"20170530221933:H:0" "20170530221933:H:0" "20170530221933:H:0"

情報の見方

(株)長谷工リアルエステート成増店

東武東上線/成増 歩4分

TEL:0800-816-3759【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    【売却】【購入】【買い替え】【贈与】マイホームに関して様々な場面で優遇制度がございます。
    マイホームに関しては様々な場面で優遇制度があります。【売却】であれば、譲渡益の3000万円特別控除や軽減税率の特例、【購入】であれば登録免許税や不動産取得税の軽減、住宅ローン控除、【買換え】であれば、居住用財産の買換え特例や譲渡損失の繰越控除など。【贈与】に関しても、贈与税非課税制度や相続時精算課税制度、配偶者2000万円控除などがございます。それぞれ細かく適用要件があり、時限立法の制度も多いので適用となるかどうか随時個別確認が必要です。詳細は担当者までお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    売却してもローンが返しきれない場合に、その残り分を次の購入物件分に組み込むローンです。
    【売却価格だけでは住宅ローンが返しきれない場合に、その残り分を次の購入物件のローンと合わせて借入れできる。】という融資商品です。事前審査でしっかりと見通しを立ててから物件見学や売却活動をスタートされると安心です。住宅ローン事前審査や総トータルのご資金見積もり等、フットワーク良くご対応いたします。又、どの程度ローンが残るか分からないという場合には、弊社の【買取保証】をお付けすることで売却の見通しが確実になり、安心して購入先のご見学を進められます。ぜひご活用下さい。(※買取保証制度は地域や物件種別によりお取り扱いできない場合があります。) [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    可能な場合もございます。ぜひご相談ください。
    売却しても住宅ローンが残ってしまう場合に、その残り分を次の購入物件のローンと合わせて借入れできる【買い替え用ローン】をご紹介しております。住宅ローンの事前審査でしっかりと見通しを立ててから物件見学や売却活動をスタートされると安心です。住宅ローン事前審査や総トータルのご資金見積もり等、フットワーク良くご対応いたします。又、どの程度ローンが残るか分からないという場合には、弊社の【買取保証】をお付けすることで売却の見通しが確実になり、安心して購入先のご見学を進められます。ぜひご活用下さい。(※買取保証制度は地域や物件種別によりお取り扱いできない場合があります。) [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    ケースバイケースです。
    不動産を売却したときに利益(譲渡益)が発生した場合には、譲渡所得税・住民税が課税されます。マイホームの売却の場合は3000万円特別控除や買換え特例など優遇措置を利用することで、結果として税金がかからない場合もあります。但し適用要件があり個別での十分な確認が必要です。又、利益(譲渡益)に関しても建物償却費など詳細の計算が必要です。ご不明な点はぜひ担当者や税務署へご確認下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(3件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    仲介手数料・契約書の印紙代・抵当権抹消費用
    売却時にかかる費用としては仲介手数料や契約書に貼付する印紙代、抵当権抹消費用(住宅ローンの利用がある場合)があります。土地や一戸建てのご売却に際は、測量費用が必要になる場合もあります。又、売却して譲渡益が出た場合は譲渡所得税・住民税がかかります。(※マイホーム売却時は譲渡益に対し軽減措置もあります。)詳しくはご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    有利な場合もありますが、費用をかけた分だけ高く売れるとは限りません。
    もちろん室内がきれいな方が成約しやすいです。築年数が経っていて室内のコンディションも悪い場合はクロスやフローリングの張替えやクリーニングなどをして少しでも印象を良くした方がいいでしょう。但し、最近ではご自身で好みのリフォームをした上で住みたいという買主様も多いため、そういう場合はあまり効果は無いかもしれません。個人的には効果が望める場合にのみ必要最低限のリフォーム・クリーニングをお勧めいたします。弊社ではグループの専門業者【長谷工リフォーム】他提携の大手リフォーム業者が多数あります。室内の状態や物件種類により見積もりも取りながらアドバイスいたします。まずはご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    第一印象が最も大切です。
    買主様は販売図面やインターネットで物件に興味を持ち、期待をもってワクワクした気持ちでご見学にいらっしゃいます。そこでの第一印象は最も重要で、印象良く・気持ち良くご見学いただく準備が必要です。室内・玄関周りの整理整頓はもちろん、台所・浴室・洗面所などの水周りは清潔感を出しましょう。全体的に開放感や明るさを感じていただけるようしっかりと準備してお迎えしましょう。販売スタート時に担当者がご案内時の印象UPのコツをしっかりとアドバイスいたします。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    可能です。よくご相談頂くケースです。
    通常よりも販売に時間がかかるケースもありますが、新聞折込広告やインターネットなど広告活動をせず、水面下で弊社ご登録顧客のみにご紹介し内密に販売を進めていくことも出来ます。進め方はご相談頂ければ幸いです。又、物件によりますが弊社にて【直接買取】することも可能です。その場合は仲介手数料も不要となりますので内密に売却を進める場合はぜひ一度ご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    もちろん可能です。担当者とよくご相談頂きご検討下さい。
