"20170628195921:H:0" "20170628195921:H:0" "20170628195921:H:0"

情報の見方

小田急線/町田 歩5分

TEL:0800-813-6087【通話料無料】

携帯電話・PHSからもご利用いただけます(発信者番号は通知されません)
つながらない方、不動産会社の方はこちら

売却Q&A

24件見つかりました
  • Q
    優遇税制にはどんなものがある?
  • A
    渡辺 勇介
    3000万円控除が有名です。
    売却時の優遇として、自宅の譲渡所得3000万円までは無税になるという「3000万円控除」、売却損を収入から引くことのできる「譲渡損失の損益通算・繰越控除」、相続した空き家の売却時に3000万円まで無税になる「空き家の3000万円控除」などがあります。弊社には顧問税理士もおりますので、詳細はお問い合わせください。 [ 担当 : 渡辺 勇介 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い替え用のローンって、どんなもの?
  • A
    小西 孝幸
    売却時の残額を購入物件のローンに上乗せするものです。
    ローンの残債が売却価格を上回る場合、その差額分を購入物件のローンに上乗せするという買い替えローンをご紹介できます。諸条件などありますので、詳しくは担当までお問い合わせください。 [ 担当 : 小西 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    ローン残債が多いと買い替えはムリ?
  • A
    斉藤 誠一
    買い替えローンのご紹介ができます。
    ローンの残債が売却価格を上回る場合、その差額分を購入物件のローンに上乗せするという買い替えローンをご紹介できます。また新たに購入しない場合でも、その差額分を無担保で借り入れるローンもご紹介できます。諸条件などありますので、詳しくは担当までお問い合わせください。 [ 担当 : 斉藤 誠一 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にも税金はかかる?
  • A
    笹原(淀)義明
    譲渡所得に対してかかります。
    簡単にいうと、売った金額から買った金額を引くとそれが儲けになり、その儲けに対して税金がかかることがあります。その計算には諸費用や減価償却費なども入ってきますし、あるいは譲渡所得があっても自宅として利用していた場合の優遇などもあり無税になることもあります。詳しくは担当までお問合せください。 [ 担当 : 笹原(淀)義明 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却時にかかる費用にはどんなものがある?
  • A
    井田 雄也
    以下の費用が必要です。
    契約書に貼る収入印紙代、不動産会社にお支払いする仲介手数料が必要になります。さらに登記の名義や住所が違っていたり、抵当権がついていたりすると別途変更や抹消などの登記料が必要です。土地で境界がはっきりしないときなど測量代が必要になることもあります。また売却後に税金などもかかるケースがあり、状況によって必要な費用も異なりますので担当者へご相談ください。 [ 担当 : 井田 雄也 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売出し前にリフォームしたほうが有利ってホント?
  • A
    渡辺 勇介
    リフォーム済物件の販売期間は短くなっています。
    リフォームした方が確実に印象はよく、販売期間も短くなる傾向があります。しかしながら100万円かけて50万円しか高く売れなければ本末転倒です。室内の状況に合わせて、これはリフォームしなくて良いか、したほうが良いか、さらにはリフォームするならどこをいくらでやるのか、などのご提案をさせていただきます。弊社には自社施工ができるリフォーム部門があり、さらにはリフォーム代金を物件売却時まで待つという「まちます君」という商品もありますのでよろしければご利用ください。 [ 担当 : 渡辺 勇介 ]

    参考になった(2件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い手からの印象をよくするコツは?
  • A
    小西 孝幸
    整理整頓されたお部屋は好印象です。
    空室でリフォームしてあるなどキレイに越したことはないですが、居住中やリフォームなしでも工夫次第で印象アップは望めます。特に荷物や水回りの汚れなどです。自分が住んでいると気づかない汚れなどもありますが、そういったところをキレイにするだけでも印象が変わります。また換気や照明オンなども印象アップです。 [ 担当 : 小西 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社を通さず、自分で売却するのは可能?
  • A
    井田 雄也
    物理的には可能です。
    不動産を売却するのに必要なこととして「買主様を探す」「契約書を作成する」「諸手続きを行う」「買主様を不安にさせない」などがあります。それができるのであれば不動産会社を通す必要はないと考えます。また「買主様が決まっているので契約書を作成して欲しい」「買主様が決まっているので段取りをつけてほしい」などのご希望があればそういう業務も承ります。 [ 担当 : 井田 雄也 ]

