"20170628200023:H:0" "20170628200023:H:0" "20170628200023:H:0"

情報の見方

大成有楽不動産販売(株)池袋センター

TEL:0800-816-0251【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    石井 宏樹
    優遇税制につきましては
    一人一人に合った不動産ソリューションを目指して、プラスアルファ・コンシェルジュが皆様の多様な問題に対する解決のご提案をさせていただきます。無料コンサル(秘密厳守致します)専門家が、不動産のご相談を無料でお受けします。※具体的な事案となった場合、規定の報酬がかかります。  [ 担当 : 石井 宏樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    坂口 翔平
    売って買ってと連続するお取引で、売却損が出て、お手持ちの資金が少ない場合のローンです。
    売って買ってと連続するお取引で売却損が出て、かつ、お手持ちのご資金ではローンの不足分を消す事が出来ない場合に、購入代金に加え売却損も併せて借りるローンです。一般の住宅ローンより審査は厳しくなりますので、まずは営業担当へご相談ください。 [ 担当 : 坂口 翔平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    梶浦 雅司
    条件次第では買い換え可能です。
    自宅のローン残債が多くても、年収や買い換え先物件によっては、弊社提携先銀行での『住替えローン』が利用できます。自宅のローン残債が売却金額を超えた部分を買い換え先物件の住宅ローンに上乗せして借り入れる事が出来ます。事前にご確認下さい。 [ 担当 : 梶浦 雅司 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    平沼 通宏
    売却時の税金につきましては
    一人一人に合った不動産ソリューションを目指して、プラスアルファ・コンシェルジュが皆様の多様な問題に対する解決のご提案をさせていただきます。無料コンサル(秘密厳守致します)専門家が、不動産のご相談を無料でお受けします。※具体的な事案となった場合、規定の報酬がかかります。 [ 担当 : 平沼 通宏 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    坂口 翔平
    当社営業スタッフへご相談ください。
    印紙代(売買契約書に貼付します。)抵当権抹消・住所変更等の登記費用、測量費用(土地家屋調査士・測量士にお支払いいただきます。)、仲介手数料(当社にお支払いいただきます。)譲渡に係わる税金(売却後、譲渡所得にかかる所得税と住民税)他、リフォーム費用、クリーニング費用、増築登記費用、家財処分代、引越し代等がございます。詳しくはご営業スタッフへ相談下さい。 [ 担当 : 坂口 翔平 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    平沼 通宏
    担当者と充分な打ち合わせを!
    第一印象をよくするためにリフォームを施した方が、売却に有利になることはあります。但し購入希望者の中には、全面リフォームを最初から予定されている方もおられます。担当者とよく打合せされることをお薦めいたします。どの物件でもリフォームが必要というわけではありませんので、実際に不動産会社にお宅を見てもらい、リフォームの必要性を一緒に相談・検討されるのが宜しいと思います。 [ 担当 : 平沼 通宏 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    大熊 博之
    広く・明るく。第一印象も大切です。
    1.整理・整頓を心掛けましょう2.室内を明るく見せましょう3.見学者が初めて目にする玄関を綺麗にしましょう4.台所・浴室・洗面所などの水廻りは清潔感を出しましょう5.明るくさわやかに見学者を迎え入れてください・・・続きはお問い合わせください。 [ 担当 : 大熊 博之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    梶浦 雅司
    広告活動を制限することは可能です。
    売主様のご事情で近所に知れずに売りたいという希望の方は、その旨を担当者にお話ください。広告活動はせず、ご登録いただいている購入希望のお客様へのみご紹介していきます。(内緒という意味は、広告宣伝活動を行わないという意味で捉えて下さい) [ 担当 : 梶浦 雅司 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    大熊 博之
    もちろん金額の変更は可能です。
    価格変更については、最終的には売主様の判断によって決定されます。ただし、その判断に必要なデータ(問合せ数や見学者数、周辺の売り出し物件)を売主様にご報告させていただきます。その結果を分析しながら価格変更について売主様とご相談させていただきます。媒介期間の途中であっても変更可能です。 販売状況により売却を依頼した不動産会社との打ち合わせの上決定する事が大切です。 [ 担当 : 大熊 博之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    石井 宏樹
    不動産会社が直接お客様の不動産を買い取る制度です。
    お買い替えの場合に、ご売却資金を充当する場合や、事情により売却期限が定められている場合に、『買取保証』制度を利用されるお客様もございます。但し、地域・物件によりお取扱いできない場合がございますので、不動産会社へご確認されるのが宜しいと思います。詳細はお問合せください。 [ 担当 : 石井 宏樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    石井 宏樹
    可能性はもちろんあります。
    査定価格は、一般的・相対的な算出価格ですがこういった特殊な購入のお客様もおられますので、高い価格での成約の可能性もあります。特殊な事情により、限定的に当該不動産を探されている方がいます。是非、営業スタッフとご相談下さい。 [ 担当 : 石井 宏樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    坂口 翔平
    訪問査定と机上査定です(当社では、査定は無料で行っています)
    当社は大成建設グループというブランド力を活かし、誇りをもって不動産仲介業を営んでおります。当社は「近隣価格事例」「周辺環境」を調査した上で「査定報告書」を作成し、解かり易く査定についてご説明致します。なお、訪問査定は、実際に建物内を拝見させていただき、現地調査を行った上で、査定報告をさせていただきます。また、机上査定については、単に近隣の取引事例を元にした査定報告となります。確実性のある査定金額を必要とされる場合は、訪問査定をご利用くださることをお薦めいたします。 [ 担当 : 坂口 翔平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    平沼 通宏
    売買事例(売出・成約)をもとに算出します。
