"20170523200453:H:0" "20170523200453:H:0" "20170523200453:H:0"

情報の見方

JR中央線/荻窪 歩4分

TEL:0800-603-9011【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    齋藤 一樹
    売却、購入それぞれに優遇がございます。
    住宅ローン減税、登録免許税、固定資産税・都市計画税、譲渡取得税、印紙税、住宅資金の贈与税、その他に優遇措置が設けられております。条件によって優遇が受けられる場合とそうでない場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    西野 大介
    残債+新規住宅ローン
    売却価格と残債の差がマイナスとなる場合にそのマイナス分を新たに購入する住宅ローンに組み込んで借り入れが出来るものになります。金融機関によって取扱いが異なりますので、詳しくはお問い合わせください。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    齋藤 一樹
    買い替えは成立いたします
    残債を全額返済する事が売却する上での条件ですが、売却額が残債を下回る場合は、不足分の現金を自己資金で用意するか別の方法で用立てなくてはなりません。「住み替えローン」をご利用頂ければ不足分も含めた住宅ローンが可能です。詳しくはお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    西野 大介
    厳密に言えばかかります。
    売却により利益が生じれば課税はされます。但し居住用財産の売却については特例で3000万円までは控除されますので、ほとんどの方は課税される事はありません。条件によって課税方法も違いますので、先ずはご相談をされて下さい。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    齋藤 一樹
    ご売却状況によって異なる場合がございます
    ・仲介手数料、収入印紙代、抵当権抹消費用(抵当権がある場合)、譲渡所得税(売却益によって)、測量費用(測量の必要がある場合)、その他状況によって掛かる費用が異なりますので、詳しくはお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    西野 大介
    ケースバイケース
    リフォームされていれば綺麗な状態ですから当然良い印象を持って頂けるはずです。しかし、中古物件をご検討されるお客様には、ご自身好みにリフォームを仕上げたいという方も多くいらっしゃいます。費用を掛けてリフォームをするよりその分安くしてもらいたかったという反応も良く耳にしますので、一概には有利であるとは言い切れません。本当にケースバイケースです。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    齋藤 一樹
    室内の整理整頓!
    室内を綺麗にして頂くだけで良い印象を持って頂けます。徹底的に掃除が必要という訳ではありませんが、特にキッチン、浴室、トイレ、洗面室の水廻りが汚れていると家全体の印象が悪くなります。また、玄関は一番最初に拝見するスペースですので、こちらも気をつけて頂いた方がよろしいかと思います。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    西野 大介
    もちろん可能です
    販売活動には、インターネット広告への掲載が不可欠です。写真や住所などの個人を特定できるような情報を掲載せず物件概要のみを掲載する方法を取らせて頂きます。ご近所への配慮をしたご案内方法なども熟知しておりますのでご安心ください。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    齋藤 一樹
    価格変更は可能です
    媒介契約は一定期間を設けて締結いたします。契約期間中は、記載価格での売却を行う旨の条文がございますが、期間途中での価格変更は可能です。価格変更のタイミングは、売却活動に携わっているスタッフが一番理解しておりますので、お気軽にご相談をされてみてください。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    西野 大介
    期間内の売却が不成立の場合、買取させて頂きます
    先ずは、一般のお客様を対象に販売活動を致します。その際に活動期間を定めさせて頂きます。期間内に成約に至らなかった場合は、弊社にて予め設定させて頂いた金額で買取をさせて頂きます。取り決めた期間内に保障された価格で売却が出来るという面で安心をして頂く事が出来ます。お気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    齋藤 一樹
    可能性はありますがそれなりの理由は必要です
    多要素から算出した査定価格よりも高く設定をするという事は、それなりの付加価値であったりプラスとして魅力を感じられる要素が必要です。理由もなく高く設定しただけでは大きな値引交渉の対象や売却の長期化を引き起こすだけです。ある程度のボーダーラインは経験値のあるスタッフへお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    西野 大介
    机上査定・実見査定
    個人情報も関わる事になりますので、データ上での簡易査定から出来ます。大まかな目安を知りたい位であれば、町名、広さ、方角など簡単な情報のみで大体の価格はご提示できます。ご売却を具体的にご検討される場合は、実際にお伺いさせて頂き、細かな部分まで拝見させて頂きます。お客様それぞれタイミングがある事と思いますので、先ずはお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    齋藤 一樹
    実見+諸条件+周辺相場+販売事例=査定価格
    周辺での販売事例と販売物件が大きな目安。査定には立地、方角、大きさ、築年数、物件のコンディションなど多要素から算定を致しますが、最終的には周辺で実際に販売された実績のある価格や現状販売されている物件価格との比較が必要となります。物件査定でとても条件が良く高い価格設定が見込まれても、周辺販売事例価格や販売物件価格と大きな格差がある様では、販売活動が長期間に及ぶ可能性ございます。総合的に判断をしたうえで、査定価格をご提示させて頂きます。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    西野 大介
