"20170530222243:H:0" "20170530222243:H:0" "20170530222243:H:0"

情報の見方

京急すまいるステーション 京急蒲田駅店京急不動産(株)

京急本線/京急蒲田 歩1分

TEL:0800-815-4691【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    瀧島 洋
    マイホームの売却なら利益3000万円まで無税の特例があります
    現在お住まいのご自宅を売却した場合には3000万円までの売却益なら控除対象となり税金はかかりません。但し建物に登記名義がなければ適用できません。その他買い替えの特例や売却損が出た場合の特例などもあります。弊社では定期的に提携税務事務所による税務相談会を実施しているほか、ご希望に応じて個別相談も承っております。ご売却には京急不動産をご用命ください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    齋藤 広和
    既存住宅ローンの一部も借りることができる商品です
    通常の住宅ローンの場合、借りられるのは物件価格までです。(購入諸経費・リフォーム費用を借りられる場合もある)それに対して買い替えローンは既存住宅ローンの返済に必要な金額も借りることができます。例えば4000万円で購入した物件で住宅ローン残債が3300万円あったとして、3000万円で売却した場合には300万円を預貯金から充当して返済しなければなりません。買い替えローンは新規購入物件の金額にこの300万円を上乗せして借りることができる、というものです。弊社では各金融機関と提携関係にあり、どの銀行とも取引可能です。お気軽にご相談ください。 [ 担当 : 齋藤 広和 ]

