"20170530222116:H:0" "20170530222116:H:0" "20170530222116:H:0"

情報の見方

(株)大成住宅川越ハウジングギャラリー

東武東上線/川越 より1.8Km

TEL:0800-805-5903【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    小林 真樹
    買い替え用のローンとは、買い替えしようとする時に、現在のローン残債が、売却物件価格を上回る
    例えば、残額が2500万あって、売却価格が2000万の場合に、500万の赤字になります。この場合、銀行は500万赤字が残して売却することを了解してくれません。買い替えをする場合に、新規購入に500万の赤字分を上乗せしてローン組する方法が、買い替え用のローンです。いくつかの要件がありますので、具体的には、当社までご相談ください。 [ 担当 : 小林 真樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    上村 貴志
    「買い替えローン」を検討されてみてはいかがでしょうか。
    これまでは、現在のマイホームの売却収入でローンが完済できないときは、その不足分を返す返済資金を工面する必要がりました(抵当権を抹消する必要があるため)。しかし最近は売却収入を充てても返済しきれないローン残高を上乗せして融資する「買い替えローン」(「住み替えローン」という銀行もあります)を扱う銀行もあります。どうぞ諦めないでご相談ください! [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    渡部 仁
    譲渡所得があれば所得税がかかるケースもあります。
    不動産の売却が成功し、売却益(買った時より売ったときのほうが高く売れた。要は儲けた場合)が発生すれば、それに対しての所得税がかかり、給与所得の所得税とは税率が違い、かなり高く設定されています。ただし、居住年数などの諸要件を満たせば、減税の対象になる場合があります。FP(ファイナンシャルプランナー)等を保持する当社経験豊富なスタッフへぜひお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 渡部 仁 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    リスクはありますが、そのようなケースもございます。
    購入希望の方は常に情報をチェックしているので、相場価格に敏感で熟知している方が大半です。よって折角の良い物件でも相場よりかなり高いと判断されれば問い合わせは少なく、売却活動期間の長期化に繋がります。長期間市場に滞留している物件は、足元を見られて大幅な価格交渉の対象となったり、相場の下落の影響を受けたりして、結局は当初の成約想定価格よりも下回ってしまうことが良くあります。成功例としては、滅多に市場に出ることのない特別なお部屋であるケースや完全なる限定で長く待っているお客様がいるケースなどがあります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    小林 真樹
    建物自体や周辺環境・近隣の売却事例・公示価格などを参考に不動産会社が価格をご提案します。
    査定は無料で行います。売主様の希望価格や売却までの期間やさまざまな諸事情を含め売却価格をご提案させていただきます。最終的に価格をいくらにするかは売主様の判断になります。ただ、あまりにも相場とかけ離れた高い価格ではなかなか売却できないことがあります。経験豊富な不動産会社の意見も参考にして売却価格を決めましょう。 [ 担当 : 小林 真樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    上村 貴志
    いくつかありますが一番金額が大きいのは仲介手数料の場合が多いです。
    不動産の売却にかかる費用の代表例として・収入印紙代・仲介手数料・抵当権抹消登記費用(不要の場合もあります)・住所変更登記費用(不要の場合もあります)等となります。その中で一番金額が大きいのは仲介手数料の場合がほとんどです。大きい金額を支払う事になりますので同じ金額を払うならしっかりと販売活動をしてくれる会社を見極める事がポイントとなります。(1)数多くの媒体でしっかりと広告を入れてくれるか。(2)オープンハウス(ルーム)を積極的に行っているか。(3)物件所在地周辺の販売事例はどのくらいか。上記3点は必ず確認したいポイントですね。 [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    渡部 仁
    設定価格の見直しが必要です。
    不動産会社で広告等の営業活動を行っていても購入者が現れない場合には、現在設定している価格を見直す必要があります。なかなか売れないということは、近隣の相場よりも設定価格が高いのかもしれません。市場動向に合った価格の設定をする必要があると思います。近隣の物件はいくらくらいで出ているか確認してみるのも良いと思います。 [ 担当 : 渡部 仁 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    小林 真樹
    もちろん、お気軽にお申し付けください。
    不動産は土地建物とうい物的要素だけでなく、所有者という人的な要素もございます。お持ちの不動産の状況だけでなくお客様の状況によりさまざまなご要望があることは、重々承知しております。どのようなご希望もお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 小林 真樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    売却、購入物件の条件によりさまざまです。
    売却が決まり、購入先の物件の入居時期については、売却物件の購入者の条件、また購入先の物件の条件によりさまざまです。たとえば、売却物件が居住中の場合、すぐには引越しできないのが一般的です。その場合、購入者との話し合いにより、物件の引き渡しは契約日から何カ月後といったように条件を決めます。購入先も居住中物件であれば、同じように売主、買主の話し合いで条件を決めます。売却物件や購入物件が空家なら条件次第では、すぐに引渡しができる場合もございます。したがって、期間に関しては物件の条件による部分が大きいのです。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    小林 真樹
    賃貸同様、1~3月は転勤、新入学など生活環境が変わる方が多いので売却しやすいと言えます。
    賃貸同様、1~3月は転勤、新入学など生活環境が変わる方が多いので売却しやすいと言えます。 しかし年間通してお客様の動きはございますのでご売却の際はご相談頂ければと思います。 [ 担当 : 小林 真樹 ]

