今、家づくりで重視したいことランキング(アフターサービス)

今、家づくりで重視したいことランキング

5位 アフターサービス・長期保証

5番目に重視したいことは『アフターサービス・長期保証』です。
「家」は人生最大の買い物だからこそ、安心して長く住み続けるために長期間の保証制度と定期的な点検による適切な維持管理が必要です。
アンケート調査の回答には、震災後、大手ハウスメーカー各社は被害があった地域の顧客に対して連絡・訪問や修理対応のほか、独自に水・食料品の配給を実施するなど、サポート体制と顧客重視の姿勢への信頼性の高さをうかがわせるコメントが多く見られました。

416人に聞きました!みんなのナマ声を大公開!

これから建てようとしている人

  • 震災時はまだ基礎をつくっている最中でしたが、震災後すぐに破損箇所がないかの点検の実施と点検後の報告が早くて安心できました。(女性⁄35歳⁄茨城県)

現在建てている人・建てた人の場合

  • 地震発生後、営業担当者が被害状況の確認のために来て、外まわりを確認してくれました。地震発生前にトイレの修理を依頼していたので、担当者が修理に来た際に床下に入って、地震の影響によるボルトの緩みを直してくれたり、壁紙に亀裂がないかなど、丁寧にチェックしてくれたので安心でした。(女性⁄38歳⁄福島県)
  • 上棟直後に地震が発生したが、工事担当者がすぐに地盤や柱などに影響がなかったことを電話で連絡してくれました。(男性⁄38歳⁄千葉県)
  • 震災後、営業担当者から被害状況を確認するための電話があり、その後、被害がなかったにも関わらず、家を点検しに来てくれました。(女性⁄29歳⁄茨城県)
  • 震災後、ガソリン不足のなか、営業担当者が足を運んで来てくれて、断水しているのを心配して水を持ってきてくれました。(女性⁄37歳⁄宮城県)
  • 地震発生後すぐに近所に来ていた営業担当者が声を掛けてくれました。その後、現場責任者が電話連絡をくれてから見に来てくれて、建物全体を点検して問題ないことを確認してくれました。(男性⁄49歳⁄東京都)
  • 営業担当者の電話・訪問があり、安心できました。ハウスメーカーのカスタマーサービスからも手紙やメールがあり、「この会社で家を建てて良かった」と思いました。(男性⁄47歳⁄埼玉県)

アフターサービス・長期保証が安心の家づくりのためのアドバイス

【Lesson1】保証期間の長さとしっかりしたサポート体制が信頼と安心の証

お客様センター

現在、新築住宅の基本構造部分は最低10年間の瑕疵担保責任が法律で義務づけられており、引き渡しから10年間は不具合箇所の修理・補修を請求する権利が保証されています。
住宅会社各社では更に長期間に渡る独自の保証制度を導入しています。

●長期間保証の一例
・構造躯体:20年~30年 ・防水:15年~30年
(※各社により保証の適用条件を設定している場合があります)
また、メンテナンスや定期点検など、50年~60年間の長期間サポートシステムも有償で設定している住宅会社もあります。

保証期間を長く設定しているということは、住宅会社の技術に対する自信の表れであり、顧客側としては安心感と維持費軽減というメリットにもつながります。

[写真]住友林業では24時間365日電話による「お客様センター」で相談に対応。相談内容と希望により専門スタッフが直接訪問対応している
写真提供:住友林業株式会社

【Lesson2】信頼して長く付き合える住宅会社選びは「口コミ」が一番!

住宅会社のアフターサービスや長期保証の善し悪しを判断するには、知人からの「口コミ」が一番信頼性が高い情報源です。
手厚い保証やサポート体制を売り文句にしていても、実際に実施しているかどうかは顧客自身でないと分からないものです。
保証期間内の補修対応やメンテナンス、将来のリフォームの相談など、信頼できる会社は顧客と長く付き合っている会社でもあります。

【Lesson3】「いざ!」というときにこそ、住宅会社の真の実力と信頼性が分かる!

震災後、大手ハウスメーカー各社では、被災した顧客に連絡や訪問して建物に不具合がないかを確認してくれたり、被災顧客に食料や飲料水を運んで来てくれたりと、本当に困ったときの手厚いサポートサービスこそが、顧客の立場からするとうれしいものです。
また、困ったときに手を差し伸べてくれるからこそ、信頼するに値する会社でもあり、それに見合った実力を持っているともいえます。

ほかのランキング結果とプロからのアドバイスの詳細はこちらから!
構成・取材・文・撮影/桑原泰弘
2011年11月16日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る