『中古で得する』5年間活用法

『中古で得する』5年間活用法

中古を買うとどんなメリットがあるのか。ここでは価格面にクローズアップして考えてみよう。

中古のここに注目!

木造一戸建ては築25年前後で下げ止まる[図1] 築年数による価格の変化グラフ(マンション)[図2]

築15年以前とそれ以降では下落幅が大きく異なる
一般的にマンションの価格は新築から15年ほどの間に大きく下落するが、その後はなだらかな下落曲線を描く。新築から築15年まで約57%ダウンするが、築15年から同30年まではほとんどダウンしない。また、一戸建ては築25年前後で建物の価格が下げ止まり、その後はほぼ横ばいとなる(相場変動を除いた理論値)。上のグラフでは築15年目で32%下がり、その後はさほど下がらない。

新築に比べて価格の安さが魅力。将来の値下がりリスクも小さい

【魅力1】価格が手ごろで住宅ローンの負担も軽い

上のグラフを見れば分かるように、中古は新築に比べて価格が安いのが大きな魅力。築10年前後で新築時より4割程度ダウンするケースが多い。価格が安ければそれだけ住宅ローンの負担を軽くすることができる。また、予算が同じでも新築より広い家を買うことが可能だ。

【魅力2】新築に比べて価格の下がり幅が小さい

築年数が浅いほど値下がりが大きいケースが一般的だ。その理由について、東京カンテイ市場調査部の中山登志朗さんは、「築後10年程度は『新しさ』という条件が年々弱まり、価格も大きく下がります。しかし古くても建物価値はゼロにはならないため、築10年前後から下落率が縮小するのです」と話す。

【魅力3】賃貸より高いグレード。リフォームもできる
イラスト

中古は分譲物件だけに、賃貸物件と比べて設備や仕様のグレードが一般的に高い。家賃と同程度のローン支払いなら、賃貸より広い家が買えることも多いのだ。「中古は価格が安い分、リフォームにお金をかけられるので新築と同様の住み心地を安く実現することも可能です」(中山さん)という面も。

購入か賃貸か、新築か中古かどれが一番おトクな住まい?

家を選ぶときには、「購入か賃貸か」「新築か中古か」という2大テーマをクリアする必要がある。
それぞれ一長一短があり、家族のライフスタイルや好みなどを考慮しながら選びたい。

購入・賃貸のメリット・デメリット
新築・中古のメリット・デメリット
構成・取材・文/大森広司 イラスト/伊藤さちこ
2011年9月22日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る