近隣の民泊利用、条件付き賛成が4割 管理規約に可否の明記を国が推奨

近隣の民泊利用、条件付き賛成が4割 管理規約に可否の明記を国が推奨

国家戦略特区での民泊の広がりに注目が集まるなか、ALSOKが意識調査を行ったところ、近隣での民泊利用について「ルール順守」や「罰則強化」など条件付きで賛成する人が約4割に上った。国土交通省ではマンションでのトラブルを防止するため、管理規約での民泊利用の可否の明記を推奨することを自治体などに通知した。

近隣での民泊利用に条件付きで賛成が約4割

近隣での民泊利用に条件付きで賛成が約4割

ALSOK「空き家・民泊に関する意識調査」より(2016年5月。東京・大阪在住の30歳以上の男女500人に調査)

ジュータコ先生とスマイカ君の住まいのQ&A
  • ジュータコ先生
    ジュータコ先生
    タコなのに、人間の住宅にやたらと詳しい未確認軟体動物
  • スマイカ君
    スマイカ君
    マンションに憧れ、いつかはマイホームをと妄想する。住メルイカ科

Q.そもそも民泊ってどんなものだっけ?
A.外国人などの宿泊用に家を提供することじゃ

スマイカ:「外国人観光客が増えているからね」
ジュータコ:「ただし現状で民泊が法的に“公認”されているのは国家戦略特区に指定されたうち大田区や大阪市などにほぼ限られる。全国的に解禁する新法も検討されているが、法整備はこれからじゃ」
スマイカ:「ルールを守れば民泊に賛成の人も多いみたいだけど」
ジュータコ:「実際には無断で営業して、騒音やゴミ出しなどで周辺住民とトラブルになるケースも少なくないようじゃ」


Q.トラブルを防ぐにはルールづくりが大切?
A.管理規約への明記がポイントじゃろう

ジュータコ:「特区では民泊の営業を考える人も出てくると思われるので、トラブルを防ぐためにマンションでは管理規約であらかじめ可否を明記することを国が推奨しておる」
スマイカ:「規約でOKなら問題ない?」
ジュータコ:「その場合も周辺住民への適切な説明は必要となる。新築マンションでは分譲時に管理規約に明記するケースも出てくるじゃろう」
スマイカ:「気になる人は、事前に規約の内容を確認しておくといいね」

取材・文/大森広司
2017年1月11日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る