香川県 新築一戸建て(分譲/建売) 着工棟数トップ5社 発表【2015年度】

香川県 新築一戸建て(分譲/建売) 着工棟数トップ5社発表【2015年度】

香川県で新築一戸建ての着工棟数が多いのは、香川県内の会社が中心

香川県はこんな街

香川県は日本の都道府県でいちばん面積が小さな県。晴天の日が多く、温暖な気候が特徴です。県内人口の40%以上が県庁所在地の高松市に集中しており、新築一戸建ての着工が多いのも高松市とその周辺です。現在、高松市の東隣に位置するさぬき市では全682区画の「オレンジタウン」で建売住宅や宅地が分譲販売中です。

香川県に新築一戸建て(分譲/建売)の建築会社は多くありますが、どのような会社が建てているのでしょうか。2015年度の着工棟数をもとに建築会社のトップ5社を紹介します。(住宅産業研究所調べ)

香川県 着工棟数が多い会社の特徴

新築一戸建て(分譲/建売)を購入した人がどの建築会社の物件を購入したのか、着工棟数の多い会社を見てみましょう。香川県では、高松市に本社がある建築会社や不動産会社がランキング上位5社のうちの4社を占めています。全国で営業しているハウスメーカーでランクインしたのはミサワホーム。高松市の「ミサワホームタウン高松中央インター」や「ミサワホームタウン新田町」、さぬき市の「オレンジタウン」などで分譲販売実績があります。香川県の会社からランクインした4社はすべて高松市に本社を置く会社。日進堂は高松市や丸亀市などで開発している「フォーリーフタウン」で、建売住宅を分譲販売。ファミリーホームは各分譲地でモデルハウス兼建売住宅を販売しています。マキノ不動産開発は本格木造の家「GOOD TOWN」シリーズを展開。シンプルモダンやコンテンポラリースタイル、和モダンスタイルなど多彩な外観をそろえています。明徳ホームは注文住宅や建売住宅、土地の分譲販売を手がける会社。無料宿泊体験のできる「床暖冬涼夏」モデルハウスを公開中です。

2015年度 着工棟数 トップ5社
香川県
  • 日進堂
  • ファミリーホーム
  • マキノ不動産開発
  • ミサワホーム
  • 明徳ホーム
出典:住宅産業研究所(2015年度調査)
※社名50音順 同率順位含む
香川県では地元の建築会社を中心に、さまざまな外観や間取りの新築一戸建てを比較して、購入することができます。家探しでは物件見学で相場や自分の好みをつかむことも大切。工法や間取り、設備などの違いをチェックし、予算と希望が満たせる物件を探しましょう。
構成・文/田方みき
公開日 2017年06月19日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る