家づくりはどこに頼む? 工務店・ビルダー・ハウスメーカー徹底比較

家づくりはどこに頼む? 工務店・ビルダー・ハウスメーカー徹底比較

家づくり成功のカギを握るといわれる、住宅建築会社選び。ハウスメーカー、ビルダー、工務店など多様な業態があり、選ぶ会社によって完成する家は大きく変わる。ここでは、それぞれの業態の違いを解説しよう。

家づくりはどこに頼む? 工務店・ビルダー・ハウスメーカー徹底比較

住宅性能と安心感で選ぶなら【ハウスメーカー】

一般的に「ハウスメーカー」と呼ばれるのは、全国規模で営業している大手の住宅建築会社。独自の住宅商品をもっているのが特徴で、自社で研究・開発した最新技術を導入し、高性能の住宅を建てることができる。

仕様やデザインを決めた規格商品を中心としているため、設計の自由度は低め。その代わり、商品のモデルハウスを見ることができ、建てる前にイメージをつかみやすいのが大きなメリットだ。ただし、モデルハウスやCMなどの広告費、技術開発など、工務店に比べて家づくりの費用が高めになるという側面もある。

ハウスメーカーを選ぶ最大のメリットは、大手企業ゆえの安心感。国が定める期間の倍以上の保証期間をとっている会社もあり、保証期間中に倒産するリスクも比較的低い。担当者の転勤や退職などによる窓口の変更は、工務店に比べると多いが、会社としてのアフターケアの体制が明確に決まっているという安心感は大きい。

自由度とコスパの高さで選ぶなら【工務店】

ハウスメーカーと比較されるのが「工務店」と呼ばれる、地元密着の中小規模の住宅建築会社。仕様やデザインを決めた自社商品をもたない会社がほとんどで、フルオーダーの注文住宅を中心に請け負っている。

設計の自由度が高いのに加え、特殊なプランを柔軟に聞き入れてもらえる融通性の高さも特徴。また、自社で施工し、モデルハウスの維持などにかかる経費も少ないため、コストパフォーマンスが高いというのも大きなメリットだ。

工務店は、その地域に密着したサービスを展開しているのも特徴。地域の気候風土に適したプランを提案してくれるうえ、完成後のメンテナンスもしっかりフォローしてくれる。

ハウスメーカーと工務店の中間的規模の【ビルダー】

ハウスメーカーほど全国的ではないものの、ひとつの都道府県内や周辺2〜3県と広範囲で営業する建築会社が「ビルダー」。工務店とは主に着工棟数など規模の違いによって分けられ、年間おおむね20〜30棟以上手がける会社をビルダーと呼ぶことが多いようだ。

業態も、ハウスメーカーに近い会社、工務店に近い会社とさまざま。仕様やデザインを決めた自社商品をもっている会社も、フルオーダーの注文住宅が中心の会社もある。

会社によっては、ハウスメーカーと同等の営業や広告宣伝を行うところも。また、注文住宅だけでなく、大量発注のコストメリットを活かして、比較的ローコストな分譲住宅を手がける会社も多いのが特徴だ。

住宅建築会社の主な違いは?

住宅建築会社の主な違いは?
住宅建築会社の主な違いは?
※上記は一般的な目安。会社の分類、特徴などが上記にあてはまらないケースもある
住宅建築会社の主な違いは?

先述したように、住宅建築会社の業態はさまざまで、明確に分類することは難しい。ただし、ハウスメーカーやビルダー・工務店といった分類ごとに大きな特徴があるので、これから依頼先を考える人は、違いを知っておくといいだろう。そして最終的には、個々の会社の特徴をじっくり比較検討したうえで選ぶのがオススメ。自分たちにとって大切なのは、安心感か、設計の自由度か、品質か、コストか……家族の優先順位をはっきりさせたうえで、ぴったりな依頼先を選ぼう。

構成・文/目黒チカコ イラスト/いぢちひろゆき

2016年8月4日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る