法政大学市ヶ谷キャンパスの学生に聞いた!賃貸一人暮らし実態調査【設備、周辺環境編】

法政大学市ヶ谷キャンパスの学生に聞いた!一人暮らし実態調査【設備、周辺環境編】

大学進学を機に初めて一人暮らし。とはいえ、いざ部屋探しをしようにも、どんな部屋に住めばいいのやら……。ただでさえ「合格から入学まで」という限られた時間の中、これぞ!と思える物件に出合うのは簡単なことではありません。

それでも、できれば快適な部屋、そして不自由を感じないエリアに暮らしたいと思うのは当然のこと。

今回は、法政大学市ヶ谷キャンパスの学生4名に「部屋の満足度」や「住んでいるエリアのおすすめスポット」などについて聞きました。進学希望者はぜひご覧ください!

お話をうかがったのは

  • Aさん(男性)
    Aさん(男性)
    法学部法律学科4年生。
    静岡県出身。

    居酒屋、定食屋のバイトをかけもちする働き者。趣味はお酒、なかでもビールが好き。おいしいラーメン屋さんにも目がない。最近は自炊に凝っている。

  • Bさん(女性)
    Bさん(女性)
    国際文化学部国際文化学科3年生。
    山形県出身。

    語学研究系サークルに所属。自転車で街を散策するのが趣味。なかでもお気に入りは下北沢や新宿。休日はおしゃれな雑貨ショップや喫茶店巡りをしている。

  • Cさん(男性)
    Cさん(男性)
    経営学部経営学科3年生。
    三重県出身。

    基本的にインドア派で休みの日は家でパソコンをいじりながらゴロゴロしている。友達を呼んで家で遊ぶのが好き。コンビニの夜勤でアルバイトをしている。

  • Dさん(女性)
    Dさん(女性)
    法学部法律学科3年生。
    山形県出身。

    古着とメイクアイテムを集めるのが趣味。居酒屋のキッチンでアルバイトをしており、夏休みなどで多い月は20万円近く稼ぐことも。

先輩たちは「今の住まい」にどれくらい満足している?

友達も遊びに来るし防音がしっかりしていると安心!

今回集まってくれたのは、学生向けマンションや寮ではなく、ごく一般的な賃貸物件(アパート・マンション)に住む4人。実際のところ、今の部屋にどれくらい満足しているのでしょうか? 10点満点で採点してもらうと、AさんとDさんは8点、BさんとCさんは7点と、まずまずの評価。その満足度は「部屋の設備」によって左右されるようです。

Aさん「僕の家は友人がよく遊びに来るんですが、人数が多いときは13人くらい集まることもあります。でも、防音がしっかりしていて声や足音が伝わらないので助かっています」

Dさん「私は宅配ボックスがあるのがとても便利だなと思っています。近くにスーパーがないので、基本的に生活必需品の類はネット通販を利用しているのですが、水など重いものを注文することもあるので、もはやないと困るくらいです。あとゴミは24時間いつでも捨てられるので、ゴミ出しに生活リズムを合わせなくてもいいのが本当に助かります」

親戚から紹介してもらった部屋に決めたBさん、エリアの知名度重視で選んだCさんは、AさんやDさんの部屋を「うらやましい」と話しながらも、自身の部屋については可もなく不可もなくある程度の満足は得ているよう。設備を重視するか、立地を重視するか、人それぞれの選び方があるようですね。

宅配ボックスがあるのがとても便利

いまの部屋に不満はある?

キッチンと間取りに集中!住んでみて分かったこと

では、逆に不満な点も聞いてみましょう。物件選びのときは気にならなくても、生活をしていくうちに不便に感じるようになった点がそれぞれにあるようです。

Aさん「一般的なキッチンって、シンクとコンロの間にまな板を置けるスペースがありますよね。でも、いまの部屋のキッチンは、まな板を置くとはみ出すほどの狭さで……それが嫌ですね。それに、一口コンロも不便だなぁと感じています。例えばパスタをつくるときも、麺とソースを同時につくりたいのに一口だとそれもできず、ソースを温めている間に麺が固まっちゃっておいしく食べられないんですよね。次に引越すなら、ガスコンロで2口以上は欲しいなと思います。もう少しキッチンを重視したいですね」

Bさん「私の部屋も一口コンロですし、シンクも小さいので洗い物がめんどくさい。あと、まな板を置くところもない。正直、キッチンが使いづらいと、自炊が嫌になってしまいますよね」

Dさん「私も同じで、以前父親と住んでいたマンションはキッチンが広かったので、何の問題もなく自炊していたのですが、いまの部屋の台所が狭すぎて結局自炊しなくなりました」

Cさん「住んでいるところの近くに安いスーパーがあるといいな。そこで買ってきたものを持ち寄って、友達を呼んで家で飲んだり食べたりできると楽しいし、コストも抑えられます」

勉強にプライベートに忙しい学生にとって、生活費を抑えるために欠かせない自炊。しかし、キッチンの使い勝手の悪さから外食をしてしまい、結果食費が高くことを考えると少しだけキッチンにこだわってみるのもアリかもしれません。

