総合4位 武蔵小杉 ~住みたい街ランキング2016 関東~

武蔵小杉

今後10年にわたる再開発で1万人超が流入
新旧住民をつなぐイベントやコミュニティも

武蔵小杉

毎年着実に順位を上げ、ついにトップ3も見えてきた武蔵小杉。10前年から続く再開発は今も進行中で、現時点で2028年まで計20年以上にわたる大リニューアルが続く予定だ。駅近辺に次々と建設される超高層マンションは今後も増え、周辺地域には1万5000人が新たに移り住むとの試算もある。今まさに、街の規模が急速に拡大している最中で、将来への期待値が人気につながっているとみられる。<

マンションの建設ラッシュに合わせ、エリアには大型商業施設や公園、小学校なども続々と誕生している。2014年には「三井ショッピングパークららテラス武蔵小杉」、「グランツリー武蔵小杉」が誕生。

さらに、現在の日本医科大学武蔵小杉病院跡地には、2018年に新しい病棟が、2022年までに商業施設や住宅を含む180mのツインタワーを建設する計画が進んでいる。

武蔵小杉

こうした再開発による新しい側面ばかりが注目されがちだが、その一方で、建ち並ぶ超高層タワー群の足元に広がる街もにぎやかだ。武蔵小杉駅南口の府中街道から全長250mにわたって続く法政通り商店街には約100店舗が並び、一帯には図書館や区役所、警察署などの公共施設が集中。旧来からの住民が多く暮らす。

新旧の住民が交流する仕掛けも豊富だ。旧住民と新住民をつなぐ街づくりNPO「小杉駅周辺エリアマネジメント」では、定期的に「コスギフェスタ」を開催。街歩きイベント、グルメイベントなどを通じて、人々の交流の橋渡しをしている。

住宅事情に目を向けると、人気上昇に伴ってやはり賃貸・分譲ともに価格は上がってきている。それでも、家賃相場はワンルームマンションで7万3000円、1K・1DKで7万4000円と東京都心に比べればまだリーズナブル。一方、新築分譲では、駅徒歩5分のタワーマンションのファミリータイプは7000万円からが相場。ファミリー向きで徒歩10分圏内を狙うなら5000万円~6000万円あたりが目安のラインとなりそうだ。

みんなが選んだ理由
  • 路線が充実していて各方面へのアクセスが便利。これからますます開発されそう。(女性53歳/ファミリー)
  • グランツリーなど商業施設が充実していて、子どもがいる家庭にとっては本当に便利。(女性28歳/ファミリー)
  • 街がどんどん発展していて楽しそう。(男性38歳/DINKS)
  • 横浜方面にも東京方面にもどっちにも行きやすく周辺施設が充実しているから。(男性27歳/DINKS)
  • 商業施設が充実していて便利だし、小さい子どもがいるのでグランツリーがあるのが魅力的。グランツリーが近くにあったら子どもと週に2~3回は通ってしまうと思う。また、電車でどこに行くのも便利だと思う。(女性28歳/ファミリー)

■他のランキングを見る

取材・文:やじろべえ 撮影:藤原葉子
公開日 2016年04月27日
最終更新日 2016年09月23日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る