"20170425235410:H:0" "20170425235410:H:0" "20170425235410:H:0"

情報の見方

センチュリー21タイセーハウジング(株)渋谷店

JR山手線/渋谷 歩4分

TEL:0800-603-4547【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    平澤 悟
    住宅ローン減税、すまい給付金住宅、3000万円特別控除などがございます
    他にもあり、例えば、取得等資金贈与の特例、登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減、中古住宅流通・リフォームの特例、印紙税の特例、固定資産税の特例・都市計画税の特例、譲渡損失の繰り越し控除、長期優良住宅普及促進のための特例、長期優良住宅化リフォーム減税などもあります。(2017年度1月現在)また、時期により制度の内容が改変されたり、対象の条件、もしくは新設・廃止などがあります。もっと詳しくお知りになりたい方は、スタッフへお気軽にお問い合わせ下さい。 [ 担当 : 平澤 悟 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    井下 岳彦
    買い替えローンとは、残債と住宅ローンを一本化したローンのことです
    例えば現在残債が500万円があり、4000万円の家を購入するとします。本来なら500万円の残債を処理しないと、4000万円の住宅ローンを組めませんが、買い替えローンを使うと、4500万円の住宅ローンとして組み直すことができます。手続きが煩雑で審査が厳しいなど難しい部分がありますが、「あらやだ、この物件欲しい。早く購入しないと他の人に取られちゃう。でも、手持ちのお金がない!」など俊敏な立ち回りが要求される時に便利です。違約金が発生するケース等が考えられるため、担当者としっかりご相談された上で実行するのをオススメいたします。 [ 担当 : 井下 岳彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    平澤 悟
    ローン残債が多くても、買い替えできる可能性はあります
    例えば、下記のような方法があります。(1)買い替えローンで新しい家のローンを組む。(2)不足する金額を新たに借り、ダブルローンで返済する。当社では(2)より(1)をオススメしております。ダブルローンは審査に通りにくいこと、また、毎月の返済額が増えてしまうので、家計は大変なことになってしまいます。買い替えローンでしたら、リスクを抑えて買い替えを行うことが可能です。また、当社提携ローンにより現在の住宅ローン残債を返済計算に入れず、新規住宅ローンの借り入ができるプランもございますので、買い替えは無理かもとあきらめず、ぜひ一度当社へご相談下さい。 [ 担当 : 平澤 悟 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    加藤 徹
    譲渡所得税(所得税・住民税)というものがかかります
    個人が資産を譲渡して利益が出た場合、その利益を譲渡所得として所得税と住民税がかかります。課税譲渡所得金額 = 譲渡価額 -(取得費+譲渡費用)- 特別控除額(一定の場合)〇 長期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年を超える場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率20%(所得税15%、住民税5%) 〇 短期譲渡所得(土地や建物の所有期間が5年以下の場合)の税額の計算 譲渡所得税額 = 課税譲渡所得金額 * 税率39%(所得税30%、住民税9%)その他特別控除などの特例がある場合もございますので、お気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 加藤 徹 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    川辺 聡史
    代表的な費用として、登記費用や仲介手数料、印紙税などがございます
    登記費用・・・土地の所有者を変更するために登録免許税という費用と司法書士に支払う費用が必要です。 / 仲介手数料・・・宣伝や依頼をこなした不動産仲介業者に対する報酬です。 / 印紙税・・・売買契約時、契約書に収入印紙を貼るつける決まりです。売買価格により印紙税額は変動します。 / その他場合によりますが、測量費用や聖地費用、繰り上げ返済手数料や譲渡所得税(所得税・住民税)、リフォームや解体費用などが発生するケースがございます。また、居住していた物件を売却する時は、引っ越し費用も見据えておくことも忘れてはいけません。必要な費用について不安がありましたら、当社スタッフまでお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 川辺 聡史 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    山崎 敦
