札幌 住みたい街ランキング 2017

札幌 住みたい街ランキング 2017

SUUMOが毎年発表している「住みたい街ランキング」を、今年は初めて札幌でも調査!「住んでみたい駅」ランキングから、上位エリアの人気の理由や街の情報をお届けする。人気の「住みたい街」から、あなたの住む街について考えてみよう。

イラスト

都心エリアの駅や地下鉄始発駅が人気

札幌で「住んでみたい」と人気を集めているのは、札幌や大通など市の中心部の駅や、麻生、新さっぽろ、福住、宮の沢といった地下鉄始発駅。JRよりも地下鉄沿線、なかでも東西線と南北線沿線が人気の傾向だ。JRの駅でも、都心部の桑園や、快速エアポートが停車する手稲は支持が高い。各駅はそれぞれに環境や利便性などの特徴が違う。そこで、次ページからは、上位10駅の詳しいエリア情報や、選んだ人からのコメントを紹介していこう。

1位 札幌[さっぽろ]

JR函館本線 ほか

通勤や買い物も便利 再開発予定の躍動する街

写真

ここ数年、大規模マンションの分譲が続く札幌駅周辺。JRと地下鉄の駅、バスターミナルがある北海道の中心エリアだ。地下歩道を使えば大通やすすきの、バスセンター前駅まで、雨の日も雪の日も快適に歩いてアクセスできる。日常の食材の買い物も、デパ地下から駅直結のスーパーまで選択肢が多い。暮らすにも働くにも便利な場所だ。

2030年度の新幹線札幌延伸を視野に入れた、東口のエスタの建て替えなどの再開発で、ますますにぎやかになりそう。アクティブに暮らしたい人、将来の売りやすさや貸しやすさを重視して家を買いたい人に向いているエリアだ。

住みたい理由 Pick up

◆デパート・大規模商業施設がある
◆ 飲食店が充実している
◆ 電車・バスなどでの移動が便利

◆「デパートや公園が多くてとても便利。子ども連れでも行ける店が多い」(35歳・女性)
◆「徒歩で服や雑貨の買い物に行けるし、友達とご飯や飲みに行くのもだいたい街中だから」(25歳・女性)
◆「車がなくても暮らせそう」(46歳・男性)

1位 円山公園

地下鉄東西線

自然を感じながら都心の便利さも満喫

写真

古くからの住宅街があり、落ち着いた雰囲気の円山公園駅周辺。最近は新築マンションの分譲も活発。円山公園、北海道神宮など自然を身近に感じられるエリアだ。有名なレストランや個性的なセレクトショップ、ギャラリーなどもあれば、庶民的な商店街や活気のある市場での買い物も楽しめる。さまざまなライフスタイルを受け入れる街といえる。

都心へのアクセスも良く、大通駅へは地下鉄で乗り換え無しの3駅。新千歳空港や札幌駅へのバス便もある。平日は短時間で通勤し、休日は自然の中での散歩やアート鑑賞など、オンもオフも豊かに過ごしたい人が満足できる街だ。

住みたい理由 Pick up

◆ おしゃれ・洗練されている
◆ ステータス感・高級感がある
◆ 街並みがきれい

◆「都心からの距離がほどよく、周辺環境が洗練されており、ステータス感がある」(45歳・男性)
◆「すてきなカフェや雑貨店が多数あり自然も豊か。飲食店もすすきのなどの繁華街と比べて落ち着いていて、大人の街」(37歳・女性)

3位 大通

地下鉄南北線 ほか

地下鉄3路線が合流 多彩なイベントが楽しめる

写真

大通駅周辺は多くの人が働き、楽しむ街。地下鉄3路線が通っているため市内各地へのアクセスが良好。大通公園で開催される、さっぽろライラックまつりやオータムフェストなど、さまざまなイベントに散歩がてら行くことができる。来年10月には、図書・情報館や文化芸術劇場が入る札幌市民交流プラザ(北1西1)がオープン予定。大通公園の延長も計画されているなど、変化する札幌を感じながら暮らせる。

