"20170523200148:H:0" "20170523200148:H:0" "20170523200148:H:0"

不動産売却Q&A

不動産会社情報:不動産売却Q&A

住まいの専門家があなたの疑問に答えます

Q:持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?

プロの回答をチェック! 売却のプロはあなたの疑問にどう答える?

30 件見つかりました
  • | 1 |
  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    金成 忠之

    新着 売れない理由が何かを分析し、売却プランを提案いたします。

    売れない理由が何かを分析して、売却プランをご提案いたします。売却活動を始めてから時間が経つと最初に設定した価格と現在の相場価格にズレが生じていることはよくある話です。価格設定の目安になる物件の査定は無料です。また、事情があって急いで売却したい場合は、弊社の買取プランをご利用ください。買取り価格の査定も無料です。 (担当: 金成 忠之 / (株)大京穴吹不動産柏店/電話受付→本社:東京 )

  • A

    【売却価格の見直し等弊社にご相談ください。】

    買主が見つからない原因として、販売活動や広告の見せ方にもう一工夫できないか、アピールポイントがズレていないか等考えられます。室内のコンディションの悪さが原因であればクロスの貼替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが弊社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は【直接買取】もございます。(地域や物件によってはご利用になれない場合がございます。)お気軽にご相談下さい。 ( (株)長谷工リアルエステート柏店 )

  • A
    茸平将

    原因を考えましょう。

    不動産は一定の条件がそろえば、大抵の物件が売れます。いつまでも売れないということは、何かしらの条件に問題があると考えられます。原因は、土地・建物・環境・価格の条件など様々です。ただ、条件の中で価格は誰でも変えたくないものかと思います。当社では地域密着創業45年のノウハウを活かし、お客様に価格を変えない方法を模索し、最適なご提案をさせて頂きます。 (担当: 茸平将 / センチュリー21(株)共栄土地新八柱店 )

  • A
    江良 和彦

    売却価格の見直し等弊社にご相談ください。

    買主が見つからない原因として、販売活動や広告の見せ方にもう一工夫できないか、アピールポイントがズレていないか等考えられます。室内のコンディションの悪さが原因であればクロスの貼替えやクリーニングを実施することもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが弊社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は【直接買取】もございます。(地域や物件によってはご利用になれない場合がございます。)お気軽にご相談下さい。 (担当: 江良 和彦 / (株)長谷工リアルエステート新浦安店 )

  • A

    まずは、現状の再確認を。

    成約に至らない原因を再確認することをご提案させていただきます。例えば、近隣エリアの新築や中古の競合物件との比較、販売活動の内容や広告媒体の見せ方、物件のセールスポイントの再チェック、お客様案内時の室内のコンディションや演出方法。また、可能であればオープンルームや予約制内覧会の実施等も反響増加に有効です。それでも結果が出ない場合は販売価格を見直す必要があるかもしれません。 ( (株)長谷工リアルエステート船橋店 )

  • A
    中里 勉

    お気軽にご相談ください。

    不動産業界では、昔から売れない家はないと言われています。もちろん、いろいろな状況があると思いますが、その「状況」の中での査定価格が間違っている場合が大半です。室内が汚い・うるさい(電車・道路)・日当たりが悪い・築年が古い等、踏まえた適正な査定価格をお勧め致します。 いつまでも売れない場合は、当初の査定額からマーケットが大きく変化している場合があります。 (担当: 中里 勉 / 海浜不動産(株)千葉支店 )

  • A

    もう一度、売却価格を見直す等、何がネックになっているかを一緒に考えましょう。

    単純に相場から離れた価格になっているのか、相場は合っているが他の何かの要因があるのかを再度、検証致しましょう。いずれにしましても、相場より割安感が得られる価格で売却活動を実施すれば、チャンスは大いに広がりますが、売却活動そのものに原因がある場合もありますので、販売会社選びも重要になってきます。  ( 大成有楽不動産販売(株)千葉センター )

  • A

    買取保証制度や賃貸でのお手伝いなどがございます。

    時期や相場の変動によって残念ながら希望通りにご売却が進まない事もあるかもしれません。そんな時は弊社の買取保証制度(地域によって買取が出来ない場合もございます。)や賃貸での貸し出しなどのお手伝いが可能です。実際に買取、賃貸での実績もございます。まずはご相談下さい。 (担当:有楽土地住宅販売 津田沼営業所 / 大成有楽不動産販売(株)津田沼センター )

  • A
    松田 和幸

    当社で買い取りも可能です。

    物件を販売したが売れない場合もございます。当社が買主となることも可能ですのでご相談下さい。~過去のお買取事例~◎お買換えで期限が迫っていたため当社で買取◎3年ほど仲介で販売していたが売れなかったため当社で買取◎近隣に知られることなく売却したいとの事で当社で買取◎建物の傷みがひどく、一般の方には気に入っていただけないため当社で買取何でもご相談下さい。 (担当: 松田 和幸 / 朝日リビング(株)柏営業所 )

  • A

    売却プランを再度冷静に検討し、新たなご提案を致します!

