"20170523200407:H:0" "20170523200407:H:0" "20170523200407:H:0"

情報の見方

(株)大京穴吹不動産新宿店/電話受付→本社:東京

JR山手線/新宿 歩9分

TEL:0120-984841【通話料無料】

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    崔 シン潔
    さまざまな優遇措置が設けられております
    一定の条件を満たせば、いくつかの優遇を受ける事ができます。住宅ローンの特別控除、登記に関する登録免許税、建物を所有している時の固定資産税、売った際の譲渡所得税、買換えの際の損益通算や繰越控除制度、住宅取得に関する住宅資金の贈与税等に対してそれぞれ優遇措置が設けられております。但し、適用の要件、期間限定、税制の改正等があります。予想外の税金の支払いや、優遇措置を受けずに多額の税金を納めなければならない等の事がないよう、税金を含めたトータル的な資金シミュレーションを把握してから売却活動を進めていきます。 [ 担当 : 崔 シン潔 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    中達 崇
    買い替え用の住宅ローンを取り扱う金融機関もあります
    例えば、現在お住まいのご自宅の住宅ローンの残債が2000万円だとします。仮に1800万円で売れるとしても残債を消すには不足分の200万円を預貯金等から持ち出さないと抵当権が抹消出来ません。そこで住み替え先の住宅ローンに残債分も合わせて貸してくれる金融機関もございます。ただし諸条件等が通常の住宅ローンよりも多いですので、まずはご相談ください。 [ 担当 : 中達 崇 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    野澤 喬
    残債が多い場合は「住み替えローン」をお勧めします
    ローン残債が多い場合には「住み替えローン」という住宅ローンをお勧めします。このローンの特徴は売却不動産に残っている住宅ローンの金額が売却金額よりも多く残ってしまう場合(差損と呼びます)この差損と、不動産売却及び購入に掛かる諸費用と、新しく購入する不動産の住宅ローンをまとめて融資をしてくれるローンです。このローン商品がある銀行と、取扱いがない銀行があります。特殊なケースではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 野澤 喬 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    森 翔吾
    利益がある場合はかかります
    不動産の売却金額が購入時より高く、利益が発生した場合に税金がかかります。しかし、居住用財産(マイホーム)の売却については不動産の所有期間に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例があります。これにより現在ではほとんどの人は売却時に税金がかかるということはありません。あとは売却時の契約書に必要な印紙税(15000円)ぐらいでしょう。物件により異なりますので、売却時は間違いのないよう必ず確認してください。 [ 担当 : 森 翔吾 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    宇賀 茂朝
    不動産の種類や金額によって異なります
    基本的には、・仲介手数料 ・印紙代 ・抵当権や住所変更等の登記費用 ・測量費 ※必要となる場合もあります。・譲渡所得税 ・住民税 ・不要な物の撤去費用 ・引越し代 ・建物解体費用 ※必要になる場合もあります。 その他、住民票・印鑑証明・戸籍謄本等役所の証明書発行費用等いろいろあります。ケースバイケースなので、まずはご相談ください。 [ 担当 : 宇賀 茂朝 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    佐藤 智洋
    一概には言えません
    お金をかけてリフォームしても、買主様が気に入って下さるとは限りません。リノベーション住宅販売ではございませんので、通常買主様は予算に応じた中で、自分好みのリフォーム内容を検討される方が殆どです。中には建物を解体して、建替えや増築をご希望される方もいらっしゃいます。現況で引渡し(但し、ハウスクリ―ニング程度は可)の方が、買主様の選択肢も広がる可能性がございます。 [ 担当 : 佐藤 智洋 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    田島 りか子
    訪問した時の立場になってみましょう
    特別にしていただくことはございませんが、立場を逆にして考えてみてください。お部屋の状態がキレイであると印象は良くなります。住みながらの売却でも、空家の状態での売却でもキレイにして印象を良くしてあげてください。とはいえ、年末にやるような大掃除をする必要はございません。玄関まわりを少し小奇麗にしておくと第一印象がよくなるように、掃除もポイントが大事です。 [ 担当 : 田島 りか子 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    野澤 喬
    可能です
