売却のプロが教える あなたの家を高く売る方法

売却のプロが教える  あなたの家を高く売る方法

1. 売却もお見合いと同じ 家の第一印象で全てが決まる!

「印象のよい物件から売れていきます。この家に住みたいと思ってもらえるように準備することが大切です」(河野さん)。事前に清掃&整理整頓で住まいを磨き上げよう。自分で行う人が多いが、なかには、ハウスクリーニング業者に依頼するという人も。明るく清潔な空間で出迎えたい。

ドアを開けたその瞬間に第一印象が決まる!

  • キッチン:コンロやシンクなどは磨き上げて、ニオイや生ゴミ・ゴミ箱も注意
  • 浴室・洗面:カビや水垢、鏡の曇りも念入りに清掃。見学時は乾いた状態にしよう
  • トイレ:ニオイや便器の黒ずみをはじめ、床の埃、手洗いの水垢などに注意
  • リビング・ダイニング:物がたくさん置いてあると狭い印象になる。整理整頓しておこう
  • 主寝室・子ども部屋:ベッドでない場合、布団は収納。リネン類の色を統一すると好印象。おもちゃの整理も
  • 玄関:靴や傘は収納して、埃っぽい季節は三和土(たたき)を水拭きしよう
  • ベランダ・バルコニー:洗濯物を取り込み、不要物は置かない。床面は掃き掃除をしよう
  • 窓ガラス:ガラスや網戸は拭き掃除をして、室内が明るく見えるようにしよう
  • 収納:収納力は重視されるので、内部も見せられるよう、整理しておこう
売却のプロは見た ここが分かれ目!
高く売れた人の成功談

高く売れた人の成功談
「物が室内にあふれ返っていましたが、売却を機にまとめて破棄。モデルルームのような印象にしたことで、購入者がすぐに現れました」

安く売れた人の失敗談

安く売れた人の失敗談
「水まわりを掃除せず、普段の状態で見てもらった結果、ハウスクリーニング代として50万円程、値引き交渉されました…」

売りたい家の周辺情報や利用者としてのアドバイスはしっかり伝える!

「買い物環境、学校や図書館、公園、交通利便性など、見学客は住んでいる人ならではの情報を聞きたがることが多いです」(河野さん)。家や周辺環境の魅力だけでなくマイナス面も伝えることが大切。事前に、家族や不動産会社の担当者と整理しておこう。

売却のプロは見た ここが分かれ目!
高く売れた人の成功談

高く売れた人の成功談
「スーパーの営業時間や品ぞろえ、児童館のイベントなどを伝えました。特にバス便の利便性を通勤者目線で伝えたら喜ばれました」

安く売れた人の失敗談

安く売れた人の失敗談
「近隣に畑があるのどかな立地ですが、風向き次第で砂埃が舞うことも。『強風だと洗濯物は干せないのでは?』と問われ、気まずいことに。最初から正直に伝えればよかった」

家も人と同じで、第一印象がものをいいます!
「印象のよい物件は比較的早く売れて、売値に大きく影響することも」(河野さん)。数十万から百数十万円の差が生じたりすることもある。家は、購入者にとって大きな買い物。短い見学時間で魅力的な物件であると判断してもらうためには、清掃や整理整頓、住環境の把握など、事前準備をすることが、より高額で早い売却につながるのだ。
取材・文/金子直子 イラスト/木村吉見
2011年2月2日
この記事の感想を投票する
住みたいエリアや購入価格からマンション・一戸建てを探そう!
住まいの種類
住みたいエリア
  • エリア
  • 都道府県
  • 市区郡
購入価格
ページトップへ戻る