"20170530221808:H:0" "20170530221808:H:0" "20170530221808:H:0"

情報の見方

大成有楽不動産販売(株)成増センター

東京メトロ有楽町線/地下鉄成増 歩1分

TEL:0800-603-0214【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    富岡 敬
    売主様にメリットがある優遇税制が多数ございます
    経済対策により、売主様にメリットのある優遇税制が多数あります。損益通算、譲渡損失の繰越控除など譲渡所得に関するものは、売却後の手取りを増やすうえで有効です。最も代表的な制度は「居住用の3000万円控除」です。これは、売却後に発生する利益に対し、3000万円まで税金を控除する制度です。これにより大部分の売主様は、譲渡所得税を大幅に抑えることができます。その他、近年では「空き家の3000万円特別控除」など新たな優遇制度も加わり、より売却に有利な状況になっております。弊社では「プラスアルファコンシェルジュサービス」により、税理士の無料税務相談を実施するなど、より複雑な税務相談にも対応しております。 [ 担当 : 富岡 敬 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    富岡 敬
    買い替え物件購入の際に、自宅の残債の一部をまとめて借り入れるローンです
    基本的に住宅ローンは、物件の売却時に売却代金を使って一括返済しなければなりません。しかし、ご自宅を売却する際に、既存の住宅ローンが売却価格を上回ってしまうことがあります。そのような場合に使われるローンが「買い替えローン」や「住み換えローン」です。新規物件の「購入代金に充当するローン+既存の住宅ローンの返済額」を借り入れることができます。買い替えローンは、審査の基準や借入額の上限などの諸条件が一般の住宅ローンと違います。ぜひ一度ご相談ください。弊社では都市銀、地銀、ネット銀行など16行の金融機関と提携しており、お客様に最適なローンを提案する準備が整っております。ご連絡お待ちしております。 [ 担当 : 富岡 敬 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    山本 竜司
    可能です
    基本的に住宅ローンの残債は、売却時に売却代金で完済します。しかしながら、売却代金よりもローン残高が上回るということもございます。このような場合、返済できないローン残高を「買い替えローン」や「住み換えローン」を組むことにより準備することが可能です。但し、このローンはお住み換えが前提となっておりますので、全ての方がご利用できるというものではございません。その他に借り入れの上限など諸々の諸条件がございますので、ぜひ一度弊社にご相談ください。弊社では、都市銀、地銀、ネット銀行など16行以上の金融機関と締結しており、お客様に最適なローンをご紹介するための準備が整っております。ご連絡お待ちしております。 [ 担当 : 山本 竜司 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    櫻井 亮人
    かかります。
    不動産売買契約書に貼付する印紙税や、売却の際に登記の変更(抵当権の抹消、住所・氏名の変更)が必要な場合も税金がかかります。また、売却後利益が出た場合には、譲渡所得税がかかる場合もございます。弊社では「プラスアルファコンシェルジュ」サービスにより、税理士、弁護士、司法書士などの無料相談を提供しております。相続や債務超過、紛争など税制面以外の複雑な案件も数多く解決してきました。不動産売却でお困りなことがございましたら、お気軽にご相談ください。 [ 担当 : 櫻井 亮人 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    吉川 泰平
    第一印象が大切です。
    買い手様は、第一印象で気に入った物件を購入する確率が高いです。弊社では、第一印象を上げるために、水回りのハウスクリーニングや壁クロスの剥れや床フローリングの補修(リペアリング)、残置物の処分、荷物の一時預かり、空き地の草刈りなどの無料サービスを実施しております。お預かりした物件は、広くきれいに見えるために最大限の努力をいたしますので、ご自宅に自信のない方も、ぜひご相談ください。また、広告に掲載する写真もご希望により無料でプロのカメラマンを採用することにより、印象度を上げ多くの問い合わせを頂いております。 [ 担当 : 吉川 泰平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    大山 真吾
    最近は良くあります。