    有利になる場合もありますが、そうとも限りません
    確かにリフォームをするとキレイになり、買い手様から印象良く見られますが、コストがかかる分、売主さまの負担になってしまいます。さらに言うと、リフォーム後のデザインを買い手さまが気に入らない場合があったり、リフォームのコスト分販売価格を安くした方が逆に販売が決まりやすくなる場合もございます。まずは現況にて、お気軽にご相談下さい。売却する為に的確なアドバイスをさせていただきます。 [ 担当 : 山崎 敦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    渕崎 恭輔
    買い手様はまず物件(土地と建物)から、次に住んでいた方(売主さま)を見ます
    土地や建物を見て、快適・安全に住めるかどうか?キレイかどうか?そして、売主さまが信用できる人間かどうか?を見られることが多いです。逆の立場なら、しっかり手入れされた家を信用できる方から買いたいはずです。手入れをしてきたことが伝わるよう、土地・建物をできるだけキレイにするコト、そして買い手様に信用されるよう、清潔感のある身なりをしたり、笑顔で誠実に対応するコトがポイントとなります。販売スタート時には担当者が印象アップのコツをしっかりとアドバイスしますので、ご安心下さい。 [ 担当 : 渕崎 恭輔 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    福岡 祥樹
    内緒で売却することは可能ですが、売りづらくなる可能性がございます
    例えば、近所の方へチラシを投函せず、当社へお越しになるお客様にのみ物件を紹介する、もしくはインターネットでのみご紹介する等、宣伝する範囲を分けて、可能な限り近所に内緒で売却することは可能です。ただし、宣伝できる範囲が狭いと売りづらくなってしまうので、その範囲については売主様とご相談させていただきます。また、買い主さまがご見学を希望され、近隣の方に見られてしまったり、近隣の方がインターネット上でお住まいを偶然発見してしまったりする場合があることはご承知おき下さい。もし、当事者以外に一切知られることなく売却したい場合は、当社の買い取り制度をご利用されることをオススメしております。 [ 担当 : 福岡 祥樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    甲斐 航
    売却価格は、販売期間中いつでも変更することができます
    ただし、いつても変更できるからと小刻みな値下げはオススメできません。なぜなら、小刻みな値下げは「まだまだ値下がるかも?」と顧客から思われてしまう可能性があり、売却が長期化する恐れがあるからです。逆に「この値下げで買わないと、他の方に買われてしまう。」と購買意欲を刺激することが、不動産販売のポイントになります。値下げの金額やタイミングについて的確なアドバイスをさせていただきます。お気軽に当社スタッフへご相談下さい。 [ 担当 : 甲斐 航 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    福岡 祥樹
    即金をお求めの方や、近所に秘密で売却したい方向けに、当社が不動産を購入いたします
    基本的にお客様と当社がwin-winになれるよう買取価格は調整されます。市場価格より大幅に高く買ってしまうと、売れ残ってしまいお客様が得をし、当社が損をしてしまう状態になります。逆に市場価格より大幅に安く買ってしまうと、当社が得をし、お客様が損をしてしまう状態になります。それらの状態にならないよう調整されます。感覚的には、お客様は当社に手間賃を払い手早く現金を手に入れ、当社は時期は遅くなりますが、その分の手間賃を後で回収するような形でしょうか。諸条件により査定価格は変わりますので、お気軽に査定をご依頼ください。 [ 担当 : 福岡 祥樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    山崎 敦
    査定価格よりも高く売れる場合もあれば、売れない場合もあります
    例えば、売主さまがお持ちの物件を前からピンポイントで欲しいと思っていらっしゃった近隣の方や、近隣で同じような価格帯の販売住宅が売れてしまい、もうそこしか残ってない等、「そこに住みたい」という買主さまが出れば、査定価格より高い料金で売れる場合があります。逆に高く売り出して、売れないので徐々に価格を下げていった結果、購入を検討しているお客様が「もっと下がるかも!?」と様子見をしてしまい、結果的に査定価格よりも安い価格で売れてしまう場合もあります。適正な価格で、できるだけ短期間に売れるよう当社ではアドバイスしております。 [ 担当 : 山崎 敦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    平澤 悟
    机上査定、現地査定などのやり方があります
