"20170523195508:H:0" "20170523195508:H:0" "20170523195508:H:0"

情報の見方

京成押上線/青砥 歩1分

TEL:0120-437910【通話料無料】

売却Q&A

8件見つかりました
  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    お客様個々の状況によります。
    買い替えの場合、基本は売却が先行です。売却を先行させる事で資金計画が明確になるからです。但し「仮住まいが必要になる」、「売却したは良いけれど、次の購入先が本当にあるのか?」等とデメリットはあります。私はデメリットに優先順位をつけた時(一番避けなければいけないデメリットという意味です)、資金計画に狂いが生じる事が一番回避しなければいけない事と感じております。、ただ、そうでないお考えのお客様も多数いらっしゃいますので、当社ではお客様個別の状況・希望を聞いた上でアドバイスをしています。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    媒介契約の種類について
    不動産の売却を依頼する際の契約には3種類ございます。内容としましては、(1) 一般媒介契約・・・依頼者は目的物件の売買の媒介を、当社以外の不動産業者に重ねて依頼する事ができます。(2) 専任媒介契約・・・依頼者は目的物件の売買の媒介を、当社以外の不動産業者に重ねて依頼する事ができません。(3) 専属専任媒介契約・・・依頼者は目的物件の売買の媒介を、当社以外の不動産業者に重ねて依頼する事ができません。(1)(2)に関しては依頼者は自ら探した相手方と売買の契約を締結する事ができますが、(3)は前記事項ができません。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    「売却しやすい季節」は無いと思いますが、「売却しやすい時期」は存在致します。
    季節に関しましては、余程暑い8月の盛夏の時期や年末年始を除いてはさほど影響は有りません。一方「売却しやすい時期」は存在します。主に社会情勢が変化する局面による影響が殆どですが、例えば「銀行の金利が上がりそう」 「消費税が上がりそう」といった駆け込み需要的なものが存在する時期や、様々なニュースを基に一般的に景気が上向いて、地価が今後上昇していくと思われる局面では購入者(需要)が多いため、売り出し価格を間違えなければ労せず売却といった図式が成立します。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    不動産の売却時にかかる費用は・・・
    (1)契約書に貼付する印紙代。(2)仲介手数料。(3)住所変更登記費用(現住所と登記上の住所が異なる場合)。(4)抵当権抹消費用(借入の有る場合)。(5)引越費用などが主なところです。売却の為の広告費用は原則として仲介会社負担となります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    査定の方法について。
    原則として過去の近隣物件の成約事例、また現在売却中の近隣物件と比較して考察いたします。マンションの一室の場合、集合体の一部なので個別格差が極端でないケースが多く比較的査定は簡易に行えますが、土地戸建ての場合は個別格差が非常に大きいので更なる吟味が必要です。単純に近隣との比較だけでなく、購入層に望まれる要素がどれくらい充実しているかで道一本隔てただけで価格査定が大きく変わる・・といった事は少なくありません。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    「賃貸」も視野に入れた計画が必要です。
    まずは「売れない原因」を明確にした上で、原因を除去しなければなりません。「いつまでも」を迎えるまでに、持ち家が売れないある程度の原因は明確になっていく筈です(価格や近隣の問題等)それら原因に対し積極的にアプローチしていけば「いつまでも売れない」といった状況は考えにくいですが、念の為「貸した場合はどうなのか?」といった事を検証しておいたり、持ち家が売れない問題の積極的解決の最も即効性がある行為は売買価格を下げる事ですから、不動産会社の査定を数社受けた上で、「一番低い価格査定値」を売り出し前の資金計画上で覚悟しておく といったところです。(実際にその価格でいきなり売り出す必要はありません)  [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    主な手段としては3つです。
    【1つ目】は価格設定を相場より低く設定する。当然早く売れます。【2つ目】は不動産業者に売却をする。一般的な価格相場の6~7割の価格となりますが早く確実に売れます。価格は相場通りで早く売却したいと言うことであれば、【3つ目】の広く広告活動をする事になります。より多くの方に物件として売却に出ているという事を認識して戴く事が有効な手段です。この作業には広告費という費用がかかってきますので、仲介会社全額負担で広告費の枠をたっぷりと持っている会社・また広告の仕方にそつが無い会社を選ばれると良いと思います。ただこちらの場合は他の2つに比べ若干時間がかかる事がありますのでご承知おき下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    購入の場合と売却の場合で異なります
    購入の場合、全く問題はありません。むしろ色々な意見を聞いたり、物件情報のアンテナを張るといった意味では複数の不動産会社に問い合わせるべきだと思います。一方売却の場合は必ずしもそうではありません。主に一般媒介と専任媒介の2種類がよく使用されますが、あまり一般で色々な会社に依頼してしまうと依頼された側の力の注ぎ方が正直変わります。そうはいってもあまり販売力の無い会社に専任媒介では物件が塩漬けになってしまいますので、よくよくご検討戴いた方が良いです。 [ 担当 : - ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

8件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。