"20170530222021:H:0" "20170530222021:H:0" "20170530222021:H:0"

情報の見方

野村の仲介+府中センター野村不動産アーバンネット(株)

京王線/府中 歩2分

TEL:0800-600-2272【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    小泉裕太郎
    大きく分けると二つございます。
    ひとつはいわゆる『ダブルローン』です。デメリットとしては二重のお支払いが発生します。もうひとつは『つなぎ融資』という方法があります。売却が終了してから金利をお支払いいただくので二重のお支払いになることはありません。ただし、つなぎ融資を利用できるのは一部の不動産会社に限られます。また、購入物件の仲介に付随するサービスという会社が殆どです。弊社のつなぎ融資は、他社で物件を購入しても利用できますので、多くのお客様にご利用いただいております。候補の物件がある方は一度ご相談ください! [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    小泉裕太郎
    ございます!
    春先の動きが活発であることは一般的ですが、『春先を逃すと厳しい』と言われる賃貸不動産ほど顕著ではありません。そのような季節のこととは異なりますが、『周りに競合する物件が少ない』というときが特に売却しやすい時期であると思います。不動産の魅力や特徴は各々違いますので、都度チェックされることをおすすめ致します。(私のほうでお調べいたしますのでお申し付けください!) [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    小泉裕太郎
    物件の種別やケースによって異なります。
    こちらをご覧ください。→http://www.nomu.com/seller/tax.html 仲介手数料や契約書に貼る印紙代が一般的ですが、土地や一戸建ての売買では土地の測量が必要になる場合があり、古屋を解体して売却するケースでも費用がかかります。各種無料でお見積り致しますのでお申し付けください。さらに、譲渡益が出た場合には、譲渡益に対して税金がかかる場合もございます。当社では税理士による無料相談も賜っておりますので、こちらもお気軽にご利用くださいませ。土日のご予約も可能です! [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    小泉裕太郎
    買い替える方法はございます!
    売却価格より残債が多い場合など様々なケースがありますが、お手持ちの資金が足りない場合でもご購入物件と合わせて銀行の融資を受けることが可能です。また、弊社の買い取り保証制度をご利用頂くなど、弊社であれば方法はひとつではございません。状況を教えていただけましたら、ベストな方法をご提案致します。まずは弊社にご相談ください! [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    小泉裕太郎
    住みたい!と感じたお住まいとの出会いによります。
    資金計画の面で安心を選ぶのであれば売却先行をおすすめ致しますが、住みたいお住まいが見つかった場合には購入先行をおすすめしたいと思います。また、お住み替えをお手伝いする不動産会社のお住み替えメニューが売却先行・購入先行を決定するポイントになる場合もございます。弊社には『買い取り保証』や『つなぎ融資制度』がありますので、選択肢は複数ご用意できると思いますし、ご購入を先行されるお客様も少なくありません。ご購入についても担当者と綿密にお打ち合わせをされたほうがよろしいかと存じます。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    小泉裕太郎
    現状を分析して戦略の立て直しをしましょう
    売却戦略を考えた時に、真っ先に広告活動が挙げられると思います。広告不動産会社の広告活動は、インターネット媒体と紙媒体が主流ですが、近年の新聞の購読率は決して高くありませんから、それを補うための工夫が必要となってまいります。不動産の特性は様々で、極端な例では、売却ターゲットを投資家に絞るケースもございます。不動産の持つ特徴もありますが、価格帯によっても販売手法を変えていく必要があると思います。別の営業の意見も聞いて、戦略を立て直したほうがよろしいかと存じます。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    小泉裕太郎
    概ね3ヶ月~6ヶ月とお考えください。
    空室など、ご購入物件の引き渡しがスムーズに行える場合で1ヶ月~3ヶ月とお考えください。ただし、新築戸建の建築期間は殆どが100日前後かかりますし、間取りのプランや外壁、設備等のお打ち合わせなどで1ヶ月~2ヶ月かかることが多い傾向です。更に新築マンションに至っては契約から引っ越しまで1年間、タワーマンションに至っては2年間など、ご購入物件の入居時期は様々です。このようなケースでも、ご購入物件に合わせた最適な売却プランがあると思いますので、営業スタッフへご相談ください。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    小泉裕太郎
    当社へご相談ください。
    買取業者への売却が一般的でしょう。買取の価格の目安は物件の特徴により様々です。例えば、土地であれば居住用か収益用どちらに向いているかという見方もありますし、マンションの場合は、リノベーションを行って全くの別商品になることもあり、一般的に2割減と言われる買取価格が1割減にもならない場合がございます。極端ですが、1週間以内に現金化したい場合には買取できる会社も限られてまいります。まずはご相談ください。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    小泉裕太郎