    お時間のない方は、机上査定でおおよその査定が可能です。この場合は、謄本を取り寄せたり、不動産の立地条件や取引事例から比較を行い、大体の査定価格を算出します。さらに査定の精度を上げる場合、売主様の合意のもと現地調査が必要になります。この場合は、担当者が現地へ行き、土地の状態や周辺環境、建物の設備や経年劣化具合などを細かい部分を調査し、より精度の高い査定価格を算出します。売主様に合わせ、どちらの査定も可能です。ご希望の査定方法を当社スタッフへお伝え下さい。 [ 担当 : 平澤 悟 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    甲斐 航
    立地条件や土地の広さ、建物の状態など様々な要素から査定価格を算出します
    (1)立地条件と広さにより、査定価格は大幅に変動します。 首都圏や駅への距離、近隣の商業/公共施設のような周辺環境、ブランド力など / (2)建物の状態でも、査定価格は変動します。 建物の築年数や間取り、耐震強度や設備など / (1)(2)を踏まえ、近隣の物件の過去の成約価格や現在の販売価格を照らし合わせることで、おおよその査定価格が導き出されます。さらに需要と供給の関係や時期により相場の上下がございますので、査定価格は変動します。 [ 担当 : 甲斐 航 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    福岡 祥樹
    お客様の希望の売却価格に当社が導き出した査定価格が加味され、決まる場合が多いです
    まずはお客様に希望の売却価格をお聞きします。その際セールスポイント(住み易い部分はどこか?手入れは十分に行ってきたか?)をお聞きします。その上で、当社スタッフが査定を行い、査定価格を算出します。最終的には、お客様と希望の売却価格と査定価格を調整して決まります。ただし、売却価格はお客様の希望が第一に優先されます。まずは希望の売却価格を担当者へお伝え下さい。 [ 担当 : 福岡 祥樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    古森 正己
    不動産会社を通さずに売却すること理論上可能ですが、正直オススメはできません
    自分で売却すると、手数料(売却額の3%+6万円)がかからないというメリットがあります。ただ、考えないといけないことがたくさんあります。販売する物件の広告はどうするのか? / 土地や建物のチェックや測量が正確に行えるか? / 正しい契約書を作れるか? / 税金などの対策がしっかりできるか? / 所有権や抵当権、登記のことも十分理解しているか? / 適当な処理をすると、取り返しのつかない事態になりかねません。不動産契約に慣れてない方は、保険をかける意味でも、当社をご利用していただければ幸いです。 [ 担当 : 古森 正己 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    渕崎 恭輔
    もちろんです!ドンドン希望をおっしゃって下さい
    お客様の大切な資産である不動産なのですから、お客様が心配されるのは当然です。どんな些細なことでも営業マンに、ご相談して下さい。お客様がおっしゃったことを営業マンが吸い上げ、それをよりよい形にする。よりよい形にした結果をお客様に伝え、満足していただき、さらにお客様からお話しを聞く。この繰り返しがお客様との信頼関係を高め、質のいい販売結果に繋がると信じております。ご希望や不安なこと、疑問点をお気軽にお話下さい。 [ 担当 : 渕崎 恭輔 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    古森 正己
    複数の会社様へお問い合わせいただいても大丈夫です、2~3社にお声掛けされている方もいます
    売却物件の販売網を広げるため、複数の不動産会社にお声掛けをされている方が多いです。その中でレスポンスの早い会社なのか?丁寧な応対なのか?お客様目線で提案ができるのか?ということをお客様自身が見定め、信用できる営業・会社を選ばれてます。当社としても、同業他社さまに負けないよう、常にサービスの向上を心掛けております。至らぬ点や配慮が足りないところがございましたら、遠慮なくお申しつけ下さい。 [ 担当 : 古森 正己 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    井下 岳彦
    不動産をご売却したいお客様とお手伝いする不動産会社で媒介契約が必要になります
    媒介契約には3種類あり、以下のような特徴があります。【一般媒介契約】売主様が複数の不動産会社に依頼可。売主様が探した買主様と取引可。 / 【専任媒介契約】売主様が1社の不動産会社に依頼可。売主様が探した買主様と取引可。 / 【専属専任媒介契約】売主様が1社の不動産会社に依頼可。売主様が探した買主様と取引不可。 / 時間をかけて納得する価格で販売したい場合は「一般媒介契約」、短期に確実に買主様を見つけたい場合は「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」を結ばれる方がいいでしょう。 [ 担当 : 井下 岳彦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    平澤 悟
