"20170425235420:H:0" "20170425235420:H:0" "20170425235420:H:0"

情報の見方

大成有楽不動産販売(株)川崎センター

JR京浜東北線/川崎 歩2分

TEL:0800-603-0234【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

22件見つかりました
  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    福岡 実
    ご自宅の査定額より残債務が多い場合に有効なローンです。
    ご自宅の査定額より残債務が多い場合に有効なローンです。ご自宅の残債オーバーする分をお引越し先の新規住宅ローンに上乗せしてご融資が可能でございます。(場合によっては、購入諸費用も上乗せ可能です。)査定の結果、「ローンの残債務が多く、自己資金もないため、売却できない」とあきらめる前にまずは、弊社担当営業にご相談くださいませ。現実味のある住み替えのご提案をさせていただきます。 [ 担当 : 福岡 実 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    福岡 実
    是非お申し付けください。お客様のご希望に添えるよう、一生懸命取り組ませていただきます。
    担当者はお客様がお選びいただくことが可能です。お客様のご希望にお応えできますよう一生懸命取り組んでおりますが、万一、信頼関係を損なうようなことがあったり、波長が合わない場合は、責任者にご事情をお話くださいませ。担当者の変更が可能です。 [ 担当 : 福岡 実 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    福岡 実
    もちろん大丈夫です。是非、弊社の強みや他社との違いを比較してみてください。
    大丈夫です。当然1社のみのお話を聞いて判断するのはご不安かと思いますので、不動産会社各社の販売方法をお聞きになってみてください。弊社は地域密着営業で多くの売主様よりご売却のご依頼をいただき、チラシ広告やスーモを代表するインターネット広告を活用して、多くの販売実績を着実に積み重ねている企業でございます。是非、弊社の強みや他社との違いを比較してみてください。 [ 担当 : 福岡 実 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    福岡 実
    専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類がございます。
    専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類がございます。専属専任媒介契約・専任媒介契約は1社が窓口となる契約形態です。窓口が1社になる分、不動産業者には報告義務があり、他社への情報公開も義務付けられております。一般媒介契約は、複数社を窓口に選ぶことが出来る契約形態です。売主様への報告義務と他社への情報公開の義務はございません。弊社の場合、7割以上のお客様が弊社をご信頼いただき、専任媒介契約を締結いただいております。 [ 担当 : 福岡 実 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    中西 諒
    一般に情報を公開せずにご売却することも可能です。秘密厳守で販売活動させていただきます。
    不動産を法人に買い取ってもらうことで、一般に情報公開されずに不動産のご売却が可能です。近所に秘密でご売却を進めることができる他、不用品をそのまま引き取ってもらえたり、お引渡し後のトラブルもなくお取引ができたりもします。こういったお悩みを持っているお客様からも数多くご相談を頂いております。買取金額の査定も行っておりますので、ご相談をお待ちしております。 [ 担当 : 中西 諒 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    圓谷 正幸
    変更可能です。市場背景などを考慮して価格を見直すことは効果的なので、ぜひご相談ください。
    できます。売却活動は一定の期間内で行われますので、ご状況次第で価格を見直すことが効果的であると考えられます。 [ 担当 : 圓谷 正幸 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    圓谷 正幸
    一定期間内に売却が成立しなかった場合に、予め取り決めた売却保証額で当社が買い取る制度です。
    一定期間内にご自宅の売却が成立しなかった場合は、予め取り決めた売却保証額で当社が買い取ります。万一、売れなかった場合のリスクを回避したいという方にお薦めです。(不動産の特性によっては買い取りのできない物件もございます) [ 担当 : 圓谷 正幸 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    査定価格との価格差やエリアなどの諸条件によっては可能性は十分にございます。