    広告宣伝をしないで売却することはできます。当社に登録いただいている購入希望者の中から条件の合う方にご紹介したり、信頼のおける不動産会社に物件情報を紹介するなどで売却活動を行うことも可能です。ただし、限られた販売活動となりますので、通常の販売よりもご契約に至るまでに時間を要することもございます。 近隣に知られたくない方などは、買取をご利用される場合があります。ご事情にあったプランをご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 野澤 喬 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    川崎 崇
    変更できますが、タイミングが重要です
    価格変更はできますが、タイミングが重要です。価格を頻繁に変えたり(ましてや値上がりさせたり)すると購入希望者への印象が良くありません。価格変更のタイミングは、市場の動きをきちんと分析した担当と相談してより効果的なタイミングに行うことをお勧めします。 [ 担当 : 川崎 崇 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    佐藤 君哉
    大京穴吹不動産には2つの買取サービスがあります
    弊社には「買取保証サービス」と「即時買取サービス」とがあります。「買取保証サービス」は一定期間販売活動を行い、ご売却が成立しない場合に、事前にお約束していた価格にて買取をさせていただくサービスです。「即時買取サービス」は売却活動せずに時間をかけず買取をさせていただくサービスです。お客様に合ったプランをご提案しますので、お気軽にご相談ください。 [ 担当 : 佐藤 君哉 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    内田 純二
    査定価格よりも高い金額で売却ができることはあります
    最初の売却活動時に市場の反応を見るために高めの価格で始める戦略はあります。しかし、難しい状況だと思った時は、市場動向にあった価格に変更することが必要です。購入希望者がいても価格に見合わなければ見向きもしてもらえません。売却活動が長引けば長引くほど残り物の印象が強くなり、査定価格以下でしか販売できないこともあります。そうならないように、日々、市場の動向を見ながらアドバイスさせていただきます。 [ 担当 : 内田 純二 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    川口 龍
    机上査定について
    先ず頂いた情報を基に、成約事例並びに現在の売出事例を基に算出する机上査定を行います。また、マンションの場合は同じマンション、もしくは近隣の類似マンションの成約事例、売出事例からも算出致します。但し、最終的な具体的査定価格は、現場確認とそれに伴う調査が必要となります [ 担当 : 川口 龍 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    宇賀 茂朝
    過去の成約事例や、現在の売出事例・室内のコンディションなどを参考にします
    査定方法は2つございます。◎机上査定・・・図面や成約事例等の【データ】から概算数値を算出いたします。◎訪問査定・・・机上査定に加え、実際に室内を確認し、室内のコンディションも査定対象とします。査定は同じマンション内や近隣の物件の【成約事例】や、室内のコンディション、住環境(眺望・日当たり・方角)などを基に総合的判断をします。中古物件の査定の場合は特に室内のコンディションが重要なポイントになります。なぜなら、人によって・使い方によって・部屋位置によってそれぞれ条件が変わるからです。まだまだ先のご検討でも、お住み替えや売却をお考えであれば、訪問査定をおすすめ致します。 [ 担当 : 宇賀 茂朝 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    川崎 崇
    売却対象不動産の諸条件・周辺相場状況から査定させていただきます
    まずは査定ご依頼ください。売却対象不動産の諸条件・周辺相場状況等を加味して査定金額を算出いたします。その価格を参考にご所有者様のご希望金額を決めて頂きます。それが売却価格となります。ご希望金額通りに売却できることもありますが、成約を目的として売却されるのであれば、査定金額も一つの指標として採って頂ければ良いかと思います。 [ 担当 : 川崎 崇 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    崔 シン潔
    可能ですが・・・
    不動産会社を通さず、自分で売却をする事も可能です。しかし、物件調査や契約書の作成、測量や登記手続き、融資の手続き等は専門的な知識が必要です。不動産取引は高額なお金が絡みますので、万が一トラブルが発生した場合のリスクを考えるとオススメは出来ません。 [ 担当 : 崔 シン潔 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    中達 崇
    どうぞお申し付けください
    私どもは「お客様に選ばれる会社」を目指しています。喜んでいただけるために、できる範囲でご協力いたします。不動産はご縁です。お住まいはもちろん、営業マンとのご縁も大切であると感じております。些細なことでもお気軽にお申し付けください。プロとして真摯に対応させていただきます。 [ 担当 : 中達 崇 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    永沢 裕幸
