不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > リフォーム編 > リフォームの内容を決めよう > リフォーム箇所の優先順位を見極めよう

住活のやること・ダンドリをチェックしよう

SUUMO住活マニュアル

リフォームの内容を決めよう

リフォーム箇所の優先順位を見極めよう
リフォーム箇所の優先順位を見極めよう
予算内で希望のリフォームがすべてできないこともある。そんなときは、どの箇所を優先すべきかを考えたい。

リフォームしたい箇所をリストアップ。優先順位を話し合おう

「リフォームしたい箇所をすべて挙げていったら予算オーバー……」というケースは多いだろう。予算内で満足度の高いリフォームをするためには、その住まいで暮らす家族の意思をそろえることが大切。
まずは、家族みんなでリフォームしたい箇所をリストアップしてみよう。そして、どのリフォームが重要なのか、家族で話し合って優先順位を決めておこう。そうすることで、予算をオーバーしたときの調整がしやすくなる。優先度を高くするのは、故障や老朽化などで早急なリフォームが必要な箇所や、家族全員が強く希望している箇所だ。

建物を長持ちさせるために適切なリフォーム時期を判断

設備や内装、間取りを自分好みに変更することだけがリフォームではない。住まいを長持ちさせるために行う修理・修繕もリフォームのひとつ。住まいへの不満を解消することも大切だが、適切な時期に修理・修繕をすることも欠かせない。例えば、外壁のひび割れは、雨水が侵入することで給排水管のサビや建物内部の腐食の原因になる。あとでまとめて修繕すればいいとほうっておくと、いざリフォームというときに予想以上に大がかりな補修や補強が必要になり、費用が割高になることも。今、リフォームを考えているなら、同時に行っておいたほうがいいリフォームがないかどうかを、下の表を参考に考えておこう。

リフォームに適した周期とポイント

システムキッチンの交換 15~20年●コンロや換気扇などの設備機器の見直し
給排水管の交換 15~20年●サビなどで劣化の可能性。水まわりリフォームと同時がおすすめ
ユニットバスの交換 20~30年●基礎や柱が痛んでいたら補修が必要
在来工法浴室の修繕 20~30年●基礎部分の補修や補強
居室の壁・天井張り替え 5~15年●塗装の塗り替えや壁紙の張り替え
15~25年●下地や構造、断熱材の補強が必要な場合も
タイル張り外壁の修繕 10~15年●汚れのクリーニングのほか、目地の補強やタイルの補修など
吹き付け塗装外壁の修繕 10~15年●下地の補修も必要
15~25年●外壁を除去し、下地の補修が必要
金属製屋根葺き替え 15~20年●下地材の補修や断熱材の補強なども
最終更新日:2018年6月6日

SUUMOジャーナルの関連する記事