住みたい理由 Pick up

◆ デパート・大規模商業施設がある
◆ ランドマーク・話題のスポットに近い
◆ 複数路線が乗り入れている

◆「通勤・付き合いでも最終電車などの時間を気にしないで良い。全て近所で間に合う」(45歳・男性)
◆「徒歩でだいたい移動できるし、冬道でも地下道があるから歩きやすい」(40歳・女性)
◆「デパート、映画館などたくさんの商業施設があるから」(35歳・女性)

4位 琴似

地下鉄東西線 ほか

生活施設が駅周辺に集中 にぎやかな生活感あふれる街

写真

地下鉄東西線とJR函館本線が利用可能。徒歩で約10分の両駅の間は、複数の大型スーパーや市場、さまざまな店舗や飲食店、病院、公共施設が並ぶ商店街になっていて、昼も夜も活気がある。また、JR琴似駅周辺で行われた再開発では駅と商業施設、分譲マンションが屋内通路でつながり、寒い冬でも快適に行き来ができるようになった。にぎやかで便利な環境で暮らしたい人にぴったりのエリアだ。

住みたい理由 Pick up

◆ 日常の買い物施設が充実している
◆ 商店街があり活気がある
◆ 複数路線が乗り入れている

◆「商店街が長くて良い。お祭りもあるし地下鉄とJRが近くどちらに乗っても市街に行ける」(42歳・女性)
◆「中心部ではないのに繁華街がにぎやかで、そこだけで、ほぼ用が足せる」(43歳・男性)
◆「区役所、保健所、銀行もあり徒歩ですべて済む」(44歳・女性)

5位 麻生

地下鉄南北線

地下鉄さっぽろ駅まで約10分 JRも利用できる住宅地

写真

麻生駅は地下鉄南北線の始発駅。毎朝座って通勤することも可能だ。駅から徒歩約10分の距離にはJR新琴似駅があるほか、札樽自動車道の札幌北インターも近く、丘珠空港や新千歳空港へはバス1本で行けるなど、都心へも市外へもアクセスしやすい。駅周辺はスーパーや飲食店、金融機関などが充実していてにぎやかだが、その周辺は古くからの住宅地。派手さはないが、落ち着いて暮らしたい人にとって魅力的な街だ。

住みたい理由 Pick up

◆ 電車・バスなどでの移動が便利
◆ 始発駅
◆ 飲食店が充実している

◆「地下鉄駅直結のスーパーがあり、仕事帰りの買い物に便利だから」(26歳・女性)
◆「地下鉄の始発駅で必ず座ることができる」(43歳・男性)
◆「地下鉄もバスターミナルもあり、どこに行くにも便利な上、ショッピングセンターや病院などもあり良い」(32歳・女性)

6位 新さっぽろ[新札幌]

地下鉄東西線 ほか

地下鉄とJRの2路線が通る今後の変化も楽しみな街

写真

地下鉄東西線は始発駅、JRは特急や快速エアポートも停車する駅。道央自動車道の大谷地インターへも近く、通勤通学のほか、出張や休日に出かけるときの利便性も良い街だ。現在、駅周辺の市営住宅団地跡地の再開発を札幌市が計画中。駅東側は商業中心、青少年科学館近くは文化・教育中心の街づくりが予定されている。札幌市の副都心としてにぎわってきた新さっぽろだが、今後の発展も期待できる。

住みたい理由 Pick up

◆ 電車・バスなどでの移動が便利
◆ 快速や特急が停まる
◆ 日常の買い物施設が充実している

◆「緑が多く、買い物するのに便利」(44歳・女性) ◆「空港へ行くのに便利」(35歳・男性)
◆「地下鉄とJRのダブルアクセスに加え、現在再開発が進んでいるから」(36歳・男性)
◆「サイクリングロードなど自然がたくさんある場所があって気に入っている」(31歳・女性)

7位 桑園

JR函館本線 ほか

ビジネス街へも徒歩で買い物や教育も充実

写真

JR札幌駅まで1駅。勤務先が都心部なら徒歩や自転車での通勤もできるエリアだ。駅前には大型スーパーや金融機関、飲食店、各種クリニックのほか、駅北側には市立札幌病院など、日常の暮らしに必要な施設がそろっている。近年、新築マンションの増加で子どものいる世帯が増え、約10年間で10クラス増加した桑園小学校では2011年に校舎改築で児童数増加に対応。都心で暮らしたいファミリー世帯にも暮らしやすい街として成長している。