    周辺相場+物件査定+希望価格=売却価格
    物件査定額とお客様のご希望価格の調整によって売却価格を設定いたします。周辺相場が一番大きな指標になりますが、物件には良いところ悪いところが必ずあります。その条件を見極め、付加価値が付くのか否かで価格にも上下は発生致します。あとは売主となるお客様のご意向とのすり合わせにて最終的に設定をさせて頂きます。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    齋藤 一樹
    可能です!
    設問内容は可能なことです。しかし、不動産売買は他にはない高額な取引です。法令的な事、民事的な事、権利的な事、しっかりと調査を行い後々トラブルが起こらないよう取引を遂行させないといけません。例え、親族間での売買であったとしても、不動産会社に仲介してもらうケースも多くあります。第三者が取引相手となると、信用的な問題も関わってまいりますので、不動産会社が間に入る事をおすすめ致します。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    西野 大介
    ご希望は全ておっしゃて下さい
    お客様のご希望が把握できないと、我々もベストなお手伝いが出来ません。ご希望は常に変化するものです。その都度、ご遠慮される事なくお申し付けください。お客様と我々が同じ方向を向いていかないと、決して良い結果は生まれません。お気軽にご相談ください。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    齋藤 一樹
    問題はございません
    複数の不動産会社とのお取引は問題ございません。窓口となる不動産会社が多ければその分お客様の数も増えます。売却にあたっての確率もUPしますので早期売却の可能性は高まります。但し、窓口が多ければその数だけご自身がご対応する手間が増えます。内覧などのスケジュール調整など全てをご自身で行わなくてはなりません。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    西野 大介
    媒介契約というものになります
    売却のご依頼を頂く際に、お客様との間で「媒介契約」というものを交わします。この契約は「一般媒介契約」「専属媒介契約」「専属専任媒介契約」3つの種類に分かれます。「一般・・・」は複数の不動産業者への依頼が可能、「専任・・・」は依頼できる不動産業者は1社のみ、ご自身が買主を探した場合の直接取引は可能、「専属専任・・・」は依頼できる不動産業者は1社のみ、ご自身が探した買主との直接取引は不可、と取引上の内容の制限に違いがございます。ご依頼を頂く際にご相談をさせて頂き、お客様にあった形態で活動を開始いたします。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    齋藤 一樹
    不動産取引に関する全ての業務をいたします。
    不動産取引と言っても幅広くございます。不動産の売却、購入、賃貸、税制面、住宅ローン、相続、資産運用など沢山のお手伝いをさせて頂いております。お客様それぞれのご希望に対して不動産のプロが的確なアドバイスを致します。不動産は一般の方ではなかなか理解しがたいものです。高額な取引となる場合がほとんどですので、専門知識を持ったスタッフへお気軽のご相談ください。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    西野 大介
    ご事情によりご対応させて頂きます
    早期売却をご希望されるご事情をお伺いさせて頂いた上で、売却方針をご提案させて頂きます。すぐにでも現金化を希望される場合は、一般のお客様へ売却されるよりも不動産業者が買取をする方が確実です。ただし業者貝取ですので、売却価格は安くなってしまうのが前提となります。お客様はより高く売却を望まれる事と思いますが、どれだけ急がれているかがポイントとなります。ご相談頂ければよりベストなご提案をさせて頂きます。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    齋藤 一樹
    売却価格の見直しが必要な場合がございます
    周辺相場との比較で販売価格の見直しが必要な場合がございます。購入をご検討されるお客様は、他の物件もご覧になられ条件を比較されます。類似条件の物件であれば、価格の安い方を選ぶのが人の本心。対抗物件の販売状況等も含めて売却価格や売却方針の見直しをご提案致します。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    西野 大介
    最短1ヶ月で成立致します
    売却に関しては売却開始後即成約という事例もございますが、時間のかかる場合もあるのが現実です。購入に関しては、1件見て決められる方はなかなかいらっしゃいませんので、当然数多くの物件をご覧になられ事と思います。平均1ヶ月程あれば次のご自宅も決まるかと思います。売却活動と購入活動を同時進行して頂ければ、最短1ヶ月ので売却→購入→入居は可能です。お気軽のご相談下さい。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    齋藤 一樹
    時期や季節での違いはありません。
    不動産購入を希望されるお客様の数は一年を通して大きな差はございません。購入の場合はじっくりと時間をかけて物件探しをされる方が多いので、どのタイミングでもご検討を頂けるお客様がいらっしゃるとお考えいただければと思います。 [ 担当 : 齋藤 一樹 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    西野 大介
    お客様のご資金内容や購入物件の状況によってそれぞれ違います。
    お客様のご資金内容によってどちらが先になるかは変わってまいります。住宅ローンの残債、ご年収、お手持ち資金などにより購入物件の資金繰りが決まります。この資金繰り次第で、売却先行か購入先行も決まります。お客様にとって高額な金銭の移動が発生致しますので、ご安心頂けるプランをご提示させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 西野 大介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。