    売却価格を上げるにせよ下げるにせよ、変更は可能です。但し、上げる事はまれで、そのほとんどが販売を加速させていく為に下げる事が多いです。販売価格の変更のご提案に関しては、市場動向や集客状況、ご見学者のご検討具合により、担当者からも随時ご提案いたします。価格変更のタイミングや金額幅を読み間違うとせっかくの売却チャンスを逃す場合もあるため、担当者とよくご相談頂きご検討下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    当社は【即時直接買取】と【買取保証制度】の2つの買取提案が可能です。
    周辺でも人気が高いエリアや、駅近の土地・一戸建て、物件がめったに出ないマンションなどは、売出物件が出るのを待っている方がいる場合があり、当初想定していた査定額よりも高値で成約できたケースもあります。但し、物件の地域や特徴などによっては強気な価格設定が逆効果になる場合もあり、販売が長期化し結果として査定額を下回る額でしか売れなかったというケースもあります。大切なことはスタートからゴールまでの販売計画をしっかりと担当者とお打ち合わせいただくことです。売出価格に関してもご遠慮なくご希望をお申し付け下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    タイミングによっては売れる場合もあります。
    より正確な査定額のご提案のため、ご訪問査定をお勧めしております。周辺成約事例や、売り出し物件情報を元にした「査定報告書」でのデータ説明とともに室内のコンディションやお客様のご引越しスケジュールやアピールポイントなどお伺いし総合的に【想定成約価格=査定額】をご提案いたします。その他諸費用や税金、売却の流れなどご説明いたします。担当者は地域の専任担当者の為、市況を詳しくご説明できますのでお気軽にご依頼下さい。査定はもちろん無料です。お忙しくてまずは机上での査定をご希望の場合はお電話やメール、ご郵送にて対応が可能です。但し、あくまで机上での査定額となりますのでご了承下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    正確な査定の為、地域専任担当者が現地へお伺いいたします。
    物件の種類にもよりますが、不動産の査定は【広さや築年数、周辺環境や利便性、眺望や開放感、方角、日当り、室内のコンディション】など様々な要素を考慮し、更に周辺相場や売出相場などの【実勢価格】や【公示価格】、【路線価格】など様々な価格指標を勘案し総合的に算出しております。そのため当社ではより正確な査定のためご訪問査定をお勧めしております。詳細はご訪問時に【査定報告書】にてご説明差し上げております。価格査定は無料サービスとなっておりますので、お気軽にお申し付け下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    様々な要素を勘案した上で、総合的に査定価格を算出しご提案しております。
    物件の種類にもよりますが、不動産の査定は【広さや築年数、周辺環境や利便性、眺望や開放感、方角、日当り、室内のコンディション】など様々な要素を考慮し、更に周辺相場や売出相場などの【実勢価格】や【公示価格】、【路線価格】など様々な価格指標を勘案し総合的に算出しております。そのため当社ではより正確な査定のためご訪問査定をお勧めしております。詳細はご訪問時に【査定報告書】にてご説明差し上げております。価格査定は無料サービスとなっておりますので、お気軽にお申し付け下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    当社の査定額を元にご相談の上、売主様が決定いたします。
    売却価格を決めるのは所有者である売主様です。売却条件は価格だけでなく引渡し時期や売却期間、買替えの有無などお客様やご家族の状況によって様々です。当社の査定額とそれらの諸要素を勘案し売主様にベストな売却プランを担当者よりご提案させて頂き、最終的に売主様にご決定いただきます。尚、当社の査定額は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺相場などの各種データとこれまでの取引実績・ノウハウを元に算出した【推定成約価格=査定額】ですので、ぜひご参考の上担当者と十分ご相談頂きご決定下さい。「査定額よりも高く売出しをしてみたい」という場合もまずはご遠慮なくご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    可能ですが、取引リスクも大きい為お勧めはできません。
    売買契約は個人間はもちろん、口頭でも成立しますが、大きなリスクが伴います。顔見知りや知人間での取引となるかと思いますが、物件に何かしらの不備が発生した場合、取引内容で言った言わないのトラブルなどが発生しやすく、内容によっては双方の信頼関係や人間関係が崩れ、裁判・訴訟になる場合も考えられます。仲介会社が入ることで、取引に関し明快かつ公平なルールを定め、しっかりと書面を残し、売主・買主双方にとって最後まで安心で納得のお取引をサポートしております。個人間の直接取引をご検討の場合は、くれぐれも慎重にご検討下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    店長まで直接お申し付けください。
    担当者についてご要望がある場合は、店長の田邉または副店長の宮川までご遠慮なくお申し付け下さい。担当者により、得意エリアや分野、物件種別に若干違いがありますので、お客様のニーズや方向性にしっかりと対応できるスタッフを担当とさせて頂きます。途中で担当者の変更をご希望の場合もご遠慮なくおっしゃって下さい。女性スタッフもおりますので、女性のお客様もご安心してご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    大丈夫です。但し、査定時に一気に沢山の業者に声をかけると情報が混乱するかもしれません。
