新生銀行の住宅ローン情報

新生銀行の住宅ローン情報

新生銀行 住宅ローン商品の紹介 【最終更新日:2017年7月14日】

変動金利は半年ごとに金利が変動するタイプ、当初固定金利は1~20年の当初固定期間選択と25~35年の全期間固定がある。金利タイプは2つまで組み合わせて借りられる。変動と当初固定期間選択は当初期間引き下げが受けられる。

●新生銀行のサービスの特徴

保証料や一部繰り上げ返済手数料が無料。インターネットで1円から繰り上げ返済できる。返済用口座(円普通預金)で指定額を1万円以上、上回った場合に指定額以上分の残高を自動的に繰り上げ返済できるサービスがある。最長35年間での借り換えが可能。病児保育・家事代行サービスを付帯した安心パックW(ダブル)がある。

新生銀行 住宅ローンの詳細
固定期間 1年~35年(25年以上は全期間固定のみ)
金利 5年固定 年1.85%、10年固定 年2.00% (2017年7月 基準金利)
借入可能額 500万円以上1億円以内
金利ミックス ○ (金利タイプは2つまで組み合わせ可能)
事務手数料 10万8000円(「安心パック」を申し込まない場合5万4000円、安心パックW(ダブル)を申し込んだ場合16万2000円)
保証料 無料
繰り上げ返済手数料 無料(「安心パックW(ダブル)」の契約で5年以内に完済した場合のみ、16万2000円)
その他 最長35年返済での借り換えが可能
問い合わせ先 TEL : 0120-456-515(9時~19時:年末年始の休業日を除く)
http://www.shinseibank.com/

※事務手数料には保証会社手数料を含む金融機関もある
※保証料:借入額3000万円、35年返済、一括払いの場合で試算
※繰り上げ返済手数料:返済期間中に、100万円未満の一部繰り上げ返済(期間短縮型)を行った場合で試算。 全額繰り上げ返済については要問い合わせ
※金利は年率。手数料は税込み

新生銀行 住宅ローン/金利・手数料

●当初期間引き下げ方式(変動金利型、固定期間選択型)

固定期間終了後は変動金利(半年型)タイプを年0.65%、固定期間選択を年0.7%引き下げ。
※借入元本が500万円未満の場合は変動金利(半年型)タイプを年0.25%引き下げ、固定期間選択は基準金利を適用

変動金利型(半年型)
固定期間 基準金利 当初期間引き下げ後の適用金利
1.54% 0.60%

オイコス調べ(金利はすべて年率)
(2017年7月1日現在)

固定期間選択型

固定期間 基準金利 当初期間引き下げ後の適用金利
1年 1.85% 0.85%
2年
3年 1.85% 0.85%
5年 1.85% 0.85%
7年 1.90% 0.90%
10年 2.00% 1.00%
15年 2.20% 1.20%
20年 2.40% 1.40%
30年

オイコス調べ(金利はすべて年率)
(2017年7月1日現在)

●全期間固定方式

全期間固定型
固定期間 基準金利 全期間引き下げ後の適用金利
15年
20年
25年 1.60%
30年 1.85%
35年 1.85%

オイコス調べ(金利はすべて年率)
(2017年7月1日現在)

取材・文:大森 広司
2017年5月23日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る