"20170530221838:H:0" "20170530221838:H:0" "20170530221838:H:0"

情報の見方

JR常磐線/大甕 歩4分

TEL:0800-815-3765【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    橘 哲郎
    詳しくは税理士や税務署へ確認することをお勧めします。
    現在受けられる優遇税制はとても多くあります。登録免許税や固定資産税、印紙税や所得税などなどです。お客様の状況や収入、時期によって大きく変わります。税関系で我々がアドバイス出来ることには限界がありますので詳しくはプロである税理士や税務署へご確認されることをおすすめします。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    橘 哲郎
    買い替え時に売却よりも先に購入したい物件が見つかった時にメリットがあります。
    買替時、売却が成立する前に買替先が見つかってしまった場合にメリットがあるローンです。ご売却が成立していてしかも残債以上の価格であれば、通常の「つなぎ融資」で問題ありませんが、売却未成約での購入先行契約の場合も「買換えローン」で融資が可能な場合がございます。残債よりもご売却価格が下回ってしまうケースにも対応するローンですが、実際の売却価格が未確定ですのでリスク回避のためには不動産業者の買取価格をご確認の上での利用が必要です。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    橘 哲郎
    不可能ではありません。まずはご相談ください!
    現金で売却損を補うか、各金融機関により審査基準は異なりますが、ローン残債が多くても住みかえローンを使えばお買換えは可能です。購入先の物件に売却損を上乗せしてローンを組むことができます。普通の住宅ローンより審査基準が厳しいため、すべてのお客様が利用できるとは限りませんが、ご相談いただければ出来る限りアドバイス致します。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    橘 哲郎
    正確には税理士へのご相談が必要になります。
    売却した時財産の所有期間、居住用か否か、売却益が出るか、損がでるかどうかによって変わります。1.3000万円の特別控除 2.長期譲渡所得 3.特定居住用財産の買い替え特例 4.居住用財産の譲渡損失の繰り越し控除などの優遇税制がございますので、まずは営業マンにご相談下さい。その都度、税の専門家に確認しながらご説明をさせていただきます。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(3件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    橘 哲郎
    主にかかるのは仲介手数料です!
    まず仲介手数料ですが、売却金額(400万円以上の取引の場合)の3%+6万円に消費税が必要になります。これに登記費用(抵当権抹消費用、住所移転登記費用等)が1万円~5万円程度必要になります。場合によっては境界確定費用が30万円前後(日立市内で70坪前後の土地の場合)や残置物処理費用がかかる場合もあります。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    橘 哲郎
    リフォームをした分高く売れるわけではありません!
    購入希望者の印象が格段に良いのは確かです。また、営業サイドから申しましても、とても営業がしやすいのも事実です。但し、仮にリフォームに400万円も500万円も掛けたからと言って、その分以上に高く売れる保証はございません。例え100万円や50万円分のリフォ-ムであっても、『すぐに生活を始める事が出来る!』や『綺麗な印象ですね!』などの心地よさを提供するだけでも、好条件で有利に売却が進むものです。『高いリフォーム=高く売れる』という錯覚には気を付けて下さい。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    橘 哲郎
    きれいにしておくことです!
    中古住宅であればリフォームまでする必要はありませんが、整理整頓、行き届いた掃除はやはり印象が良いです!少なくとももっと汚い方が良かったなどと言う人はまずいませんから、ライバル物件と差をつけるためにもきれいに保つというのは心がけておきたいところですね。もちろん土地の場合にもせめて草刈りくらいはしておいた方が良いです! [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    橘 哲郎
    もちろん可能です。広告・看板一切なしでも売却成功した事例は多数ございます!
    不動産の購入、売却というものは非常に重い個人情報です。近所に内緒で売却したいという依頼は珍しくありません。また、安売りしてでも早期に売り抜けたいときなど、露出してしまうとご近所に迷惑をかけるのでは・・という心配から露出しないよう指示を受けることがございます。場合によっては当社で買い取らせて頂く事も可能です。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    橘 哲郎
    価格設定は自由です!
