"20170628094147:H:0" "20170628094147:H:0" "20170628094147:H:0"

情報の見方

東武東上線/若葉 歩8分

TEL:0800-808-7740【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    河井 直也
    勿論です!!どんなご希望でも結構ですので是非ともお伝えください。
    不動産の売却、購入はどなたにとっても人生の一大事だと思います。ご希望やお気づきの点等ございましたら、どんな小さな事でも結構ですので遠慮なさらずにお伝え下さい。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    河井 直也
    実際に価格を決定するのはお客様ですが
    路線価や成約事例、市場動向を基に査定価格を決定させて頂いておりますが、この査定価格はあくまでも参考にして頂くためのもので、最終的な売却価格はローン残債などの状況を加味して売主様ご自身で決定して頂いて結構です。しかし弊社ではエリア内の物件占有率や成約数に自信がありますので、必ずやご満足いただける査定額をご提案できると思います。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    河井 直也
    課税される場合もございます。
    多くの場合は課税対象となりませんが、購入時よりも高い価格で売却が出来た場合は不動産の売買により利益が出たと判断されるため利益分に課税されます。また利益が出た場合でも保有年数により減免がございますので詳しくはお問い合わせください。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    河井 直也
    不動産会社による買い取りです。
    一般的に不動産を売却する場合には不動産業者が間に入り、売主様と買主様を直接結び付ける形のお取引(媒介)となりますが、買い取りの場合には不動産業者が直接買い取った上でその業者が売主となって再販をする事になります。その場合、一般的に市場価格からは数%から数十%ほど安価になってしまいますが、大きな土地をご売却したい方や売却をお急ぎの方にはお勧めの売却方法です。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    河井 直也
    状況次第です。
    現在のローンの残債額、現在のお宅の市場価格、新しく購入する物件の金額、ご収入等のお客様の状況といったように様々な要素によって買い替えの可否が決まります。上記のような様々な内容をお客様から詳しく伺い、全ての状況を把握した上で無理のない資金計画をたて、最善のお住み替えプランをご提案させて頂きます。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    河井 直也
    売却金額がローン残債に満たない場合でもお住み替えが可能になります。
    ローン残債のある不動産を売却する場合、ローン残高を完済しなければ名義変更が出来ません。ですので売却代金と自己資金でローン残高を完済できない場合には買い替えローンのご利用をお勧めしております。買い替えローンでは新居を購入するための資金と併せて、売却した家の住宅ローン残債を返済するための資金も提供して頂けるので、売却価格が残債価格に満たない場合でもご新居の購入が可能になります。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    河井 直也
    売却の状況、条件にもよりますが
    名義を移転する際の登記費用などは買主様の御負担になりますので、売主様にご負担頂く費用としては不動産業者にお支払い頂く仲介手数料が最も大きいものになります。また住宅ローンの残債がある場合には抵当権抹消登記の費用が、登記簿と現住所が異なる場合には住所変更登記の費用が必要ですがいずれもそれ程高価ではございません。ただ最近では珍しくなりましたが、購入時よりも高く売れた場合には売却益に税金がかかる場合が御座いますので注意が必要です。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    河井 直也
    いつでも変更可能です。
    販売状況や販売期間を考慮して売り出し後に少しずつ価格を下げる事は一般的ですし、我々もお問い合わせの状況や現地案内の数等を参考にして随時価格変更のご相談を差し上げております。また、市場動向や買主様の反応によっては価格引き上げのアドバイスをする事も時にはございます。いずれにせよ売主様の御要望の通りに販売活動を行うのが我々の役目だと考えております。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    河井 直也
    タイミングと需要が合えば問題ありません。
    査定価格はあくまでもその時点の相場を元にしたアドバイスであって、その価格でなら必ず売れるということではございませんし、また逆にその価格以上では売れないというものでもございません。相場はいわば「平均値」であり、タイミングや需要によっては時に相場よりもはるかに高く成約する場合もございます。たとえば売却物件のお隣の方にとっては「自宅の隣」という限られた条件を満たす魅力のあるものとなるでしょうし、直ぐに引っ越したい方にとっては直ぐに引き渡し可能な物件は魅力的に感じられると思います。売却までの時間なども検討し、出来る限り高価で売却できる様お手伝いをさせて頂きます。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    河井 直也