    参考になった(6件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格はどうやって決まる?
  • A
    笹原(淀)義明
    売主様と買主様が合意した金額です。
    査定額は成約価格などを参考にしますが、いくら厳密な計算をしたからといって買う人がいなければ売れません。すなわち、売る人がいて、買う人がいて、その金額で合意して初めて取引が成立します。いわゆる相場というのは後からできるものと考えてください。 [ 担当 : 笹原(淀)義明 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格の仕組みはどうなっている?
  • A
    斉藤 誠一
    複数の査定額を提示させていただきます。
    査定額と一言にいっても色々な種類があります。不動産会社が買い取る金額、すぐ売れそうな金額、2,3か月で売れそうな金額、タイミングが合えばもしかしたら売れるかもしれないチャレンジ価格、などです。お客様のご事情に合わせて、また最終的にはお客様の希望により価格を設定します。 [ 担当 : 斉藤 誠一 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定はどうやって行う?
  • A
    小西 孝幸
    室内を10分ほど拝見させていただきます。
    弊社で重要視しているのは成約事例です。近隣などの比較対象の物件の成約データがあればそこから計算します。まず住所や面積、築年数などをお伺いし、机上で査定額を計算します。さらに室内を拝見させていただき、詳細な査定額を算出します。販売価格と成約価格が離れていることもありますので、何種類かの金額を提示させていただくこともあります。 [ 担当 : 小西 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    近所に内緒で売却することはできる?
  • A
    斉藤 誠一
    完全に内緒、というのであれば買取をお勧めします。
    もちろん守秘義務がありますので、弊社から言いふらすことはしません。ただ通常であればネット広告や紙広告などを行いますので、近所の方でも探していればわかってしまうことがあります。そこで広告をやめることもできますが、それではなかなか売れません。登録している人だけに紹介して、という方もいますが、紹介すればそこから広まる危険性はあります。完全に内緒ということであれば弊社買取をお勧めします。 [ 担当 : 斉藤 誠一 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    売却価格は途中で自由に変更できる?
  • A
    笹原(淀)義明
    自由に変更できます。
    基本的には売主様の自由ですが、弊社からのご提案として、決めた価格である一定期間販売活動を行い、状況が思わしくなかったら価格下げをお願いすることがあります。またリフォームすることによって価格を上げるということもあります。その時期については特に縛りはありません。 [ 担当 : 笹原(淀)義明 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    買い取り制度ってどんなもの?
  • A
    井田 雄也
    直接不動産会社である弊社が直接買い取る制度です。
    一般的な仲介は金額を決めてそれから広告活動などを経て一般の買主様に販売しますが、買い取りは弊社が直接買い取ることを言います。メリットとしては、「時間がかからない」「室内が汚くてもOK」「設備などが故障しててもOK」「不要家具などもそのままでOK」「広告をしないので近隣にわからない」「瑕疵担保責任を負わず追加費用がかからない」「仲介手数料がかからない」ということが挙げられます。 [ 担当 : 井田 雄也 ]