    ご売却の価格設定など、一度冷静に売却プラン全体を見直し検討してみましょう。販売方法が間違っている事も考えられます。「売主様は高く売りたいし買主様は安く買いたい」。両者の気持ちは常に異なります。売却価格を無理に高く設定するよりも、スムーズに売却ができ、売主様・買主様の双方が納得した上で、できるだけ気持ち良く売買をしていただける様、適切な売却プランをご提案させていただきます。 (担当: 森 一乃 / オークラヤ住宅(株)船橋営業所 )

  • A

    売出価格や広告内容の見直しで打開

    価格が高いなら対策は単純です。相場より高めに設定した売出価格が原因なら下げるしかありません。誰もができるだけ高く売りたいと思うものですが、相場にマッチした価格でなければいつまでも売却には至らないでしょう。厄介なのは相場並みの価格設定をしたにもかかわらずなかなか売れない場合です。趣味が時流に合わなくなった物件、小さい間取りが多い等、個人の好みが強く反映している物件などは、品質が悪くないとしてもご購入のお客様が出にくいものです。この場合は、相場より価格を低めにするか、その物件の良さを分かっていただけるお客様に向けて、どうアピールできるかといった手法も対策として行います。 (担当:福島 / (株)オカムラメイト緑が丘本店 )

  • A

    様々な方法でご成約を目指します。

    何ヶ月経っても反響が来ない、売れ残っている感じがする・・・こういった状況にならないために、ご売却活動の中で様々な計画を立てます。例えば空室の物件であればリフォームやハウスクリーニングを入れていただくことで、新たなセールスポイントとして宣伝することができます。また、場合により価格の見直しをさせていただくことで再アピール効果をもたらし、ご予算に手が届くようになったお客様から一気に反響をいただけるようになります。また、「買取り制度」をご活用いただくこともできます。これらの方法を販売計画として事前にお打ち合わせさせていただくことで、期間内のご成約が可能となります。 ( 大成有楽不動産販売(株)新松戸センター )

  • A

    価格を変える以外の方法もございます。

    売り出し価格を変更する方法(つまりは値下げです。)が最もオーソドックスに取られる方法であり、インパクトのある方法です。しかしながら、変更後の価格が貴方様の売却理由自体を脅かしてしまう場合(住宅ローン残債が大きく上回ってしまい、返済が出来なくなる。買替資金が不足してしまう。現在の価格を変更する必要が無い。)は、物件内容に変化を与えられてはいかがでしょうか?具体的には、戸建であれば内装や外壁のリフォーム、お庭の手入れ。土地であれば放置していた雑草を綺麗に刈り取る。マンションであれば内装のリフォーム等になります。ケースバイケースで他にも沢山ございます。弊社であれば適切なアドバイスをご提供いたします。 (担当:吉井 正 / 大成有楽不動産販売(株)本八幡センター )

  • A

    売れない物件は1つもありません。

    適正な価格であれば、必ず売却可能です!相場より高い価格設定になっていませんか?また今までの販売活動をどのような形で行ってきたかも確認してみてください。販売手法、価格ももちろんですが、購入するお客様は取り扱っている業者も重要視しています。業者を変更するのも1つの手段かと思います。まずはご相談してみてはいかがでしょうか? ( (株)中央住宅ポラス住まいの情報館 おおたかの森営業所 )

  • A

    売る為の不動産会社の努力と発想も必要です。

    価格の見直し改訂はまず一番最初に不動産会社や不動産営業なら出てくる話でしょうが!いかに多くのお客様に見て頂きご検討頂くかを考えるべきです、その上の価格の見直しであったり多くのお客様に見て頂く為の広告方法(掲載媒体や掲載頻度)であったり、見て頂いても気に入ってもらえない場合見て頂いたお客様の声を反映させた条件の改善も必要でしょう! (担当:片岡 / (株)エール中央土地住宅販売 )

  • A

    価格の見直しが1番だと思います。不動産は適正価格なら一定の期間で売れていくものです。

    売りに出してから家を見に来た方が居たか居ないかが1つのポイントです。1ヶ月の間に1組も見学に来た方が居なかった場合、適正価格より高いと思ってよいでしょう。不動産の売買情報は、広告・不動産会社からの紹介で知る事になるかと思います。どちらも物件と価格を吟味して広告の掲載、お客様へとご紹介を致します。売主様が少しでも高く売却を希望されるのは理解できます。しかしこのまま売れるのを待っても時間だけが過ぎていきます。売却を依頼している不動産会社にズバリ「いくらなら売れるのか?!」と質問をしてみて下さい。その価格に出来るだけ近い価格で売出すのが良いでしょう。 (担当:西村 / (株)東海北習志野支店 )

  • A
    安田 英丈

    私たちと一緒に考えましょう!

    不動産に売れない物件はないといわれています。売れないのには、売れないだけの理由があるはずです。買う人は少しでも安く、売る人はすこしでも高く希望を持つことは仕方のないことです。高いなら高いなりに物件を商品化するか、もしくは適正価格にまで落とすかの判断が必要な時期かもしれません。決断は難しいと思いますが、一緒にいい方法を考えてみましょう。 (担当: 安田 英丈 / ロイヤルハウジング販売(株)稲毛海岸駅前ショップ )

30 件見つかりました
  • | 1 |
まだちょっと不安・・・売却について、もっと聞きたい!

※「売却事例情報」、「購入希望者情報」、「売却Q&A」の掲載情報は広告掲載不動産会社から提供されているものであり、リクルートホールディングスは、その正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。詳細については各不動産会社にご確認下さい。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。