知らないとソン? 住宅ローンの「借り換え」と「繰り上げ返済」

ヒッシーのマネー騎士(ナイト)
ヒッシーのマネー騎士(ナイト)

住宅ローンは、一度組んだらそれで終わりではありません。できれば、半年に1回か1年に1回は、自分が返している住宅ローンはそのままでいいかどうかを見直すようにしましょう。住宅ローンの見直し方法の代表的なものには、「借り換え」と「繰り上げ返済」があります。

「借り換え」とは、簡単にいえば、「ローンの乗り換え」。
返済中のローンよりも金利の低いローンに借り換えることができれば、総返済額を大きく減らすことができます。

たとえば、ローン残高が2000万円、残りの返済期間が30年、適用金利が3%(固定金利)のローンを返しているとします。このまま30年間返し続けると、残りの返済額は合計で約3036万円になります。

これを仮に2%(固定金利)のローンに借り換えることができたとすると、借り換え後の30年間の返済額は、合計で約2661万円まで減らすことができるのです。金利が1%下がったことによって、返済額は約375万円減ることになります。借り換えでかかる諸費用(登記費用等。一般的には数十万円前後。金融機関等によって異なります)を考慮しても、300万円以上の効果が得られます。

古くから、ローンの借り換えには、「金利差1%以上、残り返済期間10年以上、ローン残高1000万円以上」の3つの条件に当てはまる場合、諸費用を考慮しても借り換えの効果があがるといわれてきました。しかし、最近では、金利水準そのものが低かったり、諸費用が安く済んだりするケースもあるので、3つの目安のうちいずれかに該当するだけで、効果があがる場合もあるようです。

自分が返しているローンよりも金利の低いローン商品を取り扱っている金融機関等を見つけたら、とにかく借り換えの試算をしてもらうようにしましょう。ただし、固定金利から変動金利などに借り換える場合は、いくら目先的な金利が低くなっても、将来の金利上昇によって返済額が逆に増えてしまう場合もあるので、固定金利期間は少なくとも10年以上のもので検討したほうが安全だと思われます。

一方、「繰り上げ返済」とは、通常のローンの返済とは別に、手元にある余裕資金でローンを繰り上げて返済してしまう方法です。繰り上げ返済した資金は、ローンの元金部分に充当されるので、ローン残高が減った分、当初の予定よりも利息負担を減らすことができるのです。

繰り上げ返済には、実行後の毎月返済額を変えずに残りの期間を短くする「期間短縮型」と、残りの期間を変えずに毎月返済額を減らす「返済額軽減型」の2種類があります。利息の軽減効果は期間短縮型のほうが大きくなりますが、すぐに効果を実感したいなら返済額軽減型でも問題ないでしょう。

たとえば、ローン残高2000万円、残りの返済期間が30年、適用金利が3%(固定金利)のローンを返しているとして、いますぐ約100万円を繰り上げ返済したとすると、期間短縮型では、2年4カ月の期間短縮が可能で、約137万円の利息の軽減効果が得られます(それだけ総返済額が減るわけです)。返済額軽減型だと、毎月8万4320円だった返済額が、毎月8万104円まで約4000円軽減することができ、約52万円の利息の軽減効果が得られます。ただし、金融機関等によって、繰り上げ返済の手数料の有無や、繰り上げ返済可能な金額の条件などが異なるので注意が必要です。

このように、住宅ローンの見直しは、その方法によってはすぐに100万円単位での効果が得られる場合がありますので、当初組んだローンをただ真面目に返していくだけではなく、定期的に見直し余地がないかどうかを検討していくことが大切でしょう。

検討する際は、まず「借り換え」。
自分の返しているローンよりも低い金利を提示している金融機関等がないか、ネットなどでマメにチェックしてください。複数の金融機関等があった場合は、可能な限りそれらの金融機関の窓口に行って、試算をしてもらうとよいでしょう。

そして次に「繰り上げ返済」。
繰り上げ返済をするには、その分のお金を貯める必要がありますので、教育資金や老後資金などの貯蓄とのバランスを考えつつ、余裕資金が貯まってきたら、できるだけ早く繰り上げ返済をしましょう。まとまった金額になるまで貯めるよりも、こまめに繰り上げ返済をしていったほうが基本的には有利です。

とにかく、一刻も早くローン負担から解放される日を目指して努力することが、安全かつ有利な資金計画に近づける方法だと認識すべきでしょう。

文/菱田雅生
2009年9月23日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る