"20170622234124:H:0" "20170622234124:H:0" "20170622234124:H:0"

情報の見方

ピタットハウス万博記念公園店よつば不動産(株)

つくばエクスプレス/万博記念公園 歩19分

TEL:0800-602-6760【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    磯田 洋平
    ご売却される条件によって優遇税制は異なります。
    現在のお住まいをご売却してご新居を購入された場合には、一定の条件を満たしていれば税制の優遇が受うけられる「居住用財産の買いかえ特例」や今まで住んでいた住宅を売却した際の税制の優遇として「特別控除(3,000万円控除)」などがございます。ただし、居住(所有)期間により税率が異なり、優遇税制が受けられない場合もございますのでご注意ください。 [ 担当 : 磯田 洋平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    磯田 洋平
    金融機関によっては自由度が広がっています。
    ご売却物件の住宅ローン完済を条件に新規住宅ローンをご利用いただく方法がスタンダードですが、ご売却とご購入を同時並行で進めなくてはならずスケジュールに余裕がありません。タイミングが合わないと売却価格を引き下げざるを得なくなるなど大きな懸念が残ります。それに対し、いくつかの金融機関ではご売却物件の住宅ローンを残したまま新規住宅ローンがご利用いただけます。そうすればご売却・ご購入スケジュールに余裕が生まれ、腰を据えて住まい探しをしたり、ご売却することが可能です。 [ 担当 : 磯田 洋平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    大貫 駿
    買い替え可能か金融機関に相談します。
    金融機関によってはローン残債を上乗せして新規住宅ローンがご利用いただけます。また、既存の住宅ローンを残したままで新規の住宅ローンをご利用いただけるケースもございますので、まずはお声掛けください。後者住宅ローンがご利用いただける場合にはご売却からご購入までのスケジュールにも余裕が出やすくなりますので、じっくりとご新居選びいただけます。 [ 担当 : 大貫 駿 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    磯田 洋平
    印紙税のほかにも税金がかかる場合があります。
    ご売却の際に取り交わす契約書に貼付の印紙代のほか、ご売却に伴い利益が発生した場合には税金がかかる場合もございます。なお、ご購入・ご売却の際の仲介手数料や測量費用などは経費として見込むことが可能です。 [ 担当 : 磯田 洋平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    大貫 駿
    必要な費用は資金計画書でご提案致します。
    ご売却に要する費用として仲介手数料、印紙代、抵当権抹消費用(住宅ローンがある場合)、リフォーム費用、修繕費用、測量費用、税金(ご売却価格がご購入価格より高い場合)等がございます。逆に長期火災保険にご加入の場合には解約保険料、住宅ローン保証料が戻ってくるかもしれません。ご売却に必要な費用はご依頼の際にご案内致しますのでご安心ください。 [ 担当 : 大貫 駿 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    磯田 洋平
    ケースバイケースです。
    リフォームした方が見栄えが良くご購入に至るケースもございますが、買主様によってはご自分でリフォームしたい、建替えたいといったお考えをお持ちのケースもございますので判断に悩むところです。ただし、近隣周辺で築年数や間取りなどの条件が似通った物件が複数ある場合には、リフォームした方が早期でのご売却に至るかもしれません。 [ 担当 : 磯田 洋平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    若林 岳
    包み隠さず本当のことを買主様にお伝えすることです。
    特に一戸建てやマンションご売却の場合、建物や設備などの不具合や近隣周辺などについて包み隠さず本当のことをお伝えすることが重要です。買主様は新築物件との違いは十分ご理解されており、多少の不具合であれば了承いただけます。後から小出しに不具合をお伝えすることは売主様不信にもつながりますのでご注意ください。 [ 担当 : 若林 岳 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    大貫 駿
    秘密厳守でお手伝いさせていただきます。
    ご売却依頼される前に一度ご相談ください。ご近隣に内緒で売却できるようお手伝い致します。ただし、ご近隣に内緒にされることは物件をお探しになられるお客様への情報伝達不足にもつながりますので、どの程度まで情報公開が可能か事前のお打ち合わせを綿密に進める必要がございます。 [ 担当 : 大貫 駿 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    甘利 治彦