キッチンが使いづらいと、自炊が嫌

また、バストイレが同じことや、洗面所事情についても不満を感じている先輩がいました。

Aさん「ユニットバスは思った以上に不便。今思えば、バストイレ別のほうがよかったですね。5000円くらい家賃に差が出ると思うのですが、バストイレが一緒だと水を思い切り流せないので掃除も結構大変。お風呂に入るときもなんだか窮屈です」

Dさん「私の部屋はバストイレ別ですが、お風呂に洗い場がなく、バスタブ内でシャワーを浴びないといけないのでやはり窮屈ですね。狭い廊下に洗濯機を置いていて、洗濯物を置くスペースがないんです。人が通る場所に洗濯物を置くのは、今でも抵抗がありますね。あと、廊下から直接お風呂場に入る動線になっているのも不便。当然、脱衣場も洗面台もない。ドライヤーを部屋でかけないといけないので、髪の毛がすぐ散らばってしまって掃除が面倒ですね」

Cさん「僕も脱衣所がなくて廊下で着替えないといけないんですけど、廊下とリビングを仕切る扉がガラス張りなので着替えに苦労します。友達や親が家に来ているときは、廊下を暗くして、服を脱いでダッシュでお風呂に入るようにしてます」

ほかにも、「洗濯物が生乾きになるので風通しは大事」という意見や、「周りにコンビニも欲しい」といった声も挙がりました。

部屋選びの盲点! 先輩たちの経験から学べることとは?

短期間での部屋探しは優先順位が必要

実際、「もう少し時間があれば、もっとじっくりこだわれたかもしれない……」とつぶやく先輩もいました。

合格発表から入学まではおよそ1カ月。その限られた期間内で家探しをしなくてはいけませんし、特に地方から上京する場合は、実際に見て回れる機会も限られてしまいます。さらに、2月から3月は大学生だけでなく、新社会人も部屋を探している時期。そのため、部屋の選択肢も少ないなかで決めなくてはならず、細かい設備まで比較検討するのは難しいのかも。

とはいえ、進路が決まったらすぐに住むエリアの「環境」と、住む部屋の「設備」にそれぞれ優先順位をつけて探すこと。それが、長く快適に暮らせる部屋選びには欠かせないのかもしれません。

住んでいるエリアのおすすめスポットを教えて!

家の近くの川沿いを散歩するのが好き

自然環境や生活利便性が高いかもチェック

ただ、部屋に若干の不満をもつ皆さんも、「住んでいるエリア」については満足しているようです。

Aさん「家の近くの川沿いを散歩するのが好きなんです。最寄駅は総武線の『平井駅』なんですが、ひと駅先の『新小岩』もよく行きます。有名なつけ麺屋さんがあって、そこに通うために(笑)。新小岩にはドン・キホーテもあるし、さらに隣駅の亀戸にはアトレがあるので、買い物の利便性はいいと思いますよ。アトレは300円ショップも無印良品もユニクロもあって、とても便利ですね。周辺環境は本当にいいので、できることなら平井から出たくないです」

Bさん「私は最寄りが京王線の『笹塚駅』です。商店街があったり個人経営のおしゃれなバルとかカフェがあったりするのがいいですね。あと、下北沢まで自転車で10分くらいなので遊び場には困りません」

Cさん「僕は中央線『吉祥寺駅』から15分ほど歩いたところに住んでいますが、やはり一番の魅力は井の頭公園。都内だけど緑を感じられるのがいいですね。ドン・キホーテやヨドバシカメラ、アトレもあるので買い物もすごく便利です」

これだけは伝えたい! これから一人暮らしをする後輩へのアドバイス

毎日の生活がより快適に送れる設備かどうか吟味しよう

法政大学市ヶ谷キャンパスに通う先輩たちの部屋やエリアについてのコメント、いかがでしたか?特に部屋の設備についての話になると会話も盛り上がり、それぞれの満足点や反省点が浮き彫りになりました。これらの話を踏まえ、法政大学市ヶ谷キャンパスの先輩がこれから進学する皆さんへお部屋探しのポイントをまとめてくれました。

  • 隣近所の音が聞こえてこないか、内覧時に確認しよう
  • 自炊をするなら、キッチンのコンロは二口以上が便利。作業スペースの有無もチェック!
  • バスとトイレは別のほうが掃除もしやすい
  • 洗面台や脱衣場がないと来客時に不便。親や友達を呼ぶ人は要チェック

リサーチ期間も予算も決まっているなかで、全部の条件を満たす物件を探すのは難易度が高いかもしれませんが、先輩の話を参考に自分のなかで優先順位を決め、条件を設定して物件を探すとより満足度の高い部屋に巡り合えるはず。
SUUMOの「こだわり検索」では、「バス・トイレ別」「洗面所独立」「コンロ2口以上」といった条件指定をして部屋探しもできます。

一人暮らしの経験者である先輩たちの声、いかがだったでしょうか? 法政大学市ヶ谷キャンパスに入学が決まった人、入学を検討している人は、先輩たちの声を参考に悔いのない部屋探しをしてくださいね!

取材・文:末吉 陽子(やじろべえ) イラストレーション:森越ハム
公開日 2016年12月21日
最終更新日 2017年06月12日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る