賃貸初心者が失敗しがちな、お部屋探しチェックポイント

賃貸初心者が失敗しがちな、お部屋探しチェックポイント

春は初めて一人暮らしを始める人も多い季節。夢ふくらませて家を探し始めたのはいいけれど、「何を重視して選んでいいか分からない」「条件がありすぎて探すのが大変」なんてことも多そう。今回は、初めての部屋探しで実際にあった失敗の声を、部屋探しのプロからのアドバイスも併せて紹介。物件選びに失敗した経験のある人にもチェックしてもらいたいポイントが満載です。

失敗パターン1.立地条件にこだわった結果、周辺環境や設備を見落としてしまった

初めて部屋探しをするとき、学校や会社などから近いか、最寄りの駅はどこかなど、立地条件にこだわる人が多いようです。その結果、駅から近くて便利なのはいいけれど、住んでみたら「大通り沿いなので夜酔っぱらいがうるさい」「学生街なので夜騒がしかった」「都心なので物価が高い」なんて失敗談も。

また、便利さに気をとられ、部屋や共用スペースの設備を見落としていて、「収納スペースがほとんどなかった」「宅配ボックスがないので宅配便が受け取れない」「バイクに乗るのにバイク置き場がない」など、不満が残る声もあがっていました。

部屋探しのプロによると、「部屋そのものだけでなく、駅までの道を実際に歩いたり、周辺の夜の様子をチェックしておくと、より納得がいく住まいが手に入ります。引越し後の生活スタイルを想像して、必要な施設などをリストアップしておくといいですよ」とのこと。よく利用する施設は、駅までの道沿いにあると便利だそう。

部屋探しのプロからのアドバイス
  • スーパー、コンビニ、レンタルビデオ店などの商業施設や、病院、図書館などの公共施設があると生活しやすい。自分に必要な施設をリストアップして、家や駅の周辺にあるか確認して
  • 女性なら、駅からの道のりで暗い道はないかなど、夜の雰囲気をチェックしておくと安心
  • 自分で実際に足を運べない場合には、不動産会社の担当者にどんどん質問を。インターネットのストリートビューを利用するのも雰囲気が分かってGOOD

失敗パターン2.住みやすさを重視した結果、立地条件が悪かった

普段の生活のしやすさを優先した結果、立地条件に不満が残ることもあります。このケースは、「閑静な住宅街にあるので静か」「3駅利用可」といった言葉に引かれて契約した人に多いケースかもしれません。立地条件をちゃんと確認しておかないと、「駅から遠い」「職場が遠い」「3駅利用はできるけれど、どの駅も近くなかった」「朝、最寄駅までのバスがなかなか来ないので、通学・通勤に余分な時間がかかる」といったことが起こります。
「立地条件が悪いと、更新時に引越しを検討する人も多いんです。我慢できると思っても、通学・通勤は毎日のこと。日々の小さなストレスが、いずれ大きな不満に変わることもあります」とプロの声。通学・通勤のしやすさも考慮に入れた部屋探しは、学生や会社員にとってマストのようです。

また、学校や通勤先に行きやすいだけでなく、よく遊びにいくエリアが通学・通勤ルート内にあると便利です。仕事が忙しくて帰りが遅くなる人は、終電の時間や駅からの帰り道の様子などもチェックしておきたいですね。

部屋探しのプロからのアドバイス
  • 立地条件が悪いのは引越しを検討する理由のひとつ。通学・通勤のしやすさを考えた物件選びを
  • 利用できる駅が多い=どの駅からも遠い可能性あり。事前に地図などで確認をして
  • 終電の時間や街の様子、遊びに行くエリアへの利便性などを考慮に入れて、路線や最寄駅を選ぶとGOOD

失敗パターン3.気に入ったポイントに気を取られ、引越してから他の設備の使いづらさに気付いた

次は、気に入ったポイントがあったため契約したけれど、引越してみたらほかの部分が「使いづらい……」と後悔するパターンです。例えば、「ロフトが気に入ったけれど、仕事が忙しくて、疲れて帰ってそのまま床のラグで寝てしまう」「水まわりが充実していて自炊には最高だけど、収納が狭くて荷物が出しっぱなし」「最上階で広いけれど、日当たりがよすぎて暑い」「オートロックが安心。でも幹線道路に面していてうるさい」など。