    弊社では通常、売却を開始して3か月程度で販売できる価格を算出し、査定価格としております。近年のオリンピックを前にした不動産需要の活性化による相場上昇などで、査定価格よりも高く売れるケースが増えて参りました。弊社では、この相場の上昇に対応するため、査定価格より高めに売出価格を設定し販売活動を実施しております。ご売却を検討中であれば、相場が上昇している今が売却のチャンスです。特に同マンションなどで高値で成約した事例が生まれれば、査定価格以上で成約する可能性も広がります。ぜひ、一度ご相談ください。 [ 担当 : 大山 真吾 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    山本 竜司
    売却時の諸費用をお教えします
    売却の諸費用は【マンションの場合】1.売買契約書用の印紙代 2.登記費用(借入れや住所、氏名の変更がある場合) 3・売買仲介手数料(成約価格×3%+6万円税別) 4.残置物の処分費(残置物がある場合) 【土地、戸建の場合】前記1~4に加えて 5.測量費用(境界が明示できない場合) 6.建物解体費用(更地渡しが条件の場合)などが考えれます。なお、売却金額によって、譲渡所得税が発生する場合がございます。ご心配な方は、ぜひ一度ご相談ください。弊社では、提携税理士の無料相談サービスも行っております。 [ 担当 : 山本 竜司 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    大矢 孝幸
    「訪問査定」「机上査定」の2種類あります
    「訪問査定」・・・実際にお部屋を拝見した後、室内の状況(修繕の必要性)、日当たり、騒音などを考慮し精度の高い査定価格を算出します。売却することが決まっている方やお住み換えなどで、具体的な手取り額を知りたい方などに有効です。「机上査定」・・・周辺の類似物件などの成約・売出事例をもとに机上で価格を算出します。査定価格に幅があり実用的ではございません。およその資産価値を知りたいお客様にお勧めです。 [ 担当 : 大矢 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    櫻井 亮人
    できます。
    売却価格(=売出価格)は、売買契約前であれば自由に変更することができます。但し、一度告知された売出価格を値上げする際には注意が必要です。リフォームをしたり、古家付き土地の建物を解体する等、明確な付加価値が無いと購入検討者の理解を得ることが難しいかもしれません。一番良い方法は、最初の段階で付加価値を付け、売出価格を考慮し、販売を開始することです。弊社の「安心サポートサービス」では、建物の検査・保証、ハウスクリーニング、床・壁の補修など物件の価値を高めるサービスを無料で提供しております。詳細はお気軽にお問合せください。 [ 担当 : 櫻井 亮人 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    山本 竜司
    3ヶ月以内に売却できる価格を提示しております
    弊社では、通常3か月程度の売却期間で売れる価格を査定価格として提示しております。しかし、お客様によっては、「売却期間が長期化してもなるべく高く売りたい」「売却価格よりも、早期契約を優先したい」等、諸々の事情がございますので、お客様の要望をお伺いし査定価格を算出しております。なお、査定には「訪問査定」と「机上査定」がございます。「訪問査定」は、実際にお部屋を内覧し査定価格を算出します。「机上査定」は室内状況等加味せずに算出しますので、時間はかかりませんが「訪問査定」よりも精度が劣ります。住み換えなどで売却後の資金の運用先が決まっているようでしたら、「訪問査定」をお勧めします。 [ 担当 : 山本 竜司 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    吉川 泰平
    売り買いの合意で決まります。
    売主様のご希望価格や住宅ローン残債額、弊社の査定価格等をもとに売出価格を設定します。売出価格は反響が取れる上限価格をお勧めしております。売出価格をもとに販売活動を行い購入客を探索します。但し、購入客より値引き交渉が入る場合もございます。最終的に売り買いが合意し、契約に至った価格を売却価格といいます。もちろん値引き交渉が入らず売出価格が売却価格と同一になることも多々あります。弊社ではお客様のご希望により、プロのカメラマンを使って室内写真を撮ります。現在主流となっているネット広告において、写真の出来栄えは売却価格に直結するものです。高値を追求したい方は、ぜひご相談ください。 [ 担当 : 吉川 泰平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    大山 真吾