    大切な財産を売却するので、様々な情報を収集し、不動産会社の信頼性や担当者のレベルなどもご比較の上、信用の置ける会社であれば複数でも大丈夫です。見分けるコツは、会社ももちろんですが、【担当者自信が実績豊富であること】がとても重要と思います。尚、売却中はその会社・担当者が買主様へのご対応窓口となりますので、実績豊富な担当者であれば無理に複数に声をかけずに窓口を一本化することも有効です。 又、査定時に業者に声をかけすぎると、情報や連絡が混乱し収拾が付かなくなる場合もあります。中には根拠無く高い査定額を提案する業者もおりますので、査定時は1~3社程度に限定して依頼するのが良いと思います。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類です。
    不動産売却をご依頼いただく際のご契約には【専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約】の3種類がございます。窓口業者を複数にするか1社にするか、自己発見取引の取り扱い、活動報告義務と頻度、レインズ(不動産業者間の情報ネットワーク)への登録義務、など各媒介契約により違いがあります。一般的には【専任媒介契約】を選ばれる売主様が多いです。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    不動産全般のご相談(ご売却・ご購入・お買い替え・賃貸・相続・住宅ローン・リフォーム等)です
    【ご売却】に関しては物件の査定から始まり、広告活動の実施、買主様へのご案内や条件交渉、ご契約書類の作成からご契約手続き、住宅ローン完済の手配や登記準備、残決済の決済・及び鍵の引き渡し等が主な業務です。その他不動産全般【ご購入・お買替え・賃貸・相続・有効活用・税金・住宅ローン・リフォーム】等様々なご相談を承っております。末永くお付き合いいただけますよう誠心・誠意ご対応しております。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    物件によっては【登録顧客へのご紹介→即成約】もありえます。弊社【直接買取制度】もお勧めです
    まずは担当者へご相談下さい。物件(マンションや分譲地)によっては、物件や地域限定で売却物件をお待ちのご登録顧客もいらっしゃいます。ピンポイントでご紹介し即成約もあり得ます。時間に猶予の無い場合は当社にて直接買い取らせていただく【買取制度】がお勧めです。弊社買取の場合、内密に即時・確実に売却可能で、仲介手数料も不要です。(※買取制度に関しては物件種別や地域によりお取り扱いできない場合があります。) [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    価格を下げる前に再度現状の確認しましょう。
    売出価格を下げるのがセオリーですが、その前に買い手が見つからない原因をもう一度確認しましょう。販売活動や広告の見せ方の工夫ができないか、アピールポイントがズレていないか、室内のコンディションの悪さが原因であれば、クロスの張替えやクリーニングの実施をすることもひとつです。可能であればオープンハウス等の現地販売会の実施なども有効です。それでも決まらない場合はやはり価格を見直す必要があるかもしれません。物件の状況によりアドバイスは様々ですが当社であればお客様に最適なアドバイスが出来ます。又、お急ぎの場合は当社の【直接買取制度】もございます。お気軽にご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    概ね3~6ヶ月程度が必要です。弊社の【買取保証制度】でスケジュールを確定することも可能です
    納得の「お買い替え」の実現の為にはゆとりあるスケジュールが大切です。まず一般的な売却期間として1~3ヶ月程度、売却が決まってから購入物件の決定まで1ヶ月程度、そしてそこから1~2ヶ月程度でお引越しとなると、早ければ3ヶ月、長ければ6ヶ月程度が必要です。売却が長期化したり、住み替え先の物件が未完成であったりすると、期間もその分長くなります。当社の【買取保証】や【直接買取】をご利用頂くと、「早急な売却」や「売却時期の確定」などが可能ですので、スケジュールを予め確定したい場合はぜひご検討下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    ありますが、買いたい方は年間を通じていらっしゃいます。
    4月からの転勤やご入学などの事情で例年1月から3月はご購入や売却のお問い合わせが増え取引も活発になりますが、賃貸とは違い極端に取引が集中するというわけではありません。どちらというと売買に関しては年間を通じて情報を集め、良いものが見つかり次第購入しようとしているお客様も多いです。他の時期でも安心してご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    どちらともメリット・デメリットがございます。お客様のご状況に最良の方法は様々です。
    売却先行のメリットは売却価格を確定してから次の物件を探す為、資金繰りが明確になることです。デメリットはご売却後、次の物件が期日内に見つけなければ賃貸への仮住まいが必要になることです。購入先行のメリットは、次の物件をじっくり時間をかけて選べることです。デメリットは購入物件の引渡しまでに売れなければ新旧の住宅ローンを重で支払い続けなければなりません。但し当社では【買取保証】などのサポート制度もございます。先行購入の際はぜひご利用ください。又、売却・購入を並行して進める方法や売却&物件探しの時間を稼ぐテクニックなど様々な【お買替えのノウハウ】がございます。最良のプランを練った上でスタートしましょう。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。