"20170530222154:H:0" "20170530222154:H:0" "20170530222154:H:0"

情報の見方

(株)LIXILリアルティマイルーム館不動産販売駅南営業所

TEL:0800-813-9746【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    売主様に対しては以下のものがあります。
    ・3000万円特別控除、期限なし。・買い換え特例、2015(平成27)年12月31日までの売却。・譲渡損失の繰越控除2015(平成27)年12月31日までの譲渡。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    現在の家を売却し、新しく家を購入する時に利用する住宅ローンです。
    現在組んでいる住宅ローンを一括完済し、新たに住宅ローンを組み直すことですのです。売却した利益だけで一括完済が出来ない場合は手持ち資金を完済に充てる必要があります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    可能です。
    但し、本人の状況により異なりますので個別にご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    利益が出ればかかります。
    買ったときよりも高く売れた場合に譲渡所得税がかかります。ポイントは買ったときの価格を証明する資料(契約書、領収書等)があるかどうかです。 [ 担当 : - ]

    参考になった(5件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    仲介手数料等です。
    不動産の状況によって相当異なります。良くあるケースとして、以前住んでいて5年間空家だった家を1,000万円で売却するケースでの説明です 1、契約書印紙代5,000円 2、仲介手数料388,8000円 3、境界復元費用約10万円 4、残置物撤去費用約50万円 5、住所変更登記費用約2万円等です。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    有利です。
    ただし初期投資の費用対効果が解らないとできないので、一般の方にはおすすめしていません。ルームクリーニング、キズのリペア等は費用対効果が高いのでやった方が良いと思います。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    シンプルです。
    可能な限り物が無い状態が印象が良くなります。家であれば家具類も含めてなにも無い状態、庭であれば、草、木が無い状態がベストです。理由は好みは人それぞれなので白紙に近い状態が良いということです。 [ 担当 : - ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    できます。
    社内のネットワークのみに登録し、市場に情報を出さずに売却活動をします。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    自由には出来ません。
    特に値上げは出来ません。売却情報は市場に出回るので、水面下には購入検討者いらっしゃいます。検討中に突然価格が上がると信用問題にもなりますので原則出来ません。値下げに関しては担当者に伝えれば直ぐに出来ますが自分で自由に変更できるということにではありません。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    不動産会社自身が直接買います。
    仲介で買主を探すのではなく、不動産会社自身が直接購入しますので、確実に早く売却できます。 [ 担当 : - ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    売れる場合もあります。
    買いたい方は一人で良いので相場より高くてのたまたまどうしても欲しいという方が現れる可能性は無くはありません。但し、高値の売却情報が市場に長期間公開されていると売却が困難となるケースが多いので高値で出す期間を短くすることをおすすめします。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    資料と現地の両方を確認して行います。
    最初に地番を確認した上で資料を集めます。集める資料は、地図、公図、測量図、謄本が基本です。次に現地を確認し資料に出ない近隣等の物件特有の情報を集めます。集めた資料と情報をもとに計算します。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    売却事例から算出します。
    地理的に近い場所、同じくらいの築年数の売却実績と該当の物件の比較から算出します。売却事例が無い場合には、土地は路線価等の公的数値、建物は建物の規模と築年数からそれぞれ計算し、物件特有の状況を加味し算出します。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    査定をもとに所有者が最終決定します。
    相場等の情報から査定価格を算出した上で、妥当と思わる価格を提案します。ただし売主様のご事情はそれぞれですから、状況に合わせて決めます。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    可能です。
    但し、金額が大きい取引ですから、もしも問題がおきた場合のリスクも大きいので不動産売買を何度も経験している方以外にはおすすめしません。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    良いです。
    最終決定者は物件の所有者ですので希望がしっかりと伝えて下さい。ポイントは最初に全ての希望を伝えることです、買主様がいるので、後から小出しに希望が出てくると話がまとまりにくくなります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    大丈夫です。
    但し、実際に媒介契約を行う際はトラブル防止の為、書面で媒介契約を締結することをお願いして下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    媒介契約に種類があります。
    簡単に分けると2種類です(1)専任媒介契約→1社のみの不動産業者に依頼します。(2)一般媒介契約→複数の不動産業者に依頼します。どちらが良いかは一概には言えませんが、最初は良く比較検討した上で信頼できそうな一社を選び、専任媒介契約をすることをお勧めします。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    (1)査定→(2)買主の募集→(3)契約→(4)決済です。
    売却に関する全ての業務を代行します。(1)査定→売却予定の不動産の価格を算出します。(2)買主の募集→広告等で買主を募集し、物件の内覧希望者があった場合にご案内します。(3)契約→契約書、重要事項説明書の作成を行い。売主様、買主様に対し説明を行い契約をします。(4)決済→契約に定めた内容で代金の支払い、所有権移転を行う為。司法書士、土地家屋調査士等の専門家の手配を行い安全な取引を成立させます。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    不動作業者への買取を打診して下さい。
    仲介と比較すると価格は落ちることが多いですが、早く、かつ確実に売却できます。 [ 担当 : - ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    第一印象を良くします。
    内覧が定期的にある状況でしたら、庭の除草をしたり、中の荷物がある場合は片付けて下さい。室内にホコリや蜘蛛の巣があると印象が悪いので半月に1回位は簡単に掃除するだけで第一印象はずっと良くなります。内覧がほとんど無い場合は価格が相場よりも高いということですので価格の見直しが必要です。 [ 担当 : - ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    約3ヶ月です。
    売却は募集から始まるので、最低でも2ヶ月の期間は考えたほうが良いです。価格設定によってはすぐに売れるかもしれませんが、相場より安い価格となる可能性があります。購入は1ヶ月あれば十分可能です、よって合計すると期間は3ヶ月ということになります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    春や秋です。
    一般的に、極端に暑い時期や、寒い時期は購入希望者の購買意欲や購買の為の行動が鈍くなります。よって気候が快適な時期が売却しやすい時期ということになります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    「売却」が先をお勧めします。
    「購入」は自分の意思のみでできますが、売却は「買いたい」という方がいつ現れるか予測することはできません。よって先行して購入してしまうと、思ったように売却が進まない場合にトラブルとなったり、安値での売却を余儀なくされる可能性があります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。