    買い取り制度は早期換金に有効です。
    買取制度とは、お客様の不動産を弊社が直接買い受ける制度です。弊社は買い取った後に再販売して利益を出すため、買取価格が相場よりも低くなることがあります。弊社には、低価格での売却を回避するために「売却保証制度」があります。これは、契約当初に弊社とお客様で買取価格と期日を定め、期日までになるべく高く売れるように一般的な販売活動を実施する方法です。これによりお客様は高く売却する機会を得ることができます。また、現金がすぐに必要な場合は「つなぎ融資制度」で対応できます。制度の利用に関しては、諸条件がございますので、お気軽にご相談ください。 [ 担当 : 大山 真吾 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    飯田 守
    できます。
    一般的なネットや折り込み広告を利用せずに、弊社登録のお客様のみに紹介していきます。当センターには1000組以上の登録顧客がおりますので、お客様の物件条件とマッチングさせていきます。しかし、内覧時にご近所の方にお客様の出入りを見られてしまう可能性はあります。もしもそういったケースも避けたいとのご希望であれば、内覧せずに購入していただけるお客様をお探しすることも可能です。但し、お客様も室内状況を確認できませんので、購入後の改修リスクを考え、相場よりも安い価格を提示される可能性があります。 [ 担当 : 飯田 守 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    富岡 敬
    可能です
    不動産の売買契約書はお客様が作成したものでも有効ですし、司法書士に依頼することも可能です。但し、買主様が住宅ローンの借り入れを必要とした場合には、金融機関より不動産会社の作成した重要事項説明書を求められます。その際には、不動産会社を仲介に入れる必要があります。弊社では、販売活動の必要がなく、お客様同士が予め売買に合意し、書類の作成のみを必要としている場合には、通常の仲介手数料は頂きません。このようなケースも、ぜひご相談ください。 [ 担当 : 富岡 敬 ]

    参考になった(12件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    大矢 孝幸
    もちろん構いません
    大切な不動産を売却するわけですから、お客様が心配されるのは当然です。ご希望だけでなく、心配事や不安な点はどしどしお申し付けください。お客様との信頼関係を築き、二人三脚で売却活動ができたときに、最高の結果が残せるものと考えております。 [ 担当 : 大矢 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    飯田 守
    大丈夫です。
    たとえ紹介があろうとも、査定を複数社に依頼し、妥当な売却価格を把握することが大切ですその後に各社の特徴、販売方法などの説明を聞き、1社と契約するか複数社と契約するかお決めになってはいかがでしょうか。大切な不動産ですから売却の依頼先は慎重に選ばれた方がよろしいかと存じます。 [ 担当 : 飯田 守 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    大矢 孝幸
    3種類ございます。
    (1)専属専任媒介契約(2)専任媒介契約(3)一般媒介契約の3種類です。(1)、(2)は契約する会社を1社に絞り、窓口となった会社がお客様や他の不動産会社へ情報を発信していきます。(3)はお客様が直接複数の不動産会社と契約し、それぞれの不動産会社が情報を発信していきます。基本的に(1)~(3)まで報酬に違いはありません。その他、報告義務や指定流通機関への登録義務、契約違反の定めなど諸々違いがあります。また、それぞれメリット、デメリットがございますので、お気軽にご相談ください。  [ 担当 : 大矢 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    吉川 泰平
    おおむねこのような仕事をしております
    不動産会社の仕事としては、(1)物件の調査(2)査定(3)広告・販売活動(4)案内の同行(5)契約書、重要事項説明書の作成と説明(6)残代金受領の準備と段取り(7)引き渡し時の立会(8)引き渡し後のクレーム対応などです。その他、買主様のローンの斡旋、リフォーム費用や火災保険の見積もり作成など多岐にわたりお手伝いします。弊社では、お客様に安心していただくために、同一の担当者が終始一貫して担当させていただきます。 [ 担当 : 吉川 泰平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    大山 真吾