    ご売却・ご購入のお手伝いから『無料税務相談(土日も可能)』まで幅広く対応致します。
    ご購入については物件のご紹介からご見学の対応、住宅ローンを利用されるお客様には、金利優遇が大きい金融機関を厳選してご紹介しております。ご売却については、弊社ホームページ『ノムコム』への掲載や各種広告活動で購入者の紹介を致しております。土日もご相談可能な税務相談(無料)や相続やリフォーム、不動産投資のご相談に至るまで幅広く対応致しております。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    小泉裕太郎
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫です。
    複数の不動産会社に声をかけたうえで一社に依頼するか、複数の不動産会社に依頼をするかお決めになればよろしいかと思います。一社または複数社への依頼ついては、それぞれメリット、デメリットの何れかが生じる場合がございますし、居住中であるのか、空家なのかによっても回答が変わってまいります。また、売却手法やメニューなど、不動産会社の特徴を確認して、比較したうえでお決めになられたほうが宜しいかと思います。  [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    小泉裕太郎
    専属専任・専任・一般媒介契約の3種類でそれぞれ特徴があります。
    一般的には一社か複数社に依頼する形態の相違が挙げられますが、その中でも私共は、専任媒介契約をお薦めする機会が多い状況です。一般媒介についてはデメリットを感じつつも、複数の会社に依頼できる特徴以外に、全ての不動産会社が情報を得られる不動産流通機構について登録義務が無いことから、『近所に知られたくない』とか、水面下での売却活動を望まれる方に対応できるといった特徴もございます。ご売却前に一度ご相談いただければと思います。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    小泉裕太郎
    もちろん可能です
    親子間の売買契約であれば、殆ど問題は発生しないでしょう。ただし、売買価格の設定によっては贈与とみなされることがありますので、その点は注意が必要です。親族間であれば・・・関係性によりますが微妙ですね。民法上契約自体は口頭でも成立しますが、不動産会社を通す意義は、売買契約自体に引渡後であっても契約が取り消しとなりうる性質があるためです。顔見知りや知人レベルであれば不動産会社を介することをおすすめ致します。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    小泉裕太郎
    もちろんです。
    「野村の仲介+」はお客様のお話を顔と顔を合わせてしっかりとお聴きします。その背景にある物語にも想像を巡らせます。すでにあるニーズも、いまはないニーズも満たす、プロとしての提案を常に追求していきたいと思っています。お客様の期待や想いに「それ以上」でこたえることをブランドの使命としておりますので、お客様からご希望やご意見を頂戴することは大変有難いことです。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    小泉裕太郎
    かかる場合もございます。無料税務相談をご利用ください。
    ご自宅以外にも、相続で取得した不動産や住まなくなったお住まいなど様々なケースが考えられますが、譲渡益がでた不動産に対しては税金がかかります。また、一定期間は復興特別所得税2.1%分が所得税に加算されたりもします。控除で賄えるケースも多いですが、住宅ローン控除と併用ができないなどの側面もありますし、お住み替えのご計画は広い視野を持ってお考えいただいたほうが宜しいかと存じます。弊社では、提携税理士による税務相談(無料)を随時承っております。土日も対応可能ですので、ぜひこの機会にご利用ください。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    小泉裕太郎
    もちろん売れる場合がございます。
    査定価格は取引事例比較法により導かれたものですので信憑性はありますが、最高価格を予想したものでもありません。弊社に専任でお任せいただきますと、水回りのハウスクリーニングまたは設備の補修保証をお付けしたりしています。そういったサービスのフル活用によってお住まいの魅力度の向上を図り、査定価格以上、好条件でのご売却を目指して日々活動しています。物件の特徴にもよりますが、査定価格以上での売却実績は少なくないですし、私自身日々サプライズの連続です。一度弊社をお試しくださいませ。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    小泉裕太郎
    お買い替え時に安心の『買取保証サービス』
    当社の買取保証サービスは、お買い替えの際、売却活動を行い、期限内に至らなかった場合、当社が予めお約束した価格で買い取るサービスです。本制度の目的は『リスクの少ない、安心なお取引』です。たしかに、買取保証価格は相場よりも低くなるケースが一般的ですが、当社が物件を買取ることが目的ではなく、仲介で少しでも高く売れることはお客様も当社も目指すところは同じですし、多くの場合、買取保証価格より高く売却できております。当社の保証期間は最長1年です。『他社の物件を買いたいが、引き渡しが1年後で・・・』当社の買取保証であれば可能です! [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    小泉裕太郎