    参考になった(6件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    小林 真樹
    売却物件の全てを調べます
    不動産会社は先ずご売却予定の不動産査定を行います。これは物件の状況等現地調査や権利関係を調べる法務局調査、関係法令やライフラインを調べる官庁関係の調査、そして近隣調査を行い近隣の事例や市況を踏まえ、個々のお客様の事情に添った販売計画をご提案します。その後売却の依頼を頂戴すれば販売活動に移ります。 [ 担当 : 小林 真樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    上村 貴志
    自由に変更いただけます
    売却価格が決まりますと、その価格で売却活動が開始されます。販売活動中でも価格変更はもちろん可能です。ご売却をより確実に行うための価格変更になりますので、売出してから一定期間を経ってお問い合わせ状況や買主様の声をしっかりお伝えしながら弊社担当営業により的確なアドバイスをさせて頂きます。ご提案をさせて頂く中、最終的には売主様に意思決定をして頂きます。 [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    壁クロスの貼替程度の軽微なリフォームをしたほうが有利な場合があります。
    壁クロスの貼替がされているお部屋は明るく清潔に見えますのでお客様にも好印象です。クロスの貼替は1居室からでも可能です。トイレ、洗面室、キッチンの床(クッションフロアの場合)も替えた方が良い場合もあります。一方で、室内のコンディションにより現状のままでも充分印象が良い場合もあります。リフォームに費用をかけた分、高く売れるとも限りません。担当者とご相談していただき決定していただくのが良いかと思います。当社ではリフォーム工事のご相談もまとめて承っております。お気軽にご相談下さい。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    売却できます!
    近所に内緒で売却するには当社のお客様にご紹介させて頂きます。紙面広告やネット掲載もしませんので近所に知られることもないと思います。但し広告等が出せないので成約するのに時間がかかるかもしれません。また、当社買取であれば近所に内緒で売却可能です。売主様と当社のお取引になりますので知られることはないです。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    上村 貴志
    早期にご売却可能な手法です。
    早急に現金が必要な方におすすめしている制度です。不動産業者がご売却不動産を購入させて頂くことになりますので、仲介手数料が不要になります。ただし、媒介契約(ご売却のお手伝いを任せます・しますという正式申込のこと)を締結頂いてのご売却の場合よりも査定価格が下がる可能性があることをご了承頂くことが必要となります。 [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    渡部 仁
    可能ですが・・・。
    オススメは出来ません。不動産会社を通さず、自分で売却する事も可能です。しかし・・・物件調査や契約書の作成、測量や登記手続き、融資の手続きなどは専門的な知識が必要となります。不動産取引は高額なお金が絡みますので、万が一トラブルが発生した場合のリスクを考えますとお勧めは出来ません。信頼の出来る不動産会社にご依頼されることをお勧めいたします。 [ 担当 : 渡部 仁 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    3種類の宅地建物取引業法で決められた媒介契約をいたします
    『専属専任媒介契約型式』 依頼者は当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません また自ら発見した相手方と契約を締結することができません 『専任媒介契約型式』 に依頼者は当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができません 依頼者は自ら発見した相手方と契約を締結することができます 当社は、目的物件を国土交通大臣が指定した指定流通機構に登録します。『一般媒介契約型式』 依頼者は目的物件の売買又は交換の媒介又は代理を、当社以外の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができます 依頼者は、自ら発見した相手方契約を締結することができます どれが良いかはお客様の事情により、相談いたします [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    上村 貴志
