不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編 > 依頼先を決めよう > ハウスメーカーなど依頼先の種類を知ろう

住活のやること・ダンドリをチェックしよう

SUUMO住活マニュアル

依頼先を決めよう

ハウスメーカーなど依頼先の種類を知ろう
ハウスメーカーなど依頼先の種類を知ろう

ハウスメーカー、FC、工務店、建築家の4種類がある

家づくりの依頼先は、「ハウスメーカー」「フランチャイズ(以下FC)」「工務店」「設計事務所(建築家)」の4種類に大きく分けられる。大手ならではの安心感や安定した品質を重視するならハウスメーカーが適しているだろう。営業から設計、工事、アフターサービスまで体制が整えられ、品質や技術を高めるための研究にも力を入れている。

身近なホームドクターのようなパートナーを求めるなら工務店がオススメだ。設計や施工からアフターメンテナンスまで一社で手がけるケースが多いので、近所の会社なら入居後もなにかと頼りになるだろう。

ハウスメーカーと工務店の特徴を併せ持つのがFCだ。本部が新商品の開発や部材の一括仕入れなどを行い、地域の工務店が施工を担当する。完成保証や品質保証などの保証体制が整っているケースが多いことも特徴だ。

「すみずみまでこだわった家をつくりたい」と思うなら、設計事務所(建築家)に依頼する方法もある。建築家がそれぞれの作風でオリジナリティの高い住まいを設計してくれるだろう。実際の施工は建築家が紹介する工務店が手がけるケースが一般的だ。

展示場や見学会に行ってみよう

依頼先の情報収集は、情報誌や住宅展示場などを活用するのが効率的だ。その際に必ずチェックしたいのが「その住宅が建築可能な地域か」「価格帯が予算に合っているか」の2点。条件に合う依頼先で、施工した家やモデルハウス、間取りや設備仕様など気に入る点があれば、積極的に資料を集めよう。

工事中の現場や、竣工した住宅の見学会が催されていたら、できるだけ足を運んでおきたい。工事中の場合は建物の構造や下地など、完成したら隠れてしまう部分も見ることができる。完成した住宅では内装の仕上げやデザインが実際に見られるほか、住む人のナマの声が聞けるケースもある。

最終更新日:2017年1月5日

住みたいエリアで注文住宅を建てよう

エリア
都道府県

テーマから施工会社を探す

住みたいエリアで土地を探そう

エリア
都道府県
市区郡
価格
土地面積

SUUMOジャーナルの関連する記事