    これは、

  • 条件に優先順位をつけること
  • 最低限の妥協ラインをあらかじめ決めておくこと
で失敗を防ぐことができます。内見時に見落としがちな設備としては、「収納が狭い」「キッチンが狭い」「洗濯機置き場が外」「水まわりの動線が使いづらい」「天井が高く冬寒い」「ユニットバスが使いにくい」「防犯面が不安」など。人によって気になる部分は異なるので、自分の生活パターンを考えて優先順位をつけましょう。

また、「置きたい家具・家電がうまく置けなかった」ということもあるようで、「内覧時に置き場所の確認ができるようメジャーがあると便利です」とのことでした。

部屋探しのプロからのアドバイス
  • 妥協できるポイント、必ずおさえておきたいポイントを書き出して、優先順位をつけておこう
  • 内覧時には、置きたい家具・家電が収納できるかどうか確認するため、メジャーがあると便利

失敗パターン4.条件がよく、気に入って契約をしたけれど、家賃が高く負担になってしまった

「新築で駅から近い」「広さもちょうどよく、バストイレは独立」「駅から近くてオートロック」など、条件がバッチリな物件を見つけたら、「やった!」とすぐに契約してしまいがち。でも、条件がいい物件ほど家賃は高くなりがち。「収入に対して家賃が高く、毎月の負担が大きい」ということにならないよう注意です。

「家賃は手取り収入の3分の1程度が妥当です。予算オーバーの物件を気に入って契約したけれど、結局家賃が負担になって引越す人も多いです」とプロは言います。また、一人で物件を見に来て契約した後に、親に報告したところ家賃が高すぎるとNGが出るというケースもあるそう。「そうならないためにも、特に学生や新入社員の方は家族や一人暮らし経験者と一緒に物件選びをするのをおすすめします」

部屋探しのプロからのアドバイス
  • 家賃は手取り収入の3分の1程度におさえて
  • 一人で探すと家賃が高い物件を選びがち。家族や一人暮らし経験者と一緒に物件探しをすると契約がスムーズ

失敗パターン5.月々の家賃しか見ていなかったが、諸経費が高かった

家賃は気にする人が多いけれど、敷金・礼金や保証金、仲介手数料などの諸経費があることを忘れてはいけません。賃貸物件には初期費用として以下の費用が原則かかります。

  • 1)敷金……賃料の1~2カ月程度
  • 2)礼金……賃料の1~2カ月程度
  • 3)仲介手数料……一般的には賃料の1カ月分
  • 4)管理費……物件により異なる
  • 5)保険料……万が一の際の家財補償や賠償責任補償、修理補償など
  • ※物件により異なるので、契約前に必ず不動産会社に確認を
家賃だけ支払えばいいやと思っていると、契約時に金額を見て驚くことに。諸経費の情報もきちんと確認しながら家探しをしましょう。もちろん契約後には引越しが待っています。引越し料金のことも忘れずに。
部屋探しのプロからのアドバイス
  • 家賃以外にも諸経費がかかることを忘れずに。不動産会社に確認をしながら家探しをしましょう

まとめ

最後に部屋探しのプロからこんなアドバイスが。
「2月、3月は賃貸物件が動く時期です。春からの進路が決まったら、すぐに不動産会社に足を運んでほしいですね。この時期はいい物件はすぐに契約が決まります。悩んでいるとすぐに物件がなくなるため、譲れない条件と妥協できる条件をリストアップして、すぐに決められる状態で来店していただけると、納得のいく部屋が見つかると思います」
また、最初は予算をオーバーすることなく契約し、更新時に収入と相談してグレードアップするのがおすすめだそう。初めての一人暮らしはつい条件を高望みしていまいがちですが、予算を設定し無理のない範囲で新しい生活をスタートさせるのが成功への道。分からないことは不動産会社の担当者にどんどん質問して、満足のいく部屋探しをしてくださいね。
文/荒川文乃 イラスト/今井ヨウジ
2017年3月8日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る