    土地の場合、周辺の取引事例を基に土地の形状や道路付け、方位などの個別特性を勘案し査定金額を算出します。一戸建ての場合は、土地と建物を分けて算出します。建物については、構造やグレードから新築価格(再調達原価)から築年数による減価分を減額して算出します。マンションについては、同一建物内の取引事例から、同一建物内に事例がない場合は、近隣マンション事例(成約・売出)を基に算出します。投資用など賃借人付きのマンションなどは、収益還元法という査定方法に基づき算出します。 [ 担当 : 平沼 通宏 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    坂口 翔平
    査定価格と売り出し価格で決まります。
    査定価格は、3ヶ月以内に売れるであろう価格として、過去の取引価格を参考にしながら、立地や築年、面積などの物理的要素から算出します。売り出し価格は、その査定金額をもとに、売主様の事情などを考慮して決めていきます。  [ 担当 : 坂口 翔平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    梶浦 雅司
    個人間取引(親族間含む)もお任せください。
    不動産会社を通さない取引も可能ですが、仲介会社を介在したほうが、トラブル回避にもなります。住宅ローンの金利優遇が受けられるなどのメリットもありますのでお気軽にご相談ください。もちろん相談は無料です。 [ 担当 : 梶浦 雅司 ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    梶浦 雅司
    もちろんです。
    お客様は担当者を選ぶ事が出来ます。お客様にとって重要なお取引を任せる担当者とは、信頼関係が重要です。弊社ではお客様それぞれに合ったご提案ができますよう心がけております。なんでもお気軽にご相談ください。 また、特定の営業マンを選ばなかった場合でも不信感や波長が合わなかった場合、担当営業所の責任者に事情をお話いただければ、担当者変更が出来ます。 [ 担当 : 梶浦 雅司 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    大熊 博之
    もちろん大丈夫です。
    査定をお受けになる場合、1社だけだと不安という方もおられます。複数社に査定金額や販売活動の内容などを聞いた上でどこに売却の依頼を出すか決められると良いと思います。実際に売却を依頼する場合媒介契約を締結することになります。媒介契約の種類については、他のQ&Aに記載してありますのでそちらを参照してください。 [ 担当 : 大熊 博之 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    石井 宏樹
    3種類の媒介契約があります。
    どの媒介契約を締結するかは、売主様のご意志で決定することができます。媒介契約には、1専属専任媒介2専任媒介3一般媒介の3種類があります。1.2については、特定の1社にしか依頼できません。また1.2で依頼を受けた不動産会社は、指定の不動産流通機構への物件詳細登録の義務付けがあり、売主様への販売活動に関して、業法で定められた定期報告義務の責任を負います。3については業務報告は任意です。 [ 担当 : 石井 宏樹 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    坂口 翔平
    不動産取引の開始~完了までサポートいたします。
    売却やお買い替えを検討されて、お問合せいただきましたら、査定・物件調査・販売活動(情報を広く公開することで、一日でも早いご契約を目指します)・お買い替え先不動産のご紹介・自宅売却および買い替え先不動産の売買契約・ローンの手続きからお引渡までトータルサポートをさせていただきます。またお取引に付随する諸経費なども算出ももちろん、税金や登記関係については、提携の税理士および司法書士の協力を得て不動産取引をサポートいたします。 [ 担当 : 坂口 翔平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    平沼 通宏
    当社が買い取ります!
    当社が買い取ります。ご希望日時に併せて現金化できます。お買い替えや支払い期限などの条件がある場合には是非、ご相談ください。(不動産の特性により、買取りできない場合がありますのでご了承ください) [ 担当 : 平沼 通宏 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    大熊 博之
    販売条件を変えることが先決です
    需要と供給のバランスで売買が成立しますので、需要に沿った条件で販売価格を見直すことをお勧めします。売り出し金額が市場に見合った金額設定になっているかどうかを分析してもらいましょう。見学に来られる顧客数が極端に少ない場合は、価格的に相場と乖離している可能性があります。また、室内の状況や近隣の環境なども影響している場合があります。資金の獲得をお急ぎの場合は、不動産業者による買取りという制度を利用することも可能です。 [ 担当 : 大熊 博之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    梶浦 雅司
    だいたい3ヶ月くらいを目処に考えましょう
    完成(中古)物件を購入するケースでご説明しますと、現金で買われる場合と融資を受けられる場合とではスケジュールが変わってきます。現金ですと最短で1週間位で入居できる場合もあります。住宅ローンを利用すれば審査等に約3週間、その他の手続きで1週間程度です。実際には売主様側が引き渡しの時期を定めている場合もありますので、ご注意下さい。 [ 担当 : 梶浦 雅司 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    大熊 博之
    個別事情によって異なります。
    売却先行、購入先行いずれにもメリット・デメリットがございます。まず、売却先行の場合、自宅の売却が確定してから購入するわけですから、資金計画が目に見える形でわかりますので、資金計画に無理が生じません。一方で、自宅が売れるまでに購入したい物件が売れてしまうというリスクがございます。逆に購入先行ですと、購入希望の物件を契約することは可能(資金計画上不可能な場合もありますが)ですが、ご自宅の売却が思った価格で売れずに資金計画に影響を及ぼす場合がございます。いずれにしましても、個別の事情によってアドバイスの仕方が変わって参りますので、まずは不動産会社にご相談されることをお薦め致します。 [ 担当 : 大熊 博之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    石井 宏樹
    流通量が増える時期はあります。
    お取引の量(流通量)が増える時期はあります。異動の時期といわれる、春先や秋口は、比較的流通量が増えます。周辺の売り出し物件との数量、価格バランスなども影響するとお考え下さい。  [ 担当 : 石井 宏樹 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。