    毎日営業しており、ゆったりした気持ちでご相談できるよう、広い接客スペースをご用意しています
    お客様にはお茶を飲んでいただきながら、その日仕入れたばかりの物件情報や出回ってない物件情報、ローン等資金計画のご相談、相続や税金対策と絡んだ土地や物件の売却相談、リフォームやリノベーションのご相談など、家探しに関する様々なことに対応することが可能です。(ご都合がつけば、当日に気になる物件をご案内することもできます。)これまで様々なお客様の対応をしてきた経験豊かなスタッフが、お客様の疑問や不安が解消できるよう、無料でアドバイスいたします。また、当社のパンフレットなども無料でご用意しておりますので、気になる方はお持ち帰り下さい。 [ 担当 : 平澤 悟 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    甲斐 航
    どうしても急ぎで売りたいという場合は、当社の買い取り制度をご利用下さい
    もちろん当社で売れない原因を探し、売却のご提案をさせて頂くことも可能ですが、それだと間に合わない、早期に現金化したいというお客様は当社の「買い取り制度」もご利用下さい。お客様からお話しを聞いた上で、当社スタッフが現地へ赴き、お見積りをいたします。※需要・供給などの関係により、一般の仲介に比べ売却価格が低くなる場合もございますが、迅速にご対応させていただきます。まずは、ご相談も査定も無料で行っておりますので、お気軽に当店へご連絡下さい。 [ 担当 : 甲斐 航 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    加藤 徹
    持ち家が売れない場合は理由があります。その対策をしていきましょう
    価格が相場より高くないか?・・・築年数やトレンドを踏まえ、その地域の適正価格に近付けましょう。 / 物件に何か不備がないか?・・・汚れや設備の故障等がある時は、対費用効果を考えて清掃や補修を行ましょう。見学されるお客様が、持ち家に対してマイナスイメージを抱かないようにするのがポイントです。 / 販売経路に問題はないか?・・・広告などの販売活動を正確に行う信用できる会社に任せましょう。持ち家は販売する条件を整えてやることで、販売成果が変わってきます。当社スタッフが的確なアドバイスをさせていただきます。 [ 担当 : 加藤 徹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    川辺 聡史
    売却にかかる期間にもよりますが、2ヶ月から6ヶ月みておくとよいでしょう
    【売却期間】売却は最短ですと1ヶ月で決まることがあります。ただし、長いと半年以上かかってしまうこともございます。買い取り制度の利用で、この期間はコントロール可能です。 【購入期間】購入は最短ですと1ヶ月もかかりません。ただし、中古物件で居住中だったり、リフォームをする場合は退去や工期の時間をみておく必要があります。まだ土地の状態で、これからお住まいを建てるという場合は、建物の構造にもよりますが、6ヶ月から8ヶ月ほどみておくと良いでしょう。お客様のローンの残債、土地や建物の状態により、色々なケースが考えられますので、担当者にご質問下さい。 [ 担当 : 川辺 聡史 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    山崎 敦
    一般には2~3月の春、9~12月の秋に不動産のお取引が活発になると言われています
    これには理由があり、就職や進学等で新生活を新居で迎えたいという心理と、年内中に住まいを探して新年を新居で迎えたいという心理が働くからだと言われています。梅雨や夏の暑い時期には見学する気が起きにくくなりますので、逆にお取引が少なくなります。ただし、物件を探す方が増加する時期は、販売物件も増加しますので、ライバルが多くなりますので、必ず売却できるというわけではありません。転勤や結婚、出産や親との同居などでお住まい探しをされるお客様は常にいらっしゃいますので、結局は買いたい方と売りたい方のタイミング次第、"ご縁"の要素が非常に大きいです。 [ 担当 : 山崎 敦 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    加藤 徹
    「売却」と「購入」、それぞれ先にするメリットとデメリットがあります
    【売却を先にする場合の長所(逆は購入を先にする場合の短所)】物件売却により資金が決まりますので、物件購入の資金計画が立てやすいです。 / 売却を焦り、買主様に主導権を握られる必要がありません。 【売却を先にする場合の短所(逆は購入を先にする場合の長所)】物件引き渡し日までに、新しいお住まいを探さないといけない為、じっくり家を探すことができません。 / 仮住まいに余計な費用がかかる場合があります。お客様によってどちらを先にした方がよいか、変わってきます。ぜひ当社へお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 加藤 徹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。