お手ごろ価格で実現 中古×リフォーム

お手ごろ価格で実現 中古×リフォーム

中古を買ってリフォームするなら価格の安い築古物件が狙い目

中古マンションの築年別流通価格

中古なら、築浅が欲しいという人もいるだろう。ただし、築5年程度では、物件価格はそれほど下がっていない。右のグラフのように、築5年から築15年まで価格がグンと下がり、15年以降は横ばいという傾向がある。築古物件では、リフォーム費用が高くつくと思う人もいるかもしれないが、実は100万円台のリフォームでも、次の事例のように見違えるようになるのだ。

新築のようなリビングが133万円で実現

Nさんファミリー
中古マンションを買ってリフォーム

●30代共働き夫婦、子ども2人(7歳、4歳)
●1995年建築(15年)
●3LDK+S(92.87m2

間取りの元のままで、主に内装をリフォーム。全居室の床とクロスの張り替えを中心に、リビングの収納や照明に工夫を凝らした。

写真
リフォーム後のリビング。床はカーペットだったので、掃除がしやすいフローリングに変えた。部屋を明るくモダンにするために、トレンドであるブラウンと白のコントラストを付けた。

新築では手に入らない広くて個性的なリビングに

「広いリビングが絶対条件でした」とNさん。子どもたちがリビングで勉強したり遊んだりできるようにという考えからリビングにこだわった。
住みたいエリアは決まっていたが、新築で広いリビングのマンションは見つからなかった。中古に切り替えると選択肢が増え、最上階で広くて天井の高いリビングのあるマンションが見つかった。
築15年だったが、きれいに使われていたので、リビング以外は最低限のリフォームにしようと決めた。当初は費用がいくらかかるか不安だったが、何社か見積もりを取っているうちに、予想より安くリフォームできることが分かってきた。「リビングにこれだけ手を入れたら、300万円以上かかると思っていました。それが100万円台で実現したので、和室や洋室も追加でリフォームすることができました」(Nさん)。

写真
公開日 2010年12月01日
最終更新日 2016年10月12日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る