"20170622234213:H:0" "20170622234213:H:0" "20170622234213:H:0"

情報の見方

アイレントホーム(株)北千住東口店

東武伊勢崎線/北千住 歩2分

TEL:0800-814-6489【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

22件見つかりました
  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    倉田 慎也
    債権者との密な打ち合わせが非常に大事です。
    残債がある場合、金融機関に全額を返金できる売却価格であれば問題ないのですが、残債額の相殺に満たない場合は別途打ち合わせが必要となります。専門的なお話になりますので、お悩みの際には当社へご連絡ください。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    倉田 慎也
    譲渡税
    売却された不動産が購入時よりも高値で売れた場合、利益に対して譲渡税がかかる可能性があります。購入時の売買契約書や領収書などの購入時の証明が非常に大事です。または、以前住んでいた個人の家を売却することに関しては、「売却時に居住中、または売却する予定の家から引越しをした3年以内に売却が完了」することが出来た場合に限り、H28年10月現在は一定の税控除を受けることが出来る場合があります。詳しくは最寄の税務署へお問い合わせください。税控除や軽減措置については、その都度変更がある可能性がございます。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    倉田 慎也
    売却側の諸費用に関しては
    不動産を売却する際には、売却不動産に抵当権(借り入れローン残債)の有無で抵当権抹消費用、業として売却するならば一部に消費税、土地建物の場合は売主買主相談の上で境界や面積に不安がある場合は測量費など、物件によって様々です。そのほか仲介手数料など間接的な費用が別途かかる可能性があります、 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    倉田 慎也
    場合によります
    売り出す前にリフォームを考える方もいらっしゃいますが、購入希望者の趣味や要望が売却者の意向と必ずしも一致しているとは限りません。よほどの事が無い限り、現状で売り出された方が得策と思います。安易にリフォームでお金をかけたとしても、その代金をそのまま上乗せして取り戻せるのは稀です。まずは現況での売却を視野に入れてみましょう。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    倉田 慎也
    大事なのは履歴証明
    印象を良くする為に代表的なものは、建物があれば建築図面や修繕履歴がわかる書類、一棟物であれば建築確認・検査済書などの書類があると大変印象が良いです。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    磯崎 雅之
    お客様のご要望はいくらでも
    営業マンについては疑問に思う事など何でも聞いて良いかと思います。会社側にも要望を伝えていく事は大切な事なので、相談にのれる範囲で行ってくれるはずです。どんどん伝えてください。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    磯崎 雅之
    大丈夫です。
    不動産会社によって、目線は多少違うものですし、お客様にも合う営業、合わない営業マンがいるはずです。お客様が話をしていて、会社などのブランドではなく、信用の出来る営業マンにお任せいただくのが一番だと思います。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    倉田 慎也
    出来ます
    内密での売却はよくある話です。選任媒介契約を取り交わしていただき、不動産流通機構への登録こそ義務付けられておりますが、その先は「広告一切不可」「現地訪問の配慮」など、ご近所やご親戚などに知られることなく売却は可能です。しかし、売却斡旋の仕方に配慮が必要となりますので、担当者の力量や独自のネットワークが早遅期売却を左右いたします。当社では売却依頼をいただく30~40%は隠密売買です。守秘義務を遵守しておりますので、お気軽にご相談くさい。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    磯崎 雅之
    3種類あります。
    一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約になります。一般媒介契約は同時に様々な不動産会社に売却以来がかけられます。専任媒介契約は1社のみに行う方法、専属専任媒介契約は、お客様本人が買いたい方を見つける事も出来ませんという内容でかなりきびしめです。媒介を受けるとREINSというサイトに登録がされていきます。囲い込みなどない会社で行うと広くしっかり広告を行えます。お客様の窓口を絞る方がお客様のお手数を減らす事にもなるので、専任での媒介契約の方が多いのも現状です。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    倉田 慎也
    依頼時の契約が大事
    不動産会社は、売却依頼をされる際に、双方で「媒介契約書」を取り交わすことになっております。査定価格にご同意いただいた上で作成する物ですが、そこに記載される価格が大事です。もちろん売り出し価格を変更することは可能ですが、依頼主・不動産会社間の打ち合わせの上、変更届や新たに媒介契約書を取り交わす必要があります。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    磯崎 雅之
    様々な角度から、査定作業を行い、販売、契約、売渡など行います。