    ご自由に変更いただけます。
    旬の魚が豊漁かと思えば急に不漁になるのと同じく、不動産の動向は多かれ少なかれ日々変動しています。ご依頼いただいた物件が買主様のタイミングと合致すれば高い価格で成約に至るかもしれませんし、そうでなければ低い価格になるかもしれません。ご売却価格の設定は売主様のご判断となりますが、仮に価格引き下げをご提案する場合にはその理由や根拠についてご説明させていただきます。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    若林 岳
    いざという時の手段とお考え下さい。
    『ピタットハウス万博記念公園店』では、買い取り制度をご用意しております。ただし、買い取らせていただいた物件は再販を目的としている都合上、近隣相場よりも低い価格での買い取りとなりますので最終手段とお考えいただいた方がよろしいかと思います。そのようになる前に一日でも早期にご売却できるようお手伝いさせていただきます。 [ 担当 : 若林 岳 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    甘利 治彦
    買主様の購入条件が合致すれば査定価格より高く売れます。
    査定価格はあくまでも目安であり、高く売れることもあれば安くなることもございます。ただし、査定価格算出の根拠は客観的な評価に基づく部分が大半ということもあり、特異なケースを除いて査定価格付近に落ち着く傾向にあります。なお、価格設定は売主様ご自身の判断でお決めいただいて差支えございません。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    大貫 駿
    机上査定と現地査定にがございます。
    机上査定は土地であれば敷地面積・日当たり・方位などの情報をもとに過去の取引事例を基準に査定する方法で、現地査定はその名の通り現地を確認して査定する方法です。机上査定と現地査定で結果が大きくことなることもございますので、できる限り現地査定をご依頼いただくことをおすすめします。 [ 担当 : 大貫 駿 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    若林 岳
    土地、一戸建て、マンションなどご売却される種別により異なります。
    土地は周辺環境や土地の形状・日当たり・前面道路との高低差や幅員などをもとに、過去の取引事例を基準に査定します。一戸建ては土地と建物を区別し、建物の築年数や間取り・設備などを考慮に入れ査定します。マンションは一戸建ての建物と同じ条件で査定するほか、同一建物内での売却物件の影響も鑑みながら査定します。いずれも売却開始から6ヶ月を目途に売却可能と思われる価格を査定結果としてお伝えしています。 [ 担当 : 若林 岳 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    磯田 洋平
    過去の取引事例をもとに査定するケースが大半です。
    一般的に広く流通されている住宅や土地であれば過去の取引事例をもとに査定させていただいております。ただし、特殊建築物や広大な土地などの場合には、賃貸で得られるであろう仮想収益をもとに査定させていただく場合がございます。 [ 担当 : 磯田 洋平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    若林 岳
    「一般媒介」、「専任媒介」契約なら可能です。
    ご自分で売却される場合には当然のことながら仲介手数料は発生しません。ただし、買主様との確認事項を怠った結果として思いもよらぬトラブルが起こらないとも限りませんので、ご契約書を含めたいくつかの書類を取り交わすことをおすすめします。 [ 担当 : 若林 岳 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    甘利 治彦
    ご希望に応じて担当者をお選びいただけます。
    『ピタットハウス万博記念公園店』ではエネルギーあふれる若手から経験・実績豊富なベテランまで売主様のご希望に応じて担当者をお選びいただけます。万が一、ご売却依頼の途中でご納得いただけない場合があったとしても担当者をいつでもご変更できますのでご安心ください。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    若林 岳
    「一般媒介」、「専任媒介」、「専属専任媒介」の3種類です。
