土地のカタチをいかして、魅力的な間取りをつくろう

土地のカタチをいかして、魅力的な間取りをつくろう

よい家を建てられるのは四角い土地ばかりではない。変形地や狭小地、傾斜地などさまざまな形状の土地にも住みやすい家は建てられる。しかも上手にその土地を活かすことで、個性豊かな家が実現する。土地のカタチ別に特徴や活用方法をお伝えしよう。

発想の転換で、土地の個性を活かす方法

四角い土地や日当たりのよい土地は理想的だが、望む地域に見つからなかったり、価格が高かったりして思いどおりに探せないこともある。しかし、変形地や狭小地、傾斜地などしか見つからなかった場合でも決してあきらめる必要はない。

例えば狭小地でも広く使う方法はあるし、変形地でもその形状を活かせばかえって住み心地のよい家ができる場合がある。傾斜地も眺望を楽しんだり、地下室をつくれるなどプラスアルファのメリットが。また、旗竿敷地の路地部分は駐車場としてはうってつけのスペースになるだろう。どんな土地でも活かし方はある、と発想を転換してその特徴を活かした家づくりに取り組みたい。次にそれぞれの土地をカタチ別に詳しく説明していこう。

“変形地”の活かし方

変形地

敷地のデッドスペースの活かし方で生活空間が広がり、個性的な空間も
三角形や五角形、台形などの変形地。こうした形状に四角い建物を建てると、角にデッドスペースができることがあるが、そこにデッキや坪庭を設けたり、書斎コーナーを設けたりする活用法も。土地形状にある程度合わせた建物をつくる工法もあり、床面積を広く確保できるとともに、個性的な空間づくりが可能になる。

“傾斜地”の活かし方

傾斜地

高低差を活かして眺めのよい家に地下室やガレージを設けることもできる
ひな壇状に造成される以前の、高低差のある自然のままの土地。平らに造成して家を建てるのが一般的だが、がけ崩れのおそれのない地盤であれば、高低差を活かして、眺めがよく、採光・通風に優れた家を建てることができる。建物の低い部分には、敷地と道路との高低差を利用して、地下室やガレージを設けることも可能だ。

“狭小地”の活かし方

狭小地

上に建物を延ばせば面積を確保でき、オープンな間取りで開放感のある空間に
都心の利便性の高い地域にあって、まわりを住宅に囲まれているケースが多い。建ぺい率・容積率が郊外よりも高いので、3階建てなど上に延ばせば十分な延床面積を確保することが可能だ。窓の設け方で採光・通風を確保し、部屋のつくりをオープンにすることで、狭くても開放感のある住空間にすることができる。

“旗竿地”の活かし方

旗竿地

密集地でも路地方向が開けているので窓の設け方で開放感のある家ができる
幅4m以上の道路に2m以上接しなければならないとい
う法律をクリアするためにできた土地の形状。路地状敷地ともいうが、その路地をどう活かすかがポイント。駐車場やアプローチにでき、植栽を楽しむことも可能。また、密集地でも路地側は視界が開けているので、その方向の窓の設け方で開放感のある家をつくることもできる。

“細長い土地”の活かし方

細長い土地

上からの光を取り入れたり、コの字型にするなどの工夫で明るい家に
道路に接する間口に対して奥行きが長い土地。住宅密集地にあることが多く、採光が得られにくいので上から光を取り入れるなど窓の位置に工夫が必要。建物をコの字型にして、中庭越しの光を取り入れると部屋が明るくなる。暮らしの中心となるLDKを、光が取り込みやすい2階に配置するのもプランのポイントになる。

“北道路の土地”の活かし方

北道路の土地

南側の部屋を広くとれ、道路から離れて落ち着いた庭もできる
建物の北側に道路がある土地。隣家によって日照が遮られることがあるので、南道路の土地より避けられがちで、価格は比較的安いことが多い。しかし、南側に玄関を設けなくてよいので、南に設けることの多いLDKなどのスペースを広くとれる。また、南側に庭を設けると、道路から離れているので、落ち着いてすごせる。

取材・文/林直樹 イラスト/ Bob Foundation 
2017年1月18日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る