住みたい理由 Pick up

◆ 徒歩・自転車での移動が便利
◆ 日常の買い物施設が充実している
◆ これから発展しそう

◆「道路が広くて街自体が広々としているが、交通量が多くなく静かな印象。また人がたくさん住むようになったのが比較的最近なので、街並みが新しい」(44歳・女性)
◆「利便性が高いし、銭湯もあるし、飲食店もあるし、スーパーもあるし申し分ない」(29歳・男性)

8位 西28丁目

地下鉄東西線

にぎやかな地下鉄駅周辺に静かな住宅街が隣接

写真

地下鉄駅周辺は大型スーパーや飲食店、商店が多くにぎやか。山手通り沿いや、環状通り沿いにはマンションが多く並び、宮の森など周辺に行くにしたがって一戸建ての多い静かな環境が広がっている。都心に近いが、古くからの住宅街で落ち着いた雰囲気が特徴で、マンション派にも一戸建て派にも人気があり新築物件の供給も活発。円山公園や北海道神宮も徒歩圏。交通や暮らしの利便性も、静かな環境もそろう街だ。

住みたい理由 Pick up

◆ 電車・バスなどでの移動が便利
◆ 日常の買い物施設が充実している
◆ ステータス感・高級感がある

◆「カフェや飲食店、スーパーも充実している」(28歳・女性)
◆「新しい建物が多くて街並みがきれい。北海道神宮も近い」(24歳・男性)
◆「高級住宅地であるし、子どもの学力向上にも良い環境だから。ステータス感もある」(42歳・男性)

9位 福住

地下鉄東豊線

子どもが遊べる場所が豊富 始発駅で交通利便性も高い

写真

地下鉄東豊線の始発駅のため、朝は座って都心までの通勤や通学が可能だ。駅直結のスーパーがあるほか、車で約15分のところにコストコなど郊外型の大型店も多く、週末のまとめ買いにも便利。また、札幌ドーム内の大型遊具で遊べる無料のキッズパークや、小学校入学前なら無料で入れる羊ヶ丘展望台など、子どもがのびのびと遊べる環境が充実している。子育て世帯にとって暮らしやすさ抜群のエリアだ。

住みたい理由 Pick up

◆ 日常の買い物施設が充実している
◆ 始発駅
◆ 公園が多い

◆「札幌ドームが近く、イベントが多い。大きなバスターミナルもあり交通のアクセスにもいい」(42歳・男性)
◆「中心市街地にも新千歳空港にも1 本の道路で行けるので便利だから」(38歳・男性)
◆「始発なので座れる。バスも充実している」(31歳・女性)

10位 西18丁目

地下鉄東西線

円山エリアと都心部の境目 利便性も自然環境も満喫

写真

地下鉄で都心の大通駅までは2駅、円山公園駅までは1駅。都心も自然もどちらも身近に感じながらの暮らしができるのが西1 8 丁目駅周辺だ。裏参道には落ち着いた雰囲気の飲食店やハイセンスな雑貨店が多く、大型スーパーも徒歩圏。緑豊かな知事公館や道立近代美術館も散歩コースにできる。札幌医大の附属病院や夜間急病センターも近く、どの年代でもアクティブに安心して暮らせるエリアだ。

住みたい理由 Pick up

◆ ステータス感・高級感がある
◆ おしゃれ・洗練されている
◆ 飲食店が充実している

◆「繁華街に近いことも魅力の一つだが、近くに魅力的な商店街も多い」(25歳・男性)
◆「かわいい店が多いから。飲食店が多く、美術館にも近い。都会だけどなんとなく落ち着いた雰囲気」(40歳・女性)
◆「中心部から近いのに緑や公園が多い」(41歳・女性)

SUUMOマガジン札幌 2017年4月26日号より転載

取材・文/田方みき 撮影/大滝恭昌(札幌駅南口、大通を除く) デザイン/石澤愛
公開日 2017年05月19日
最終更新日 2017年09月05日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る