪さが原因であればクロスの貼替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが弊社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は【直接買取】もございます。(地域や物件によってはご利用になれない場合がございます。)お気軽にご相談下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート駒沢店 )

  • A
    常岡 倫明

    どんな物件でも、価格で決まります。

    いつまでも売却出来ないとなると、やはり価格が高いと考えるしかありません。価格を下げるか、リフォームなどをして再度販売にかけるべきだと思います。他に、折込チラシやインターネット、住宅情報誌等で十分に広告活動を行ったかをご確認下さい。広告量が多ければ多いほど、早期の販売が可能になります。売却を依頼する不動産会社の広告量をしっかりと把握しましょう。 (担当: 常岡 倫明 / (株)西武開発田無店 )

  • A
    小林森哉

    売れない要因を分析し、対策を検討します。

    まず、2017年以降の市況は価格伸び悩みとなる可能性が高いと想定しております。 従って、待っていても販売価格に市場が追い付いてくる現象は期待出来そうにありません。 不動産が売れない原因は2つだけです。 (1)相場と販売価格が合っていない→価格を下げざるを得ない。 (2)ローンが通り辛い→フラット35適合証明書を取得する。/リフォームプランをつけてセットで販売する。 又、期日までに現金化したい場合は、売却の対象を一般消費者ではなく、不動産業者に切り換えることも選択肢です。 複数の不動産業者に買取りの検討を打診し、最も高値を付けた業者へ売り渡すのです。 売ることを止め、賃貸募集に切り替える手もあります。 (担当: 小林森哉 / (株)平塚住宅スマイサガシ千鳥店 )

  • A

    売れない不動産は無いと信じております!

    不動産は一つの『財』売れない不動産は無いと思っております。ただ、現状では売れないのには何かしらの理由があるのでは・・・!?『販売露出状況』 『価格』 『売り方』 『広告状況』一緒になって原因追求いたしましょう!最善・最適のサポートをさせて頂きます。 ( (株)福屋不動産販売荻窪店 )

  • A
    吉村 一成

    販売方法に問題はありませんか?見直しが必要なこともございます!

    売却の依頼をされている不動産会社の販売活動の量と質はどうですか。弊社は、弊社ホームページはもちろん、プロのカメラマンによるパノラマ動画撮影、SUUMOの掲載内容の質を上げることなど、他社様では行っていないものを行っております。是非一度お話しをお聞かせください。より良いアドバイスをさせて頂きます。 (担当: 吉村 一成 / 大成有楽不動産販売(株)練馬センター )

145 件見つかりました
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。