決め手は何? 売るVS貸す

決め手は何? 売るVS貸す


新しいマイホームに住み替えたり、相続したりで、住まなくなった住宅ができたとき、売るのがいいのか、貸すのがいいのか? 何を決め手に決めればよいのか、プロに聞いてみた。

売るか貸すか、決め手は

Step1 所有者の意向を確認

所有者全員で目的を明確にしておこう

売るのと貸すのとでは、家を手放すのか持ち続けるのか、売って現金化するのか賃貸収入を得るのか、といった違いがある。つまり、所有者の意向によって選択が分かれるわけだ。
注意したいのは、家を貸すことだけが賃貸収入を得る方法ではない点。

「積極的に不動産投資をしたい場合、所有物件を貸すだけでなく、売却して現金化し、より投資に向いている不動産を購入するという選択肢もあります」(久谷さん)

郊外の一戸建ての場合、それほど高い賃料収入が得られないことも多い。きちんと投資を考えるなら、駅近の共同住宅に買い替えることなども選択肢になる。

所有者の意向で売るか貸すかが分かれる

【売るほうが向いている場合】

  • 維持するのが面倒なので手放したい
  • 資産は金融商品や保険で運用したい

【貸すほうが向いている場合】

  • 家に思い入れがあり、手放したくない
  • 実家に将来住む予定がある
  • 不動産収入(賃料)を得たい
所有者全員で目的を明確にしておこう

Step2 収支を計算する

10年程度の期間でそれぞれの収支を比較

次に、それぞれの収支を計算しよう。それにはまず、不動産会社に売却価格と賃料の査定を依頼する必要がある。できれば、10年程度の長期的なレンジで、後で説明する「所得税や住民税も含めて試算」したい。税務署や無料の税務相談などで税額を確認する方法もある。

●売ったときは?

まず、売ったときに売却代金が入ってくる。一方で、仲介手数料をはじめとした支出もある。売却して利益が出れば譲渡所得に対して税金がかかるが、居住用の不動産なら3000万円特別控除※が使えるので、実際に課税されるケースは多くはないだろう。

※居住用財産(不動産)を譲渡して得た譲渡所得から3000万円まで控除できる特例

売るときにかかるお金
  • 不動産会社に支払う仲介手数料
  • 売買契約書の印紙税等の諸費用(ローンが残っているときなどの抵当権抹消費用もかかる)
  • その他不用品の処分費用など
  • 譲渡所得にかかる税金

※一戸建ての場合は、測量費用や建物の解体費用がかかる場合もある

●貸したときは?

貸す場合は、入居者からの礼金や賃料・共益費が入ってくるが、支出も多い。賃料がそのまま収入になるわけではないので、甘く考えるのは危険。そのまま貸すわけにもいかないので、リフォーム費用で初年度は赤字になるといったことも。
さらに、仕事をもちながら不動産事業をする人の場合は、給与所得などに不動産所得が加わるため、税率が上がってしまい、納める税金が想定以上に増える場合もある。また「敷金や礼金をゼロゼロにする場合、入居時のハードルが低い分、更新時に退去する可能性も高くなる傾向があります。その際の募集でリフォーム費用や仲介手数料などがかさみ、利益が想定したより少ないということもあります」(久谷さん)

貸すときにかかるお金

1.初期費用

  • リフォーム費用

2.維持運用費用

  • 固定資産税・都市計画税
  • 修繕費用(建物や設備の修繕費用。マンションの場合は管理費も必要)
  • その他保険料や通信費など

3.不動産会社に払う費用

  • 入居者募集にかかる仲介手数料など(借主が全額負担する場合もある)
  • 入居者管理や建物管理を委託する場合の管理委託料

4.不動産所得にかかる税金

 

貸すときに入るお金
(賃料・共益費 × 12カ月 × 10年間)+(礼金・更新料×頻度)

 

所得税の速算表
所得税の速算表


【まとめ】パートナー選びも重要

売るか貸すかは、それぞれの収支だけでなく、自分たちの意向も明確にしておくことが大切。売ってしまうと再利用はできないし、貸す以上は大家業をする覚悟も必要。いずれにせよ、適切な助言をしてくれる不動産会社を選ぶことが、大きなカギになるだろう。


【アドバイスしてくれた専門家】

  • 久谷真理子さん
    フリーダムリンク専務取締役
    久谷真理子さん

    相続・不動産にかかわる相談業務および、実行支援業務を行う、ファイナンシャル・プランナー


2016年3月16日 SUUMOマガジン仙台版より転載

構成・取材・文/山本久美子 イラスト/木村吉見
2017年3月7日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る