いま話題の“古民家リフォーム”って?~実例紹介~

いま話題の“古民家リフォーム”って?~実例紹介~

年月を経た家がもつ味わいを活かしながら、現代の暮らしに合う空間につくり変える古民家リフォーム。その魅力や暮らし心地を、築80年の家を購入しリフォームしたKさんの実例を通して紹介する。

自分たちが落ち着いて暮らせるのは、新築より古民家だと気がついた

転勤先から地元の宮崎県に戻ったことがきっかけで、そろそろマイホームを持とうと考え始めたKさん。
「以前から、将来家を建てるときのことを思い描きながら、モデルハウス見学などをしていました。気密性の高い家とか、スタイリッシュなデザインの家とか、最近の家はどれもすてきだなあと感じていました」というKさん。しかし、選んだのは古民家をリフォームすることだった。
「もともと古いモノを大切に使うことが好きで、人の手によって大切にされてきたぬくもりや、味わいを感じられる家が、自分たちにとって落ち着ける空間だと気がつきました。それを実現できるのが古民家リフォームだったんです」

そこで、通勤中に目にしていた瓦屋根の古い家を購入しリフォームすることに。地元の建築会社が古民家再生プロジェクトを手がけていることを知り、リフォームを依頼した。

築80年という古さに抵抗はなかったのだろうか。

「不安はありました。昔の家ですから、基礎は石の上に柱がのっているだけで、土台も腐食部分があり心配でした。でも、建築会社の方がきちんと調べてくださって、必要な箇所は新しくし、使えるところは活かしましょうという説明があったので安心してお願いできました」

Before
Before
After
After
●Profile
宮崎県 Kさん
家族構成/夫(30代)、妻(30代)、長男(10歳)
購入物件/築80年の古民家
竣工・入居/2013年8月

木のぬくもりは残し、開放感や暮らしやすさをプラス

「建築会社に伝えたいちばんの希望は、開放感のあるリビングが欲しいということ。古民家リフォームならではの味のある梁を隠さずに見せたいということでした」とKさん。
約4カ月をかけて大規模なリフォーム工事が行われ、古民家は、使いこまれた柱や木目の美しい梁は残しながら、大空間が広がる住まいに生まれ変わった。1階は吹抜けのある広々としたLDKと子ども部屋、和室。駐車スペースから離れた位置にあった玄関は、車からの荷物の出し入れがしやすいように家の北側に移動し、土間のあるゆったりとした空間に。2階は広々とした納戸とクロゼットのほか、吹抜けにL字型のキャットウォークを設けることで、高い位置の窓の開閉がしやすいプランになっている。

「リフォームを依頼した建築会社は、古い柱や欄間、板戸を再利用し、できるだけ自然素材を採用したいとのことで、壁には漆喰(しっくい)が使われ、古民家のもつ味わいが感じられる家になりました」

【リビング】木目や節を際立たせる浮造(うづく)り加工を施した杉材の床や、80年以上家を支え続けている柱や梁など、木のぬくもりを感じるリビング
【リビング】木目や節を際立たせる浮造(うづく)り加工を施した杉材の床や、80年以上家を支え続けている柱や梁など、木のぬくもりを感じるリビング
【キッチン】物入れの扉には古い板戸を再利用。キッチンの延長線上に子ども部屋があるので、料理をしながら子どもの様子がわかり、会話も弾む
【キッチン】物入れの扉には古い板戸を再利用。キッチンの延長線上に子ども部屋があるので、料理をしながら子どもの様子がわかり、会話も弾む
【和室】リビングに隣接した和室。「両親や友人が遊びに来たときに落ち着いて泊まってもらえるよう、和室は絶対に欲しい部屋でした」(Kさん)
【和室】リビングに隣接した和室。「両親や友人が遊びに来たときに落ち着いて泊まってもらえるよう、和室は絶対に欲しい部屋でした」(Kさん)
【玄関】「玄関は広くしたい」という夫の希望で、吹抜けと土間を設けた。階段は箱階段のような趣を出し、収納を確保しました
【玄関】「玄関は広くしたい」という夫の希望で、吹抜けと土間を設けた。階段は箱階段のような趣を出し、収納を確保しました

雑貨を見たり、買ったりするのが好きというKさんは、
「間取りのプランニングはもちろんですが、大好きな家具や照明器具、小物を選ぶ過程も家づくりの醍醐味のひとつでした。家に合うものをあれこれ探すのも楽しかったですね」という。アンティークな小物は、買ってきて家に飾ったそのときから空間になじむ。また、北欧テイストのファブリックや、白いシンプルなキッチンなど、この古民家にはさまざまなテイストのものが違和感なく溶け込み、さらに趣を増していくように感じているそうだ。

【トイレ】手洗いコーナーの下は、当初オープンにしてあり排水管が見えていたが、アンティークのお店で目隠しにぴったりのガラス戸を発見
【トイレ】手洗いコーナーの下は、当初オープンにしてあり排水管が見えていたが、アンティークのお店で目隠しにぴったりのガラス戸を発見

夏も冬も快適。家族が思い思いにくつろげる家

中古住宅は耐震性や断熱性などが気になるもの。Kさんの家は新築同様の性能になるよう、耐震や断熱を高める工事を行い、安心感と快適性を高めている。
「夏の暑さも冬の寒さも気になりません。特に夏は、上下階の窓を開けると、さーっと涼しい風が家の中を吹き抜けるんです」と、通風にも配慮されているようだ。

【2階】吹抜けに設けたキャットウォークの奥は、妻のリラックススペースにもなっている。窓を開けると1階のリビングまで風が抜ける
【2階】吹抜けに設けたキャットウォークの奥は、妻のリラックススペースにもなっている。窓を開けると1階のリビングまで風が抜ける

また、開放感がありながら、温かみや落ち着きも感じられるリビングでは、親子で会話をしたり、それぞれが思い思いに過ごしたり……。自然に家族が集まる場所になった。
「家を持つことで家族の拠点ができたこともうれしいですね。夫は転勤があるので、単身赴任になる可能性もありますが、『自分の家』という戻る場所があること、快適で居心地のよい空間があることに幸せを感じているようです」

自分たちが心からくつろげるのはどんな家なのかを考え、古民家リフォームを選んだKさん。古い家の味わいと、新しい家の快適性、その両方を満喫できる暮らしを手に入れることができたようだ。

構成・文 / 田方みき

公開日 2016年09月13日
最終更新日 2017年02月03日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る