    基本的には、売却価格の変更は売買契約までであれば、どのタイミングでも可能です。現在の不動産動向を考えますと、一度市場に出すと価格を上げることは難しいかと思います。担当者とよく相談してから売却価格を決定することをお勧め致します。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    橘 哲郎
    不動産売却の優先順位と照らし合わせて考えてください!
    買い取り制度には、メリットとデメリットがあります。メリットとしては、とにかく早く現金が手に入ることや、売却時期の不安と瑕疵担保責任等のリスクがなくなることが挙げられます。デメリットとしては、一般的な相場価格よりも低くなることが挙げられます。買替えの期日が決まっていたり、周りに知られたくない、売却時期を急ぎたい等、売主様のご事情に合わせてご提案させていただきます。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    橘 哲郎
    可能性は十分あります!
    近隣相場や売買事例から売却可能と思われる価格が査定価格ですので、査定価格に近ければ成約に至る可能性はもちろん高くなります。要はたくさんお客様を見つける必要はありません。たった1人のあなたの物件の魅力を気に入っていただけるお客様を見つければいいのです!あなたの物件は唯一無二のものですから! [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    橘 哲郎
    まずは現地を見せてください!
    周辺の相場や過去の取引事例などから机上でも大まかな金額は算出できますが、実際は設備や使用状況、リフォーム履歴などでプラスになる場合も御座います。訪問させて頂いても基本的には算出方法は同じですが、どうすれば高く売れるかなどご一緒に考えていきたいと思いますので、査定というより一度お会いしてお話させて頂きたいと思います。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    橘 哲郎
    近隣の成約事例や物件の状況を見させて頂きます!
    査定価格は、現在の市場動向、路線価や近隣の売買事例・成約事例を基に算出したのち、物件周囲の環境・建物であれば、築年数、内部の状態等を勘案して査定価格を算出しています。また、お部屋の状況を拝見させていただいた方が、より明確な査定価格が算出できます。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    橘 哲郎
    適正な査定を行って提案した上で売主様とご相談して決めていきます!
    査定価格は、地価公示価格、路線価や近隣の売買事例・成約事例等を基に価格を出します。売却価格については、売主さまの希望価格や諸事情がありますので、最終的には売主様の判断になります。どの物件の売主様も、自分の財産を出来るだけ高く売却したいと思われています。しかし、不動産には定価はありませんが相場があります。その相場や周辺の売却事例などから、適正な売却価格を決めていくのです。もちろん相場よりも高めで売り出すことは可能ですが、時間もかかりますし価格も下げていかざるをえません。物件情報も鮮度が大事なので長く出ている物件はそれだけ決まりづらくなってきます。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    橘 哲郎
    可能ですが、お勧めは出来ません!
    不動産売買のご契約は個人間でも、法律で認められていて可能です。しかし、物件調査や契約書の作成、測量や境界確定、登記手続き、融資の手続き等は専門的な知識が必要です。私の経験上では個人間売買をした人達は大体何らかのトラブルになっています。そうなった場合は仲介手数料以上の損害が出ることを覚悟してください。ですので親族間売買や隣地間売買で既に話がまとまっていても、あえて我々のような不動産会社を間に入れる人がほとんどです。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    金子 祐太郎
    だめです!と言うようなスタッフは当社にはいません!
    もちろんお客様のご希望にお応え致しますのでお気軽にお申し付けください。もちろんただのYESマンではなく、よりお客様の為になりそうなことはどんどん提案させて頂きます。 [ 担当 : 金子 祐太郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    橘 哲郎
    もちろん大丈夫です!
    何社かお声をかけてご自身の目で選択してください!しかし、複数の不動産会社にお問い合わせをすると、どの会社とどんな話をしたのか分からなくなったり、何社からもお電話がかかってきたりして疲れてくると思いますので、1社を決めて担当者と親密になった方がやはり営業マンも人間ですからより力を入れてくれると思います!お客様に合った1社(担当者)をお選びください!(もちろん当社を選んでいただければ幸いです!) [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    金子 祐太郎
    大きく分けると3種類ございます!