    たくさんございます。
    ご売却に際して譲渡益が生じる場合は、「3000万円特別控除」のほか「軽減税率の特例」、お買い替えの方には「買換え特例」の他、優遇税制は複数適用があります。併用できないこともございますので注意が必要です。更には、リフォームをする際に、バリアフリー改修をした場合や省エネ改修をした住宅にも税額軽減の適用がございます。具体的にお聞かせいただければしっかり回答させていただきます。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    小泉裕太郎
    いろいろございます。
    天候にかかわらず照明は全てつけていただいたほうが印象も明るくなります。また、私共も同行して大勢で伺うようなことも少なくありませんので、玄関が靴で埋まってしまわないように、靴を片づけていただくことも必要です。マンションのコンパクトな玄関では特に効果があると思います。それと、スイッチ類や鏡、階段付近のクロス等、汚れが目に付きやすい場所は拭いておくことをお薦めしております。水周りの印象も大事ですが、弊社に専任媒介をいただくと、水周りのクリーニングを弊社で行うサービスメニューも選択できます。大事に住んできた印象を与えられることは大きなプラスとなります。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    小泉裕太郎
    もちろん可能です。
    価格は自由に変更できます。お客様と接していて感じることですが、真剣に探している方は変更前の価格を覚えているケースが案外多いものです。売却の際には担当営業マンとスケージュールについてお打ち合せをし、価格変更のイメージもしっかりお打ち合せされることをお薦め致します。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    小泉裕太郎
    野村の仲介+でお試しください
    野村の仲介+には、購入希望登録をされているお客様を、条件に合わせて照合するマッチングシステムがあります。例えば、マンションの売却をする場合、マンション名を教えていただきますと、幾らくらいで購入されたいお客様が何名登録されているかを調べることが可能です。ご売却予定が無く、今後の参考にしたいと言った方もお気軽にお問い合わせください。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    小泉裕太郎
    室内のコンディションによります。
    一般的には、現状のままでの売却が多い傾向です。リフォームしたほうが有利となる場合もございますが、煙草でクロスが黄ばんでいる等、余程コンディションが悪くなければお薦めしておりません。中古住宅の購入を検討される方は、リフォームを視野に入れて検討する方が多いためです。当社に専任でお任せ頂けますと、『浴室・キッチン・トイレ・洗面台』をお掃除のプロがクリーニングする無料サービスも選択いただけます。ぜひご活用ください。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    小泉裕太郎
    査定価格をベースに売主様が決定いたします
    査定価格は、ご所有不動産周辺の取引事例などを基に「3ヶ月くらいで売却できるであろう価格」をご提示しておりますので、売却価格はそちらを参考にオーナー様に決めていただきます。最近は消費増税などで不動産市場にも変化が見られますから、地域の特性や類似する物件の流通量などの最新データも併せてご提示し、オーナー様が売却価格を検討し易いように努めております。お住み替えのスケジュール等もふまえてお打ち合わせされることをお薦め致します。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    小泉裕太郎
    現地・室内を確認する査定または机上で行います
    まずは現地、室内を確認したいところですが、お住み替えの計画が具体的になっていないお客様は簡易査定を選択され、机上での査定報告書を送付する機会も少なくありません。室内の状況は把握できませんが、グーグルで現地のイメージを確認することもできますし、マンションの査定であれば、当社でデータベース化されている新築分譲時のパンフレットで間取りや設備、グレードなどを確認して、机上でも精度の高いご報告をするように意識しています。土地や戸建についても登記簿謄本や公図・測量図をインターネットで取得して、法規制や事例を調査しています。状況に合わせてご選択ください。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    小泉裕太郎
    事例をベースに個別の要因を加味したものです
    マンションの査定であれば、周辺マンションの取引事例から平均価格を算出して、方位や所在階、眺望やお部屋のコンディション、グレードや管理状況等、多くの個別要因を比較、勘案して価格を算出致します。土地についても取引事例との路線価乖離率や各事例から平均価格を算出し、規模や形状、道路方位や接道状況、容積率など法令上の制限などの個別要因をプラス・マイナスで加味します。建物については、構造やグレード、コンディションや経過年数、メンテナンス状況などから査定価格を算出致します。 [ 担当 : 小泉裕太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。