    優遇制度、控除にそれぞれ適用要件があります。
    【住宅ローン控除】【贈与税の特例】【登録免許税の軽減】【不動産取得税の軽減】【固定資産税の軽減】【印紙税の軽減】【リフォーム減税】【買換え特例】【住宅損失の繰越控除】【3,000万円特別控除】など主に【住宅ローン控除】は年末時のローン残高の1%を所得税より控除、控除期間10年間、最大500万円(長期優良住宅の場合600万円)がございますので有効にご活用ください。適用を受けるには条件や制限がございます。また時限立法により毎年確認する必要もございますので詳しくはご相談下さい。 [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    上村 貴志
    ありのままをお伝えして頂ければ大丈夫です。
    良いところは、こういう所がいいですよ。悪いところは、私はこういう所が良くなっかった。等々、ありのままのお話しを頂けると、買主さまも安心してご検討頂けるかと思います。整理整頓や掃除はできる範囲で大丈夫です。あまり気負いし過ぎないように取り組んでいきましょう。 [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    渡部 仁
    大丈夫です。
    大切な財産を手放すとなると、わからない事ばかりで、ご不安も多いかと思います。複数の不動産会社にご相談されて、ご自分が納得された上で、信頼のおける不動産会社にお決めになるとよろしいかと思います。その際、売却物件のエリアの不動産会社の方が、顧客数も多いし販売力もあると思います。お声かけした時、第一印象の”心の目”も大切だと思います。 [ 担当 : 渡部 仁 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    二つのやり方があります。
    1)市場価格より若干低めの価格で販売する (2)不動産会社での買い取りを依頼する 売却代金を入るまでの期間は(1)の場合、諸手続きに要する期間が最短でも1ヶ月程度は見た方がいいですね。(2)の場合、条件が整えば最短で1週間程度での取引が可能になります。現金での購入になりますので、ローン解約の心配がありません。どちらを選ぶにしてもタイミングが重要になってきます。打ち合わせが大事になりますので、詳しくは当社までご相談ください。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    上村 貴志
    安全策をとるなら売り先行です。資金に余裕があるなら買いもしくは引っ越し先行です。
    安全策は「売り」が先です。もちろんお客様の状況によって様々ございますが、ローンの残債がある方の中で殆どの方は「売り」を先に始めるほうが安全に進められます。購入を先に行うと、売却期間に制限がついてしまうからです。デメリットとしては、中に荷物がある状態で見学してもらうため、どうしても部屋が狭く見えて販売期間が長くなることがある点です。ですから、資金的に余裕のある方は引っ越し先を先に確保して荷物を出した方が得策と言えます [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    上村 貴志
    今「売れる価格」が査定価格です。
    まず物件調査(現地確認・物件詳細状況の把握)市場動向、最新の取引事例、公示価格などを参考にお客様に解り易く、根拠を示して査定価格をご提案しております。お気軽にご相談ください。 [ 担当 : 上村 貴志 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    簡易査定と正規査定によって異なります。
    簡易査定は概算で相場を知りたいお客様に適した査定方法です。お電話でこちらのご質問に幾つか答えて頂ければ10分程度で相場価格をお知らせします。「正規査定」は現地調査に始まり、最新取引事例や市場動向・公示価格など弊社独自の資料をもとに査定書を作成しご提案させていただきます。ご売却をお考えの方は「正規査定」をお勧めします。無料査定・秘密厳守でご対応いたしますので、お気軽にご相談ください [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。