    査定価格とは相場から算出された価格です。相場よりも少しでも高くご成約するために大成有楽不動産販売はいくつかのサービスをご提供しております。弊社負担により水周りクリーニングをし、ご内覧の時により綺麗に魅せます。さらに室内やマンション外観をプロカメラマンによる撮影をして綺麗な写真を広告に使用します。設備は弊社にて点検をして1年間の保証書を発行しお客様に安心してお住まいいただけます。※物件によりサービスが適用できない場合があります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    高野 英之
    周辺の取引事例を参考にし、その不動産の物理的要素などを勘案した上で算出致します。
    土地の場合、周辺の取引事例を基に土地の形状や道路付け、方位などの個別特性を勘案し査定金額を算出します。一戸建ての場合は、土地と建物を分けて算出します。建物については、構造やグレードから新築価格(再調達原価)から築年数による減価分を減額して算出します。マンションについては、同一建物内の取引事例から、同一建物内に事例がない場合は、近隣マンション事例(成約・売出)を基に算出します。投資用など賃借人付きのマンションなどは、収益還元法という査定方法に基づき算出します。査定は無料で行っておりますので、お気軽にお問合せください! [ 担当 : 高野 英之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    高野 英之
    立地や築年数、面積などの物理的要素や市場背景、売主様のご事情を考慮して決めていきます。
    査定価格は、3ヶ月以内に売れるであろう価格として、過去の取引価格を参考にしながら、立地や築年、面積などの物理的要素から算出します。売り出し価格は、その査定金額をもとに、売主様の事情などを考慮して決めていきます。 [ 担当 : 高野 英之 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    高野 英之
    可能ではございますが、仲介会社を通すとトラブル回避やローンの金利優遇などの利点があります。
    不動産会社を通さない取引も可能ですが、仲介会社を介在したほうが、トラブル回避にもなります。住宅ローンの金利優遇が受けられるなどのメリットもありますのでお気軽にご相談ください。もちろん相談は無料です。 [ 担当 : 高野 英之 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    土屋 貴則
    お客様の資金計画やご収入によって買い替えは可能な場合もございます。
    現在のローンの債務と買い替え先物件の資金計画、お客様のご収入・資金内容により買い替えは可能です。自宅のローン残債が多くても、ご収入や買い換え先物件によっては、弊社提携先銀行での『住替えローン』が利用できます。自宅のローン残債が売却金額を超えた部分を買い換え先物件の住宅ローンに上乗せして借り入れる事が出来ます。事前にご確認下さい。 [ 担当 : 土屋 貴則 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    土屋 貴則
    市場調査を踏まえた販売活動に加え、ローンや税金・登記関係など多方面からサポート致します。
    売却やお買い替えの場合は、お客様の物件の詳細調査・市場調査をもとに査定をさせていただき販売活動のお手伝いをさせて頂きます。(情報を広く公開することで、一日でも早いご契約を目指します)また、お買い替え先不動産のご紹介・自宅売却および買い替え先不動産の売買契約・ローンの手続きからお引渡までトータルサポートをさせていただきます。またお取引に付随する諸経費なども算出ももちろん、税金や登記関係については、提携の税理士および司法書士の協力を得て不動産取引をサポートいたします。 ※売却に関しては、弊社の安心サポートサービスもご利用下さいませ。 [ 担当 : 土屋 貴則 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    土屋 貴則
    当社が買取を行う形でお売りいただくことも可能です。
    当社が買い取ります。ご希望日時に併せて現金化できます。お買い替えや支払い期限などの条件がある場合には是非、ご相談ください。(不動産の特性により、買取りできない場合がありますのでご了承ください) [ 担当 : 土屋 貴則 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    土屋 貴則
    市場に見合った金額設定になっているか、分析することが重要です。