    参考になった(1件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    査定価格より高く価格設定しても売れる?
  • A
    渡辺 勇介
    売れる可能性はあります。
    査定額というのは飽くまで予想価格です。最終的に買主様が納得すればいくらでも良いのです。弊社としては一般的にこのくらい、という価格をご提示いたしますが、希望により査定額よりも高くお出しになる方はいらっしゃいます。それでも売れる方もいらっしゃれば、1年以上も売れない方もおります。運やタイミング次第でもあり、「高く」と「早く」は共存しづらいですが、なんでも希望をお伝えください。 [ 担当 : 渡辺 勇介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    営業マンについて希望を言ってもいい?
  • A
    渡辺 勇介
    もちろんです。
    面白い質問です。営業マンに希望を・・・とのことですが、希望を言ってダメな営業マンはいないのではないのでしょうか(笑)何でも言ってください。もちろん何でも聞く訳ではありませんが、思ったことは何でも言っていただいた方がこちらもありがたいです。ご希望に添えるよう、二人三脚で頑張っていきたいと思います。 [ 担当 : 渡辺 勇介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    同時に複数の不動産会社に声をかけて大丈夫?
  • A
    小西 孝幸
    もちろんです。
    まずは複数の会社の担当者とお話してみてください。当然私たちはお客様にベストを尽くしますが、他社さんもそうだと思います。話が分かりやすい、信用できる、ということもあれば、単に合う合わないということもあります。会社どうこう、よりもご自身に合った営業マンをお選びいただくのが最善だと思います。 [ 担当 : 小西 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産の売却を依頼する際の契約にはどんなものがある?
  • A
    斉藤 誠一
    専属専任・専任・一般の3種類です。
    売却時の媒介契約には専属専任、専任、一般の3種類があります。概略として、専属専任・専任は1社のみ、(専属専任は自己発見取引不可)、一般は複数の不動産会社に依頼することができます。一般的には専任を勧めてくるケースが多いですが、これも個別の事情により異なりますので、担当者とお打合せください。 [ 担当 : 斉藤 誠一 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産会社はどんなことをしてくれるの?
  • A
    笹原(淀)義明
    買主様を探し、最終的なお引渡しまでご案内します。
    不動産を売りたい、となれば査定をしますので売り出し価格を決めていただきます。広告などの営業活動により買主様を探しだし、条件などのすり合わせをした上で売買契約を締結します。登記などの手配を行い、最終的なお引渡しまでご案内します。売却から引き渡しまでスムーズに運ぶよう、丁寧なご案内を心がけております。 [ 担当 : 笹原(淀)義明 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を急いで売りたいときはどうしたらいいの?
  • A
    井田 雄也
    色々な方法をご提案できます。
    弊社自ら買い取りを行っております。ご希望があれば1か月未満で代金をお支払いしますし、設備故障、不要家具などもそのままでも大丈夫です。 [ 担当 : 井田 雄也 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    持ち家がいつまでも売れない時は、どうすればいいの?
  • A
    渡辺 勇介
    色々な方法をご提案できます。
    なぜ売れないか、にもよりますが、価格が高いなら下げる必要があります。また内装が汚いから、ということでしたら弊社のリフォーム部門でリフォームをしていただき、支払いは売却時払いという方法をとることもできます。さらにすぐに現金化したいということであれば弊社自ら買取ることもできます。やはりこれも個別の事情によりますので、しっかりと担当者とお打合せください。 [ 担当 : 渡辺 勇介 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    住まいの売却から購入、入居まではどれくらいの期間が必要?
  • A
    小西 孝幸
    最短でも2、3か月はみてください。
    まず売却に出してから売却の契約まで早い方で1~2か月、購入は物件を決めたら契約は早い方で1週間、ローンの手続きなどを経て、1~2か月に引き渡しになります。もちろんご事情により長くすることはできます。お買い換えなどに大切なのはスケジュール管理だと思いますので、しっかりと担当者とお打合せください。 [ 担当 : 小西 孝幸 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    不動産を売却しやすい時期や季節ってあるの?
  • A
    斉藤 誠一
    お客様のご都合の良い時期で大丈夫です
    一般的に2,3月が不動産の拡販期ではありますが、賃貸ならまだしも、売却できない月はありませんし、拡販期にすべての物件が売れる訳でもありません。時期はお客様の都合の良い時期で大丈夫です。個別の事情に合わせたご提案を心がけております。 [ 担当 : 斉藤 誠一 ]

    参考になった(4件)

ページの先頭へ戻る

  • Q
    「売却」が先?それとも「購入」が先?
  • A
    笹原(淀)義明
    実績としては半々です。
    気に入った物件があったときに先に購入すると、自宅がいつ売れるかわからずダブルローンになってしまう・・・先に売却すると安心だが、その時に気に入った物件がないと仮住まいとかは煩わしい・・・。お客様個別の事情でどちらが先が良いかは異なりますので、そこは弊社の担当者とじっくりお話してください。きっとより良いご提案ができると思います。 [ 担当 : 笹原(淀)義明 ]

    参考になった(0件)

ページの先頭へ戻る

24件見つかりました

※スタッフページのブログは、外部ブログサービスにて各不動産会社が制作した内容を表示しています。リクルートホールディングスはその正確性、有効性、真実性、最新性等につき一切保証致しません。あらかじめご了承ください。
※スタッフページのブログは情報提供元のブログサービスの種類によって一部、コメント、画像、動画等の情報が表示できないことがございます。また、ブログの詳細については各コメントにある「ブログを見る」からご確認ください。

ページトップへ戻る
お気に入りに追加しました。
 
お気に入りに追加しました。