    参考になった(3件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    間嶋 登志雄
    住み替えローンがご利用できます。
    ご売却資金でご自宅のローンが完済できない場合は住み替えローンが利用できます。住み替えローンはご自宅の債務が売却代金で完済できない場合、住み替え先のローンに完済できなかった債務をプラスして借入する方法です。ご利用にあたっては各金融機関の諸条件がありますので、担当までお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 間嶋 登志雄 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    瀧島 洋
    かかる場合とかからない場合があります
    売却をした際に譲渡益に対して所得税と住民税がかかってきます。また、買替や交換した場合にも、一定の要件を満たしていないと課税されます。税法は個人個人のケースにより、税率、適用要件、適用の期間が異なりますので、個別に節税のポイントなどご相談承ります。当社の顧問税理士による無料相談会もあります。相続税対策やローンのことなどお気軽にご相談・お問い合わせください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    瀧島 洋
    購入ほどにはかかりません
    マンションの場合なら(1)仲介手数料(2)印紙代(3)抵当権抹消登記費用(抵当権等ある場合)、一戸建や土地ならそれ以外に測量費用が必要になることが多いですね。引越し費用や物品の撤去処分費用は別に必要ですので見積もりを取得します。これら経費以外に売却で利益が出たら税金が発生する場合があります。詳しくはスタッフにご質問ください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    瀧島 洋
    状況により異なります
    基本的にはリフォームしたほうが良いのですが、リフォームした分必ず高く売れるとは限りません。買主様が自由にリフォームしたい場合にはかえって選びにくくなることもございます。たばこのヤニが目立つ場合には壁クロスの張替えが効果的ですが、築年数や傷み具合を考えながらバランスよく対処します。もちろん売主様の資金事情によっても違いますので、スタッフに相談ください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    齋藤 広和
    明るくきれいに見せましょう
    買主様が内覧にいらっしゃるときは予めご連絡が入ります。室内の整理整頓を行い、室内の電気はすべて点灯、水回りの水気をふき取っていただくだけでも好印象です。なるべく明るい雰囲気を演出してください。買主様からのご質問は正直にお答えいただき、物件のアピールは不動産業者にお任せください。時々「この家はここが良い」など一所懸命売込みをしようとする売主様がいらっしゃいますが、売主様のアピールは買主様にとってNGです。 [ 担当 : 齋藤 広和 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    早川 海
    もちろん可能です
    近所に知られたくないという方、少なからずいらっしゃいます。そのようなご希望の場合にはスタッフにお伝えください。チラシを控える、写真掲載しないなど配慮してまいります。場合によっては当社が買主となり一切表に出さずに完結することもございます。まずはご相談下さい。 [ 担当 : 早川 海 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    瀧島 洋
    出来ないことはないですが
    販売価格は売主様の希望で設定できますが、一度出した金額を上げることは実際には難しいです。売出価格はよく相談の上設定していただけますようお願いします。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    瀧島 洋
    京急不動産が買主になります。
    買替の際の一番の心配事は「現在の住居が売れないのでは?」ということだと思います。京急不動産では「買取保証制度」をご用意しております。一定期間に売却できなければ、当社が直接買主となり、物件を購入させていただきます。買取価格はお客様と当社との間であらかじめ取り決めた価格になります。買取価格は査定価格に割引率を適用したものとなりますが、京急不動産が直接買取るため、仲介手数料は発生いたしません。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    瀧島 洋
    売れることもあります
    査定額は過去の事例等で合理的に求めたものですが、それ以上の金額で売れることもあります。売出価格は査定額を踏まえて売主様と相談の上決定しますので、ご希望がありましたらスタッフまでお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    早川 海
    市場動向に合わせて行います
    市場動向にマッチした正確な価格査定をすることは、売却を成功させるためのポイントになります。京急不動産では、創業56年の歴史と実績があります。当社で取引した膨大なデータはもちろんのこと、レインズや東京カンテイなどの不動産情報ネットワークを活用して市場動向に合わせた適正査定を算出いたします。査定は無料で承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。 [ 担当 : 早川 海 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    齋藤 広和
    重視するのは事例です
    不動産の査定額は公示価格や路線価といった公的評価、成約事例または売出中の事例、経済情勢等を勘案して求めます。弊社の場合には成約事例を重視した査定を行いますが、適した事例がないような場合にはそれに代わる資料を探します。賃貸中のマンションのように一般的な事例がないケースもありますので、その場合には利回り重視で査定額を算出してまいります。 [ 担当 : 齋藤 広和 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    齋藤 広和
    不動産市場の判断で決まります
    ご売却の不動産について、売出し価格は売主様のご希望で決めることができます。しかし成約価格は他の不動産との比較検討で決定されますので、売主様の希望通りとはいきません。経済情勢やライバル物件の動向、タイミング等により成約金額は変動します。現在の情勢についてはスタッフにお問い合わせください。 [ 担当 : 齋藤 広和 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    瀧島 洋
    不可能ではないですが
    不可能ではないですがお勧めは出来ません。不動産の取引には各種段取りがあります。住宅ローン等ご利用になる場合には不動産業者発行の書類が無いと融資も受けられません。お取引にはリスクもございます。信頼できる業者にお任せください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    瀧島 洋
    内容によりますが
    SUUMO等をご覧になって『この営業マンに任せたい』ということがあればその旨お伝えください。担当するように致します。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    瀧島 洋
    もちろん大丈夫です
    いくつかの不動産業者の査定額を比較すると大きく差がある場合があります。個人の見方によって金額に違いがでますが、大事なのは具体的な事例に則った合理的な査定かどうかということです。資料を示さずに高い査定額を提示した場合には少しおかしい気がします。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    瀧島 洋
    媒介契約には3種類ございます
    売却をスタートするには不動産業者と3種類の媒介契約のうちどれかを交わします。(1)専属専任媒介契約(2)専任媒介契約(3)一般媒介契約となります。それぞれメリットとデメリットがございますのでスタッフまでお尋ねください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    齋藤 広和
    売却に必要な作業や手順のお手伝いです
    ご売却には必要な手順・手続きがございます。売主様のご事情や物件の状況によりその手順等は変わります。スタッフは随時手順や必要書類のご案内を申し上げ、スムーズなご売却を達成、ひいては売主様のご売却と新生活のスタートを応援します。弊社の場合には価格査定・物件調査・売却活動・売買契約・引渡しまで一連の流れは担当が行いますが、店舗スタッフ全員でフォロー致します。安心してお任せください。 [ 担当 : 齋藤 広和 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    瀧島 洋
    京急不動産も買主です
    ご事情により速やかな売却を希望の方、なるべく負担の無い売却を希望の方のために当社独自の買取も行っております。仲介手数料が不要になります。詳細はスタッフまでお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    瀧島 洋
    必ず原因はあります
    売れない不動産はありません。長期間売れていないのは適正な金額になっていない可能性が高いです。不動産業者による正確な現状把握・正確な査定・売主様に対するご報告ができるかどうかが売却の可否を決定します。京急不動産では過去の事例や経験に則った査定をさせていただき、売れない場合には現状報告と価格の改定等のご提案も行います。売主様はその報告に基づいて方針を決めていただけます。まずはご相談ください。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    齋藤 広和
    ケースバイケースです
    未完成の新築一戸建なら長くて半年くらいでしょうか。完成済みの新築一戸建や空家の中古マンションなら売却が完了していれば1か月程度でも入居可能です。購入物件に売主様が居住中であれば売主様の引越し期間を見なければなりませんので2~4か月程度かかることも多くあります。短期間で売却・引越しを済ませたいのであれば当社の直接買い取り制度をご利用ください。その場合売却の仲介手数料は不要です。詳細はスタッフまでご相談ください。 [ 担当 : 齋藤 広和 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    瀧島 洋
    タイミング次第です
    例年1月~3月、9月~11月が不動産が動く時期と言われております。ただ、この時期以外でも潜在的に購入を検討している方はたくさんいます。タイミング(類似物件が売りに出ていない等)によっては早期に売却できる場合もあります。当社には京急・ブルーライン沿線エリアでの販売力に実績と自信があります。市況のご相談だけでも結構です。売却をお考えになりましたら時期に関係なく、お気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    瀧島 洋
    原則的には売却から
    お客様の状況次第ではありますが、原則的には売却が先行です。売買契約が成立しないと買替先の予算が確定しないからです。もちろん、ご収入に余裕のある方であれば購入を先行することも可能です。その場合、現在のローンと買替先のローンの二重支払いとなっても大丈夫かどうかがポイントです。買いたい物件を買い逃す心配がないのがメリットです。お客様の状況と物件の内容を踏まえて選択していきます。 [ 担当 : 瀧島 洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。