支払い苦、離婚、転勤、相続、どうする!?あなたの不動産売却

支払い苦、離婚、転勤、相続、どうする!?あなたの不動産売却

売却の手順(買い替えでない場合)

まんが
まんが

1. 条件整理と現状把握
売却動機や目的、売却完了までのスケジュールや期限を明確にした上で、住宅ローンの残債や預金額等、自分の経済状況を現状把握する
→ 売却額でローン残債を清算できれば◎。できなければ手持ちの現金で清算する必要がある

2. 査定依頼
自分の物件がいくらくらいで売れるのか目処を付けるために査定を行う。複数の不動産会社に物件を訪問査定してもらうのがベスト。査定は無料
→ 事前に情報誌やインターネットで売却価格の目安を調べておくと安心

3. 売却依頼
信頼できる不動産会社を選び、契約を交わす。契約は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3形態があり、いずれかを選ぶ
→ 専属専任媒介、専任媒介は1社のみ(積極的な販売活動を行ってもらいやすい)、一般媒介は複数の会社に依頼できる(広く販売活動を行える)

4. 物件の売り出し
査定額をもとに不動産会社の担当者と相談して売り出し価格を決める。短期間で売却したいなら価格を比較的低めに設定

5. 引き渡し
買い手が決まったら、売買契約を交わして代金を受け取り、住宅ローンの残債を清算する。同時に、所有権の移転と抵当権抹消の登記申請を行う
→ 売却額から仲介手数料等や税金が差し引かれることも頭に入れておく

ワンポイント:残金を現金清算

住宅ローンでは金融機関が不動産を担保にして融資をする。返済できなくなると、金融機関は抵当権を行使して、該当物件の任意処分や競売をして資金を回収する。抵当権設定契約は登記簿に記載されるため、売却時には残債を清算して抵当権を抹消する手続きが必要となる

ケース1 「もう返済が限界…」そのとき、どうする?

まんが
まんが
任意売却と競売の違い
まんが
ワンポイント:個人信用情報ってナニ?

ローンやクレジットカードの取引記録のことで、銀行やカード会社、消費者金融等が、融資やクレジットカード作成時に参考にする。住宅ローン返済の遅延も5年間、記載の対象(いわゆる「ブラックリスト」)となり、その間は融資やクレジットカード作成がしづらくなる

取材・文/金井直子 イラスト/牧野良幸 取材協力/大京リアルド飯田橋店・大熊善信さん
2010年11月24日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る