家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011
家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

年収800万円以上の人はどのような住宅を購入しているのでしょうか?
ローンの状況や頭金について紹介します。

Q1 年収800万円以上の人はどんな住宅を購入した?

一戸建て派よりもマンション派が多く、新築マンションを購入した人が最多

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

新築マンションを購入した人が最多で41.5%。次いで建売住宅が22.6%と多くなっている。注文住宅の割合も17.3%と高い。ほかの年収層と比較すると、新築マンション、注文住宅の割合は、年収800万円以上で最も高くなっているのも特徴。新築マンションの割合は年収に比例して高くなっていくため、年収が高いほど新築マンションを選ぶという傾向がうかがえる。また、中古マンションは13.6%で、新築マンションと合わせると、マンション派は55.1%。一戸建て派よりもマンション派のほうが多くなっている。中古一戸建ては5.0%と少ない。

Q2 物件の面積は?

60m2~100m2未満を購入している人が6割近く。120m2以上の広い物件を購入する人も多い

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

物件の面積は、60m2~80m2未満が29.6%、80m2~100m2未満が27.9%という結果に。60m2~100m2未満を購入している人を合わせると6割近くを占めるのが特徴。年収800万円以上の人は、一戸建て派よりもマンション派の人が多いため、60~100m2未満の物件を購入する要因になっていると思われる。また、ほかの年収層と比較すると、年収800万円以上の人は、120m2以上の割合が最も高く、60m2未満の割合が最も低い。年収が高いほうが広い面積の物件も選びやすくなるが、ライフスタイルに合わせて、必要な面積の物件を選ぶ人が多いことがうかがえる。

Q3 購入した物件の価格は?

5000万円以上が半数以上。さらに7000万円以上が3割で高額物件を購入する人も多数

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

物件の価格は7000万円以上が30.1%と最多。次いで、4000万円~5000万円未満が25.5%、5000万円~7000万円未満が23.0%となっている。5000万円以上を合わせると半数以上になり、年収800万円以上になると、高級物件を購入する人が多いことが分かる。さらに、ほかの年収層と比較すると、年収600万円~800万円未満の層では、7000万円以上の物件を購入した人が8.8%だったのに対し、年収800万円以上になると30.1%へ大きく増えているのも注目。高額物件を購入できるかどうかは、年収800万円が分かれ目になっているよう。

Q4 用意できた頭金の額と、貯めた方法は?

1000万円~1500万円未満が最多。年収が高いほど用意できる頭金も高い傾向に

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

頭金は1000万円~1500万円未満が最多で18.1%。次いで1500万円~3000万円未満が16.1%。200万円~500万円未満が15.1%となっている。頭金1000万円~3000万円未満を合わせると3割以上という結果に。1000万円以上の頭金を用意できた割合は、ほかの年収層と比べると、年収800万円以上が最も高い。一方、頭金なしは10.1%で、ほかの年収層と比べると、最も低くなっている。頭金を貯めた方法は、「投資や副業収入」という回答が最も多いのも特徴。次に「会社からの借入」となっており、「貯金」や「親からの援助」よりも多くなっている。

Q5 月々の返済額は?

10万円~15万円未満が4割近く。15万円以上返済している人も2割いることが判明

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

月々の返済額は10万円~15万円未満が39.4%と4割近くで最多。次に5万円~10万円未満が35.8%となっている。ほかの年収層と比較すると、年収600万円~800万円未満では、返済額15万円以上の割合が5.3%だったのに対し、年収800万円以上では20.0%へ大きく増加しているのが特徴。毎月10万円以上を返済している人を合わせると6割近くとなっており、年収がアップすれば、月々の返済額もアップしているのが分かる。一方で、返済額が5万円~10万円未満の割合は、ほかの年収層と比較すると最も低く、5万円未満の人は4.7%となっている。

Q6 ローンの借入総額は?

2000万円~4000万円未満を合わせると半数近く。ローンを組んでいない人も1割近く存在

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

借入総額は2000万円~3000万円未満が24.4%、3000万円~4000万円未満が23.6%という結果に。2000万円~4000万円未満を合わせると半数近くになっている。また4000万円~5000万円未満は13.6%、5000万円以上は9.5%で、ほかの年収層と比べると、借入総額が高い割合がぐんと増えているのも特徴。一方で、借入総額が1000万円~2000万円未満は13.3%で、2000万円~3000万円未満の24.4%とともに、ほかの年収層と比べると最も低くなっている。ローンを組んでいない割合は9.5%で、年収800万円以上だと即金で購入できる余力がある人もいるよう。

買ってよかった!みんなの満足度は?

家を買った1700人の価格・ローン・頭金レポート 2011

満足度は84.4点で、ほかの年収層と比べると最も高くなっている。年収800万円以上の人は、金銭的に余裕があることから、妥協することなく気に入った物件を購入できたり、設備が整ったグレードの高い物件を選ぶことができる。それが満足度の高さにつながっていると思われる。部屋からの眺望のよさや、部屋の広さ、設備の良さなどに満足しているコメントも多く見られた。高級物件を購入したことで、周囲からうらやましがられることも多いよう。

購入者に質問!どんな点が買ってよかった?

  • 眺望がとてもよいのでバルコニーでコーヒーを飲みながら、スカイツリーや富士山を眺めている時間が好き。(38歳/女性/共働き夫婦)
  • 設備・仕様のグレードアップやキッチン・バスルームなども広く快適になったことで、家での快適感が数段UPしたこと。(38歳/女性/シングル)
  • 広くて快適な家に住むことができ、みんながリラックスできる。(35歳/男性/子ども小さめファミリー)

まとめ

新築マンションを購入する人が多く、7000万円以上の物件を購入している人が3割という年収800万円以上の層。眺望や設備にもこだわったハイグレードなマンションを選んでいる様子がうかがえ、年収が高いほどリッチな生活が可能になるのが分かる。物件の購入価格が高い分、用意した頭金は1000万円~3000万円未満が3割以上、月々の返済額は10万円~15万円未満という人が多く、ローンの借入総額が高いのもほかの年収層とは違うところ。

文/垣内 栄
公開日 2011年02月23日
最終更新日 2017年06月16日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る