フラット35金利が2カ月連続で上昇も子育て世帯向けには新たな金利引き下げ

フラット35金利が2カ月連続で上昇も子育て世帯向けには新たな金利引き下げ

固定型金利の住宅ローンであるフラット35の金利が引き上げられた。1月の最低金利は前月比0.02%高い1.12%で、2カ月連続の上昇となる。フラット35金利が1.1%を超えるのは昨年4月以来9カ月ぶりだ。一方で、国は子育て支援に積極的な自治体と連携し、住宅取得を後押し。来年度から親と近居する場合などにフラット35の金利を引き下げる。

長期金利の上昇でフラット35金利も上昇

長期金利の上昇でフラット35金利も上昇

※長期金利は10年物国債金利(財務省)、フラット35金利は返済期間21年以上・融資率9割以下の最低金利(住宅金融支援機構)

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.フラット35の金利はなぜ上がっているの?
A.基準となる長期金利が上がっているからじゃ

スマイカ:「長期金利ってなに?」
ジュータコ:「貸出期間の長い金利のことじゃ。10年物国債の金利が代表的で、フラット35の金利もこれを基準としておる」
スマイカ:「なぜ長期金利が上がっているの?」
ジュータコ:「昨年11月の米大統領選がきっかけじゃ。トランプ新大統領が打ち出した積極財政で米国の景気が上向き、日本も円安が進んで景気が良くなると期待が膨らんだので、金利が上昇に転じたといわれておる」


Q.住宅ローンが借りにくくならない?
A.まだ低金利だし新たな支援策も始まる

ジュータコ:「金利が上がったといっても1.1%台じゃから、十分に低金利といえる」
スマイカ:「1年前は1.5%前後だったんだよね」
ジュータコ:「それに政府が打ち出した『希望出生率1.8』の実現に向けて、新たな支援策が来年度から始まる。子育て世帯は金利引き下げでフラット35が借りやすくなるじゃろう」
スマイカ:「どのくらいおトクなの?」
ジュータコ:「親との近居などを条件に、当初5年間の金利が0.25%引き下げられるのじゃ」

取材・文/大森広司
公開日 2017年02月15日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る