    需要と供給のバランスで売買が成立しますので、需要に沿った条件で販売価格を見直すことをお勧めします。売り出し金額が市場に見合った金額設定になっているかどうかを分析してもらいましょう。見学に来られる顧客数が極端に少ない場合は、価格的に相場と乖離している可能性があります。また、室内の状況や近隣の環境なども影響している場合があります。資金の獲得をお急ぎの場合は、不動産業者による買取りという制度を利用することも可能です。お住まいそれぞれに、売却の方法が異なりますので、お気軽にご相談下さいませ。 [ 担当 : 土屋 貴則 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    訪問査定と、机上査定がございます。
    訪問査定では、ご所有不動産の現地にお伺いし物件の使用状況や敷地の状況などを確認いたします。法務局や役所での調査を行い権利上や法令上の問題点が無いか確認をし、市場動向や豊富な取引事例を基に価格をご提示いたします。机上査定では、お客様からいただいた物件情報と周辺売出事例や成約取引事例等にもとづき概算での価格をご提示いたします。ご所有不動産の現地調査等は行ないませんので、売却開始にあたっては訪問査定が必要となります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    主に下記費用が諸経費としてかかります。
    【1】仲介手数料(売買金額に対し3%+6万円に消費税を加えた金額)【2】売買契約書に貼付する印紙代(売買金額により異なります)【3】登記費用(抵当権抹消費用や住所変更などがある場合)【4】引越費用(不用品の処分費なども見込んでください)【5】一戸建の場合には測量費用や境界杭の設置費用がかかることがあります。【6】譲渡税:売却益が出た場合は、所得税・住民税がかかります(引越後)。 [ 担当 : - ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    3000万円の特別控除、特定の居住用の買い換え特例、住宅譲渡損失の繰越控除の特例等
    売却時に譲渡益が出た場合、それに対して所得税や住民税がかかります。売却して得た金額(譲渡収入)から、その不動産の購入代金や購入にかかった経費・売却にかかった経費を差引いた金額を「譲渡所得」と呼びます。譲渡所得に対してかかる税率は、不動産の利用形態や所有期間によって違いがあり、長期間保有した場合の方が率は低くなります。また、一定の要件を満たした居住用不動産に関しては譲渡所得に対し、最高3000万円までの特別控除や低率分離課税などの軽減税率の適用があります。他に、購入価格より売却価格が安くなった場合、つまり譲渡損失が発生する場合、一定要件を満たせばその損失と他の所得を損益通算できる場合があります。 [ 担当 : - ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    中西 諒
    照明や空調、時間帯などに配慮し、買主様にゆっくりご見学いただける空間づくりを行うことです。
    ご売却の際には、お部屋をどのように買主様に見て頂くかによって、買主様の印象は全然違ってきます。第一印象で「明るくて広いお部屋だな」と思って頂けるように、お部屋の電気をすべてつけて頂いたり、暑い日はエアコンをつけて頂いたり、じっくり買主様にご見学頂ける雰囲気作りは重要です。 [ 担当 : 中西 諒 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    春、秋、冬に契約件数が多くなる傾向があります。
    取引件数は、1月~3月が年間を通じてピークではありますが、お客様が多い反面、競合物件も数多くある点で必ずしもベターな時期とは言い切れません。大切なのは、お客様のご都合、ご事情に合わせたお客様にとってベターな販売計画を不動産会社がご提案できるかだと考えます。 [ 担当 : 佐藤俊二 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    最短3ヶ月~6ヶ月程度となる場合が多いです。
    例えば、売却活動スタートと合わせて購入物件探しをスタートし、2ヶ月後に自宅の売買契約が終了し、その1ヶ月後に完成時期が3ヶ月後の建売分譲住宅の売買契約をした場合、売却の契約のスタートから5ヶ月の期間を要します。 [ 担当 : 佐藤俊二 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    お客様の状況により様々です。
    購入物件を先に契約できるケースは、大きく分けて以下の3つのケースです。・購入物件の停止条件付契約ができる場合。(停止条件付契約とは、一定期間内に自宅の売却が出来ない場合は購入物件の契約を白紙に戻せる契約)・購入物件の代金に自宅の売却代金を充当しなくても良い資金計画の場合。仲介会社の買取保証を利用する場合。・ご自宅の売却を先にした方が良いケースは、以下のケースです。自宅の売却の契約ができていないと、購入物件の住宅ローンを組む事ができない場合。自宅が一定金額以上で売却出来る事が買替えの条件とする場合。 [ 担当 : 佐藤俊二 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

22件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。