    まずは詳しくお話を伺っております。
    近隣の路線価や成約事例や動向などを基に物件の査定をさせて頂き、売却参考価格を御提案させて頂きます。そのうえでローン残債等を考慮したお客様の御要望価格を伺い、詳しくご相談させて頂き調整をして売り出し価格を決めさせて頂きます。また、最終的な売却の成約価格については買主様とのご相談になりますが、少しでも高い価格で売却できるよう努めております。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    河井 直也
    お客さのご要望に合わせた査定を行っております。
    査定は担当者が実際にお客様のお宅にお伺いしてお家の中の状況を拝見させて頂き、また、役所や法務局で各種法令制限や権利関係などを調査した上で、過去の成約事例などを参考にして査定をさせて頂く形になります。査定の結果は仲介にて売却する場合の参考価格と、弊社で直接買い取らせて頂く場合の価格の二つをお伝えいたします。本当に売るかどうかは未定だけど幾ら位なのか知りたい、という方は簡易査定をご利用ください。お宅に直接伺うことなく成約事例などから参考価格を算出させて頂けます。そして当然ながら何れの場合でも秘密は厳守させて頂きますので安心してご依頼ください。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    河井 直也
    各種優遇等の税制は度々変更があるので注意が必要です。
    売却であれば、譲渡益特別控除や軽減税率の特例、買換えであれば、居住用財産の買換え特例や譲渡損失の繰越控除など。それぞれ細かく適用要件があり、時限立法の制度も多いので適用となるかどうか随時個別確認が必要です。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    河井 直也
    色々と難しい部分もございますが可能ではあります。
    ご自身でのご売却も可能です。ただ、不動産の売却はご契約から登記、また税金関係など、さまざまな煩雑な作業がございます。また、宅建業法や民法に詳しくない素人同志のお取引では、ささいな事でもトラブルになるケースがございます。仲介手数料はご成約価格の3%+6万円+消費税と上限が定められております。この手数料はトラブルなくスムースに売却を完了するための費用だとお考えいただき、是非とも専門の宅建業者にお任せ下さい。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    河井 直也
    正直なところ、この質問に答えるのは難しいです。
    極端な言い方をすれば、相場よりも遥かに安い物件はすぐに売れますし、誰も見向きもしない物件はすぐに購入できます。つまり、売値に構わず売却し、何もこだわらず新居を購入するのであれば売却から購入までひと月もかからないと思います。しかし折角の財産をみすみす安価で売却してしまうのは勿体無いですし、新居も価格、条件ともにこだわって頂きたいと思いますので、時間的に余裕を持ったお住み替えをお勧めします。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    河井 直也
    もちろん大丈夫。
    大丈夫なのですが、複数の不動産会社に同時に声をかける事によって生ずるメリット・デメリットがございます。「多くの業者に声を掛ければそれだけ売れやすくなるのでは?」とお考えになるのだと思いますが、実は複数の不動産会社に声をかけるとかえって売れづらくなる事も多々御座います。他社様にお声かけ頂く前に一度ご相談下さい。詳しくご説明させて頂きます。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(3件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    河井 直也
    一番簡単なのは価格を相場よりも下げる事ですが…
    とは言え、ローン残債などお客様のご都合によってなかなか価格を下げられない事が多いので、私共では価格を下げる以外にもできる事、例えば室内外の掃除、整理整頓は勿論の事、物件の見栄えを良くするような様々なアドバイスを行っております。また、売却は成功報酬となっておりますので、売却活動事態は基本的に無償で行いますが、お客様のご要望により単独チラシや各種特別広告等を別途費用にて行うことも可能です。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    河井 直也
    売却に関するアドバイスと広告がメインです。
    大手不動産情報検索サイトや弊社ホームページなどインターネット広告への掲載や、新聞折り込み広告や単独チラシなどの紙媒体広告への掲載など、出来る限り多くの方の目に触れられるよう情報を広く公開致しております。弊社各支店にご来場して頂いた不動産購入をご検討中のお客様方には、弊社に売却をご相談いただいた方の物件を優先的にご紹介・ご案内をさせて頂いております。それ以外にも高く売るための秘訣や見栄えを良くするためのノウハウをお伝えしたり、ローンや税金等、不動産売却に伴うご心配事も全てサポートさせて頂きます。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    河井 直也
    相場よりも価格を下げる、不動産業者の買取ってもらう等の方法がございます。