    入札方式という売却手段がございます
    入札方式とは、弊社が幹事となり物件情報を広く各不動産会社に伝達し、一番条件の良いお客様と契約する方法です。メリットとしては、売却日時を予め設定できますので、売却後のスケジュールを容易に立てることができます。しかし、早さを優先した場合、売却金額が相場を下回ることも考えられますので、早く売らなければならない必要性を十分検討すした後に、決められた方がよろしいかと存じます。 [ 担当 : 大山 真吾 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    櫻井 亮人
    方法はたくさんあります。
    いくつか売却のための方法をご紹介します。(1)広告写真を差し替える。ネット広告が主流の今、掲載されている物件写真は問合わせに直結します。弊社であれば、ご希望によりプロのカメラマンによる室内写真の撮影が可能です。(2)お部屋を綺麗にする。水回りを掃除したり、荷物を片づけることで、物件自体の見栄えを上げます。弊社のハウスクリーニングや荷物一時預かり・処分サービスをご活用ください。(3)不具合の補修。床の傷やクロスの剥れ等を補修することで、購入後にリフォーム等のコストがかからないことをアピールできます。弊社のリペア(補修)サービスをご活用ください。まだまだ、たくさんの方法があります。ぜひ一度ご相談ください。 [ 担当 : 櫻井 亮人 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    吉川 泰平
    約2ヶ月程度かかります
    購入から入居までの流れは下記のとおりです。(1)契約→(2)住宅ローン申込→(3)残代金支払い(所有権移転)→(4)リフォーム→入居(1)~(3)までで45~60日かかります。なお、(2)住宅ローンが必要ない場合は20日程度短縮できます。また、入居前に(4)リフォームが必要な場合は、工事期間分入居が遅れます。 [ 担当 : 吉川 泰平 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    大矢 孝幸
    繁忙期、閑散期はございます。
    転勤や進学などの関係で、3月~5月に購入(転居)を希望される方が多いです。また、子供の夏休み期間の8月末までの入居を希望される方もいらっしゃいます。異動のタイミングが10月の企業も多々ありますので、9月~10月も購入(転居)が多き時期です。一般的に購入の契約から引き渡しを受けるまでに2か月程度かかりますので、売却しやすい時期と2月~7月、9月~10月です。しかしながらこれはあくまで一般的なお話ですので、自宅購入にはお客様に諸々の事情がございますので、閑散期だと全く売れない という訳ではございません。 [ 担当 : 大矢 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    飯田 守
    (1)自宅をなるべく高く売りたい (2)新居にはこだわりたい 左記(1)(2)のどちらを選びますか?
    売却を先行した場合、ご希望の価格で売却できるまでじっくり時間をかけて販売活動ができる反面、購入物件を探す期間に制約が付き、場合によっては気に入った物件が見つからず、仮住まいになってしまう可能性があります。購入を先行した場合は納得のいくお住まいを探し、お引越しする時間を十分に確保することができますが、売却期間が限られ、想定していた売却価格に届かないこともあります。しかし、弊社では独自の「売却保証制度」や「つなぎ融資制度」により、購入を先行した場合も十分に売却期間を確保することができます。ご利用する場合には諸条件がございますので、お気軽にお問い合わせください。 [ 担当 : 飯田 守 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    富岡 敬
    有利です。
    売出し前にリフォームすると、内覧時のお客様の印象も良く、購入後にリフォームのコストがかからないことで買い手側も安心して購入することができます。しかしながら、売却前にリフォーム代金を支払わなければならないわけですからリスクも伴います。リフォーム前に不動産会社へ相談した方がよろしいかと存じます。弊社はもともと大成建設グループの一員ですから建築に強みがあります。社内にリフォームを専門に取り扱う部門があり知識・経験豊かなスタッフが低コストで見栄えのするリフォームをご提案することができます。ぜひ一度ご相談ください。 [ 担当 : 富岡 敬 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。