    「一般媒介」は複数の不動産会社に併せてご依頼をされる契約です。「専任媒介」、「専属専任媒介」はひとつの不動産会社にご依頼される契約です。売主様から「一般」と「専任」ではどちらが良いのか、というご質問を度々いただきますが、不動産会社の立場でいうと確実に報酬が受領できる「専任」となります。広告宣伝費や人件費などが「一般」よりも使いやすくなるからです。「一般」は売主様にとって売却の間口が広がるメリットはございますが、不動産会社としては報酬受領が不確実な分、どうしても「専任」より費用がかけられなくなります。 [ 担当 : 若林 岳 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    大貫 駿
    どのようにしたら売主様も買主様もご満足いただけるかを考え、お手伝いさせていただきます。
    ご売却される物件によって異なりますが、例えば築年数が経過した中古物件で現状とリフォームした状態では、どちらにメリットがあるかを比較した上でご提案させていただいております。リフォームした方が見栄えは良くなりますが、買主様によってはご自分でリフォームしたい、あるいは更地にしてから住宅建築をしたいといったケースがあり、物件の状況や地域性によってはリフォームしない方が良いこともあります。売主様はもちろん、買主様の立場にも立ってご満足いただけるようなお手伝いをさせていただきます。 [ 担当 : 大貫 駿 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    磯田 洋平
    不動産会社にも人と同じく個性や特徴があります。いくつでも声をかけてください。
    ご売却査定は複数の不動産会社にお声掛けされることをおすすめします。査定の基準が不動産会社により異なることがしばしばあるためです。また、不動産会社によって販売戦略の立て方や地域ネットワークなどに違いもございますので、査定担当者に直接ご確認してみてはいかがでしょうか。その中からご納得いただける不動産会社をお選びください。 [ 担当 : 磯田 洋平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    甘利 治彦
    いつまでにご売却を希望されるのかお聞かせください。
    ご売却を急がれる場合には周辺相場より安くすることが王道とされておりますが、どの程度の期間でご売却をされたいのかによって状況は異なります。若干でも猶予があるようでしたら、販売戦略の立て方やご購入希望者へのアプローチの方法により相場に応じたご売却も可能かもしれません。全国に広がる不動産ネットワーク『ピタットハウス』のノウハウを活かした当店にまずはお声掛けください。どうしても早急に、という場合には直接買取もいたしております。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    甘利 治彦
    『ピタットハウス万博記念公園店』にご相談ください。
    ご売却物件周辺の市場動向や立地、価格、景気などご売却に至らない理由はいくつかございます。もしかしたら、ご依頼される不動産会社の得意エリアや広告戦略などによるものかもしれません。本当の理由は何かを探るためにも一度『ピタットハウス万博記念公園店』にご相談ください。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    若林 岳
    おおよそ3週間から1ヶ月程度です。
    ご購入されてからご入居までに必要な住宅ローンや登記関係、火災保険などのお手続きに、おおよそ3週間から1ヶ月程度のお時間を要します。スムーズにご入居が迎えられるよう金融機関などの関係先と連携を図りますので、どうぞご安心ください。 [ 担当 : 若林 岳 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    甘利 治彦
    新学期前後(2月~4月)がピークになります。
    マイホームご購入に踏み切るタイミングの多くはご結婚、ご出産、お子様のご入学です。特に小さいお子様がいらっしゃるご家族様にとっては通学区を意識して購入されるケースが多々あり、結果として新学期前後(2月~4月)がピークとなります。ただし、土地ご売却の場合には住宅建築スケジュールが6ヶ月~1年程度と比較的長期にわたるため、1年を通じて安定的にお取引があるように感じます。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    甘利 治彦
    売却査定の結果によりご判断いただくことをおすすめします。
    売主様の見込額に対して査定結果が下回ることもございますので、売却物件に住宅ローン残債がある場合には完済の目途が立ってからご購入されることをおすすめします。ただし、査定結果が良好な場合には先にご購入いただいた方がスケジュールに余裕が生じることが多く、その分ご購入物件をじっくり検討できるなどのメリットが出てきます。また、住み替え後(空家)にご売却される方が、内覧をご希望されるお客様にとっては気兼ねなく隅々まで物件をご確認いただけるため安心して購入に踏み切れるようです。 [ 担当 : 甘利 治彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。