土地選びのありがちカンチガイ解消法

土地選びのありがちカンチガイ解消法

快適な家を作るカギは「外・縦空間・採光」の工夫

土地を選ぶときには、日照や形、広さなどよい条件を求めるのは当然。
しかしそういう土地が見つからない場合でもあきらめる必要はない。
小さな土地に快適な家を建てることで定評のある建築家の杉浦伝宗さんは、「法規制によって、建物の規模は決まってしまいます。しかし、狭い敷地でも外部空間をうまく採り入れたり、縦に空間を延ばす、上からの光を利用する、など工夫次第で快適な家を建てるのは可能」という。ただし敷地の条件はさまざまなので、「条件に合わせて最も効果的な設計をすることが大切」と話している。
どのような工夫で暮らしやすい家ができるのか、そのポイントを見ていこう。

押さえておきたい プランにかかわる法規制

建ぺい率と容積率で建物の規模が決まる

建ぺい率と容積率で建物の規模が決まる

建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合。建築面積は建物を真上から見下ろして、壁や柱の中心線で囲まれた部分のこと。
容積率は、敷地面積に対する延床面積(各階床面積の合計)の割合を示す。地域ごとに許容限度が決められている。

2m接道義務と敷地のセットバック

建物の高さを制限する、道路斜線制限・北側斜線制限

北側斜線制限は、北側隣地境界線から5m(用途地域で異なる)立ち上げたところから延びる一定角度の斜線内に、道路斜線制限は、前面道路の反対側の境界線から引いた斜線内に建物を収めなければならないというもの。

※図は第一種・第二種低層住居専用地域の高さ制限と北側斜線制限。住居系地域の道路斜線制限

2m接道義務と敷地のセットバック

2m接道義務と敷地のセットバック

幅4m以上の道路に2m以上接していないと家は建てられない。道幅が4mに満たない場合は、道路の中心線から2m後退したところが道路の境界線とみなされ、道路とみなされた所には家を建てられず、塀もつくれない。

事例に見るプランニングの基本

スキップフロアの事例

事例1:バルコニーや多層構造で、広がりと変化のある空間に

50m2の敷地に家族4人が暮らす。地下(半地階)に居室をつくり土地を縦に有効利用。LDKのほか家族全員の居場所を確保しながら、スキップフロアで空間に連続性をもたせ、お互いの気配が感じられるつくりに。外部空間はバルコニーやデッキでフルに活かし、建物との一体感をもたせた。

写真の説明(写真1)外空間を活用する、(写真2)縦空間を活用する

狭小地の間取り例

事例2:上から光の入る地下に明るいLDKを実現

40m2足らずの狭小地での建て替え。家族4人のためになるべく広く、採光・通風もきちんと確保したいという希望を「地下LDK」という逆転の発想で叶えた。ドライエリアとして中庭を地下に設け、グレーチングの床を通して、空まで吹抜けに。光も風も十分、地下まで行き届く、明るい住まいになった。

(写真1)縦空間を利用する、(写真2)採光を工夫する、(写真3)外空間を活用する

取材・文/林直樹 イラスト/長岡伸行
2009年8月19日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る