    「一般媒介契約」なら可能です
    「一般媒介契約」とは不動産の売却または交換を複数の不動産会社に重ねて依頼することができます。一社だけに依頼する「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」より多くの不動産会社を介するため情報が広がりやすいですが、依頼者様と不動産会社とのやり取りとも会社の数だけ増える為時間がかかり、内容が交錯してしまうこともございます。不動産会社の方向性や姿勢を知るメリットもありますが、デメリットでもあります。 [ 担当 : 永沢 裕幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    佐藤 君哉
    一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の3つがございます
    「一般媒介契約」とは物件所有者様が、不動産の売却または交換を複数の不動産会社に依頼することができます。「専任媒介契約」とは一社のみの不動産会社と契約し、依頼を受けた業者は契約の成立に向けて広く購入者を検索するとともに積極的に努力いたします。また物件所有者様は、自ら発見した相手方と売買することが出来ます。そして「専属専任媒介契約」とは専任媒介と同じく一社の不動産会社との契約になりますが、自ら発見した相手方と売買、または交換の契約(自己発見取引)をすることができません。専任媒介、専属専任媒介契約には全国の不動産会社が利用する不動産流通機構に登録が義務づけられていたり、依頼者への報告義務があります。 [ 担当 : 佐藤 君哉 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    永沢 裕幸
    査定からサポートいたします
    売却やお買い替えのご相談を受けましたら、物件査定・物件調査・販売活動・お買い替え先不動産のご紹介・自宅売却および買い替え先不動産の売買契約・ローンの手続きからお引渡・諸経費・税金・登記等、不動産取引の一連の作業をサポート致します。もちろんお引渡し後のご相談も承っております。安心してお任せください。 [ 担当 : 永沢 裕幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    田島 りか子
    「即時買い取りサービス」をご検討ください
    大京穴吹不動産には「即時買い取りサービス」がございます。売却活動をせずに、お客様のマンションを大京穴吹不動産が直接買取いたします。※買取対象物件はマンションに限ります。その他適用条件がございますので詳しくはお問い合わせください。 [ 担当 : 田島 りか子 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    森 翔吾
    現在の相場価格と相違が生じたのかもしれません
    売却活動を始めてから時間が経つと最初に設定した価格と現在の相場価格にズレが生じていることがよくあります。見直すために物件の価格査定を再度依頼してみてはどうでしょう。弊社の査定は無料です。その他、売れない理由が何かを分析して、売却プランをご提案いたします。ご事情があって急いで売却したい場合は、弊社の買取プランをご利用ください。買取り価格の査定も無料です。まずはお気軽にご相談ください。 [ 担当 : 森 翔吾 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    佐藤 智洋
    最短で1~2ヶ月、長いと3~4ヶ月
    買い替えの場合、売却が先に決まったけど購入したい物件が見つからない、または購入したい物件が見つかったのに売却の目処がつかないと購入できない、というケースもあります。住替え先の物件を所有している方とのご都合調整も必要になるでしょう。お客様によって異なりますが、最短で1~2ヶ月、長いと3~4ヶ月くらいの期間が必要だと想定しておいたほうがよろしいでしょう。 [ 担当 : 佐藤 智洋 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    今福 久豊
    1年を通して不動産は流通しております
    入学、入社や、転勤などのシーズンである1月~3月や9月~10月は流通量は増えます。ですが、売る人買う人が例月よりも増えるだけですので、その他の月が不動産売却に向かないということではありません。時期や季節を気になさらず売りたい時に是非ご相談ください。 [ 担当 : 今福 久豊 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    内田 純二
    資金計画を立てましょう
    買い替えをご検討されるお客様からとても多いご質問です。一般的には売却する不動産に住宅ローンが残っている場合は、売却を先にする方が宜しいでしょう。お客様の資金計画が成り立つ場合は、先に購入をしてゆっくり売却することも可能でございます。また、弊社の買取保証・つなぎ融資制度をご利用されると、スムーズに買い替えができる場合がございます。詳しくは、営業までお気軽にご相談下さい。 [ 担当 : 内田 純二 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。