    専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約それぞれ特色がありますのでどの形式が合っているのか、物件やお客様の状況をお伺いしながら決めていきましょう。  [ 担当 : 金子 祐太郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    橘 哲郎
    売り買いするだけの営業マンではなく、不動産の総合コンサルタントだと思ってください!
    我々のミッションは当社に関わったすべての人の生活の質を上げることです。どの会社でも謳っているようなありきたりの事は述べませんが、ご相談いただいた事に関してはもちろん、それ以上の提案をさせていただいてお客様に得をしてほしいです。そうすることでお客様とwin-winの関係になっていきたいですね! [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    橘 哲郎
    当社では買取りも行っております!
    不動産の売却には大きく分けると2種類あります。(1)不動産会社に買主を見つけてもらう(仲介)、(2)不動産会社に買い取ってもらう。今売りに出ているほとんどの物件は(1)のケースだと思います。メリットは相場の価格で売れる、デメリットはいつ売れるかわからないということです。(2)の業者に買い取ってもらう事のメリットはすぐに現金が入ってくる、売った後も瑕疵を保証する必要もなく安心、デメリットは相場の5割~6割くらいの価格になってしまうということです。もしくは仲介でも相場より少し安く出すことで早く売れる可能性もあります。まずはご相談ください。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    橘 哲郎
    まずは当社にご相談下さい!
    家が売れない原因はいろいろあると思います。「値段が高い」「周辺環境が不便」など物件側に原因があることもありますが、不動産会社の選定は大丈夫ですか?お願いしているのはいつも物件側に原因を押し付けるような営業マンではありませんか?「価格を下げましょう」としか提案しないような営業マンではありませんか?当社では根拠を持った適正価格を提示し、「どうすれば売れるのか」ということを売主様と親身になってご相談に応じさせて頂きます。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    橘 哲郎
    お客様の事情をお聞かせ頂ければ大筋の詳細はお答えできます!
    難しい質問ですね、、、まず住まいの売却ですが、どのような価格設定をするかによって売却までの期間も違ってきます。とにかくすぐに売却したいと言う事であれば相場よりも安めに出せば決まりやすいですし、不動産会社へ買取ってもらえばすぐに現金は入りますが相場の6割前後になります。少々時間がかかっても良ければ少し高めに売り出すことになります。新居への入居は購入するのか賃貸物件に入るのか、今の家の住宅ローンはどうなのかによって様々ですので一概に2ヶ月です!とか3ヶ月です!とはお答えしにくいのが現状です。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    橘 哲郎
    結論を言ってしまえば「ありません」
    賃貸物件であれば異動や進学、就職のシーズンである2月や3月が一年の中で最も物件が動く時期というのが決まっていますが、売買物件に関しては「転勤だから家を買おう」「進学したから家を買おう」という判断はありません。「家が欲しい」と思った時が正にタイミングなので一年を通してどの時期に物件が多く動くと言う事もないのです。なので「家を売りたい」と思った時がタイミングということになり、一年中売却しやすい時期ということになりますね。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(3件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    橘 哲郎
    今の住宅にローンの残債があるかどうか、残額などによっても異なります。
    基本的には残債がある場合はまず売却して、賃貸物件かどこかに引っ越しをした上で次の物件を購入するのがお勧めです。というのも返済比率や借入額、あなたの収入、属性によっても異なりますが、原則として住宅ローンは2つ組めないと思ってください。なので今の住宅ローンが残っている場合には新たな住宅ローンを組むのが難しいと言う事になります。そのため今の持ち家を売却してローンを完済した後に新居を購入するのがスムーズです。今の家のローンが既に終わっている場合には、先に購入するのも全然ありです。 [ 担当 : 橘 哲郎 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。