リフォーム会社を選ぶポイント

満足度の高いリフォームを成功させるためには、安心して任せられるリフォーム会社選びが大事。リフォーム会社選びのポイントを知っておこう。

自分に合ったリフォーム会社を選ぶには?

リフォーム会社には、それぞれ得意とする分野がある。下の例のように、デザイン性の高いリフォームが得意な会社、間取り変更を含む大がかりなリフォームが得意な会社、コストダウンの工夫を重ねて安さを売りにしている会社などさまざまだ。
このため、まずは自分がどんなリフォームをしたいのか「リフォームの目的や内容」をはっきりさせておこう。そして、インターネットのサイトや、リフォーム雑誌を見て、好みの施工例を多く掲載している会社をリストアップしていくといいだろう。

リフォーム会社によって特色はいろいろ

  • デザイン性の高いプランが得意な会社
  • エコ素材を使用するなど素材にこだわった会社
  • 家族の動線を考えた間取り提案が得意な会社
  • 建て替えに近い大規模なリフォームや増築が得意な会社
  • 小さなリフォームでも気軽に頼める会社
  • 実用性とコストダウンを重視した低価格が売りの会社

etc.

信頼できる会社かどうかを見極めるポイント

自分が暮らす場所に手を入れるわけだから、依頼先は信頼のおける会社を選びたい。まず確認したいのは施工体制や資格。ある程度の規模のリフォームを考えているなら、会社のパンフレットやホームページにある「会社概要」の欄で、「建設業許可番号」や「一級建築士」がいるかどうか、リフォームや建設関連の団体への所属の有無などを見てみよう。「建設業許可番号」があれば請負代金500万以上の工事ができる会社だということ。「一級建築士」がいればその会社内で設計や施工監理を行うことができる会社だ。また、リフォームや建設関連の団体に所属するためには資格審査などがあるため、一定条件を満たす会社である目安になる。
次にチェックしておきたいのは、営業担当者の知識や対応。リフォーム会社は設計を担当する社員が営業を兼ねていることもある。その場合、営業担当者の力量がリフォームに影響する。設計だけでなく、営業としてのノウハウも豊富かを下のチェック表を参考に、確認しておきたい。

信頼できる営業担当者かを見極めるポイント

  • 建築やインテリアの知識が豊富
  • 建材や設備機器などの知識が豊富
  • 分からないことがあれば調べて必ず回答してくれる
  • 住まいの現状を細かく見てくれる
  • 施主の要望をよく聞き、それに対するプロならではの提案もしてくれる
  • 過去の施工例を見せてくれる
  • 契約をせかさない
  • 他社のことを悪く言わない
  • 礼儀正しく、時間や期日を守る

不具合が出たときの保証体制を聞いておく

リフォーム工事に欠陥や不具合があった場合リフォーム会社がどんな対応をしてくれるのか?「保証制度の有無・保証の範囲・保証期間」を確認したうえでの会社選びも大切だ。例えば、事業者向けの「リフォームかし保険(瑕疵保険)」に加入しているリフォーム会社であれば、リフォーム後一定期間内に欠陥等が見つかったときに無料で補修が受けられる(※)。また、工事の保証期間を独自に設けている会社もある。なお、水まわりなどの設備機器はメーカーによる保証になるので、設備を選ぶときにも保証内容に関するチェックをしておきたい。

※リフォームかし保険に加入している会社は、「住宅瑕疵担保責任保険協会」の「住宅かし保険 登録事業者等の検索サイト」で検索できる

アフターメンテナンスの制度を確認

リフォームした後、そのまま手入れをせずにいると住まいは早く傷み、多額の修理費などがかかってしまうことも。せっかくリフォームで暮らしやすくなったのだから、こまめな補修をして住まいを長持ちさせたい。リフォーム箇所の定期的な補修や点検を行うアフターメンテナンスの制度がリフォーム会社にあれば安心。リフォーム会社選びの際には、引き渡し後の対応についても聞いておこう。

最終更新日:2018年11月20日

不動産&住まいのお役立ち情報

ページの上部へ ページの上部へ

SUUMOで物件を紹介したい

SUUMOに関する情報