金利引き下げから手続き簡素化へ 住宅ローンのサービス競争が変化

金利引き下げから手続き簡素化へ 住宅ローンのサービス競争が変化

年度替わりの4月以降、住宅ローンの金利引き下げを見直し、10年固定などの適用金利を引き上げる動きが一部の銀行で出ている。一方で申込手続を簡素化し、契約まですべて電子化することで、書類への記入や印紙代が不要になるサービスが登場。住宅ローンのサービス競争に変化の兆しが現れている。

■10年固定金利の推移/■最近の住宅ローン手続き簡素化の動き

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.住宅ローン金利がこれからは上がるの?
A.長期金利はまだ上がってはいない

ジュータコ:「住宅ローン金利の基準となる長期金利は日銀のマイナス金利政策もあり、上がっているわけではない」
スマイカ:「それでも金利を引き上げる動きが出ているのはなぜ?」
ジュータコ:「年度末の3月までは家を買って住宅ローンを借りる人が多い時期だから、引き下げ幅を大きくして利用者を獲得しようという動きが強まっていたのじゃ」
スマイカ:「なるほど、新年度になって金利競争が一服したというわけだね」


Q.手続きが簡素化されると借りやすくなるの?
A.書類の記入・押印や印紙代の負担が減るぞ

スマイカ:「これまでもネット銀行などは自宅で手続きできたのでは?」
ジュータコ:「審査まではネットで可能だったが、契約書は書類に記入・押印して郵送が必要だったのじゃ」
スマイカ:「新しいサービスはもっと借りやすくなる?」
ジュータコ:「契約まですべて電子化されるから書類を手書きしなくていいし、数万円の印紙代も不要になるのじゃ」
スマイカ:「借入費用が減るのはうれしいね」
ジュータコ:「こうした動きが広がりそうじゃな」

取材・文/大森広司
公開日 2017年05月17日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る