    不動産取引に係る内容を全て、区役所や水道局、法務局といった場所へ足を運び、今現在所有されている物件の状況を把握する事からはじまります。又、現地での越境問題等ないかお調べしたり、価格の査定においては、実際の取引事例から見た価格、路線価などを使った価格、収益還元法から見た価格と、市場調査を様々な角度からお調べしてお客様と同じ認識での売却活動を行い、広告、販売、契約、引渡、全てをお客様と2人3脚で行います。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    倉田 慎也
    メリットだけじゃない
    買い取り制度に関しましては、不動産を早期に現金化したい時に非常にメリットがあります。仲介とは違い、不動産会社がそのまま購入する為、タイムロスが少ないのが特徴です。また、法令順守前提ですが不動産の現状がこのままでは使い道が無いほど荒廃している物件でも購入検討してくれる場合が多いです。しかし、物件の状態によりましては、実勢価格より安価な取引が多いのがデメリットです。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    磯崎 雅之
    弊社で買取ます。
    弊社で買取の金額をださせて頂くと同時に、弊社協力会社も多数ございますので、買取金額が一番高いところで売に出す事が出来ます。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    倉田 慎也
    すべての「モノ」には適正な価格がある
    すべての「モノ」には適正な価格があります。需要と供給のバランスは成約には非常に重要視されます。たとえば、「Aという不動産を何年も探していてやっと売り出された」という購入者であれば、多少金額が高くても検討していただける傾向があります。その不動産を見送ってしまうとまた売り出される保証はないのですから。また、高額設定は一歩間違えると適正額オーバーで中長期にわたって売れ残り、他の不動産の売却失敗事例の参考とされてしまうケースがありますので注意が必要です。そうなると、値下げしてもイメージが悪くなってしまい売却に苦労することとなります。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    磯崎 雅之
    リフォームを入れたり・・・・
    中古住宅の中では、最近リノベーションやリフォームをして販売されている住宅もございます。室内イメージを沸きやすくする為には、空室にして生活感を与えない事で購入する方にも夢をうる事がしやすくなります。壁紙だけを交換してみたり、クリーニンングを入れて綺麗に見せる事が大切かとおもいます。また時間的な制限があられるようであれば、弊社の買取サービスもご検討ください。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    倉田 慎也
    スピードの簡易査定と内容重視の本査定
    簡易査定(机上査定)と本査定の2種類があります。簡易査定の場合、主に現地の状態を重視し、物件所在地周辺の売却流通率と坪単価で算出されます。本査定に関しましては、物件の現況、各役所関連の権利・条例・法律・現況・事情調査など、専門的で深く調べます。その上で取引価格が決定いたします。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    磯崎 雅之
    売却の価格で期間が決まる
    弊社でも行っています、買取サービスがございます。買取をさせて頂く事で売却期間1ヶ月で行えますので、その間に次ぎの購入物件をお探し頂き、同時にうまくいけば、最短で1ヶ月になります。又、売却期間で長いものには1年と要する場合もございます。売却の期間によってなので、2ヶ月~1年をお考え頂く事になるかと思います。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    倉田 慎也
    情報が大事
    査定と言っても、買い取り価格や媒介価格と分かれます。NO.1200に記載した様に、多方面から算出してベースの金額が提示されます。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    磯崎 雅之
    春と秋は人事移動の時期ではありますが・・・
    年間での基本購入希望が増えていくのは、1月~3月まで、10月を目指してくるお客様も多いのが現状です。ただ、検討しはじめてから、すぐに購入になるケースも少ないので、ある程度の売却期間を考えた上で売にだされる事をオススメしています。市場よりも少しお徳な値段での販売であれば短期間ですむ場合もございますが、3ヶ月~6ヶ月を目標として価格を設定していくのが良いと思います。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    倉田 慎也
    多方面からの算出
    世の中にまったく同じ不動産はありません。価格のベースを算出する事に使う手法としましては、「路線価格」「周辺の取引事例価格」「実勢売出単価」など、多方面からのデータを集めて提示いたします。それを元に持ち主様との密な打ち合わせの上、売り出し価格が決定いたします。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    磯崎 雅之
    基本は売却が先行するケースが多いです。
    その方の事情によりなのですが、売却する金額により、次の物件予算が変わる方や多少の自己資金がないというと同時引渡を行っていく必要があります。買ってもらえる方と次ぎの欲しい物件が同時で行えれば良いのですが、タイミングがあわないと、売却が先行という形を取らざるを得ない場合が出てきてしまいます。その状況を私達にご相談頂き、親身のご相談にお応えしていきます。 [ 担当 : 磯崎 雅之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    倉田 慎也
    プロパーでの売却は
    所有者個人での不動産売却は可能です。しかし、見えない瑕疵や、民法や建築基準法、または税法など専門的な部分がかかわりますので、責任問題にならないよう、またはトラブルを未然に防ぐ為にも専門家に依頼する事をお勧めいたします。 [ 担当 : 倉田 慎也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

22件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。