プロが提案! オシャレな一人暮らしの部屋とは?~無印良品編~

プロが提案! オシャレな一人暮らしの部屋とは?~無印良品編~

学生の一人暮らし。友達が遊びに来たくなるような部屋に住まなきゃ楽しくない……。そこで、ワンルームのオシャレなコーディネート例を人気ショップが提案。ここでは、無駄のないデザインと汎用性のある商品で定評のある無印良品のアイデアを紹介していくので、ぜひ参考に。

プロが提案! オシャレな一人暮らしの部屋とは?~無印良品編~

この部屋は「勉強全力、遊び全力の男子学生を想定してコーディネートしたもの」と同社・インテリアアドバイザーの藤井友貴さんと新井亨さん。

「まず、収納を壁面1カ所にまとめ、楽しい学生の暮らしを入れる『器』をつくります。そうすることで、中央のスペースを最大限とりました。約6畳の小さな部屋でも友達をたくさん呼んで遊ぶことができます」

一見、学生らしくデスクを備えた「勉強全力」の部屋だが、これがどのように「遊びも全力」の部屋へと変わるのか……。同社ならではの空間活用術が余すところなく発揮されたコーディネート提案を見ていこう。

壁面収納
壁面収納

収納は「サイズ・用途を変えられる」ということがポイント。壁面にまとめた収納は、用途別に3列に分けて。「キッチンに近い左手の棚には、コーヒーに必要な道具や食器などを収納。中央の棚には、趣味の道具や書類などを、そして右手にはパソコンとテーブルを置いて勉強スペースとしています」

使用したシェルフは、その汎用性の高さもポイント。「用途や設置場所、しまうモノに合わせてサイズを変えたり、引き出しなど別売パーツとの組み合わせを考えたり、さまざまなシーンで使えるのが魅力です。学生は引越しをする機会も多いですが、どんな部屋に引越しても、その空間に合わせて組み直すことができるので、長く使うことができます」

ベッド&クローゼット
ベッド&クローゼット

備え付けのクローゼットのほか、ベッド下など隙間は全て活用し、衣類をたっぷりと収納できる部屋に。「ベッドは床面積の多くを占めるので、その下の大きなスペースを収納に活用しています。ベッドの脚の一番高いものを選ぶと収納量がアップするのはもちろん、高いテーブルを使うとき、椅子やソファ代わりのちょうどいい高さになります」。ベッド下の収納ボックスも同社の商品でそろえることで、隙間なくぴったりと収まるのがうれしい。

エクステンションテーブル
エクステンションテーブル

そして「遊び全力」の部屋のキーアイテムとなるのが、このダイニングテーブル。
こんな大きなテーブルがどこに隠れていたのかというと、実は勉強スペースのデスクとして使われていたものというから驚きだ。

「天板のサイズが変えられるエクステンションテーブルを使ったのがポイント。普段は天板を小さくして、パソコン前のデスクとして使いますが、お友達が遊びに来たときは、このように天板を広げて、部屋の中央に移動します。ベッドサイドのワゴンも活用して、たちまち『鍋パ』や『たこパ』が楽しめる部屋に早変わり、というわけです」

テーブルに付く際の椅子は、デスクの椅子、脚の高めのベッドだけではない。普段の収納に「頑丈ボックス」を使用することで、椅子代わりに使用できる。

一人暮らしを始めるとき、ローテーブルはマストアイテムと思っている人が多いそうだが、「デスクとしても使えるダイニングテーブルがあれば、勉強に遊びにとフレキシブルに使えます。一人暮らしにダイニングテーブルはもったいないと思うかもしれませんが、いつか家族が増えたらそのまま使えることを考えると、結果的にはお得かもしれません」

女子向けコーデ

性別も年齢も問わないシンプルなデザインなので、住む人が変われば、自然とその人らしさが出てくるのだとか。「男子学生だけでなく、住む人の個性を生かせば、きっと女性らしい部屋にもなると思います。例えば、『素材』と『カタチ』を変えることで、雰囲気は大きく変わります。黒色のデスクにあるチェアを、無垢材で丸みのあるチェアに変えたり。黒色の収納ボックスをラタン材のバスケットに変えるなどすることで、女性らしい柔らかみのある素敵な空間になると思いますよ」

一人暮らしの家具を購入するときは、一人向きのコンパクトなモノを選びがち。ところが今回の提案のように、買ったらおしまいではなく、後から取り替えられる・増やせる・形を変えて使える「フレキシブルな」商品を選ぶと、住まいや家族構成が変わっても使い続けることができる。モノ選びの段階で、このような視点も取り入れてみては。

●掲載商品の価格(税抜き・2016年2月現在):ベッド/3万5000円、シェルフ(組み合わせ価格)/9万5100円、エクステンションテーブル/4万5000円、ワゴン/2万円、照明(組み合わせ価格)/2万4500円、頑丈収納ボックス/1300円

●部屋の広さ:約6畳を想定

撮影協力/無印良品池袋西武 インテリアアドバイザー/藤井友貴さん・新井亨さん

取材・文/前川ミチコ、撮影/飯田照明
公開日 2016年02月26日
最終更新日 2016年07月20日
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る