    止むを得ない事情でない限りご売却を急がれるのはお薦めしません。どうしても急がなければならない場合には相場より安く売りに出すか、不動産の買取を行う不動産業者に買取を依頼するかのいずれかの方法がございます。しかしいずれも相場よりも大幅に価格が下がってしまいます。やはり大切な不動産ですから少しでも高くお売り出来る方法をお探し致します。是非ご相談下さい。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    河井 直也
    まず基本中の基本ですが掃除が大切です。
    特に入居しながら売却する場合には売主様が実際に生活している室内を買主様がご覧になりますので、買主様としては出来る限り隅々までチェックしたいと思いつつも、売主様に失礼にならないよにと控えめにご覧になる事が多いです。ですので、掃除が行き届いているお宅は丁寧に大切に住まわれてきた事が想像でき、目に見えない部分もしっかりしているであろうと好印象を与えるようです。ただ、綺麗な方が良いとは言っても、はがれている壁紙を自分で貼りなおしたり、経年による傷みや傷を慣れない手作業で直すのであれば、ありのままをお見せした方がむしろ好印象を与える事も多いので注意が必要です。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    河井 直也
    「契約」というと敷居が高く感じられますが…
    売却依頼時の契約は「媒介契約」と言いますが、これは宅地建物取引業法という、私共のような宅地建物取引業者を「取り締まる」ための法律の中で決められた契約です。ですので、どのような販売活動を行うのか、どれくらいの頻度で売主様に報告をするのか、規定以外の報酬を頂かない事を事前にお約束するなど、言わばお客様方を守るための契約となっており、そのお約束の内容によって「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の三種に分類されております。まずは担当者から各媒介契約の内容を詳しく説明してもらうことが重要だと思います。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    河井 直也
    もちろん可能です。
    その旨を担当者にお伝え頂ければ、査定に伺う際にも社名等の記載のない車で伺いますし、販売活動においてもネットや新聞折込等の各種広告媒体への掲載をせずに行わせて頂きます。広告へ掲載しないとなかなか売れないのでは?と思われるかもしれませんが、御心配は無用です。というのも、ネットや折込等の広告を見てご来社頂く方が多いのは事実ですが、ご来社頂いた際には担当者がお客様のご要望を詳しく伺った上で、広告に掲載していない物件も含めてご提案しておりますので、広告掲載の有無は成約とはあまり関係がございません。安心してお任せください。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    河井 直也
    何をもって「有利」なのかが問題です。
    築年数が経っている建物等はフォームした方が見栄えが良くなるため、リフォーム後も同価格で売るのであればリフォームした方が売りやすくなります。つまり、ただ「売る」事だけを考えるのであればリフォームした方が「有利」です。しかし、例えば100万円かけてリフォームしたら100万円高く売れるかと聞かれたら多くの場合は「NO」ですし、買われる方としても折角リフォームするのであれば自分好みにしたいはずです。いつ幾らで売れるかもわからない状況で追加で投資するのはリスクも高いですし、リフォームするのであればその分値引きした方が安全で最終的には「有利」だと思います。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    河井 直也
    不動産業界にも他の業種と同様に繁忙期が御座います。
    年末または年度末に新居への引っ越しをご希望なさるお客様が多い為、契約後の事務手続きやお引越しに掛かる1~2ヶ月を前倒しした時期、つまり1月~3月初旬、10月~12月初旬頃が最も物件の動きが激しくなる時期です。ですのでその時期のご成約を目指すとなると、我々の立場としては、情報を公開し買主様を募集する期間として3ヶ月程度を予定して頂きたいので、売却完了を希望する半年前にはご相談頂きたいところです。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(6件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    河井 直也
    売却物件の残債の有無、新物件の購入にローンを利用するか否かによってまったく異なります。
    売却物件に残債が無い場合、新居の購入が現金であれローンであれ、じっくりと高く売れるまで待ちながら、新居は良い物件が見つかり次第の購入で良いと思います。しかし残債がある場合、新居の購入が現金であれば上記と同様ですが、新居もローン利用の場合にはローン審査が不可または厳しくなるため、一般的には売却を先に行い完済してから新居を購入する方が簡単だと思います。ただしその場合は双方のタイミングによっては間借りが必要になってしまう為、経済的にも精神的にも肉体的にもご家族の負担が増えてしまいます。間借りをせず、売却と購入をストレスなく同時にに行うにはプロのノウハウが役立つと思います。是非一度ご相談ください。 [ 担当 : 河井 直也 ]

    参考になった(3件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。